殺意の有無で言葉が違う!?「殺人」を指す英単語を比較した

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

夫とテレビのニュースを見ていたときのことです。

「homicide」っていう言葉、わかる?

それは、ニュースの字幕に出ていた言葉で、結論から言うと、「殺人」を指す言葉でした。殺人事件のニュースだったんです。

あまりいい言葉ではないのが残念なのですが、今回は、その「homicide」と、「殺人」を指す英単語の意味の違いを比べてみました。

「homicide」って何?

さて、そのニュースに出ていた「homicide」という言葉をさっそく調べてみると……

  • 殺人(殺人事件)
  • 殺人犯(殺人罪)
  • 殺人者(殺人犯)

という意味でした。

私は、今回夫に聞かれるまで、聞いたことがありませんでしたが、ニュースの様子から、「いい事件ではないな」というのはわかりました。

「homicide」は、たいてい「murder」のことだけど、違うこともあるんだ

タカコ

「murder」はわかる。「殺人」のことでしょ? ニュースで「murder」という言葉はよく聞くけど、「homicide」は初めて

「murder」は「殺人(殺人事件)」なんだけど、ほかにもにもいろいろ言葉があって、使い分けることもあるんだ。

  • homicide
  • murder
  • slaughter
  • manslaughter

この4つは、どれも「殺人(他殺)」を指す言葉です。

殺人には2種類、他殺には2種類ある

「殺人」には2種類があります。

  • 自殺
  • 他殺

「他殺」の中にはさらにこの2種類があります。

  • 謀殺 …… 殺意あり
  • 故殺 …… 殺意なし

この違いは殺意の有無が大きなポイントです。

謀殺は殺意を持っていて、計画の上で人を殺してしまうことです。保険金殺人なんかは、たいてい計画されてのことなので、これにあたりますね。

「故殺」は、「殺すつもりはなかったけど、結果的に殺してしまった」という場合です。「相手の言葉についカッとなって……」というような殺人です。

ややこしいですが、これらの言葉を図にするとこんな感じです。

「殺人」を表す言葉(日本語)の種類
「殺人」を表す言葉(日本語)の種類

「murder」と「homicide」の違い

murder」は、「殺人(殺人事件)」や「殺人罪」を指す言葉ですが、殺人の種類からいうと「謀殺」です。

前々から殺意を持っていて……という殺人です。

「homicide」は、同じく「殺人(殺人行為)」や「殺人者(殺人犯)」を指す言葉ですが、それには、「謀殺」と「故殺」の両方の意味があるそうです。

「殺すつもりはなかった」という「故殺」も含まれるということなんです。

夫が「homicide」のことを……

たいてい「murder(=謀殺)」だけど、違うこともある

と言っていたのも、「故殺」の可能性もあるからなんですね。

普段ニュースでは「murder」と聞くことが多いのに、そのときは「homicide」という言葉を使っていたことから、

もしかしたら、「殺人事件があったものの、『故殺』なのか『謀殺』なのか、まだはっきりしない事件」だったのかもしれません。

「slaughter」と「manslauger」

では、「slaughter」「manslaughter」をみてみましょう。私は、この言葉も今まで見たことも聞いたこともありませんでした。

「slaughter」は、「食肉用の畜殺(と殺)」という意味もある、「(残忍な)殺人」や「(戦争や残虐行為による)大量殺人」を意味します。

「manalaughter」は、「故殺(故殺罪)」です。

前述しましたが、「故殺」は、もともと殺意がなかった「殺人」のことで、これには、挑発された一時的な感情で犯してしまった殺人と、過失致死の場合があるそうです。

たとえば冬場、凍った道を運転していたところ、タイヤが滑って事故を起こしてしまって、人を殺してしまった。これは「manslaughter」になるかもね。

「人を殺してしまうつもりはなくても、結果的にそうなってしまった」という場合ですね。

ニュースでよく聞く、「居眠り運転で死亡事故を起こしてしまった」というのも、過失致死ということで、これにあたりそうです。

いかがでしたか? 今回はあんまり聞きたくない英単語を紹介しました。

ややこしいので出た単語をまとめてみます。

  • homicide …… 殺人(殺意があったかどうかはわからない)
  • murder …… 殺意を持った殺人(謀殺)
  • manslauger …… 殺意のない殺人(故殺)
  • slaughter …… 残忍な殺人

英語では、一言に「殺人」といっても、もともと殺意があったか、なかったかで、言葉を使い分けるんですね。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?