「過剰般化」とは? 英語学習者がやってしまう過剰般化について

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は言語教育の場でよく見かける「過剰般化(かじょうはんか)」という現象について紹介します!

さらには英語学習者がよくやってしまいがちな過剰般化の例も紹介しますね。

「過剰般化」とは?

言語にはルールがあります。そして、新しい言語を学んだときに新しいルールを覚えますよね。

日本語を例に出すと「漫画の本」というように「の」のルール。

「の」を使うと「漫画」と「本」という2つの名詞を合体できるというルールです。

「の」のルール

漫画

外国の人の中には、このルールを過剰に一般化させて「面白い本」のように言う方がいます。

こういう「特定のルールを過剰に一般化させる現象」を「過剰般化」と呼びます。

これはどんな言語を勉強していても起こりえることで、英語を勉強しているときにもよく直面するのです。

英語でやりがちな過剰般化

今度は日本人が英語でやりがちな過剰般化の例を見てみましょう。

過去形はなんでも「ed」をつける

たとえば、英語の動詞を過去形にするときは基本的に「ed」をつけますよね。

ところが、「eat(食べる)」の過去形は「ate」のように不規則なものがいっぱいあります。

でも「ed」をつけて、「eated」のように過剰般化させて言ったりします。

英語の不規則動詞については下記をどうぞ。

なんでも「R」をつけて発音する

アメリカ英語を勉強している人にありがちなのが「 R 」の発音の過剰般化です。

たとえば、アメリカ英語では「mother」なら「マザR」のように「 R 」の発音をしっかりとします。

その「 R 」の発音を必要のない単語でも連発する人がけっこう多いのです。

たとえば「Do you like pinapples ?(パイナップルは好き?)なら、こんなふうに言う人がいます。

「R」の過剰般化例

Do you liRke piRnappleRs ?
(ドゥー・ユー・ライRク・パイRナッポRズ?)

ヨス

たぶん「 R 」の発音をつけると、なんとなく英語っぽく聞こえるような気がするからでしょうね。

「 s 」を何でもかんでも「th」と発音

これは、わたしがやらかしていた過剰般化ですが、「 s 」の発音を何でもかんでも「TH」の発音で言っていました。

例えば、「muscle(筋肉)」を発音するときに、「マッthル」という風に(笑)。

ヨス

もちろん、何度言っても通じませんでしたよ。

そりゃそうですよ。英語では「 s 」と「th」は全く違う発音で、区別がしっかりとありますから。

「sing(歌う)」と「thing(もの)」とか「moss(コケ)」と「moth(蛾)」なんかがそうですね。

という訳で、今回は「過剰般化」という専門用語について紹介しました。

普通はこんな言葉知らないし、知る必要もないと思います。

でも英語を勉強するときに「こういうことをやらかす危険がある」……ということを知っておくと回避できるかもしれませんね。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「日本語と英語の特性のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"