アメリカの体温計事情を知って驚愕!? 普通にお尻で測ったり…

clinical-thermometer
タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

前回の記事で、日本とアメリカの温度表示の違いについて書きました。その時に、平熱と体温計について触れましたが、今回は体温計のことをもう少し詳しく書こうと思います。

アメリカで体温計を購入

私はアナログな人間なので、自分の体温を測るときは、日本から持ってきた水銀の体温計で測ります。

体調が悪いときに体温を測るので、ずっと使ってきた体温計(摂氏表示)が一番わかりやすいのです。

体調が悪いときに、自分でもよくわかっていない華氏表示の体温計を使っても、混乱するだけですよね。

去年娘が生まれたので、赤ちゃんでも使える体温計を買いました。これです。

アメリカの体温計
アメリカの体温計

何やら、たくさんあります。この体温計、温度表示される部分と測る部分が別々になっていて、差し込むようになっています

  • oral(口)
  • arm(腕)
  • rectal(直腸)

……の3か所で測れます。

参考
腕は、axillary(わきの下の)やarmpit(わき)という言葉を使ったりもします。

え?「rectal」って直腸!? おしり????

そう、以前書いた記事にも少し書きましたが、アメリカでは、赤ちゃんの体温はおしりで測ります。

えぇ、びっくりしますよね。

実は、特に生後3か月までは、病院の先生におしりで測るように言われます。おしりで測るなんて、聞いたこともなかったのでびっくりしました。

おしり以外で体温を測る方法

生後3か月以降だと、わきで測る方法もありますが、赤ちゃんは測っている間はじっとしていられないので、なかなか正確な体温を測れません。

口で測る方法は、4歳くらいからのようです。でも、この方法も、体温計を正しい場所に入れないと正確に測れないので、難しいですね。

それから、おでこ(=forehead)周辺で測る体温計もあります。「temporal artery(浅側頭動脈)」で測るそうです。

おでこに這わせるように体温計を移動させて測ります。時間にして5秒くらいでしょうか、あっという間に測れます。

娘が定期健診で通う小児科も、この体温計を使っています。

測るのに少しコツがいるようですが、生後3か月以降の赤ちゃんには、これが一番手っ取り早くてよさそうです。

残念なのは、値段が高いことです。ハイテクな感じなので、予想がつくと思いますが。

日本では、一般的に赤ちゃんには耳で測るのでしょうか? アメリカでも売っていますが、アメリカでは生後3か月以降での使用をすすめているようです。

ほかにも調べていると、なんと!!

どこにも触れなくても測れる「非接触式体温計」というものもあるそうですね。これはびっくり仰天。

おしりで測るときのデメリット

さて、おしりで体温を測ることについてもう少しお話します。きっと気になると思いますので(笑)。

おしりで測るのは難しくはないのですが、測る前におしりを傷つけないように、体温計にクリームなどを塗ったりします。なので、なんだかバタバタします。

赤ちゃんはじっとしていてくれませんし。

なにしろ、わざわざおむつを外さないといけないので、手間がかかります。体調が悪いと、おなかをこわしているときもあるでしょうし、けっこう大変です。

そんなこんなで、実は、母親としてどうなのか……ということで、大きな声で言えないのですが、私は娘の平熱を把握していないんです。

実家の母は「ちょこちょこ測って、平熱を知っておきなさいよ」と言うのですが、上記の一連の作業が面倒で、測るのがつい億劫になってしまっています。

ダメだとはわかっているんですけどね。

娘が病気で体調を崩したのは、まだそのインフルエンザだけで、いつも元気なので、「まぁ、いいか」と、つい後回しになってしまっているのです。

ちなみに、ガイドラインによると、おしりで測るのは5歳くらいまでだそうです。

いかがでしたか?

今回はアメリカの赤ちゃんの体温計事情について書きました。

生後3か月まではおしりで測りますが、それ以降は測る場所の選択肢が増えていきます。

子供は体調が悪いと機嫌も悪いと思うので、少しでも負担の少ない方法を選ぼうと思います。

うちはしばらくこの体温計のお世話になりますが、もし機会があれば、おでこで測る体温計を使ってみたいです。

大人でももちろん使えるので、「いつか買いたい物リスト」に加えようと思います。

出産祝いであげるのもいいかもしれませんね。

clinical-thermometer

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。