「おむつ」は英語で何という? アメリカの紙おむつ事情について

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

現在、日本でもアメリカでも「おむつ」といえば、間違いなく「紙おむつ」が主流と言えるでしょう。

でもアメリカの紙おむつは、日本の紙おむつと大きく違う点があります。

今回は、アメリカの紙おむつとはどんなものなのかについてまとめます。

「おむつ」は英語で何という?

まず、「おむつ」を英語では何と呼ぶのでしょうか?「(a) diaper」で「ダイパー」と読みます。

「DIAPERS」と書いています
複数形で「DIAPERS」と書いています(56枚入り)

一般的に「diaper」というと、「紙おむつ」を指し、昔ながらの「布おむつ」は、話の中で「布性」であることを強調して「cloth diaper」といったりして、区別をします。

紙おむつ・布おむつ

  • 紙おむつ …… diaper
  • 布おむつ …… cloth diaper
タカコ

特に素材を強調する必要がなく、ただ「おむつ」として伝えたいときは、「diaper」でいいですよ!

アメリカでは紙製品は高価

さて、この「diaper」ですが、アメリカではけっこう値段が高いです。

紙おむつだけに限らず、アメリカではそもそも「紙製品」は高いです。

ティッシュペーパーとか、ペーパータオルとか、トイレットペーパーとか。

ティッシュペーパー(一番名の知れたブランドのもの)は、近所のスーパーだと、定価で1箱約2ドルです。

タカコ

高い!! 初めて見たときは、たまげました。

まれに安売りで1箱1ドルくらいになりますが、それ以上安いのはほとんど見たことがありません。

日本では、このような商品は、週末などに安売りの目玉商品になっているような印象だったのですが、アメリカでは、特別安く売られることはほとんどありません。

特に紙おむつは、時々ほんの少しだけ安くなる程度

タカコ

紙おむつ代が、けっこう家計を苦しめます。

高価だからといって、質がいいとは限らない

さて、高価だから、品質もすばらしいのかと思いきや……べた褒めしているのを聞いたことはまったくありません

私は、日本の紙おむつをほとんど使ったことがないので比べられないのですが、特に質が悪いわけではないけれども「すごくいい」というわけでもないです。

正直なところ、紙おむつに限らず、アメリカの製品で「日本のよりも質がいい」と感じることは、残念ながらあまりありません

タカコ

全般的に、日本の商品の質の高さは本当にすばらしいです!!

アメリカでは「テープ型」が主流

子どもが生まれ、紙おむつを買うようになって、日本とアメリカの紙おむつの違いに気づきました。

日本の紙おむつは、赤ちゃんが小さいうちは「テープ型」、ある程度大きなサイズになると「パンツ型」が人気だと思います。

まとめるとこんな2種類の紙おむつを使い分けますよね?

日本の2種類の紙おむつ

  • 乳児 …… テープ型
  • あるき始めると …… パンツ型

「テープ型」は、おむつを大きく広げて、おへその下あたりから、おしりまで行き渡らせ、羽のようになった両サイドをテープで留めます。

「パンツ型」は、紙おむつですが、下着と同じように「はかせて」着用します。

ところが、アメリカでは、サイズは大きくなっても
「テープ型」が主流です。

アメリカのおむつ
アメリカのおむつ

ちなみに上記は「HUGGIES(ハギーズ)」という有名な紙おむつブランドです。

「テープ型」は、赤ちゃんが自分であまり動けないうちは、全然問題ないのですが、段々動けるようになってくると大変です。

はいはいを始める直前くらいから、あおむけに寝かせても、すぐに体をねじったり、寝返りをしてはいはいをしたりするので、落ち着いてテープを固定することが難しくなります

そこで、日本では、「パンツ型」に移行するお母さんが多いのではないでしょうか。

一般的に、「パンツ型」の方が少し値段は割高になりますが、「はかせやすい」という理由で選ばれていくのだと思います。

なかなかじっとしていない赤ちゃんでも、ズボンをはかせるようにして、ささっと着用させられて便利です。

ところが、この「パンツ型」、私が知っている限り、アメリカでは大手のメーカーで1社しか販売していません

トイレトレーニング用のパンツ型おむつ

ただし、トイレトレーニングをするために使われる「パンツ型」のものはあります。

タカコ

でもたった1社だけですよ? ほぼマイナーな「型」と言っていいと思います。

しかも、その珍しい「パンツ型」も、日本のものと大きな違いがあります。

日本の「パンツ型」だと、おむつ交換の際、サイドを破って着脱させます。

つまり、そこを破ってしまうと「戻してはかせる」ということができませんが、その商品は「パンツ型」でありながら、サイドを留めているのがテープなんです。

つまり、「テープ型」と同じで、何度も「外して付ける」という行為が可能なのです。

やはり、一般的な「テープ型」よりも、少し値段が割高な点は同じですが、おむつの状態によって、「戻してはかせられる」という点は、高評価でした。

また、サイズが微妙に合わなくても、調節もできて便利なのです。

そこで、日本人のママ友にも薦めようと話していくうちに「なぜ便利と思われる『テープ型』がアメリカではほとんど普及していないのか」 という疑問が解決しました。

タカコ

そこには文化の違いがあったのです。

アメリカでは「テープ型おむつ」が普及していない理由とは?

なぜアメリカでは「テープ型」が普及していないのか、それは……アメリカでは、屋内でも靴を履く文化だからです。

アメリカでは、一般的には、家の中でも靴を履く家庭が多いのですが、それは小さい子どもでも同じようです。

「はいはいをする時期に」と、靴をお祝いでもらったことがあります

こども服を売るお店に行っても、歩きはじめていない赤ちゃんに履かせる靴(底がやわらかい)もたくさん売られています

どうやら、おしゃれ目的ではかせるいうわけではなく、ごく一般的な習慣のようです。

一方、日本では、一般的に家の中はみんな靴を脱ぎますよね?

スリッパやルームシューズなどを履くことはあるかもしれませんが、おむつをする赤ちゃんや子どもは、履いていて「ソックス」ではないでしょうか。

ソックスが、おむつ交換のときに「すごく邪魔になる」ということはあまりありませんが(ときどき脱げちゃいますが)、靴は「すごく邪魔で面倒だ」ということは簡単に想像がつくと思います。

常に外出先のトイレでおむつ交換するようなものです。

ただでさえ、じっとしていない子どもですから、服や靴を脱がせるだけでも一苦労、おむつを替えて服を着させて靴を履かせたときには、きっとお母さんはくたくたになっているでしょう。

タカコ

そうなんです! だから、アメリカでは、「パンツ型」のおむつは合わないんです!!

アメリカでの おむつ交換のやり方

ではアメリカではどうやって、幼児の履いている「テープ型」のおむつを交換するのでしょうか?

なんと、このような手順です。

アメリカ流の おむつ交換法

  1. 子どものズボンを下げる
  2. サイドのテープを外して汚れたおむつを取る
  3. 広げた新しいおむつを股の下から行き渡らせ、ささっとサイドのテープを留める
タカコ

な、なんと……!!

ママ友の1人(日本人)が「慣れたら早くできるようになるよ。私は、おしっこならこの方法で替えてる!」と言って見せてくれたのですが、目からウロコです。

おむつ交換は、寝転ばず、靴も脱がずに、服をおろすだけでできるんですね。

なるほど、この方法では、「パンツ型」は使えません。

靴を履いたままでは難しそうだし、第一、パンツ型おむつ だとズボンを脱がないといけません

「便利」と思った「パンツ型」は、日本人のように、靴をはかず、ズボンを脱がせて替えるからこそ、使いやすいのですね。

唯一売られている「パンツ型」のサイドが「テープ」なのも、そのテープを外せば「テープ式」と同じように使えるからなのかもしれません。

おむつの「型」にも文化の違いがあって驚きましたが、理由がわかって納得でした。

ところ変われば支持されるものも変わる、自分の持っている価値観なんてあてにならない……と、久しぶりに痛感したのでした。

もしかしたら、このようなものは、身の回りにたくさんあるのかもしれませんね。

こちらは関連記事です。赤ちゃんの体温を「お尻」で測るという衝撃的な内容ですよ(笑)。

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: タカコ
アメリカ人の夫との結婚を機に渡米。現在は二児の母として英語に囲まれた環境の中で生活。日本語教育に携わっていたため言語への視点が鋭く、元・英会話教師の夫とのやりとりから生まれる記事が秀逸。

    Twitterで最新情報GET!

    良かったらSNSでシェアしてね!
    こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"