英会話で「えーと…」は禁止! 言葉に詰まったときのつなぎ表現「Uh」「You know」などを使え!

expression-filler
ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は英語で会話に詰まったときの繋ぎ表現「filler(フィラー)」について紹介します。

日本語で言う「えーと」みたいな表現ですね! 実はこれ、初心者のころにマスターしてほしいことの一つです。

英会話内での「フィラー」は英語で言う方がいい理由

会話をしているときに、言葉が詰まるときってありますよね。

こういうときに、「繋ぎ」として使う表現のことを専門的には「フィラー(filler)」と呼びます。

ヨス

会話の溝を「満たす(fill)」ためのものだから「filler(フィラー)」なんですね。

たとえば、日本語のフィラーにはこういうものがあります。

  • えっと
  • えー
  • あのー
  • なんか
  • なんていうか
  • ほら

ほら、無意識に使っていませんか?「フィラー」って無意識に言ってしまうので、英語で話していても日本語の「フィラー」を言ってしまいがちです。

でも、これはオススメしません。英語で話しているときは英語のフィラーを使うべきです。

日本語のフィラーを使うと英語のリズムがくずれる

こちらの例を見てください。英語の文章なのに、フィラーは日本語の表現「えーと」を使っています。

I went to the library yesterday. Then, えーと…… I met him. えーと…… Tom!

なんというか、英語のテンポの中に、日本語のテンポを持つフィラーが入ると、話している英語のリズムがくずれてしまうんです。

言語によってリズムは違いますので、フィラーもその言語にそろえたほうがスムーズに話せるんですね。

リズムが壊れると、全体的に英語の発音が悪くなるし、自分が英語を話している感も減ります。

ヨス

なので、わたしは初心者の段階でフィラーを英語で言うのをオススメします。

相手に「考えている」ことを伝えられる

このフィラーには重要な役割があります。

それは相手に、会話を続けるために「ちゃんと今考え中だよ!」ということを伝える役目です。

会話途中なのに、突然黙り込んだとします。フィラーを使わずにだんまりしていると、怒っているのかな?とか話がつまんないのかな?と、相手に不安を与えてしまうかもしれません。

自分が英語を話している感を得られる

そして初心者に特に重要なのが「自分が英語を話している感」です。

これってけっこう大事だと思っています。自分が英語をちゃんと話せている……という感覚を持つことができるとモチベーションにも繋がります。

言語学習って進歩がなかなか見えませんから、それがたとえ自己暗示的でも「英語を話している感」を得られるならガンガン使うべきでしょう。

英語で使われるフィラーの表現

わたしが英語でよく使うフィラー表現はこちらです。

  • uh / um
  • Let's see
  • Well
  • You know
  • How can I say

1個1個見ていきましょう!

uh / um

まずは単なる「アー」って感じのフィラーから。

日本語の「えー」に近いですね。「uh」の表記のものはまさに「アー」という発音ですが、日本語の「ア」よりももっと口を小さくしてあいまいに言うのがコツです。

めっちゃ適当に「アー」という感じでしょうか。

もう一つの「um」も同じような感じですが、「ア」を言ったあとに口を閉じて「m」を発音します。

ヨス

「m」は「ム」ではなく、日本語で「アンモナイト」と言おうとして「モナイト」を発音せずに「ン」で止めた発音です。変なたとえやな(笑)。

とにかく、いつも使っている日本語のフィラー「えー」を「あー」に 変えだけでも一気に英語っぽくなりますよ!

Let's see

お次は「Let's see...」です。

直訳すると「見ましょう」ですが、別に何も見ようとしてなくても言います(笑)。

わたしも最初は……

ヨス

なんで言葉に詰まったときに、こんな言葉を言うんだろう?

と思ってたのですが、言語ってそんなもんです。

日本語だって、フィラーで「なんか」を使ったりしますよね。

昨日は台風で子どもが休みになって大変でしたよ。なんか、元気なのに外に出られないとか、なんか苦行レベルだわ……。

これもよく考えると変ですよね。

ちなみに、「Let's see」は、学校でも習った「Let me see」でもオッケーです。

Well

そして有名な「Well」です。

これ、大事なのですが発音を日本語みたいに「ueru(ウエル)」と言うと、全然違うふうに聞こえます。

たぶん「え? なんて言ったの?」と聞かれてめんどくさくなります(笑)。

ヨス

発音に自信がないうちは「Well」は避けたほうがいいかもしれません。

「w」の部分では口をかなり丸めて、「ウェゥ」的な発音を意識するといいかも。

You know

そして「You know」です。若い頃、これにはだいぶお世話になりました。

「え? You knowがフィラー??」と思われるかもしれませんが、実はこれ、むちゃくちゃよく使われます。

You know... I don't like Sushi very much, because... you know, it smells like... you know...(以下省略).

ニュアンス的には、「ほら」に近いかもしれません。

ヨス

インタビューに答えている人とかでもよく耳にしますよね。

ネイティブでもやたらこれを多用する人がいるのですが、ちょっと聞きづらくなります。

日本語でも「えー」を連発するとイラッとくるのと同じですね。

How can I say

そして「How can I say...」です。長いですが。

これも日本語の「なんちゅうか……」とか「なんていうか……」みたいなもんです。超似てますね。

単語が出てこないときに、思い出しながら自然に言えるといいですね。

さて、今回は英語のフィラー表現について紹介しました。

先程も「You know」のところで書きましたが、多用にはお気をつけを。あんまり連発するとうざいですからね。

一番いいのはフィラーを使わずにスムーズに話せることですが、最初のうちは難しいです。

ちゃんと相手に「あなたとの会話をちゃんと続けているよ!」という意思表示のためにも、英語のフィラーを使って伝えましょう!

expression-filler

良かったらシェアでみんなに教えよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ヨス

アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。