英語の清音・濁音について「 ゛(濁点)」を使って紹介するよ

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

日本語には「 ゛(濁点)」という表記がありますよね。ほら「か」が濁った音が「が」みたいな。

この濁点って、文字表記としては非常に優秀で合理的で、対になっているのがひと目でわかります。

この「濁点」という考え方を英語にも使うと、発音を覚えるのが楽になるよ!というお話です。

清音・濁音ってなに?

日本語の平仮名(&カタカナ)表記には「濁点( ゛)」というマークが存在します。

これですね。

日本語表記の中の「濁点」
ひらがな ひらがな + 濁点

清音 + 濁点 = 濁音

まずこちらをご覧ください。

(濁点)=

文字表記では、こんな単純なルールで成り立っていますよね。

このときの濁点のないものを「清音」、濁点のプラスされたものを「濁音」と呼びます。

  • 清音 ……濁点のないもの(か・き・く・け・こ……など)
  • 濁音 …… 濁点のプラスされたもの(が・ぎ・ぐ・げ・ご……など)

表記だけではなくルールがある

ここまでは表記だけの違いのように書いてきましたが、実は清音が濁音になるとあるルールに基いて音声が変化するんです。

たとえば「た」と「だ」を例に出すと。

清音「た」→ 濁音「だ」

こうなることで、簡単に言うと「た」が濁った音になります。

全く違った音になるのではなく、あくまで「た」が濁った音になるんですね。

「は」→「ば」になることについては例外なので、あとで詳しく書いています。

音声的には「無声音」「有声音」の違い

さて、今度はもっと詳しく「清音 → 濁音」になるときの音声のルールについて紹介します!

「 t 」と「 d 」を言うときの口の中

「た」と「だ」を言うときの口の中を見比べるとわかりやすいので、図を見てください。

まずは「た」の子音「 t 」を発音するときの口の中から。

「 t 」の発音
「 t 」の発音

そして、「た」に濁点の付いた「だ」の子音「 d 」。

「 d 」の発音
「 d 」の発音

口の中の動きは完全に同じなんですよ!

「 t 」も「 d 」もこんな流れで発音されます

  1. 歯茎(しけい)と呼ばれる、前歯(上の歯)の根本あたりに舌の先をくっつけて、
  2. それを離すときの勢いを使って音を出す

破裂(はれつ)音と呼び、歯茎で作られる破裂音なので、「歯茎破裂音」と呼びます。

「 t 」と「 d 」は何が違う?

音をつくる方法がまったく同じなのに、「 t 」と「 d 」って全然違う音ですよね?

ということは何か違いがあるハズです。じゃあどこが違うのか?というと……

喉の震え」があるかどうか

です。肺から息を吐くときに外に出る空気を使って声帯を振動させ「声」を作っているものが「濁音」で、音声学では「有声音」と呼びます。

それに対して、声帯の振動を伴わないものを「無声音」と呼びます。

「 t 」と「 d 」の音声学上での正式名称を見ると……

  • t …… 無声歯茎破裂音
  • d …… 有声歯茎破裂音

ほら、「無声」か「有声」かという違いだけですね!

無声音と有声音

というわけで、違いがわかったところで、もう一度さっきの図を見てみますね!

「 t 」の発音
「 t 」の発音
「 d 」の発音
「 d 」の発音

ちなみに、無声音と有声音の違いを表現するために、口から出ているフキダシの色を変えています。

無声音の場合は白に、有声音の場合はグレーに。

英語の発音も清音・濁音でまとめて覚えよう

日本語表記での「 ゛(濁点)」が、非常にわかりやすいという話をしました。

でも英語だと「ta」が濁った音になっても「t゛a」とは書きませんよね。「 t 」が濁った音は「 d 」というまったく違ったアルファベットになります。

ヨス

そのため、日本語のようにこの子音とこの子音は対になっているよ!というのが伝わりにくいんです!

ということで、わかりにくいアルファベットに強引に濁点を付けて、対になっているまとめを作りました!

「 k 」と「 k゛」

「か」の子音といえばもちろん「 k 」ですね。ローマ字でもおなじみです。では、「 k 」が濁った音「 k゛」は何かおわかりですか?

簡単ですよね。「 k 」に濁点を付けた音は「 g 」です!

1無声軟口蓋破裂音「 k 」

「 k 」の発音をしているときの口の中ってどうなっているかご存知ですか?

これは意外と知られていませんが、舌の根本の方が上あごに触れて出る音です。

一瞬だけ触れ、破裂させるようにして音を出すので「破裂音」と呼ばれています。

「 k 」の発音
「 k 」の発音

上あごの後ろの方は柔らかく軟口蓋(なんこうがい)という名前なので、軟口蓋破裂音と呼びます。

2有声軟口蓋破裂音「 g 」

今度は「 g 」の発音ですが、口の中の構えは「 k 」と全く同じです。こちらの図を見てください。

「 g 」の発音
「 g 」の発音

ほら! 完全に同じ!

じゃあどこが違うのかというと、喉を振動させて声を出しているかどうかだけ。

そのため、喉を震わせない「 k 」は「無声軟口蓋破裂音」、「 g 」は「有声軟口蓋破裂音」と呼びます。

「 s 」と「 s゛」

お次は「 s 」の音。日本語で言うと「さ」の子音ですよね。

では「 s 」が濁った音「 s゛」の発音は何でしょうか?

もちろん「 z 」です! 日本語表記でも「さ」→「ざ」のように対になっているのでわかりやすいですねー。

1無声歯茎摩擦音「 s 」

「 s 」の音ですが、口の中ではこのようになっています。

「 s 」の発音
「 s 」の発音

上前歯の根本の方にある「歯茎(しけい)」に舌先を近づけ、本当に少しだけ舌先と歯茎の間にスキマを空けます。

そこに空気を押し出して、「すきま風が通るような音」を出すのが「 s 」です。

2有声歯茎摩擦音「 z 」

「 z 」を発音するときの口の中も「 s 」とまったく同じです。

「 z 」の発音
「 z 」の発音

「 s 」と「 z 」の違いは「 k 」と「 g 」の違いと同じで、喉を震わせるかどうかです。

日本人で「 z 」を発音するときに気をつけなければいけないのは、日本語では語頭に来るときの「 z 」は破擦音になるというルールがあることです。

破擦音にならないように気をつけましょう!

「 t 」と「 t゛」

今度は「た」の子音「 t 」について。この「 t 」が濁った音「 t゛」ですが、これも日本語にあるのでわかりますよね。

「だ」の子音「 d 」になります。

1無声歯茎破裂音「 t 」

「 t 」の発音をするときの口の中はこちらです。

「 t 」の発音
「 t 」の発音

先ほどの「 s 」と同じ位置(歯茎)に舌を近づける音なのですが、音をつくる方法が違います。

「 k 」と同じ「破裂音」です。歯茎で破裂させるので「歯茎破裂(しけいはれつ)」音と呼びます。

2有声歯茎破裂音「 d 」

「 t 」が濁った音「 d 」は、もちろん「 t 」と同じ口の構えです。

「 d 」の発音
「 d 」の発音

違いは「 s 」と「 z 」の違いと同じで、喉を震わせて「声」が出るかどうかですね。

「 p 」と「 p゛」

お次は「ぱ」の子音「 p 」です。

この「 p 」の濁った音が「 p゛」なのですが……今まで紹介したものが簡単だっただけに、今回はちょっと「 ? 」ってなりますよね。

ヨス

あれれ? 「 p 」は「ぱ」の子音でしょ??
「ぱ」にはすでに「 ゜(半濁点)」がついているから……??

ってなりますよねー。「ぱ」に濁点を付けると「ぱ゛」になりますよ(笑)。

実は「 p 」に濁点の付いた発音は「 b 」なんです!

1無声両唇破裂音「 p 」

「 p 」の音ですが、これは今まで紹介したものと違い、舌は使いません。唇で発音します。

「 p 」の発音
「 p 」の発音

「ぱ」と発音すれば、唇を閉じるのがわかりますよね?

唇を「パッ!」と破裂させるようにするため、「両唇破裂音」と呼びます。

2有声両唇破裂音「 b 」

そして「 p 」を発音するときに喉を振動させ「声」を出したものが「 b 」です。

「 b 」の発音
「 b 」の発音

こちらは声があるので「有声両唇破裂音」ですね。

【参考】古代日本語では「は」の発音は「pa」だった

ちょっと脱線したお話を。「はひふへほ」の発音ですが、古来の日本語では「ぱぴぷぺぽ」だったんです!

古代日本語と現代日本語の発音の違い
古代の日本語 現代の日本語
は(pa) は(ha)
ひ(pi) ひ(çi)
ふ(pu) ふ(ɸu)
へ(pe) へ(he)
ほ(po) ほ(ho)

そのため、古来の発音だと、「は(pa)」が濁った音「ば(ba)」というペアは合っていますね。

当時は「ひらがな」とか「濁点」はなかったと思いますが。

ちなみに現在でも「は」を「ぱ」と発音する地域があるそうですが、それは方言ではなく、本来の「は」の発音が残っているんですね!

「 f 」と「 f゛」

さて、今度は日本語にはない発音が出てきました! 日本人にとって難しい子音「 f 」です。

その「 f 」を濁らせた「 f゛」ですが……これってなんでしょうか?

意外と知られていないかもしれませんが、実は「 v 」なんです!「 f゛= v 」です。

1無声歯唇摩擦音「 f 」

「 f 」はこちらのように、上の前歯を下唇に軽く当てて発音します。

「 f 」の発音
「 f 」の発音

けっして噛むわけじゃないですよ! 軽く当てるだけ。

で、唇と歯の間にスキマ風を通らせて、その摩擦音で音を出すんです。

そのため「 f 」は「無声歯唇摩擦音」と呼ばれます。

2有声歯唇摩擦音「 v 」

「 f 」を発音させるときに喉を震わせ、声を出したのが「 v 」です。

「 v 」の発音
「 v 」の発音

よく「 b 」と「 v 」を聞き間違えるのは、音をつくる位置が近くて、音が似ているからなんですねー。

「 sh 」と「 sh゛」

そして、ここからはアルファベット表記として2文字を使うものです(「sh」「ch」「th」のように)。

まずは、英語の「 sh 」の発音から。これ、日本語にも「シュ」という発音があるのですが、英語と日本語の「sh」の発音は違うのでご注意を!

この「 sh 」ですが、発音記号で書くと「 ʃ 」になります。辞書で見たことがあるのでは?

1無声硬口蓋歯茎摩擦音「 ʃ 」

こちらは「 ʃ 」を発音するときの口の中。

「 ʃ 」の発音
「 ʃ 」の発音

日本語の「し」よりも少し前に舌を配置させ、上あごと舌先のスキマで空気を摩擦させて音を出します。

専門的には「硬口蓋歯茎(こうこうがいしけい) 」という部分に舌を当てるため、「無声硬口蓋歯茎摩擦音」というのが「 ʃ 」の正式名称です。ややこしい(笑)。

2有声硬口蓋歯茎摩擦音「 ʒ 」

そして有声硬口蓋歯茎摩擦音の「 sh゛ 」です。

この発音はおわかりでしょうか?「 sh゛」は、「vision(ビジョン)」の「ジョ」の子音です。

ヨス

ほら、「confession(コンフェッョン)」の「sion」は濁らない発音の「 sh 」ですが、「vision(ビョン)」の「sion」は濁って「 sh゛」になりますよね。

「 ʒ 」の発音
「 ʒ 」の発音

「 sh゛」の発音記号は「 ʒ 」を使いますよー。

「 ʃ 」が濁った音が「 ʒ 」。覚えましたか?

「 ch 」と「 ch゛」

お次は先ほどの「 sh 」に似た子音「 ch 」です。

発音記号では「 」と書きますが、日本語の音では「チ」が近いですね。

1無声硬口蓋歯茎破擦音「 tʃ 」

「 ch 」の発音ですが、「 ち 」に似ているため発音しやすいと思います。

「 tʃ 」の発音
「 tʃ 」の発音

日本語の「ち」よりも舌を前に持っていって、口を丸めて言う感じですね。

2有声硬口蓋歯茎破擦音「 dʒ 」

さて、今度は「 ch゛」の発音です。

「 dʒ 」の発音
「 dʒ 」の発音

「 ch 」の濁った「 ch゛」の発音ですが、「bridge(橋)」の「 dge 」の発音がそうですね。

「 ch゛ 」を発音記号では「 」と書きます。「 tʃ 」と「 dʒ 」はこの2つの単語で比べるとわかりやすいかな。

  • 【清音】 match(マッチ)
  • 【濁音】 Madge(マッジ: 人の名前)

どうですか?

「 th 」と「 th゛」

そしてアルファベットの「濁音化」の最後です。

「 th 」と「 th゛」の発音ですが……日本語には似た音がないため、カナ表記が全くできませんよね。

日本人にとって難しい発音である「 th 」という子音と、それが濁った音「 th゛」です。

1無声歯摩擦音「 θ 」

この「 th 」の発音ですが、発音記号では「 θ 」が使われます。

「 θ 」の発音
「 θ 」の発音

歯と歯をほぼ合わせ、その間に軽く舌先を当てるようにして、歯と舌のスキマからスキマ音を作って音を出します。

2有声歯摩擦音「 ð 」

そして、「 θ 」の濁音が「 the 」の「 th 」の音です。

「 ð 」の発音
「 ð 」の発音

記号では「 ð 」で表されます。「mother」とか「father」の「 th 」がそうですね。

「 th 」はまさに文字で見ても、濁音かわからないので「moth゛er」とか「fath゛er」って表記してくれたらわかりやすいのに(笑)。

さて、今回は英語のアルファベットに無理やり「 ゛(濁点)」を付けてみました。

「 f 」の濁点版が「 v 」ということとか、言われないと気づかなかったりしますよね。

でも「 v 」の発音が「 f゛ 」だと気づけば、片方の発音が出来ればもう一方もできるということになります♪

発音の勉強のお役に立てばうれしいです。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?