「watch」と「see」の違いとは? 同じ「見る」でも動作が具体的?

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

以前、「見る」という意味を持つ3つの動詞、「see」と「look」と「watch」の使い分けについて書きました。

今回は、同じ「見る」という意味のある「see」と「watch」との違いを、徹底的に比較してみます。

  1. 「see・look・watch」の違い
  2. 「see」と「watch」の違い今ココ
  3. 「meet」と「see」の違い

「see」と「watch」の見方の違い

まず、基本的な「see」と「watch」の見方の違いをおさらいしましょう。ちょっと車に乗ることを想像してみてください。

今、車の運転席に乗りました。で、目の前を見るとフロントガラスが見えますよね。

エンジンをかけ、車を発進させました。運転していくと……

  1. 公園がありました。
  2. 電車の踏切が見えてきました。
  3. 手前で踏切の遮断機が下がり始めました。
  4. 車を停車させて待ちます。
  5. 電車がやってきました。
  6. 「あ、普通電車だ」
  7. 「乗客がけっこう多いなぁ」
  8. 「なるほど、この時間は高校生がたくさんいるからか」
  9. 電車が通過し、遮断機も上がり、車を発進させました。

さて、この動作ですが、「see」と「watch」に分けることができます。フロントガラスを通して「目に入ってくる」景色すべてが「see」にあたります。

「see」は意識せずとも、目に映るものを「見る」動作をいうのです。

「watch」も、フロントガラスを通して「見る」ことには変わりがありませんが、意識してあるものを見続けることをいいます。なので、この「見る」という動作は、「see」です。

「see」と「watch」にわけてみる

先ほどの例文を分解して細かく見てみました。

公園がありました。

この例文では、車を運転をしながら公園を探していたわけではありません。運転していると、「公園が目に映った」んですね。

そこで、この公園を見た動作は、「see」です。

電車の踏切が見えてきました。

そのあとに続く文章も同じです。最初から、踏切や遮断機を探していたわけではありません

「あ、見えた」という感じですね。そもそも、運転している最中に「watch」は危険すぎます。

手前で踏切の遮断機が下がり始めました。車を停車させて待ちます。

遮断器が降り始めているを見る動作は「see」です。自然に目に入りましたから。

ここで車を停車させ、目の前を通り過ぎる電車を「観察」し始めます。

「あ、普通電車だ 〜 この時間は高校生がたくさんいるからか」
やってきた電車を一定時間見続けていますよね。なのでここでは「watch」を使います。

こんなふうに、「watch」はあるものに対して意識して継続的に見続けることを指します。

映画などを「見る」にも「see」を使う

さて、ここで2つの例文を見比べてみましょう。このような表現を聞いたことがありますか?

  1. I watched a movie last night.
  2. I saw a movie last night.

どちらも用法は間違っていないのですが……何か違和感はありませんか?

先ほどの用法でいうと、「watch」は、見たいもの(この場合は映画)を意識して見続ける見方でしたね。なので、(1)の「watch」は正しいと思う方は多いと思います。

でも、「see」について違和感のある方が多いのではないでしょうか?

映画は、じーっとスクリーンを意識して見続けるのに、なぜ「see」? と。

実は、「see」には、自然と目に映るものを「見る」という見方の用法のほかに、「(映画や演劇を)見る」という意味もあるのです。

そこで、日本語にすると、どちらも「私は、きのう映画を見ました」なのですが……。

両方とも用法が正しくて、同じ和訳なんて、ややこしいですよね。でも本当に完全に同じなのでしょうか?

「see」と「watch」の動作は、性質的に違う!?

さきほどの例文2つ、

  1. I watched a movie last night.
  2. I saw a movie last night.

この意味は完全に同じなのか、夫(アメリカ人)に聞いてみました。

タカコ

ねえねえ、この2つの文の違いがわからないんだけど?

この2つは、動きが全然違うよ。「watch」の方が、より具体的な動作(specific action)なんだよ。それから、この「see」は、「見る」は「見る」でも、「(自然に)目に入ってきた」とは違う動作なんだ。

タカコ

そんなこと言われても、全然わからない(笑)。

この「see」と「watch」では、動作の性質が全然違うんだ。

タカコ

「動作の性質が違う」って? もっとわからなくなってきた。

タカコ、「I will go to the cinema and watch a movie tomorrow.」と「I will see a movie in the cinema tomorrow.」の違いはわかる?

タカコ

まったく同じに聞こえるけど?

最初の文は、「映画館に行って、映画を見る」っていう具体的な動作だけど、あとの文は、「see」使って、「映画館に行って帰ってくるまで」の一連の動作をいってるんだよ。具体的な動作の描写じゃないってこと!

タカコ

うーん、まだよくわからない……(笑)。

じゃあ、こういうのはどう? 「When I was watching a movie 〜(something happened)」とは言えるけど、「When I was seeing a movie 〜」は、言えない!

タカコ

うーん、なんとなく……(「see」は、動作を継続的にできないのかな?)。じゃあ、「I'm seeing」のように、「seeing」は言えないってこと?

「映画とか演劇を見た」っていう場合は言わないね。ただ、別のことで「seeing」を使うこともあるよ。

タカコ

あるんだ! (ややこしいな……)

それはね、意中の人に「今、誰かほかにいい人はいるの?」って聞くときに「Are you seeing anyone right now?」と言ったりするんだよ。

タカコ

え? なに?! そんな風に使うんだ! おもしろいね!

「Are you seeing anyone right now?」についても気になると思うので、あとで書きますね。

「see」は具体性に欠ける「見る」という動作

さて、話は戻って、

この「see」は、「I'm seeing a movie」というように、動作の継続を表現することはできません

なぜでしょう?

実は、この場合の「see」は、「何かを見る」という動作としては、具体性に欠けるからなんです。

具体性に欠ける=抽象的ということですね。

「具体的」な動作、「抽象的」な動作って?

「具体的」な動作、「抽象的」な動作がどういうものか、夫との会話にあった

  1. I will go to the cinema and watch a movie tomorrow.
  2. I will see a movie in the cinema tomorrow.

で検証します。

まず、(1)の和訳としては、「明日、私は映画館に行って映画を見るつもりです」です。

「私」が、「映画館に行って」「映画を見る」……という2つの具体的な動作がありますよね。

この2つの動作だけを描写しています。ところが、(2)は、どうでしょう?

I will see a movie in the cinema tomorrow.

「see」は一連の動作
「see」は一連の動作

夫が言うには、この場合の「see」は、映画館に行って、映画を見て、帰ってくるまでの一連の動作を表現しているのだそうです。

この文章を見ただけでは、そんな細かい動作がわかりませんね。

(1)の細かい(具体的な)動作の描写に比べて、(2)はずいぶんぼやけていると思いませんか? はっきりわかりませんよね?

この具体性に欠ける=「ぼやけた・はっきりしない」、つまり抽象的なのです。

「see」は話の骨組みを伝えるような感じ

例えば、

映画館に行って、チケットを買って、ポップコーンと飲み物を買って、映画を見て、帰ってくる。

……のような、具体的な動作の可能性があります。

でも、そんな一連の動作を「see」の一言ですませてしまっているのです。

具体的な動作を特定できないので、動作の継続を表現することはできないんですね。

また、文章としては、その具体的な動作の描写がなくても全然かまわないのです。

「see」を使って、骨組みを話すような感じで、具体的に話したければ、補足するように話を続けます

I will see a movie in the cinema tomorrow.(明日、私は映画館で映画を見るつもりです)

I'm looking forward to going there because it's new.(その映画館は、できたばかりなので、行くのが楽しみです)

I will get a cup of soda and some popcorn before the movie starts.(映画が始まる前に、ジュースとポップコーンを買うつもりです)

というように。いかがですか?

夫がくれた2つの例文ですが、実は全然違う動作なのがわかると思います。

あえていうと、「see」を使った「I will see a movie in the cinema tomorrow.」は、日本語的には「明日、私は映画館で映画を見てくるつもりです」という感じですね。

「Are you seeing someone right now?」とは?

さて、最後に先ほどの「Are you seeing someone right now?」です。

この質問は、夫の言葉を使うと「more personal」なのだそうで、「いいな」と思っている人に「(友人から恋人へ)一歩進んだ関係」を望むときに、

今、誰かほかにいい人はいるの?

というような意味で聞いたりするそうです。

「Do you have a boyfriend (girlfriend)?」というよりも、「more direct(直球)」なのだとか。ひゃー(赤面)。

また、

They are seeing each other.(彼らはつきあっている)

という表現も有るようです。

「I saw my friend yesterday.」というと、「きのう友人と会った」という意味ですが、「be seeing」になると、ぐっと親密感が増すとは……何とも不思議です。

いかがでしたか?

今回は、「see」と「watch」の動作の違いについて書きました。

日本語だと「見る」の一語で使い通せるので、ピンとこないかもしれませんが、状況を思い返してみると、動作の性質が全然違いました。

英語ではその部分を違う言葉で表現するんですね。

いやー、難しい。ややこしい。

「see」は抽象的な性質だからか、ほかにも用法が多岐にわたっています。それはまた別の記事で…。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?