英語の自動詞と他動詞って? その見分け方はどうやるの?

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

今回は英語の「自動詞」と「他動詞」についてまとめました。

日常ではあまり気にしない専門用語ですが、英語の動詞を覚えるときに知っておくと便利ですよ!

英語の「自動詞 / 他動詞」について

では英語での「自動詞」と「他動詞」についてです。

日本語の「自動詞」「他動詞」がわかっていた方が理解しやすいと思うので、こちらもぜひ!

英語では「自動詞」も「他動詞」も同じ動詞を使う

日本語では「自動詞」「他動詞」として違う動詞を使うのですが、英語では同じ動詞を使います。

英語だと基本的にはこの2つの動詞をわけません。日本語のこちらの例文を見てください。

  • ドアが開いた(自動詞)
  • 私がドアを開けた(他動詞)

このように、日本語では「ドア自身が開く」か「誰かがドアに作用して開く」かで「自動詞: 開く」「他動詞: 開ける」というふうに違う動詞を使います。

英語ではどうでしょうか?

  • The door opened.(ドアが開いた: 自動詞)
  • I opened the door.(ドアを開けた: 他動詞)

どちらも同じ動詞「open」を使うんですね。

日本語は「同じ現象」を表すのに2つの動詞を使いわける

同じ動詞を使うというのはこういうことです。

つまり、英語圏の人が日本語を学ぶときにつまずくのが……

同じ現象を表現するのに「自分がやる」「ほかの人が作用してやる」かで動詞を区別しなければいけない!!

……ということです。これが難しいんですよね。

英語の「自動詞」「他動詞」の特徴

では、お次は英語の「自動詞」「他動詞」の特徴についてです。

日本語の場合は、「〜を」が付くものが「他動詞」というルールがあります。

  • パン食べる
  • メールチェックする
  • ボール投げる

では、英語はどうなのでしょうか?

実は英単語でも簡単に見分ける方法があるのです。

動詞の直後に「作用する対象(名詞)」がくる場合は「他動詞」です。

動詞の直後に「作用する対象」がくれば「他動詞」

こちらをご覧ください。どちらが他動詞でしょうか?

  • Japanese eat raw fish.(日本人は生魚を食べる)
  • Japanese eat with chopsticks.(日本人はお箸で食べる)
ヨス

上側に書いた「Japanese eat raw fish.」の「eat」が「他動詞」ですね!

動詞「eat」の直後に、作用する対象(名詞)の「raw fish」が来ています。

自動詞なら「with」などの前置詞を挟む

もう一度こちらをご覧ください。

  • Japanese eat raw fish.(日本人は生魚を食べる)
  • Japanese eat with chopsticks.(日本人はお箸で食べる)

2つ目の「Japanese eat with chopsticks」は自動詞になりますが、「eat」の後ろに何か来ていますね!

でも、動詞のあとに直接「作用する対象(名詞)」は使えません。「with」という前置詞をはさみこんでいます。

もし、この「with」がないとどうなりますか?

Japanese eat chopsticks.(日本人はお箸を食べる)

なんと! 他動詞になって、意味が変わってしまいました!

つまり、自動詞の直後には直接名詞をもってこれないということを意味します!

  • I went to school yesterday.(昨日、学校に行きました)
  • Don't look at him!(彼を見るな!)

このどちらも「自動詞」ですね。

こんなふうに、自動詞は、後ろに「前置詞」をセットにして使うものが多いんです。

他動詞を暗記するときのコツ

上で見た「go」や「look」は自動詞なので、「行く」「見る」という和訳で覚えてオッケーです。

でも他動詞しかない「discuss」という単語は「議論する」ではなく「について議論する」と覚えないといけません。

ウサギ

どういう意味??

もし「議論する」とだけ覚えてしまうと、日本語を英語にするときにこんなことをやってしまいませんか?

  • I discussed about the matter this morning.(今朝、その問題についてについて??議論した

「discuss」は他動詞なので、「discuss」の
直後に「前置詞」を入れてはいけないからです。

ヨス

「discuss」は他動詞なので、この「about」があってはダメなんです!

ということで、正解はこうなります。

  • I discussed about the matter this morning.(今朝、その問題について議論した)

「about」があっても意味としては通じそうですが、文法としては完全に間違っています

辞書にも「を」の記載がある!

なぜこんなミスをしてしまうのかというと、「discuss」を「議論する」と覚えるからです。

そこで「について議論する」と覚えればどうでしょうか?

ヨス

「について」まで覚えておけば「discuss」のあとに直接「the matter(その問題)」を置きたくなる!!

  • I discussed the matter this morning.(今朝、その問題について議論した)

実は辞書にもちゃんとこんなふうに記載があります。

辞書で見る「自動詞と他動詞」
辞書で見る「自動詞と他動詞」

これは「open」を調べたときの例です。左側が自動詞の「open」ですので、「開く」としか記載されていません。

ところが、右側の「open」は他動詞なので、「を開ける」というふうに「」までちゃんと記載がありますよね?

単語を覚えるときには「を」までちゃんと覚えないとダメなんです。

【参考】英語では「Transitive」と「Intransitive」と呼ぶ

「自動詞」「他動詞」という言葉ですが、英語では、こちらのように言います。

  • 自動詞(Intransitive Verb)
  • 他動詞(Transitive Verb)

英語では「他動詞」が主体です。「他動詞」が「transitive」なのは、「trans」の語源を考えるとわかりやすいかも。

「trans」には「越えて・向こう側に」という意味があるので、自分の向こう側の「ほかのもの」に作用するというイメージ。

「自動詞」は「in」という「否定」を表す言葉を頭に付けて「越えない」という意味で、「直接働きかけない」というイメージですね。

自動詞/他動詞の区別がある英単語

さて、「open」のように自動詞でも他動詞でも同じものがほとんどですが、中には例外もあります。

どういうことかというと、自動詞と他動詞で違う単語を使う例です。

1「lie」と「lay」

よく聞くのがこちらの2つです。

  • lie ……(自分が)横になる
  • lay ……(何か)を横にする

つまり、「lie」は自動詞で、「lay」は他動詞になります。

2「rise」と「raise」

そして、こちらも有名です。

  • rise ……(自分が)上がる
  • raise ……(何か)を上げる

「rise」は自動詞、「raise」は他動詞ですね。

ちなみに、暗記方法はこちらを。

自動詞に見える「他動詞」

動詞の中には、自動詞に見えるけど他動詞であるものがあります。

たとえば、「discuss」という単語。

思わず「I discuss about the matter」と言いたいところですが、この前置詞「about」は要りません

くわしくはこちらの記事に書いていますのでご参考に!

さて、英語の自動詞と他動詞をまとめていたらかなり長い記事になってしまいました。

わたし自身、考えずにカンでやっていたのですがまとめてみると「なるほど」と思いました。

ぜひ、この知識を試験とか英会話の実践で役に立ててくださいね!

たった5,000円で英語のレッスンが自宅で?!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?