「TH」の発音は舌を噛むの?「ス」とはどう違うの?

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

英語の発音で難しいものはいくつかありますが、難しいのには理由があります。

それが日本語にない発音だということ!!

その代表的な発音である「th」の発音についてガッツリ紹介しますね。

この記事を読めば、きっと「th [ θ ] 」の発音ができるようになりますよ♪

「 th 」の発音について

では「 th 」の発音についてくわしく紹介していきます。

「 th 」の発音記号は?

英語で「 th 」と表記したときの発音ってご存じですか?

「 t 」と「 h 」をつなげたからって「トゥハッ」みたいには発音しないんですよ。

「th」の発音はトゥハッではない!!

ではどんな発音をするのかというと、主には
[ θ ] という発音記号で表す音です。

ヨス

いや、 [ θ ] って読めないしっ!!

ですよね(笑)。なので、次では詳しく発音を紹介しますよ。

「 th [ θ ] 」の発音とは?

英語で「 t 」+「 h 」、つまり「 th 」と表記されたときの発音はこんな音です。

なんだか日本語の「スー」に近い感じの発音ですよね?

ただ、「スー」よりも詰まっている感のある音に聞こえなくもないですよね。

じつはこの音は「ス」とはべつの音で、英語圏の人にはまったく違う音として聞こえますよ。

「 th [ θ ] 」の発音の仕方

では、「 th [ θ ] 」を発音するときの口の中の構えはどうなっているのでしょうか?

[ θ ] の発音の仕方は、こちらの図のように舌先を上前歯と下前歯の間あたりに配置します。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

そして、歯と舌の隙間から「スキマ音」を出してください。それが日本語にはない子音である [ θ ] の発音です。

なんか、この発音記号 [ θ ] が口を前から見たときの「上の歯と下の歯」に見えてきました。

そう思うと覚えやすい記号ですね。

ヨス

たぶん、これだけでは全然伝わらないと思うので、もっとガッツリ紹介しますね!

「舌を噛んで発音する」は誤解を招く

ときどき「 th 」の発音を説明するときに「上下の前歯で舌先を噛む」のように言われることがあります。

たしかに、見た目は舌先を噛んでいるように見えますが、
これは誤りです!!

ヨス

そもそも、舌を噛んだら痛いし、発音できんがなっ!!

舌を「上下の歯の隙間」から軽く押す感じ

じっさいに [ θ ] の発音は、前の歯で舌先を噛むのではなく、舌先を前歯のスキマに後ろから軽く当てるだけです。

実は上の前歯の先に当てていて、下の前歯の先っちょには「結果として当たっているだけ」です。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

手順としてはこのようにやってください。

  1. 上と下の前歯の間をほんの少しだけ開ける(リラックスした感じ)
  2. 上と下の前歯のスキマに舌先を後ろから軽く押す
  3. 舌と歯の間にあるスキマから「スキマ音」を出すように息を出す

こんな音が出ましたか?

声ではなく、「音」を作るという気持ちでやるとやりやすいです!

舌先は上の前歯の裏側で発音する

さて、舌先を上下前歯の間に配置すると紹介しましたが、実は会話の中では厳密にこんなふうには発音しません(笑)。

なぜなら、いちいち歯と歯の間に舌先を押し入れるのは面倒だから!

ほら、人間って1日に数え切れないほどの音声を、口の中で「調音」させていますよね?

ヨス

つまり、発音はなるべく省エネしたいんですよ。

1つ1つの発音を省エネさせるために、上の前歯の裏に配置して発音しても大丈夫です。

音声学では [ θ ] は「歯音(しおん)」と呼ばれる音声で、上の前歯の後ろで発音しても同じような音が出るんです。

厳密には音声として違いがあると思いますが、英語ではそれが音声の区別になっていません。そのため、英語圏の人が聞いても同じ音だとみなします。

[ θ ] の濁った音が [ ð ]

さて、今まで「 th 」の表記のときは [ θ ] の発音という前提で書いてきましたが、じつはもう1つの発音をするときもあります。

「the」の「th」は [ ð ] の発音

たとえば、こちらの「 th 」の発音を見てください。じつはこれらの「 th 」は [ θ ] の発音ではありません。

「th」の発音が変わる例

  • the
  • that
  • they

これらの「 th 」の発音は、 [ ð ] の発音です。

ヨス

なんかまたややこしいのが出てきたな!!

……と思いますが、 [ θ ] の発音が理解できていれば [ ð ] の発音は簡単です。

ただ単に [ ð ] の発音は [ θ ] の発音が濁った音だからです。

[ ð ] の発音
[ ð ] の発音

上の図のように、 [ ð ] は [ θ ] の発音と口の中の構えは全く同じです。違うのは喉の震えをともなうということだけ!

[ θ ] の発音は [ θ゛] である

もう少しわかりやすくするために、日本語の「 ゛(濁点)」のことを例に出しますね。

[ θ ] の発音はいわば、 [ θ゛] だということです。つまりこういう図式が成り立ちます。

θとðの関係式

θ + ゛= θ゛

θ゛= ð

[ θ ] の発音と [ ð ] の発音の違いは音声だとこんな感じです。

これについてはこちらの記事にくわしく書いていますので、ご参考に。

[ θ ] の発音が含まれる英単語

では、 [ θ ] の発音が含まれる英単語について紹介しましょう。

語頭に「θ」が来る単語

まずは単語の頭に [ θ ] の発音が来る単語を紹介します。

こちらの音声は、下の表を読んでいます。

[ θ ] の後ろには母音が来ることがほとんどなので、スムーズに「θ+母音」が発音できるように練習しましょう。

語頭に [ θ ] が来る単語
thank you ありがとう
three 3
Thursday 木曜日
thunder
theme テーマ
throw 投げる
third 3番目の

語中に [ θ ] が来る単語

今度は、単語の途中に [ θ ] がくる言葉を聞いてみて下さい。

語中に [ θ ] が来る単語
birthday 誕生日
something なにか
healty 健康な
nothing なにもない

前述したように、速く発音するときには、上前歯の後ろに軽く当てる感じで言うと言いやすいですよ!

語尾に [ θ ] が来る単語

そして、単語の最後に [ θ ] のくる単語です。

語尾に [ θ ] が来る単語
fourth 4番目の
death
month
north
both 両方の
bath お風呂

注意したいのは、最後には母音が来ないということ! 子音で終わります。

「ス」のように [ θu ] の発音にならないように気をつけてください。

コツとしては、最後に [ θ ] を発音した瞬間に、息を止める感じで、音声はほとんど聞こえなくても大丈夫です。ネイティブには聞こえるので。

[ s ]と [ θ ] の発音の違い

今回紹介している [ θ ] の発音ですが、日本人が発音するとどうしても「サ行」と混同してしまいますよね。

なぜなら、日本語では [ sa(サ)] も [ θa ] も区別がないからです。

たとえばこちらを聞いてみてください。

「それ、さいこうですね」と言ってますよね。

2回目は「そ(θo)れ、さ(θa)いこうです(θu)ね」というふうに [ s ] の発音を [ θ ] に置き換えて言っています。

どうですか? 2回目に言ったものも「それ、さいこうですね」に聞こえますよね?

[ θ ] の発音に置き換えても「なんか舌足らずな発音だな〜」と思うぐらいで、「サ行」と同じ音として解釈しているはずです。

ヨス

つまり、日本人の耳には [ s ] も [ θ ] も同じ音として聞こえるということですね。

では日本人の発音を悩ませる [ θ ] の発音と似た音である [ s ] との違いを見ていきましょう。

[ s ] と [ θ ] を聞き比べる

ではまず、 [ s ] と [ θ ] の音声が変わると意味の変わる言葉を集めてみました(専門的にはミニマルペアと呼びます)。

[ s ] と [ θ ] との違い
[ s ] の発音 [ θ ] の発音
sank you
あなたを沈めた(?)
thank you
ありがとう
sing
歌う
thing
もの
sink
沈む
think
考える
mouse
ネズミ
mouth
pass
過ぎる
path
小道

【問題点】日本語では表記の区別ができない

日本人にとってこの2つの発音の区別が難しいのは、表記の区別ができないからです。

日本語に [ s ] と [ θ ] の発音の区別がないため、たとえば「sing」も「thing」もどちらも「シング」と表記するし、発音しますよね。

でも、上のとおり、英語だと [ s ] と [ θ ] の発音を間違えるだけで、ぜんぜん違う意味になっちゃうんですよね……。

新しいカタカナを作らないと日本語では表記の区別ができません。

【補足】英語にはさらに [ ʃ ] の音もある

上で「シング」というカタカナ表記を紹介しましたが、「sing」の発音は、本当は「スィング」のほうが近いんですよね。

つまり、「 s 」と「 sh [ ʃ ] 」の発音の違いがあるということです。

いや、もっと言うと「ng」は「グ」の発音はしないので「スィン」のほうが近いです……というか、もはやカタカナ表記にはムリがありすぎます。

[ s ] と [ θ ] の口の構えを比べる

では、 [ s ] と [ θ ] の発音をするときの、口の中の構えを見比べてみます。

まずは [ s ] の発音をするときの口の中の構えから。

[ s ] の発音
[ s ] の発音

そして、 [ θ ] の発音をするときの口の中の構え。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

よく似ていますが、[ s ] のほうが、上の歯の根本あたりに舌を持っていっていますね。

音声学ではこの2つはこんな名称で呼ばれます。

[ s ] と [ θ ] の正式名称
s 無声歯茎摩擦音
θ 無声摩擦音

どちらも、濁音ではない「無声音」で、舌と口の中で作られるスキマで音を作る「摩擦音」です。

違うのは音を作る場所が、上の歯(と下の歯の間)なのか、上の歯の根本なのかの違いだけです。

ついでに [ t ] の発音も比べます

あと、たまに [ θ ] の発音を [ t ] でする人がいるので、 [ t ] の発音とも比べてみましょう。

[ t ] の発音
[ t ] の発音

[ t ] の発音は舌の位置は [ s ] と同じです。つまり [ θ ] とは舌の位置が違っていて、上前歯の根本あたりに配置します。

さらに、[ θ ] と [ s ] は舌を使ってスキマ音を作り出す「摩擦音」と呼ばれる音でしたが、 [ t ] は破裂音です。

舌先を上前歯の根本にくっつけて、勢いよく離したときに出る「トゥッ!!」という音なんですね。 [ θ ] と比べると「勢い」を感じると思います。

[ s ] と [ θ ] と [ t ] の正式名称
s 無声歯茎摩擦音
θ 無声歯摩擦音
t 無声歯茎破裂音

[ θ ] の発音が [ s ] と [ t ] のどっちに似ているかと聞かれると、音声学的には [ s ] の方が近いと言えます。

でも、音声としては [ s ] で言うよりは [ t ] で発音したほうがまだマシ(伝わる率が高い)なのでどうしても伝わらないときは [ t ] で発音してみると良いでしょう。

「thing」も「シング」ではなく「ティング」のように!

ちなみに、インドネシア人の英語でも [ θ ] の発音が [ t ] になるようです。

[ θ ] の発音の練習

[ θ ] の発音の練習ですが、どうやればいいのでしょうか?

日本語に存在しない子音なので、論理的に発音の仕方を理解をし、何度も練習するしかありません。

練習すれば英語を発音するための筋肉が鍛えられ、発音しやすくなりますので。

あと、[ θ ] の発音を練習するときは、後ろに母音をつけて発音する練習もしましょう。

こちらの音声はこの2つを言っています。

[ θ ] と [ s ] の違い

  • [ sa ] [ si ] [ su ] [ se ] [ so ]
  • [ θa ] [ θi ] [ θu ] [ θe ] [ θo ]

違いを意識しながら、 [ θ ] の発音が自然にできるようにがんばってください!

インスタでも投稿しています!

さて今回は日本人の苦手な発音である [ θ ] の発音の仕方を紹介しました。

慣れてくると簡単に言えるようになり、 [ s ] の発音にまで [ θ ] で言ってしまうかも知れません(笑)。わたしも昔やってしまってたので。

とりあえず、 [ s ] と [ θ ] は全く違う音で、 [ θ ] の音は今まで使ったことのない新しい音声であることも意識して言うと身につきやすいですよ!

ついでに「 L 」の発音もぜひマスターしてくださいね♪

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"