英語と沖縄方言(ウチナーグチ)の不思議な共通点とは? これって偶然なの?

サッシ

こんにちは、英語の文法オタクのサッシ です。

日本の中で最も「アメリカっぽい都道府県」といえば、「沖縄」が浮かびませんか?

例えば沖縄の那覇市の中心地「国際通り」周辺を歩いていると、実際にハンバーガーショップやアロハシャツのお店をよく見かけます。

そんなアメリカンなテイストを感じる沖縄ですが、なんと言語も英語とピッタリ一致しているところがあるんです!

今回は、沖縄に5年間住んでいた私が、英語と沖縄方言(うちなーぐち)の不思議な3つの共通点を紹介します。

英語と沖縄方言(うちなーぐち)の不思議な3つの共通点

では、英語と沖縄方言の不思議な共通点を紹介します。

空から見た沖縄
空から見た沖縄

英語の「er」のように「長音」で人を表す

まず一つ目の共通点は、単語の語尾に「er(実際には『長音』)」を付けると「それをする人」を表すということです。

例えば、英語で「歌手」は何と言うでしょうか? そう、「singer」ですね。

その成り立ちを考えてみると、「歌」という名詞「sing」の語尾に「er」を付けた成り立ちになっています。

sing(歌)+ er = singer(歌う人 = 歌手)

サッシ

他にも「make」に「er」で「maker(メーカー) = 作る人・モノ」、「play」に「er」で「player(プレーヤー)= する人(選手)」という具合ですね。

沖縄方言「ハルサー」の例

では、沖縄方言の場合はどうでしょうか?

例えば、沖縄では「農家の人」のことを「ハルサー」と呼びます。

この「ハルサー」は「畑」を表す「ハル」という言葉から来ているんですね。

つまり、発音の成り立ちとしては「ハル」に「サー」が語尾にくっ付いて出来ているので……そう、英語と全く同じ作りなんです!

ハル(畑)+ サー = ハルサー(畑をする人=農家)

アルファベットにすると、こんなふうに見えますよね。

haru(畑)+ er = haruser

沖縄方言にある「人化」の例

他にも、こんなものがあります。

  • 海を歩く人(漁師)…… ウミアッチャー
  • 内地(沖縄以外の本州など)出身の人 …… ナイチャー
  • 髪を切る(断髪をする)人(床屋・美容室)…… ダンパチャー

……など、英語の「『er』が付くと人を表す」のような雰囲気の言葉がいろいろ存在します。

面白いですよね~。

サッシ

私は「床屋」を表す「ダンパチャー」という言葉がお気に入りです!!

「行く」は「来る」!?

続いて2つ目の共通点は、「行く」を「来る」と表すという点です。

例えば、誰かと電話していて「今からそちらに向かう」という意思を伝えたい場合。

日本語の標準語だと「今行くね~」のように言いますよね。

では、英語だと何と表すか知っていますか? 答えは「I'm coming.」です。

相手のいる場所に「行く」ときも「come」
相手のいる場所に「行く」ときも「come」
サッシ

日本語では「行く」なので「go」を使いたいところですが、実は「come(来る)」で表すんですよね。

英語では自分が相手のところに行くときも「COME」を使う

これは、日本語と英語の「発想の違い」から来ています。

日本語は「自分視点」で発想するので、自分が相手に向かうなら「行く」という言葉になります。

一方、英語の場合「相手視点」で、「相手のところへ自分が近づく」という発想になり、「come(来る)」を使います。

なんだか、英語の方がちょっと「気遣いが出来る人」な感じですね。もっと詳しくはこちらの記事をご覧ください。

沖縄方言も「来る」を使う!

さて、じゃあ沖縄方言の場合はどうなるのでしょうか?

ズバリ沖縄では……「今来ようね~」です!

そう、英語と同じく「相手視点」な発想で「来る」を使うんですよ。

この言い方を知らないと、沖縄の人と電話した場合に「ん?誰が来るの?」って思ってしまい、会話が一瞬ストップしてしまうことがあるのでご注意を!

沖縄でも二人称は「you」!?

最後の3つ目の共通点は、「二人称の呼び方」です。

英語だと、一人称(自分を指す言い方)は「 I 」で、二人称(相手を指す言い方)は「you」ですよね。

では、沖縄の方言では何と表すでしょうか?

「二人称(親しい仲で使う)」は「やー」

「あなた」に当たる表現は「ウンジュ」と言うのですが、親しい仲で「おまえ」に当たるニュアンスの場合は「やー」と言います。

なんと英語の「you」とほぼ一緒の言い方なんです!

「やー」は語尾を上げめに発音するので、かなり「you」っぽく聞こえるんですよ。

ちなみに、僕は沖縄に移住して中高生と話しているときに初めて「やー」の表現に出合いました。

サッシ

まだその言葉を知らなかった僕が「さっきから言ってる、『やー』って誰のこと?」と聞くと、「やーは……やーだよ」と言われて不思議な空気になった思い出があります(笑)。

(補足:沖縄方言で「家」も「やー」と言います。年配世代は厳密に「いゃー(ぃやー)」と発音して「家」と「おまえ」を区別する傾向がありますが、青年世代より下はどちらも「やー」で発音しているようです)

沖縄方言(うちなーぐち)ってどんな言葉? 英語と共通点が多い理由は?

なぜか英語と共通点が多い沖縄方言。

一致するポイントが多いことには、何か理由があるのでしょうか?

その謎を解明するために、ここで「沖縄方言(うちなーぐち)」についてもう少し詳しく紹介しておきますね。

沖縄方言(うちなーぐち)って?

沖縄方言(Okinawa dialect)は沖縄地方で使われている言葉の総称で、「うちなーぐち」や「しまくとぅば」とも呼ばれています。

厳密には沖縄の中でも地方によって方言はかなり違うのですが、今記事では総称して「沖縄方言」と言わせてもらいますね。

文法・単語の系統としては日本語の標準語と同じ系統なので「日本の方言の一つ」と言う考え方もあれば、標準語の人とは普通に会話が成立しないので「別の言語」という考え方もあります

サッシ

ユネスコでは「別の言語」と認定されているようです!

沖縄方言には母音が3つしかない

日本語の標準語と比べてみると、「母音」の違いがあって面白いんですよ。

日本語だと「あ・い・う・え・お」ですよね?

それを沖縄方言に当てはめると「あ・い・う・」になります。そう、3つの母音しか使わないんです!

例えば「米」は「コメ(kome)」ではなく「クミ(kumi)」という発音になります。

私が暮らしていた「久米島」は別名「クミの島」とも呼ばれていたので、まさにこれに当たりますね。

英語と共通点がある理由は?

さて、そんな特徴がある沖縄方言ですが、果たして英語との共通点が多いことに理由はあるのでしょうか?

答えはズバリ……「謎」です。

はい、いまだに誰も「よくわからん」そうです(笑)

英語からの影響ではなく偶然

たしかにアメリカっぽい雰囲気が多い沖縄ですが、アメリカとの関わりは1945年(昭和20年)のアメリカ軍による沖縄占領からなので、まだ100年も経っていません

沖縄方言「ウチナーグチ」はそれより遥か昔から存在しているので、言語的に「アメリカの影響を受けた」という可能性は無いと断言できるレベルです。

海外との付き合いで言えば、中国・朝鮮や東南アジアの方がずっと長い歴史がありますからね。

英語の沖縄方言の一致に関しては、現在のところ本当に「偶然の一致」というのが一般的な解釈です。

実際のところ、言語での偶然の一致はよくあることで、日本語で驚いたときに言う「あらまぁ」がマレーシア語(マレー語)でも「アラマー(alamak)」だったり、ハンガリー語で「塩っ気が足りない」を表す「シオタラン」だったり。

サッシ

言語っておもしろいですねぇ!

さて、英語と沖縄方言との不思議な共通点はいかがでしたでしょうか?

実際のところ、こういう共通点はまったく関係のない言語でもあるようですが、面白いですよね。

今回の内容をまとめるとこちらのような感じです。

  • 「er」のような語尾に付けると「それをする人」
  • 「今行くね~」は「I'm coming」と同じく「今来ようね~」
  • 二人称(おまえ)は「you」と同じく「やー」
  • 一致する理由は謎
本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: サッシ
小学生の時に帰国子女だった友人のお母さんから3年間英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなる。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」という月間に60万回以上読まれる人気ブログも運営(ライター / ブロガー / カメラマン)。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?