日本語の「自動詞」「他動詞」についてわかりやすく説明するよ

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

文法の勉強をしていると出てくる「自動詞」と「他動詞」という言葉。よくわからないですよね。

今回は日本語の自動詞、他動詞について、わかりやすくかみくだいて紹介します。

日本語の「自動詞 / 他動詞」について

では日本語の「自動詞」と「他動詞」について紹介します。

自動詞ってなに?

まずは「自動詞」についてです。自動詞ってなんでしょうか?

言いかえると「『主語(自分)がやる動作』を示す動詞」のことです。

たとえば……

ドアが()いた

この「開く(開いた)」という動詞ですが、何が開くのでしょうか?

もちろん、「ドア」ですよね。じゃあ誰かがやったのしょうか? いえ、この文章ではそこまでわかりません。

ヨス

とにかく、ドアが(誰かがやったのか風がやったのかわからないけど)開いたんですね。

自動詞は「ドア=開いた本人」の作用で開いた

こちらの図をご覧ください。

自動詞:「ドア=開いた本人」の作用で開いた
自動詞:「ドア=開いた本人」の作用で開いた

「開いた」という動作は、その動作の本人(主語)である「ドア」が自分自身で作用したものです。

自分で作用したので「動詞」なんですね。

つまり「主語自身がやった動作」を示す動詞を「自動詞」と呼びます。

ドアが()いた

カン違いしそうですが、「自動 + 詞」ではなく、「自(分)+ 動詞」で「自動詞」です。

数式っぽく書くと……

自分=ドア → 開いた

……ということです。

他動詞ってなに?

では、今度は「他動詞」について。

他動詞というのは、「『誰かが作用して起こる動作』を示す動詞」のことです。

(わたしが)ドアを()けた

こちらは、「ドアをわたしが作用して開けた」という意味です。

日本語では主語が省略されるのですが、「わたしが」という主語が隠れています。

ヨス

なので「ドアを開ける」ということを行ったのは主語の「わたし」で、「わたし自身」が開いたのではないですよね?

他動詞: 他人の作用で「ドア(=開いた本人)」が開いた

こちらも図で見てみましょう。大事なのは「だれが『作用』したのか」ということです。

他動詞: 他人の作用で「ドア(=開いた本人)」が開いた
他動詞: 他人の作用で「ドア(=開いた本人)」が開いた

ドア「自」身ではなく、「ドア」に「他」である「わたし」が作用して「開けた」わけです。

だから「動詞」って言うのですね。

(わたしが)ドアを()けた

こちらも数式ちっくに書くとこうなります。

他 → 自分 → 開いた(=開けた)

日本語における自動詞/他動詞の違い

では自動詞、他動詞の両方を見ましたが、比べてみましょう。

  • ドアが開いた
  • ドアを開けた

日本人にとっては当たり前すぎるので気づきにくいのですが、違う動詞を使っていることにお気づきでしょうか?

  • ()く(自動詞)
  • ()ける(他動詞)

この2つの別々の動詞ですね。

ウサギ

え? 当たり前じゃん! それがどうしたの??

……と思われるでしょう。これが、英語圏をはじめ、外国の方にとっては大ごとなのです。

じつは「自動詞」「他動詞」でその形を変える言語は少ないのです。

ということは、日本語を勉強しようとする外国人にとって、「自動詞」「他動詞」は使い分けるのが大変ということですねー。

日本語の「自動詞」と「他動詞」の例

では日本語の「自動詞」と「他動詞」の例をいろいろと見てみましょう。

日本語の「自動詞」と「他動詞」の例
自動詞 他動詞
開く 開ける
閉まる 閉める
伸びる 伸ばす
消える 消す
入る 入れる
出る 出す
付く 付ける
止まる 止める
落ちる 落とす
壊れる 壊す

この自動詞と他動詞のある動詞を見て、「ある共通点」にお気づきでしょうか?

それが、「ものの変化」です。「開く」「閉まる」など、変化する動詞ばかりですね。

ほかにも自動詞「温まる」「汚れる」など、変化するものには「温める」「汚す」のような対応する他動詞があります。

日本語の「自動詞」「他動詞」の見分け方

上で見たように、対応する自動詞、他動詞があるものは見分けが簡単です。

でも「行く」や「食べる」のように対応する動詞がないものはどうやって見分けるのでしょうか?

こちらをご覧ください。

  • 行く
  • 食べる
  • チェックする
  • 投げる
  • 似合う

どれが自動詞で、どれが他動詞かわかりますか?

ウサギ

ぜんぜんわからん!

実は「〜を」を付ければ一瞬で分かります。他動詞には「〜を」がつかなければ成り立ちません。

  • パン食べる
  • メールチェックする
  • ボール投げる

上記のように「〜を」がつく動詞はすべて他動詞になります。

逆に、こちらのように「〜を」以外がつく場合は自動詞になります。

  • 帽子似合う
  • お店行く
ウサギ

なるほどっ!

【補足】自動詞は「ものの変化」のみにフォーカスする

基本的に自動詞は「ものが自分で作用したもの」なのですが、こんな場合はどうでしょうか?

ツボが壊れているのを見つけたとき

壊れているツボを見たときになんて言いますか?

オオカミ

ああ! 壊れている!!

……って言いませんか?「壊れる」は自動詞です。

そこに犯人が登場したら……

ウサギ

フッフッフ……壊してやったぜ!

「壊す」は他動詞です。

この事例では「本当は他人が作用して壊れた」のですが、それを最初に見たときには分からないというのがポイントです。

そういう「原因がわからない」場合には、「変化していること」だけにフォーカスして「自動詞」を使うことが普通です。

さて、今回は日本語の「自動詞」「他動詞」についてまとめました。

日本人は意識せずに当たり前に使いこなしますが、けっこう複雑なんですよね。

外国人に教えるときは苦労すると思いますが、がんばって説明してあげてください。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?