インドネシア人との英会話がスムーズに!「Indolish」の3つの特徴

サト

こんにちは、インドネシア在住日本語教師のサトです。

インドネシア語学習歴(ほぼ)20年の私は、普段はインドネシア語だけで生活しています。

まれに英語を使うこともありますが、そんなとき、インドネシア人が話す英語の発音を真似るとよく伝わります。

今回は、そんなインドネシア人的英語の発音から、日本人にも比較的発音しやすいものを3つご紹介します。

インドネシア人の話す英語の特徴

それではインドネシアの英語の発音の中でも特に顕著な特徴を3つ紹介します。

インドネシア人に伝わりやすい英語の発音3つ
インドネシア人に伝わりやすい英語の発音3つ

以下、便宜上、インドネシア人的英語を「Indolish」として話を進めます。

[ v ]は[ f ]に! 濁らせない

[ v ]は[ f ]になります。……と書いてみましたが、[ v ]って何や?……ですよね。

例を挙げると……

video」「novel」「active」 なんかの太字部分の音です([ ]は、発音記号に使われるカッコです)。

これを日本語で書くと、

  • video …… デオ
  • novel …… ノ
  • active …… アクティ

と、バ行を使うはず。

ところが、Indolishの発音をカタカナで書くと、

  • video …… フィディオ
  • novel …… ノフェ
  • active …… アクティ

……という感じで[ f ]の発音になるのです。

[ f ]の発音方法はこのイラストをご参照ください。

英語のFの発音
英語のFの発音

お気づきかと思いますが、冒頭で「日本人にも比較的発音しやすい」とか言いながら、いきなり日本語にない音です(笑)すみません。

ただ、経験上、あまりいろいろ考えなくても、前歯を少し下唇にのせて発音すれば伝わります。

残り2つはものすごく発音しやすいはず。

[ θ ]は[ t ]に!「サシスセソ」は×

[ θ ]も学校の英語で勉強したような気がするものの、ぱっと見、何者? と思ってしまうかも。

例を挙げると、 「think」「three」「marathon」です。  

日本語だと、

  • think …… ンク
  • three …… リー
  • maraton …… マラ

と、サ行になりますよね。

これをIndolishで発音する場合……

  • think …… ティンク
  • three …… トゥ
  • marathon …… マラ

と、「ta」「ti」「tu」「te」「to」に置き換えると伝わりやすいのです。

[ θ ]は舌を上下の前歯で挟んで発音するのですが、そんな日本語にない発音をしなくてもいいので、かなり楽なはずです。

ちなみに、携帯のオペレーターで「3」という会社がありますが、ここのアドレスは「tri.co.id」です。

「tri.co.id」のサイト
「tri.co.id」のサイト

「3」はインドネシア語で「tiga」。「tri」も「3」を意味しますが、単独では使われないことになっています。

使うとすれば、「triatlon」(トライアスロンのインドネシア語)などですね。

さらに余談ですが、携帯のSIMカードなんかを売っている店の前に、「TREE 1GB」と書いてある看板を発見!

「TREE 1GB」と書かれた看板
「TREE 1GB」と書かれた看板

樹木1GBってどんなインターネットプランや。これは「three」→「tri」→「tree」になったものと思われます。

なお、語末の[ θ ]も[ t ]になるのですが、これは寸止めになります。舌は[ t ]を発音する位置に持って行きますが、その舌を離さずに発音。

たとえば、「breath」や「death」だと……

  • breath …… ブレッ(ト)
  • death …… デッ(ト)

といった具合です。

[ æ ]は[ e ]に! 「ア」じゃないよ!

最後に母音を一つご紹介します。見た目は[ a ]と[ e ]を足したような[ æ ]。 そのまんまですが、[ a ]と[ e ]の間の音ですね。

例えば「bank」「happy」「land」は、日本語だと

  • bank …… ンク
  • happy …… ッピー
  • land …… ンド

……と、ア段(アカサタナ……)になりますね。

これがIndolishでは……

  • bank …… ン(ク)
  • happy ……
  • land …… レン(ド)

……と、エ段(エケセテネ……)になるのです。また携帯ネタですが、昔、携帯のオペレーターで「hepi」という会社もありました。

昔あった携帯のオペレーター会社「hepi」
昔あった携帯のオペレーター会社「hepi」

ちなみに「ベン(ク)」「レン(ド)」と、語末に( )があるのは、閉音節だからです。説明は省きますが、気になる方は閉音節と開音節についてをどうぞ!

以上、日本人からしたら笑ってしまう発音もあったかもしれませんが、インドネシア人の学生に英語のカタカナ表記(日本語)を説明するとだいたい笑われます。

それは、純粋にことばの違いに対して「おもしろい! 」と、楽しんでいるような笑いです。

インドネシア人にとっても、日本人にとっても、英語は母語ではありません。発音すると母語にある音に近くなってしまうのはお互いさま。

単純に言語的に「わかりあえる」ということも大切ですが、この「お互い苦労するよね」というところも「わかりあえる」と、Indolish話者と素敵な関係を築けるかもしれません。

珍しくきれいにまとまった!(笑)

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?

ABOUTこの記事を書いた人

サト

学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。