「兄 = older brother」じゃないよ! そもそも英語では…

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

英語で家族のことを紹介するシチュエーション。そんなときにこんな風に言っていませんか?

I have 1 older brother and 1 younger sister.

これって実は不自然なんです! 今回はそんな「兄弟姉妹」の表現についてです。

え?「弟」って単語は英語にないの??

わたし達日本人は、年上の兄弟を「兄」、年下を「弟」と区別します。女なら「姉」「妹」って言いますよね。

でも英語では言いません。

……ってこういうことを書くと……

ヨス

イヤ、「older brother」とか「younger sister」って言うやんッ!

って言う人がいるかもしれません。

確かにそういう表現はありますが、ここではそういう表現の問題ではないんです。

「英語表現」としてはあるが使われるのは特殊な場面

英語の表現として「older brother」のように言うことはできます。

でもそれは「年上」ってことを言う必要があるときにだけ使われる表現です。

ヨス

ポイントは、英語圏で通常はその区別を表現しないってこと!

「I have 1 older brother」とは言わない?!
「I have 1 older brother」とは言わない?!

日本語に置き換えるとわかりやすいでしょうか。たとえば、日本語でも「複数形かどうか」をいちいち言わないですよね?

複数形は、「リンゴ達」というふうに「言うこと」は言語的に可能ですが、通常で言うとおかしいですよね。

A:「スーパーでリンゴを買ってきたよ!」
B:「え? リンゴ? それともリンゴ達? どっちかちゃんと言ってよ!
A:「……(何?この変なこだわりは?!) 」

まぁ、こういうことになりますよ。

ところが、この「複数形かどうか」は英語という言語では重要なんですね。モヤッとされると気持ち悪いわけです。

なので、日本人が……

ヨス

英語っていちいち複数形かどうかを言わないといけないからめんどくさいし、意味わからんわ!

って思うのと同じで、英語圏の人は「日本語っていちいち兄弟姉妹が年上かどうかを言わないといけないからめんどくさいし、意味わからんわ!」と思うハズです。

まぁ、どっちが優れているとかではなく、文化の差としか言いようがありません。

年齢が日本ほど重要じゃない

英語圏では年齢の差が日本ほど重要ではありません

相手が自分より年上か年下かで言葉づかいを変える日本とは違い、英語圏では、相手との距離感で使い分けますから。

なので、相手が10歳以上歳上でも仲が良ければ呼び捨てで呼ぶのが普通ですし、むしろ敬語をずっと使っていると不自然です。

そういう「英語圏では年上でも呼び捨てする文化」で、これってきょうだい間でも適応されるんですね。

なので、『サザエさん』 に置き換えると、ワカメはカツオのことを呼び捨てだし、サザエさんのことも呼び捨てで「サザエ」と呼びます。

さらに言うと、タラちゃんも叔父のカツオや叔母のワカメのことを呼び捨てで呼ぶのが普通です。

日本みたいに弟に呼び捨てにされて怒るなんてことはありえません。

っていうかほかにどうやって呼べばいいの?って言われますよ。

お互いを呼び捨てなので「兄」のように言う文化もない?

英語圏では、兄弟姉妹間で年上も年下に対して呼び捨て、年下も年上に対して呼び捨て……な文化です。

上下関係がないものですから、「兄」のような表現が日常では使われません

「お兄ちゃん」と呼ぶ文化がない
「お兄ちゃん」と呼ぶ文化がない

まぁ、年上はいばるとは思いますが(笑)。

英語圏の人と話していて、「I have 2 brothers.」っていうのは聞いたことがありますが、「I have 1 older broghter and 1 younger brother.」というのは一度も聞いたことがないというわけです。

たぶん、家族の話題になって紹介するときに「older」とか言わないと気になりそうですが、言わなくていいいですよー。

でも「Is he an older brother?」のような質問をされることもありますので、聞かれたときにだけ言ったらOKです♪

「兄」とか「弟」って訳すのが混乱の元かも

ちょっと思ったのですが、「older brother」を「兄」って訳すのが問題で、混乱を与えているのかもしれませんね。

なので、「older brother」の訳は「兄」ではなく「歳が上の兄弟」というのが適切だと思っています。

「兄」と訳すと、日本語と同じようなノリで気軽に使いたくなりますから。

逆を言うと英語圏の人に「複数形にするときは『たち』を付けたらいいよ!」って教えるとダメってことですね。

同じ感覚で何でもかんでも「たち」を連発しますから。

今回のお話ですが、わたしは体験で学びました。

アメリカに20歳のときに留学していたときのこと。

友達の歳の離れた弟(小学校低学年)に初対面で呼び捨てにされて初めて「おおー! こういうことか!」と理解出来ました。

まぁ、わたしが遅いだけかもしれませんが。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?