「PEOPLE」を「ピーポー」と読むのはなぜ?「ダークL(Dark L)」という発音について

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

日本人にとって難しい発音の1つが「 L 」の発音です。

でも、この「 L 」ですが2つの発音があるのを知っていましたか?

ほら、「people」を「ピープル」じゃなく「ピーポー」と言っているのを聞いたことがありませんか?

今回はこの「オー」になる「 L 」の発音「Dark L(ダークエル)」について紹介します!

「people」を「ピーポー」と読む?

「 L 」の発音については別の記事で書いていますが、どんな発音かご存知でしょうか?

こんな発音でしたよね?(「ええっ?!」 ……と思った方は「 L 」の発音をどうぞ)

冒頭でも例で出しましたが、「people」という単語、これ「ピーポー」って読むのをご存知ですか?

ほら、芸人の厚切りジェイソンさんが「ホワイ・ジャパニーズ・ピーポー!?」って言っていますし……

ピコ太郎さんも「アッポー・ペン」って言っていましたよね。

ではわたしも音声で「people(人々)」と「apple(りんご)」を発音してみました。

やっぱり「ピーポー」「アッポー」って聞こえますよね! カタカナ英語では「people」は「ピープ」、「apple」は「アップ」と読むはずでは??

これってなんで!? 実は……

ヨス

「 L 」には2つの発音があるんです!!

語尾に来る「 L 」は「ウ」みたいな発音になる!

では2つの「 L 」の発音について紹介します。

ややこしいので2つの「 L 」の発音に名前を付けますね。

  • Light L (明るいエル)
  • Dark L (暗いエル)

「付けてみますね」と言いましたが、わたしが付けたんじゃなくて、そう呼ばれています(笑)。

では、「ダークL」の発音を聞いてみます。

なんか「オ」と「ウ」の間のようなモヤッとした声に聞こえますね。

まぁ、この「ダークL」の発音は、単独で使われることはありえないですが。

「ダークL」になるときの条件

では、どんなときに「ダークL」の発音になるのでしょうか?

実は法則があるんです。

それは、文末に「 L 」の発音が来るということ!

先ほどの……

  • people
  • apple

どちらも確かに文末です。この「 e 」は発音しされない「サイレントE(マジックE)」と呼ばれるものです。

ほかの例も見てみます。

  • el (「 L(エル)」のこと)
  • feel
  • real
  • well

文末でない場合でも、母音のあと、二重母音のあと、R音性母音のあとに来る「 L 」も「ダークL」になります。

  • wolf (母音のあと)
  • child (二重母音のあと)
  • world (R音性母音のあと)

「ダークL」の発音の仕方

では、このもう一つの「 L 」こと「ダークL」はどうやって発音しているのでしょうか?

口の中の図を見てください(「 ɫ 」は「ダークL」の国際音声記号です)。

「ダークL」こと「 ɫ 」の発音
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音

上の画像はアニメーションになっています。

  1. 舌を奥の方に引き、舌の根元あたりを持ち上げて
  2. 喉の奥の方で「ウ」のような発音をし、
  3. そのあとに舌先をふつうの「 L 」の位置に持っていく

こんな動きをしています。

コツとしては咳き込んで、咳をするときときの舌の位置です。でも口はほとんど開かずに。

たぶん、舌の根本の方が上に上がっている感じがするでしょう?

ダークLの発音のポイント

ダークLを発音するときのポイントをまとめます。

  • 咳き込んだときの舌の位置をイメージ
  • 舌は喉の方へ引く
  • 舌の根本を上あごに近づける
  • 声は喉の奥の方で出す
  • 口はナチュラルに(丸めたり、緊張させたりしない)
  • 「ウ」のような発音のあと、舌は上前歯の後ろにくっつける(音は出ない)
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音

最後の「口はナチュラルに」というのも大事ですね。

日本語の「アッポー」の発音だと、口(唇)が丸まっているハズです。

でも「ダークL」の発音は、全く丸まりません。口を閉じた状態で、力を抜いて、ほんのすこし口が開いた状態です(「あいまい母音」と同じ口の構え)。

「Why Japanese people?」のように、「ダークL」のあとに何も単語が続かないときは、舌を上前歯の根本あたりに持ってこないことも多いです。

最後にもう一度、「ダークL」の発音になる例を聞いてください。

  • el (「 L(エル)」のこと)
  • feel
  • real
  • well

この「ダークL」の発音は最初のうちは難しいかもしれませんが、英語に慣れてくると自然とできるようになる発音だと思います。

なので、とりあえず初心者の方は「 L 」にはこういう特性があるということを知っておいてくださいね!

日本語なまりの英語で言うときでも「アップル」だと絶対に通じませんが、「アッポー」だと通じるはずです。

まずは完全な「ダークL」の発音じゃなくてもいいので、「apple」を「アッポー」、「people」を「ピーポー」とのように言ってみてください。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?