発音記号 [ θ ] について

[ θ ] の発音について
ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は発音記号である [ θ ] の発音(無声歯摩擦音)についてです。

[ θ ] は英語の「 TH 」の発音で日本人には超難しいと言われる発音の1つですよね。

日本語にはない子音ですが、どうやって発音するのでしょうか?

この記事では [ θ ] の発音の仕方[ θ ] の発音のコツなどをくわしく解説します。

[ θ ] はどんな音声?

まずは、発音記号の [ θ ] の音声を聞いてみましょう。

次のような発音になります。

ヨス

「スー」という音に似てますね!

じつはこの音は「ス」とはべつの音で、英語圏の人にはまったく違う音として聞こえますよ。

[ θ ] の発音の仕方

では、 [ θ ] を発音するときの口の中の「構え」はどうなっているのでしょうか?

[ θ ] は、こちらの図のような構えで発音されます。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

[ θ ] の発音をする手順をまとめると次のとおりです。

[ θ ] の発音をする手順

  1. 舌の「先っぽ」を「上前歯の先」にくっつける
  2. 舌と歯のスキマから「スー」というスキマ音を出す

[ θ ] は、専門的には「無声歯摩擦音(むせいはまさつおん)」という発音です。

音声 [ θ ] についてのまとめ
のどの震え 無声
発音される場所
発音する方法 摩擦音
発音のコツ
  • 意識するのは「上の前歯」だけでいい
  • 舌が当たる位置は「上前歯の裏」でもOK
注意点
  • 「舌を噛んで発音する」は誤解を招く
  • [ s ] の発音と混同しない

さらに詳しく紹介します。

【のどの震え】[ θ ] の発音は「無声音」

[ θ ] の発音は無声音であるため、のどの震えがありません。

のどの震え(声帯振動)」というのは、日本語で言うと「濁点があるかないか?」の違いだと考えると理解しやすいでしょう。

たとえば、日本語の「た」は「のどの震え」のない無声音です。

日本語の有声音の例「だ」
日本語の有声音の例「だ」

「た」に濁点が付いて「」になると「のどの震え」のある有声音になります(厳密には「た」と「だ」の子音)。

[ θ ] を濁らせた音が [ ð ]

実は [ θ ] の発音を濁らせた音が、 [ ð ] の発音になります。

[ θ ] と [ ð ] の発音は、発音が作られる構えは完全に同じです。

[ ð ]の発音
[ ð ] の発音

つまり、[ θ ] に濁点をつけた [ θ ゛] の発音が [ ð ] ということです。

唯一の違いが、のどの震えがあるかどうか、つまり声を出すかどうかになりますよ(参考: 英語の清音・濁音)。

【発音される場所】[ θ ] の発音は「上前歯と舌尖」で作られる

[ θ ] を発音するときは、「歯」で作られるため、「歯音(しおん)」と呼ばれます。

歯音
歯音

では具体的にどの場所を使うのか、「舌」と「上あご」に分けて紹介しましょう。

「舌」のどこを使う?

[ θ ] の発音をするときは舌尖(舌の先っぽ)を使います。

前尖
前尖

舌の前のほうではなく、「先っぽ」というのが重要なポイントです。

「上あご」のどこを使う?

通常の発音だと舌と「上あご」を使いますが、 [ θ ] の発音では違います。

先述したように、歯にくっつけます。

後部歯茎
後部歯茎

基本としては上の「前歯の先っぽ」に舌先をくっつけて発音しますが、歯の裏で発音しても問題ありません

口の中の名称についてはこちらをどうぞ。

【発音する方法】[ θ ] の発音は摩擦音

[ θ ] の発音は、スキマ音である「摩擦音(まさつおん)」と呼ばれる音です。

[ th ] の発音
[ θ ] の発音

上の歯と舌の間に小さなスキマを作る

口から出る空気をふさぐようなイメージで、上下の前歯の間に舌の先っぽをうしろから差し込みます

上の歯と舌で空気が出るのを止める
上の歯と舌で空気が出るのを止める

でも、
本当に空気をふさぐと発音できないので、ほんの少し舌の緊張を緩め、舌と上の歯との間にスキマを作りましょう。

スキマ音は前の歯からだけじゃない

前から見たら、こちらの図のように舌と歯の間から摩擦音を出すイメージです。

[ θ ] の発音を前から見たところ
[ θ ] の発音を前から見たところ

上の図のように、スキマ音が出るのは前歯のところだけではありません

ヨス

前歯の先に舌の先をくっつけると、前歯以外の「ほかの上の歯たち」も舌と接触し、いろんな場所で舌と歯のスキマができるからです!

こちらが実際の [ θ ] の発音です。

自転車のタイヤやボールに小さな穴が空き、そこから空気が抜けているような音ですよね。

「スー」という [ s ] の発音よりも「詰まっている感」のある音に聞こえます。

【ポイント】 [ θ ] を発音するときのコツ

では [ θ ] を発音するときのコツを紹介します。

意識するのは「上の前歯」だけでいい

一般的には [ θ ] の発音を解説するときにこちらのように言われます。

よく言われる説明

「上の前歯と下の前歯の間に舌を入れる」

この説明でも合っているのですが、意識するのは「上の前歯」だけでかまいません

上の前歯の先」に「舌の先っぽ(舌尖)」をくっつけると覚えておいてください。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

その結果として、「下の前歯にも舌が当たってしまう」という認識ですね。

ヨス

この発音記号
[ θ ] が口を前から見たときの「上の歯と下の歯」に見えるので覚えやすいかも。

舌が当たる位置は「上前歯の裏」でもOK

[ θ ] を発音するときの舌の位置ですが、意外と幅広いです。

上の前歯の裏側に舌先を配置して発音することも多いです(下図参照)。

[ θ ] の発音
[ θ ] の発音

なぜなら、舌の位置が多少上下したところで、作られるスキマ音に差があまり生じないからです。

[ θ ] の発音をしているときの口を前から見ると、次の図のようになります。

[ θ ] の発音を前からみたところ
[ θ ] の発音を前からみたところ

舌の位置が歯の裏にあっても、舌と歯との間にスキマが作られれば問題ありません

そのため、舌の先がくっつく場所は「上前歯の先」でも「上前歯の裏」でも大丈夫ということですね。

どの位置で [ θ ] を発音するかは、あとに続く発音の準備をするという特性から決まるので、そのときによります。

ヨス

たとえば「width(幅)」「seventh(7番目の)」や「ninth(9番目の)」のように、「th [ θ ] 」の前に歯茎で発音する発音がくる場合には [ θ ] を歯の裏で発音することが多いです。

[ θ ] の口の構えで「声」を出すと [ l ]

さらに、 [ θ ] の口の構えのまま、スキマ音ではなく「のどの奥からの声」を出すと「 L 」の発音 [ l ] になります。

じつは [ θ ] の発音と同じく、 [ l ] の発音も、多少舌の位置が上下しても問題ないのです。

[ l ] の発音
[ l ] の発音

[ l ] は本来「歯茎(上の前歯の根本)」に舌を持っていって発音すると言われているのですが、上の図のように歯と歯の間に舌があっても問題ありません

ちなみに [ l ] の発音はこちらになりますよ。

「 L 」の発音 [ l ] についてはこちらをご参考に。

【確認】[ θ ] の発音の注意点

[ θ ] の発音をするときの注意点を紹介します。

「舌を噛んで発音する」は誤解を招く

ときどき「 th [ θ ] 」の発音を説明するときに「上下の前歯で舌先を噛む」のように言われることがあります。

たしかに、見た目は舌先を噛んでいるように見えますが、
これは誤りです!!

ヨス

そもそも、舌を噛んだら痛いし、発音できません!

先述したよぅに、舌先は上の前歯の先に軽く当てる程度です。

[ s ] の発音と混同しない

[ θ ] と混同される音に [ s ] の発音があります。

[ θ ] と [ s ] の違いは舌の位置もそうですが、それよりも歯を閉じるかどうかが大きいです。

[ s ] を発音するときには、次のように歯を閉じます。

[ s ] の発音を前からみたところ
[ s ] の発音を前からみたところ

口の中でスキマ音を作り、さらに閉じた歯と歯の間からスキマ音を出す音が [ s ] です。

日本語で [ θ ] が使われる例

[ θ ] の発音は日本語では使われません。

英語の [ θ ] を発音するときに日本語の「さ行」に置き換えると混乱が生じるのでちゃんと区別しましょう。

「さ行」と「θa行」
さ行 θa行(日本語にはない)
さ [ sa ] * [ θa ]
し [ ɕi ] * [ θi ]
す [ sɯ ] * [ θɯ ]
せ [ se ] * [ θe ]
そ [ so ] * [ θo ]

「う段」を [ u ] ではなく、 [ ɯ ] と書いているのは、こちらのほうが日本語の「う」の発音に近いからです(参考: 日本語にある2種類の「う」について)。

ちなみに、「θa行」を発音したものはこちらです。

日本人が聞くと「じゃっかん舌足らずな『さ行』」のように聞こえますが、まったく違う子音だと覚えておいてくださいね!

インスタでも投稿しています!

今回は日本語には存在しない発音 [ θ ] について紹介しました。

日本語にはないので聞き取るのも発音するのも、慣れるまでは苦戦するかもしれません。

似ている音声である [ s ] との違いを聞き分けるためにも、まずは自分で発音できるようにしましょう

こちらは関連記事です。

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?