「be動詞」ってなに? 疑問文・否定文・省略形など使い方まとめ

サッシ

こんにちは、サッシ です。

中学校の英語の授業が始まって、まず出合うのが「be動詞」です。

「be動詞」というと難しそうに聞こえますが、実は例外なくパターンが決まっているんですよ!

今回は、かんたんな例文を使って、be動詞の基本的な使い方から疑問文・否定文の作り方、be動詞の省略形まで紹介します。

「be動詞」の基本知識

まず、そもそも「be動詞」って何でしょうか?

be動詞は、単語を名詞や形容詞などの「品詞」で分けた場合の「動詞」に属するものです。

その「動詞」を2種類に分けたときの1つが「be動詞」で、もう1つは「一般動詞」と呼ばれています。

動詞には2種類ある

  • be動詞
  • 一般動詞

「be動詞」の種類

「be動詞」はちょっと特殊な動詞だと思っておいてください。全部でたった3個(+3個: あとで紹介)しか無いんです!

こちらの3つの動詞のことです(使い分けについては後述します♪)。

3つのbe動詞

  • am
  • are
  • is

ちなみに「be動詞」の「be」の読み方は「ビー(bíː)」です。アルファベットの「 B 」と同じ発音ですね。

「be動詞」の意味

動詞の意味というと、例えば「get = 手に入れる」だし「make = 作る」ですよね。

じゃあ、「be動詞」はどんな意味なんでしょうか?

日本語に照らし合わせるならば「be動詞」は「〜の状態である」という意味で、「〜です」という意味だととらえておきましょう。

be動詞の意味
〜です

たとえば、こちらの例文。

  • I am Taro.(私は太郎です
  • You are Hanako.(あなたは花子です
  • It is my pen.(それは私のペンです
サッシ

「am」も「are」も「is」も全部、「〜です」という意味ですね。

「be動詞」の使い分け

そして、「be動詞」の使い方です。

「be動詞」は主語によって対応する単語が変わるのが大きな特徴です。

「be動詞」は主語によって決まる

では、「am」「are」「is」のそれぞれを使った例を見てみますね。

  1. I am Taro.
  2. You are Hanako.
  3. It is my pen.

では、どういうときに、どの「be動詞」を使うのか、こちらの対応表をご覧ください。

主語とbe動詞の対応表
主語 be動詞
私( I ) am
あなた(you) are
私・あなた以外で単数形のものすべて
(she / he / a dog……など)
is
複数形すべて(we / they / dogs……など) are

ちょっとややこしいですが、意味はつかめましたか?

サッシ

でも大丈夫! 簡単な覚え方は今から紹介しますね!

重要なのは主語が「単数」か「複数」か?

英語では主語が「単数」か「複数」かということが重要になってくるんですね。

まず主語が単数の場合は、主語が「私(I)」なら「am」、「あなた(you)」なら「are」です。

  • I(私)am
  • you(あなた)are

そして、主語が以下のように「私・あなた以外で単数」なら、すべて「is」を使います

私・あなた以外の単数

  • 彼女(she)
  • 彼(he)
  • それ(it)
  • ネコ(cat)
  • 日本(Japan)
  • 「Ken」などの人の名前

では、主語が複数の場合はどんな風に使い分ければいいでしょうか?

答えはかんたん! 全部「are」です!

  • 主語が単数形(I・you 以外)
    すべてis
  • 主語が複数形
    すべてare
サッシ

なんだかワイルドで英語らしいですよね(笑)

「be動詞」の活用形

では、今度は「be動詞」の活用形を見てみましょう。

「過去形」と「原形」が存在します。

「be動詞」の過去形

ここまで「am」「are」「is」の基本的な3つの「be動詞」を紹介しましたが、実は、さらに「be動詞」には「過去形」も存在します。

現在形で使うbe動詞は「am」「are」「is」の3つですが、過去形は以下の2種類になりますよ。

be動詞の過去形

  • was
  • were
サッシ

どちらも「w」で始まるのが特徴的ですね。

「was」と「were」も、「am」「are」「is」と同様に以下のように主語に合わせて対応します。

主語とbe動詞の対応表(過去形)
主語 be動詞
私( I ) was
あなた(you) were
私・あなた以外で単数形のものすべて
(she / he / a dog……など)
was
複数形すべて(we / they / dogs……など) were

おすすめの覚え方は、「are」が「were」になるというとらえ方です。

こちらに「be動詞」の現在形と過去形をいっしょにまとめました。

主語とbe動詞の対応表(現在形・過去形)
主語 be動詞 be動詞(過去)
私( I ) am was
あなた(you) are were
私・あなた以外で単数形のものすべて
(she / he / a dog……など)
is was
複数形すべて(we / they / dogs……など) are were
サッシ

ほら、「are」と「were」って発音も似ていますよね?

そして「『are』以外の場合はすべて『was』になる」と思ってもらえれば、あっという間に全パターンを覚えられますよ。

  • 「are」were
  • ほかはすべてwas

「be動詞」の原形?

今まで、「be動詞」という言葉をサラッと何の説明もなく使ってきましたが、こんな疑問を持ちませんか?

サッシ

「be動詞」の「be」ってなに?!

今まで紹介した、こちらの5つですが、「be」という言葉と関係ありません。

5つのbe動詞

  • am
  • are
  • is
  • was
  • were

ところが、関係あるんです。これら5つの「be動詞」の原形が「be」という「be動詞」なんです!

be動詞の原形
be

たとえば、「助動詞」の後ろの動詞は「原形にしなさい!」というルールがあります。

その動詞部分に「be動詞」が来ているとこのようになるんです。

助動詞の後ろのbe動詞

You are tired.(君は疲れている)

You must be tired.(君はきっと疲れているよ)

「am」も「are」も「is」も、どれの原形も「be」になるので簡単に覚えられますね!

サッシ

be動詞の原形が「be」だから、「be動詞」って呼ばれるんですね!

be動詞の原形である「be」に関してはbe動詞の原形「be」についてで詳しく紹介していますのでご参考に♪

「be動詞」の使い方

お次は「be動詞」の基本的な使い方です。

例文を使って、分かりやすく紹介していきますね。

「be動詞」は「SVC」の文型だけで使われる

be動詞は、通称「SVOC」と呼ばれる「英語に存在する5つの文型」の中の「SVC(第二文型)」というパターンのみで使われます。

サッシ

……って、いきなりこんなこと言われてもわかんないですよね……。噛み砕いて説明します。

「SVC」の型というのは、例えば以下のような文です。

オオカミ

I am happy.(私は幸せです)

簡単に「SVC」を説明するとこんな感じですね!

SVOCの意味
S
(Subjectの略)
主語
(誰が・何が)
V
(Verbの略)
述語(動詞)
(どうする)
C
(Complementの略)
補語
(主語とイコール関係になるもの)

さきほどの文章を「SVC」に当てはめてみます。

「SVC」に当てはめる

I(S) am(V) happy(C).

「 V(動詞)」の位置に「am」が来ていますよね?

「am」は「be動詞」だから、文の中で「動詞(述語)」が置かれる位置である「 V 」のところで使われるわけです。

つまり、この「SVCの型の『 V 』の位置」というのが、「be動詞」が出現する決まった位置です!

be動詞は「 S 」と「 C 」のイコール関係を作る役割

あと、be動詞は「『 S 』と『 C 』のイコール関係を作る役割」とも考えられますね。

I (am) happy.

サッシ

この文章では「私は幸せだ」なので、「 I 」=「happy」ですよね?

ちなみに、冒頭で見た「I am Taro.」も「I = Taro」でした。

「be動詞」を使った疑問文や否定文の作り方

ここまで、「〜が……をどうする」のような、いわば「普通の文」での「be動詞」の使い方を見てきました。

いわゆる「普通の文」を「平叙文」や「肯定文」と言います。

では、「~ですか?」のような尋ねる形(疑問文)や、「~ではない」のような否定の形(否定文)はどうやって作ればよいのでしょうか?

次は「be動詞」で「疑問文」や「否定文」を作る方法を紹介しますね。

be動詞を使った「疑問文」の作り方

まず、「~ですか?」と尋ねる形の「疑問文」からです。

be動詞を使った疑問文の作り方は、いたってシンプルですよ。まずは以下の例文をご覧ください。

ウサギ

You are happy.(あなたは幸せです)

これは、疑問文ではなく、いわゆる「普通の文」です。

この文を疑問文に変化させると、以下のようになります。

ウサギ

Are you happy?(あたなは幸せですか?)

違いが分かりましたか?

そう、「you」と「are」の位置を入れ替えただけなんです!

つまり「be動詞」を質問(疑問文)にするときには、文の構成要素で言うと「SV~」の「V」と「S」の位置を交換するだけということになります。

  • You are happy.
  • Are you happy ?

超かんたんですよね。

サッシ

あ、文の最後に「?(クエスチョン)」を付けるのをお忘れなく!

be動詞を使った「否定文」の作り方

では、続いて「~ではない」の形「否定文」も紹介しますね。

先ほどの「You are happy.」を否定文にすると、以下のようになります。

ウサギ

You are not happy.(あなたは幸せではない)

ウサギさん、ちょっと怖い感じになりましたが(笑)。

サッシ

どうですか?たった一つだけ単語が増えたことに気がつきましたか?

そうなんです。「not」という単語が、「be動詞」の後ろに入っただけなんです!

文の構成要素で考えると、「SV~」の「Vの直後に『not』を入れれば否定文」という法則になります。

You are not happy.

疑問文と同じく、否定文の作り方もめちゃくちゃシンプルですよね。

「be動詞」の省略

では、最後に「be動詞」の省略についてお話しますね。

be動詞は、実際の文の中ではよく「省略形」が使われるんです。

普通の文の場合

まず、普通の文(平叙文・肯定文)の場合から見てみましょう。

例えば「I am happy.(私は幸せです)」という文の場合、「be動詞」は以下のような「省略」の形になります。

ウサギ

I'm happy.

主語の「 I 」とbe動詞の「am」がくっ付いて、1つになっていますね。

「 I 」とbe動詞の間にある「チョン」は、「 '(アポストロフィ)」と呼ばれる省略形を作る記号です。

もし「You are happy.(あなたは幸せです)」を省略形にしたいなら、「You're」になります。

「He is funny.(彼はおもしろい)」なら「He's funny.」になりますね。

  • I amI'm
  • You areYou're
  • He isHe's

ほかの例

ほかの例も見てみましょう。

ほかの例

  • We areWe're
  • They areThey're
  • She isShe's
  • It isIt's

ちなみに、be動詞の過去形「was」「were」は省略できません

基本的に、省略しない方が丁寧なため、謝るときには「I am sorry」と言うことも多いです。

否定文の場合

次に、否定文の場合です。

例えば「She is not happy.(彼女は幸せではない)」という否定文を省略形にすると、以下のようになります。

オオカミ

She isn't happy.

「is」と「not」で「isn't」という短縮形になっていますね。

be動詞ファミリーの中で、「is」以外も「not」とくっ付いて「~n't」の省略形を作ることが出来ます。

以下に箇条書きでまとめたので、ご覧ください。

  • are + notaren't
  • is + notisn't
  • was + notwasn't
  • were + notweren't

「am not」の省略は?

これを見て、「あれ?『am not』の省略形はないの?」と思われませんでしたか?

そうなんです。実は正式に省略する形はありません

でも、口語では「ain't(エイント)」という言葉が使われることがあります。

ただ、これは正式な言葉ではなく、学校では学ばない口語表現です。友達同士では使えますが、日本人の我々が無理して使わなくて大丈夫です。知っていればOK。

この「ain't」ですが、現在では「are not」や「is not」の代わりとしても砕けた言い方として使われることもあります。

サッシ

私は、大好きなマーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)というミュージシャンの「Ain't No Mountain High Enough」という曲でこの省略形の存在を知りました!

短縮形「You aren't」より「You're not」の方が 主流

先ほど、否定形の短縮は「are」+「not」なら「aren't」というふうに紹介しました。

でも、実はもっと一般的な形があるんです。それが「You're not」という形です。

You aren'tよりもYou're notが主流!!

例えば、「あなたはバカじゃない」という文なら、以下のように表します。

ウサギ

You're not stupid.(あなたはバカじゃない)

これを「You aren't stupid.」と言っても何も間違ってはいないのですが、「You're not」の方が主流なんですよ。

「You aren't」と「You're not」の違いはというと、「You're not」の方がじゃっかん「not(否定)」を強調しているんですね。

でもネイティブも、その差を意識して使っているのではなく、「You're not」の方がリズムがいいし、「not」が聞き取りやすい(=否定だと伝わりやすい)からだと思います。

ほかの「be動詞」も同じです。

「be動詞」+「not」の省略
I am not I'm not
You are not You're not
She is not She's not
It is not It's not
They are not They're not

ぜひこちらの形で使ってみてくださいね!

ちなみに、「否定疑問文」のときは、「aren't」の形が大活躍です。

さて、今回は「be動詞」について基本を詳しく紹介しました。

疑問文、否定文、そして短縮した形まで覚えて、ぜひ使いこなしてくださいね。

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サッシ
ライター / ブロガー / カメラマンをしながら、学習塾と託児所も運営しています。小学生の時に帰国子女の友人のお母さんに3年くらい英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなりました。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験を活かして、「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」というブログも運営しています。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?