「ダークL(Dark L)」という発音は何?「PEOPLE」を「ピーポー」と読む理由

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

日本人にとって難しい発音の1つが「 L 」の発音です。

でも、この「 L 」ですが2つの発音があるのを知っていましたか?

ほら、「people」を「ピープル」じゃなく「ピーポー」と言っているのを聞いたことがありませんか?

今回はこの「オー」になる「 L 」の発音「Dark L(ダークエル)」について紹介します!

「people」を「ピーポー」と読む?

「 L 」の発音については別の記事で書いていますが、どんな発音かご存じでしょうか?

こんな発音でしたよね?(「ええっ?!」 ……と思った方は「 L 」の発音をどうぞ)

冒頭でも例で出しましたが、「people」を「ピーポー」って読むのをご存じですか?

ほら、芸人の厚切りジェイソンさんが「ホワイ・ジャパニーズ・ピーポー!?」って言っていますし……

ピコ太郎さんも「アッポー・ペン」って言っていましたよね。

ではわたしも音声で「people(人々)」と「apple(りんご)」を発音してみました。

やっぱり「ピーポー」「アッポー」って聞こえますよね! カタカナ英語では「people」は「ピープ」、「apple」は「アップ」と読むはずでは??

これってなぜでしょうか!? 実はこんな理由があるんです。

ヨス

「 L 」には2つの発音があるんです!!

ダークLについて

では2つの「 L 」の発音について紹介します。

ややこしいので2つの「 L 」の発音に名前を付けますね。

2つのL

  • Light L (明るいエル)
  • Dark L (暗いエル)

「付けてみますね」と言いましたが、わたしが付けたんじゃなくて、そう呼ばれています(笑)。

ダークLの発音

では、「ダークL」の発音を聞いてみます。

なんか「オ」と「ウ」の間のようなモヤッとしたあいまいな音声に聞こえますね。

こもったような暗い音声なので、通常の「 L 」の発音(ライトL)に対して、ダークLと呼んでいますよ。

例では単独で発音しましたが、この「ダークL」の発音だけで使われることはありえません

「ダークL」になるときの条件

では、どんなときに「ダークL」の発音になるのでしょうか?

実は法則があるんです。

文末に来る「L」の発音はダークLになる

それは、文末に「 L 」の発音が来るということ!

先ほどの2つの単語を見てください。

  • people
  • apple

どちらも確かに文末です。この「 e 」は発音されない「サイレントE(マジックE)」と呼ばれるもので、発音されません。

ほかの例も見てみます。

  • el (「 L(エル)」のこと)
  • feel(感じる)
  • real(本当の)
  • well(上手に)

母音・二重母音・R音性母音のあとならダークL

文末でない場合でも、こちらの3つの条件下でもダークLの発音になりますよ。

ダークLになる条件
母音のあと
  • wolf(オオカミ)
  • yourself(あなた自身)
  • milk(牛乳)
二重母音のあと
  • mailbox(郵便受け)
  • child(子ども)
  • cold(寒い)
R音性母音のあと
  • world(世界)
  • pearls(pearl [ 真珠 ] の複数形)
  • girls(girl [ 女の子 ] の複数形)

【注意】ダークLにならない条件

上で見た、母音、二重母音、R音性母音のあとでもダークLにならないことがあります。

それは、「 L 」のあとにさらに母音が来る場合です。

ダークLにならない条件
母音+L+母音 feeling(感覚)
二重母音+L+母音 sailing(セーリング)
R音性母音+L+母音 pearly(真珠のような)

ではこれらはどんな音になるのかというと、ふつうの「 L 」の発音になりますよ。

ちなみに「 L 」のあとの母音は、「二重母音」「R音性母音」でも同じで、その前に来る「 L 」はダークLになりません。

「ダークL」の発音について

では、このもう1つの「 L 」こと「ダークL」はどうやって発音しているのでしょうか?

ダークLの発音記号

まずはダークLの発音記号(国際音声記号)を見てみましょう。

たとえば「will(未来形)」の発音記号はどうなるのでしょうか?

ダークLの発音記号

ɫ

このように、「 l(エル)」にニョロっとした波線が入ったような記号になります。

「ɫ」を辞書で見かけることはない

でも、実際には辞書の中でこの発音記号「 ɫ 」を見ることはまずありえません。

ヨス

ややこしくなるから「 l 」に統一されているんですよね。

ゆえに、辞書で見るときにはこのようになっていることに注意です。

l

ダークLの発音の見分け方

では、辞書を見てどうやって「ダークL」の発音を区別すればいいのでしょうか?

じつは現在の辞書にある発音記号だけでは区別できなくなっています。

まぁ、英語の「 R 」の発音も本当の発音記号は「 ɹ 」って書きますからね……。これも見ることはありません。

つまり、前述したこちらのルールに慣れ、自分で判断するしか無いということです。

ダークLの発音の仕方

ダークLの発音は、こちらのようにやります。

ダークLの発音の仕方

  1. 舌先を、ふつうの「 L 」の発音と同じように前上歯の後ろあたりにつけたまま、
  2. 舌の根元あたりを持ち上げ、上あごに近づけて
  3. 喉の奥の方で「ウ」のような発音をする。
ヨス

分かりづらいと思うので、下で紹介している「口の中の図」を見てください!

「ダークL」を発音するときの口の中

「ダークL」を発音するときの口の中の図はこちらです。

「ダークL」こと「 ɫ 」の発音
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音(軟口蓋歯茎側面接近音)

専門的には「軟口蓋歯茎側面接近音(なんこうがいしけいそくめんせっきんおん)」と呼ばれる音声で、音声記号は先ほど紹介した「 ɫ 」です。

舌先はどこにもつけなくても良い

上で書いた発音が「ダークL」の発音なのですが、こんなふうに思われたのではないでしょうか?

ヨス

いや、こんなに器用に舌が動かないぞ!

大丈夫です。実はもっと簡単にできます。

歯茎の根本にくっつけていた舌先を離して発音しても問題ありません。図にするとこちら。

「ダークL」こと「 ɫ 」の発音2
「ダークL」こと「 ɫ 」の発音2

説明すると、このような手順になります。

ダークLの発音の仕方2

  1. 口はリラックスさせ、あまり開けずに
  2. 舌を奥の方に引き、舌の根元あたりを持ち上げて
  3. 喉の奥の方で「ウ」のような発音をする。

コツとしては咳き込んで、咳をするときときの舌の位置です。でも口はほとんど開かずに。

たぶん、舌の根本の方が上に上がっている感じがするのではないでしょうか。

「ダークL」の発音のポイント

「ダークL」を発音するときのポイントをまとめます。

ダークLの発音のポイント

  • 口は開けすぎない
  • 咳き込んだときの舌の位置をイメージ
  • 舌は喉の方へ引く
  • 舌の根本を上あごに近づける
  • 声は喉の奥の方で出す
  • 口はナチュラルに(丸めたり、緊張させたりしない)

日本語の「オ」の発音のように口を丸めない!

最後の「口はナチュラルに」というのも大事ですね。

カタカナ英語の「ピーポー」や「アッポー」の発音だと、口(唇)が丸まっているハズです。

でも「ダークL」の発音は、
口が全く丸まりません

口を閉じた状態で、力を抜いて、ほんのすこし口が開いた状態です(「あいまい母音」と同じ口の構え)。

こちら、口の形の比較をご覧ください。

日本語の「オ」と「ダークL」の口の形の比較
日本語の「オ」と「ダークL」の口の形の比較

明らかに口の形が違いますよね!

「オー」と「 ɫ 」の発音の違い

最後にこちらの発音の違いを聴き比べてみましょう。

2つの音の違い

  • 日本語の「オー」
  • ダークLの [ ɫ ]

上の音声はこちらの順に発音しています。

  1. peoポー
  2. people
  3. aポー
  4. apple

似ていますが、「ダークL」のほうが、音声が舌で邪魔されているような感じなのがお分かりでしょうか?

この「ダークL」の発音は最初のうちは難しいかもしれませんが、英語に慣れてくると自然とできるようになる発音です。

なので、とりあえず初心者の方は「 L 」にはこういう2つの音声があるということを知っておいてくださいね!

日本語なまりの英語で言うときでも「アップル」だと絶対に通じませんが、「アッポー」だと通じるはずです。

まずは完全な「ダークL」の発音じゃなくてもいいので、「apple」を「アッポー」、「people」を「ピーポー」とのように言ってみてください。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"