英語の「lie と lay」「rise と raise」の覚え方ととは? どちらが自動詞かも簡単に暗記!

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

今回は、自動詞と他動詞で違う単語になる英語を紹介します。

基本的に、英語では自動詞と他動詞で同じ単語を使うのですが、例外があるんですね!

英語で自動詞と他動詞で違う単語のもの

では、英語で自動詞、他動詞で違う単語を使うものをまとめました。

これが、ちょっと覚えにくいので暗記方法もいっしょに紹介しますね。

自動詞「lie」/ 他動詞「lay」

わたしが若い頃、覚えるのに苦労したのが自動詞「lie(横なる)」と他動詞「lay(横にする)」です。

この2つがごっちゃになってややこしい!

1自動詞「lie」

まずは「lie(横になる)」から覚えていきましょう。

「lie」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
lie lies lying lay lain

「横になる」という意味で、自動詞になります。

I lie here after lunch everyday.
(わたしは毎日、ランチのあとはここで横になる)

「lie(自動詞: 横になる)」は「わたしが横になる」のように自分がやることに使われます。

こちらのイラストで覚えましょう!

「lie」の「i」は「わたし」の「I」
「lie」の「i」は「わたし」の「I」

「lie」の「 i 」がオオカミになっていますね。

自分がするので、「 I 」=「わたし」というふうに覚えてください。

発音も「るぁアイ」なので覚えやすいかと!

2他動詞「lay」

今度は他動詞「lay(横にする)」です。

「lay」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
lay lays laying laid laid

この「lay」ですが、先ほどの「lie」の過去形も「lay」になって、同じスペルというややこしさもありますが……。

とりあえずこんなふうに使います。

I laid the baby on the bed.
(赤ちゃんをベッドの上で横にした)

先ほどの「lie」は自分がすることに使う「自動詞」でしたが、「lay」は自分がすることではなく、ほかのものに使う「他動詞」です。

では、こちらのアニメーションをご覧ください。

「Lay」の「a」は「エイッ!」の「a」
「Lay」の「a」は「エイッ!」の「a」

「Lay」の「 a 」がオオカミになっていますね。

しかも、「えいっ!」って何かを投げている、つまり何かに作用しているイメージです。

自分ではなく、ほかのものに作用するイメージで「えいっ!」と覚えてください。

これも、発音が「るぅエイ」で覚えやすいですね。

自動詞「rise」/ 他動詞「raise」

お次は「rise(自動詞)」と「raise(他動詞)」の覚え方です。

1自動詞「rise」

まずは自動詞の「rise」から。

「rise」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
rise rises rising rose risen

「sunrise(日の出)」のように使われますが、この「rise」ですね。

The sun rises from the east.
(太陽は東から昇る)

主語(太陽)自身が上がる(昇る)ときに使います。

これもさっきと同じ覚え方です。

「rise」の「i」は「わたし」の「I」
「rise」の「i」は「わたし」の「I」

「lie」と同じく、「I(アイ)」と自分を指しているオオカミが見えます。

自分のことを言うときに使う自動詞だから「I(=わたし)」と覚えやすいですね。

「rise(るぅアイず)」と覚えてください。

2他動詞「raise」

そして、「rise」に対応する他動詞「raise」です。

「raise」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
raise raises raising raised raised

「rise」が自分が上がるときに使う自動詞でしたが、これは他動詞なので、ほかのものに作用するときに使います。

I raised my hand.
(手をあげました)

上の例では「自分自身」が上がるのではなく、わたしが「自分の手」に作用して、「(手を)上げる」という内容ですね。

さきほどの他動詞「lay」の「 a(エイ) 」を思い出してください。

「raise」の「a」は「エイッ!」の「a」
「raise」の「a」は「エイッ!」の「a」

「 a(エイ)」がオオカミになって「エイッ!」とやっていますね。

これも、他動詞なので「えいっ!」とほかのものに作用しているイメージで覚えてください。

発音も「るぅエイず」です。

【補足】

さらっと説明してきましたが、発音と活用について補足があります。

「lie」「rise」は「L」と「R」の違いも

「こちらの記事では「lie」を「るぅアイ」とか「rise」を「るぅアイず」のようにカタカナ英語で書きました。

でも「 L 」の発音「 R 」の発音は全然違うので、ご注意ください。

くわしくは下記の記事を。

「lie」は「うそをつく」という意味も

「lie」は「横になる」という意味ですが、「うそをつく」という意味もあります。

この場合は、「横になる」という意味のときとは活用がガラッと変わります!

1「うそをつく」の「lie」

「うそをつく」の「lie」の活用は簡単です。

「lie」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
lie lies lying lied lied

過去形も過去分詞形も「lied」と、「 d 」がつくだけです。

ヨス

ウソをつくのが簡単なように、簡単に覚えられるんですね。

2「横になる」の「lie」

そして、先ほども見た「横になる」の「lie」です。

「横になる」の「lie」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
lie lies lying lay lain

ややこしいのが……

  • 過去形 …… liedlay
  • 過去分詞形 …… liedlain

この2つです。

さて、今回は英語で覚えるのに苦戦する「lie(自動詞)/ lay(他動詞)」、そして「rise(自動詞)/ raise(他動詞)」の覚え方でした。

ぜひ「どっちだっけなぁ……」と悩んだときは……

  • 「アイ(=自分)」と言いながら「自分」を指しているオオカミ
  • 「エイっ」と言いながら「他のもの」に作用しているオオカミ

……を思い出してくださいね。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?