[レシピあり]アメリカのSeven-Layer Salad(7層サラダ)は見た目が華やかでおいしい!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

先日、夫(アメリカ人)がサラダを作ってくれました。

名前は「Seven-Layer Salad」。「7層(段)のサラダ」という意味ですね。

これがまた見た目がきれいで、おいしかったのです。

調べると、アメリカではごく一般的な家庭料理だそうですが、私はもちろん、夫も全く知らなかったようですが……。

今回は、その Seven-Layer Salad についてまとめました。

Seven-Layer Saladの魅力

このサラダの魅力は、なんといっても、見た目が華やかなことです。

「7層(段)」と名前に入っているだけあって、たくさんの具が入っていて、盛られた器を横から見ると、層状(段々)になっています。

Seven-Layer Saladは、具が7層になったサラダ
Seven-Layer Saladは、具が7層になったサラダ

具を混ぜ合わせるという工程はなく、食卓に並べる器に、直接、具を1種類ずつ層状に入れていきます。

使われる具となる食材

ウィキペディアによると、主にこんな食材を使っているそうです。

iceberg lettuce, tomatoes, cucumbers, onions, sweet peas, hard boiled eggs, sharp cheddar cheese, and bacon pieces.

Seven-Layer Salad - Wikipediaより引用しました。

日本語にしてみます。

  • レタス
  • トマト
  • きゅうり
  • たまねぎ
  • グリーンピース
  • ゆで卵
  • シャープチェダーチーズ
  • ベーコン

※シャープチェダーチーズについては、後半の注意書きをご覧ください

となっているようですが、種類が増えたり減ったりすることもあるようです。

タカコ

たしかに、すでにこれだけでも8種類ありますし……。

まぁ、要は何でもいいんですね。

入れたい野菜などを好きなだけ入れたらいいんだと思います。

味は「想像どおり」

ソースは、マヨネーズベースなので(サワークリームが入ることもあるそうですが、日本人にはあまりなじみがありませんね)、味の想像がしやすいと思います。

Seven-Layer Saladは、具が7層になったサラダ
Seven-Layer Saladは、具が7層になったサラダ

上記の具材とマヨネーズ……想像していただけるとわかるかもしれませんが、そんなにびっくりするような「味の変化」があるわけではないんです。

タカコ

もう、本当に想像通りの味です(笑)。手は全く込んでいません。

でも、いろいろな具の味が楽しめておいしいんですよー。具だくさんのサラダです。

見た目が華やかで、手軽でおいしい。まさに「アメリカの料理」なんです。

意外なのが、「グリーンピース」が入っていることです。

サラダにレタスやきゅうりなどは定番ですが、グリーンピースが入っていることって、めったにないと思いませんか?

それに、あの独特の「臭さ(青っぽいにおい)」があるんじゃ? と思ったりしますが、これまた意外や意外、私は平気でした!!

Seven-Layer Salad のレシピ

具を層状にしていく、というだけで、特に秘訣もないのですが、参考までに、今回夫が作ったサラダのレシピを紹介しておきますね。

seven-layer salad のレシピ
seven-layer salad のレシピ

(※ 料理好きだった方の形見としてもらった「レシピボックス」の中にあったレシピだそうです)

メモ程度の簡潔なレシピですが、英語のレシピに触れるいい機会にもなりますので。

Seven-Layer Salad
・Place directly into serving container (器に直接盛ること)
-Layred(具の層、下から)-
1/2 head Lettuce, broken(レタス半分、小さく崩す)
1 (10 oz.) pkg. frozen Peas, boiled 1 minute(10オンス入りの冷凍グリーンピース1袋、1分ゆでる)
1 cup diced Celery(セロリ1カップ、切る)
1/4 cup diced green Bell pepper(グリーンベルペッパー1/4カップ、切る)
1/2 cup chopped green onions(ねぎ1/2カップ、刻む)
4 hard boiled eggs, sliced(ゆで卵4こ、薄く切る)
8 slices Bacon, cooked+crumbled(ベーコン8切れ、焼いて崩す)
2 TB sugar blended into 2 cups manonnaise and frost(2カップのマヨネーズに砂糖大さじ2を加えたもの、具の上に塗る)
1/2 cup grated chedder cheese over top
(削ったチェダーチーズ1/2カップ、上から振りかける)
Refrigerate over night if needed.(必要であれば、冷蔵庫で一晩冷やす)

補足: アメリカの1カップ=240〜250cc
10オンス = 約280グラム

参考1: アメリカの計量カップと計量スプーンの「謎」
参考2: アメリカで使われる単位「ポンド」「オンス」 がややこしすぎる件

野菜を切るときの表現をまとめるとこちらです。

野菜を切るときの英語表現
diced サイコロサイズで「ころころ」の状態
chopped 刻まれた状態
minced みじん切りされた状態

写真とともに見ていくとすぐにできると思います!

材料はこちら。

7レイヤーサラダの材料
7レイヤーサラダの材料

【1】レタス

1/2 head Lettuce, broken

まずはレタス。レタス半分を小さく崩してボウルに入れます。

【1】レタス
【1】レタス

【2】グリーンピース

1 (10 oz.) pkg. frozen Peas, boiled 1 minute

10オンス入りの冷凍グリーンピース1袋を1分ゆでて入れます。

【2】グリーンピース
【2】グリーンピース

【3】セロリ

1 cup diced Celery

セロリ1カップを切って入れます。

【3】セロリ
【3】セロリ

【4】グリーンベルペッパー

1/4 cup diced green Bell pepper

グリーンベルペッパー1/4カップを切って乗せます。

【4】ベルペッパー
【4】ベルペッパー

「ベルペッパー」は、ピーマンを大きくしたような野菜です。

日本では、パプリカという赤と黄色の大きなピーマンのような野菜がありますが、基本的にそれと同じだと思います。

辛くない唐辛子の一種で、歯ごたえがいいです。緑色じゃなく、赤や黄色のパプリカで作っても、彩りがきれいでいいですね。

上の画像は黄色いものを使っています。

【5】ねぎ

1/2 cup chopped green onions

ねぎ1/2カップを刻んで乗せます。

【5】ねぎ
【5】ねぎ

ねぎ(グリーンオニオン)は、少し粗めに刻むといいと思います。

【6】ゆで卵

4 hard boiled eggs, sliced

ゆで卵4こを薄く切って乗せましょう。

【6】ゆで卵
【6】ゆで卵

【7】ベーコン

8 slices Bacon, cooked+crumbled

ベーコン8切れを焼いて崩し、乗せます。

【7】ベーコン
【7】ベーコン

ベーコンは、いわゆる「カリカリベーコン」にします。油を入れず、フライパンで焼きます。

ベーコンは炒めてカリッカリにする!
ベーコンは炒めてカリッカリにする!

焼いたあと、油をしっかり取って、食べやすい大きさに崩します。

焼いたあとはしっかり油を拭き取りましょう
焼いたあとはしっかり油を拭き取りましょう

【8】マヨネーズ

2 TB sugar blended into 2 cups manonnaise and frost

2カップのマヨネーズに砂糖大さじ2を加えたものを具の上に塗りましょう。

【8】マヨネーズ
【8】マヨネーズ

夫は、マヨネーズに砂糖を混ぜずに、普通のマヨネーズで作りました。

アメリカのマヨネーズは、日本のものと風味や触感が少し違うような気がします。

タカコ

アメリカでも日本でも、それぞれ代表的なブランドのマヨネーズを食べていますが、アメリカの方が、ふわっとしていて(ホイッピングな感じ)で、酸味が少ないような気がします。味もあっさりしているような……。

日本のマヨネーズで作る場合は、量を調節してください。このレシピの野菜の量に、約500ccのマヨネーズをかけると、すごいことになりますね。

【9】チェダーチーズ

1/2 cup grated chedder cheese over top

削ったチェダーチーズ1/2カップを上から振りかけて完成!

チーズ
チーズ

アメリカでは、ごく一般的に売られている「チェダーチーズ」ですが、本来のイギリス原産の「チェダーチーズ」とは、風味が全然違うそうです。

チェダーチーズ
チェダーチーズ

アメリカの「チェダーチーズ」は、風味をつけたプロセスチーズで、「マイルド」「ミディアム」「シャープ」「エクストラ・シャープ」など、いろいろなタイプがあります。色は、オレンジ色をしています。

このサラダを作るときは、削られた状態のチーズを使います。

削られた状態のチェダーチーズ
削られた状態のチェダーチーズ

日本で作る場合、ピザなどに使うシュレッドチーズでもいいでしょうが、ブロックのプロセスチーズを切った方が、風味がオリジナルに近いかもしれませんね。

Refrigerate over night if needed.

必要であれば、冷蔵庫で一晩冷やしましょう!

Seven-Layer Salad を作りました
Seven-Layer Salad を作りました

具は、ほかにもオリーブなどを入れてもよさそうです!

タカコ

粗びきこしょうも少し入れると、さらにおいしいです(塩は、ベーコンの塩気があるので入れなくて大丈夫です)。

パーティーなどにも

見た目が豪華なので、パーティーやピクニックにぴったりです。

アメリカでは、自宅に人を呼んでホームパーティーをすることがよくあります。

パーティーに参加する人が、1品ずつ持ち寄る「potluck(ポットラック)」というスタイルもよくあるので、そういうときにもいいですね。見栄えがするので。

でも、1つだけ気になったことがありました……。

それは、お皿に取り分けるときのこと。

タカコ

ねぇ、これ、すっごく盛り付けにくいんだけど(イラッ)。

「層」になっているからね。

タカコ

最初の見た目はいいんだけど、盛り付けているうちに、ボロボロ崩れてきて、結局ぐちゃぐちゃになりそう。いっそのこと、食べるときに、混ぜて食卓に出したらどうかな?

あぁ、気にしないで。ぐちゃぐちゃになってもいいんだよ。

タカコ

え?

だって、これってパーティーディッシュ(パーティー用の料理)でしょ? パーティーの時って、各自取り分けることが多いけど、人によっては上だけ取ったり、下だけ取ったりするから、どうやってもぐちゃぐちゃになるってこと。

タカコ

それでもいいんだ! それも「なんでもあり!!」ってことね。

最初から、1人分ずつ小さな器に盛り付けておくと、気にしなくていいし、高級感が増すかもしれないけど、普通はそこまでしないよね。

欠点が欠点にならない。アメリカならではですね。

いかがでしたか?

今回夫と私が初めて出合った「Seven-Layer Salad」ですが、正直言って、こんなに印象に残るお料理になると思わず、

夫がタッパーに盛り付けてしまい……写真が残念なことに。

Seven-Layer Salad を作りました
Seven-Layer Salad を作りました

こんなことなら、もっと写真映えのする器に盛り付ければよかったです。

痛恨のミス!! でも、思わぬ収穫でした。

写真は、次回作ったときにステキなものにアップデートしていきたいと思います。

みなさんも、自分の好きな具材で、アメリカンなオリジナルサラダを作ってみませんか?

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?