英語で「結婚」を表す表現!「marry」「be married」「get married」の違いとは?

はつ

こんにちは、オーストラリア在住日本語教師の はつ です。

2017年も年の末に迫ってきましたね。メディアでは日本の10大ニュースをひっきりなしに放送していて、「あぁ、今年はそんな事件やイベントがあったっけ」と振り返る頃合いですね。

オーストラリアでも、政局で大きな路線変更があった年。そのひとつが同性婚への道が、国民投票によって開かれた事。その事もあり、ニュースの中で「marriage」という単語を頻繁に耳にします。

「結婚する」というということを表現するときに「marry」「be married」「get married」と、いろんな言い方をします。

それぞれの言い回しにはどんな意味の違いがあるのでしょうか? 今回は、その違いについてそれぞれ例文を用いて検証します。

「marry」「be married」「get married」の使い分けについて

まず、「結婚」を意味する英語の基本から見てみましょう。

  • 名詞 …… marriage(結婚)
  • 動詞 …… marry(結婚する)
  • 形容詞 …… married(結婚している)

この3つですね。

動詞の「marry」を使ってみます。

オオカミ

I will marry Susan next month.
(来月、スーザンと結婚するんだ)

ちょっとややこしいのが、形容詞の「married」です。

一見、動詞の「marry」が受動態になって「married」になっているように見えるのですが、あくまで形容詞なのです。

は会話の中ではこのように使われます。

オオカミ

I am getting married next month.
(来月結婚するんだ)

上の例文では「marry」という表現、下側では「get married」が使われています。

注意したいのは「get married」の「married」は形容詞だということ。「marry(結婚する)」の受け身ではありません。

はつ

「get married」で「結婚する」という意味で使われるんです。

では「married」と「get married」という表現、どういった風に使い分けられるのでしょうか?

「marry(動詞)」が使われる例

ではまず「marry」が使われる文章を見ていきましょう。

オオカミ

Will you marry me ?
結婚してくれますか?

このフレーズ、英語圏の文化では「お決まりのセリフ」です。

プロポーズをする際、男性が女性の前で片ひざをついて指輪ケースを開いて結婚指輪を見せて、「Will you marry me ?」の決めゼリフを言います。

動詞の「marry」のあとには名詞が来る

動詞の「marry」を使ったフレーズを見てます。

  • I will marry Samantha.(私はサマンサと結婚する)

動詞として「marry」を使うときには「marry」の直後に「結婚する相手」の名前、つまり名詞が来ることにお気をつけください。

  • I will marry with Samantha.(私はサマンサと結婚する)

「with」のような前置詞は要りませんので。

「be married(形容詞)」が使われる例

上の例で見たのは動詞の「marry」ですが、今度はこちらをごらんください。

  • I will be married.(私はもうすぐ結婚する)
  • I am married.(私は結婚している)
  • I was married.(私は結婚していた: 現在は離婚した、もしくは伴侶が亡くなった事を暗示)
  • I have been married.(ずっと結婚している: 結婚して〜年、という表現によく使われる)

これ、「marry」の過去分詞形「married」と形が同じなので、パッと見ると「marry」が受け身になっているみたいに見えますよね?

「marry」の活用
現在形 三人称単数 進行形 過去形 過去分詞形
marry marries marrying married married

動詞に見えるが「married」は「形容詞」

ところが、まぎらわしいことに「be married」として使われるものは形容詞です。

実はこんな意味になるんです。

  • marry(動詞)…… 結婚する
  • married(形容詞)…… 結婚している

形容詞の「married」は「結婚している」という状態を表します。

オオカミ

Are you married?(結婚しているの? =あなたは結婚している状態?)

「be married」と出てきたときには「結婚している(状態)」という意味なのを覚えておいてください。少しまぎらわしいのでお気をつけを。

「get married」が使われる例

では、お次は「get married」という表現です。形容詞の「married」の前に「get」を置くことで「結婚する」という意味になります。

「『結婚している状態』を手に入れる」……ようなニュアンスでしょうか。

どのように使われるのかをみていきましょう。ここでは間違いやすい表現も同時に記載しておきます。

1私は(これから)結婚する

「私は(これから)結婚する」というのはどのように言うのでしょうか?

  • I get marry.
  • I am getting married.

間違えて「I get marry」と言ってしまうと「marry」が名詞のように見えます。そのため、「私は『marry』を手に入れる」といった意味合いに取れてしまいます。

「get」といっしょに使われるのは形容詞の「married」ですよ。

2私はスーザンと結婚した

お次は過去形で「私はスーザンと結婚した」と言いたいとき。

  • I got married with Susan.
  • I got married to Susan.

ここで覚えてほしいのは、「〜と結婚する」というふうに言うときは「get married to」のように「to」を使うこと。

つい「with」を使いそうになりますが、「with」と言ってしまうと「スーザンの手引きで結婚できた」という感じになります。

あと、先ほど上で見た「動詞」の「marry」の場合は前置詞は要らないので混乱しないようにしてくださいね。

  • I married him yesterday.(動詞過去形の「married」: 昨日、彼と結婚した)
  • I got married to him yesterday.(形容詞の「married」: 昨日、彼と結婚した)

3私は東京で結婚した

次は、「私は東京で結婚した」と伝えたいとき。

  • I got married at Tokyo.
  • I got married in Tokyo.

おおまかな場所に関しては「in」を使い、細かく指定したい場合は「at」になります。

例えば「ホテルで結婚した」のように言いたいときは「at a Hotel」になりますね。

4私は教会で結婚した

最後に「私は教会で結婚した」と言いたいときの例です。

  • I got married at a church.
  • I got married in a church.

これは、「特定の教会」で式を挙げたことを強調したい場合は「at」を使用しますが、それ以外の場合は「in」を使って「in a church」というのがふつうです。

例文をいくつか見るとパターンがみえてきましたね。

最後に「marry」と「be married」と「get married」の使い分け方について。

「marry」「be married」「get married」の使い分け方
marry(marry) 「結婚する相手」に焦点が当たっている
be married(形容詞) 「結婚した状態」に焦点が当たっている
get married(get + 形容詞) 結婚すること(結婚式や婚姻のしきたりにまつわるイベント)に焦点が当たっている

このようになります。

こんな意味合いの違いが出てくるんですね〜。「なるほど!」と思っていただけると幸いです。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: はつ
オーストラリアのメルボルンで日本語教師をやっている はつ と申します。 メンタルコーチ、養蜂家もしており、いろいろな側面からオーストラリアでの生きた英語を発信します。「快適ちゃん」というブログを運営しています。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?