[書評] 『完全保存版 できる人の英語勉強法』

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

学校で英語を一生懸命勉強しているのに、全然話せるようにならない……。

……と思っていませんか。

わたしもそうでしたが、それはある意味、当たり前です。

少なくともわたしの時代は、学校の授業で話せるようになるための練習はありませんでしたからね。

じゃあ、どんな方法で勉強すればいいのでしょうか?

この記事では、その答えを教えてくれる『完全保存版 できる人の英語勉強法』という本をご紹介します。

著者の安河内 哲也さんについて

では、まず『完全保存版 できる人の英語勉強法』の著者である、安河内 哲也(やすこうち てつや)先生をご紹介しましょう。

安河内先生は、主に東進ハイスクールで、英語の講師としてご活躍中です。

東進ハイスクールは、全国に展開している大手予備校ですね。

サト

安河内先生は、本書執筆時点で20年以上英語を教えられています。

その経験や、ご自身の学習経験、またその他の知識などをもとにまとめられたのが、本書というわけですね。

ちなみに、『海外ドラマで面白いほど英語が話せる超勉強法』という本を書いた出口武頼(でぐち ぶらい)さんは、安河内先生の元教え子なんだとか!

出口さんは、中学・高校時代に海外ドラマを見まくって、英語を話す力も試験で点を取る力も身につけてしまったという経歴の持ち主です。

学校英語の対策本ではなく「本当に使える英語」を身につけるための本

筆者が予備校の先生ということで、こんなふうに思ってしまいそうですね。

ひより

予備校の先生が書いた本ということは、学校英語の対策本なの?

わたしも本書を読む前は、そう思っていました。でも、そうではないんですよ。

そもそも安河内先生は、こんなことを書いていらっしゃいます(太字はサトによる)。

中学、高校、ヘタをすれば大学にいたるまで、英語の授業では、知識や理論を中心に教えています。

英語などの言語は、その場で使いこなせてナンボのものです。知識や理論をどれほど持っていようと、実際の会話で使えなければ、「言語能力が高い」とはいえません

知識や理論を重視する、学校での英語教育そのものに疑問を持っていらっしゃるわけですね。

なので、本書では、本当に使える英語を身につけるために必要なことが紹介されています。

次項で詳しくご説明しますね。

英語を身につけるために必要なこととは?

では、本書に書かれている「本当に使える英語を身につけるために必要なこと」とは何でしょうか。

大きく分けて2つあります。

使える英語に必要なこと

  1. 英語力を鍛える方法
  2. マインドセット(心の持ちよう)

1つずつ、見ていきましょう。

英語力を鍛える方法

まずは、英語力を鍛える方法です。

中心になるのは、音読。と言っても、何も考えずに英語を声に出せばいいというわけではありません。

気をつけるべきポイントや、効果的な方法などを詳しく解説してくれています。

また、次に書いているような力を「鍛える方法」もぎっしりと詰まっているんですよ。

  • 聞く力
  • 話す力
  • 読む力
  • 書く力
  • 語彙力

四技能(聞く・話す・読む・書く)と、語彙力を鍛える方法がわかるわけですね。

サト

例えば、「聞く力」を鍛えるために、次のようなことをすればいいと書いてあります。

「聞く力」を鍛える方法

  • ディクテーション
  • 発音記号の学習
  • 5つの音声変化の学習

いずれも、わたしは学校で教えてもらった記憶がありません……。

わたしは以前、「5つの音声変化」について他の本で学習したことがあるのですが、たしかに聞き取りやすくなりました。

サト

「効果は完全に実証済み」と書かれていて、説得力を感じます!

また、英語の発音の感覚を身につけるために、あるものをマネすればいいと書いてあるのですが、これがかなりユニークなんですよ。

詳しくは、本書を見てみてくださいね。無料で読む方法も、あとでご紹介しますので♪

音声変化については、本書にもかんたんな説明がありますが、音声データなどは含まれていません

ちなみに、音声を聞きつつしっかり学びたいなら、『5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる』という本がオススメです!

マインドセット(心の持ちよう)

また、実際に英語を使う際のマインドセットも学ぶことができます。

マインドセットは、かんたんに言えば「心の持ちよう」ですね。

たとえば、間違いについては、次のとおり書いてあります(太字はサトによる)。

そもそも、 ネイティブスピーカーだって、日本人が完ぺきな英語を話せるとは思っていません

言葉というものは、どんどん使っていって、どんどん間違えていって、試行錯誤しながらできるようになっていくもの

日本語のネイティブスピーカーであるみなさんも、ふだんの日本語で間違うことはあるでしょう。

間違えて当たり前」。こう考えると、気が楽になりませんか?

わたしもこのご意見に100%賛成です。

わたしはインドネシアで(インドネシア語を使って)日本語教師をしているのですが、学生には間違ってもいいからどんどん話すように伝えているんですよね。

サト

「わたしのインドネシア語も完璧ではないでしょう? 」とか言いながら。

また、特に日本人の前で「英語を話すのが恥ずかしい」という問題については、次のアドバイスがあります。

羞恥心をなくすには、 まずはあなた自身、人の英語を論評するのをやめること

詳しいことは本書に譲りますが、この視点はわたしにはなかったので、まさに目からウロコでした!

関連記事として、「英語は正しい文法で話さなければならない」という強迫観念についてもぜひご覧ください。

本書を無料で読む方法

この記事を読んで、こう思われたかもしれません。

ひより

「詳しくは本書に譲ります」が多くて、具体的な内容がわからないんだけど……。

でも、ご安心ください。本書を無料で読む方法がありますから!

それは、Amazonの読み放題サービスである、Kindle Unlimitedの無料体験です。

30日間は無料で試せますし、無料期間内に解約すれば、お金は全くかかりません

サト

リスクゼロで、本当に使える英語を身につけるための方法がわかるわけですね!

ちなみに、Kindle Unlimitedの対象は入れ替わることがあります。

今は本書も読み放題対象ですが、今後どうなるかはわかりません。

少しでも気になるところがあれば、すぐにKindle Unlimitedの無料体験で読んでみてくださいね!

30日間も無料で試せる

Kindle Unlimited 30日間無料体験

無料期間が終わっても月額980円
解約も簡単にできます

この記事では、『完全保存版 できる人の英語勉強法』という本をご紹介しました。

使える英語を身につけたいけど、方法がわからない。

そんな悩みを抱えているなら、ぜひおすすめしたい1冊です。

最後に、本書からご紹介したい部分があります(太字はサトによる)。

この本では、私のさまざまな英語体験を述べてきましたが、言語の学習にはさまざまな人々や文化との出会いがあります。各人各様です。そのなかで一番大切なのは、みなさんが日々自分なりの工夫をつづけることです。

サト

こうやって、ご自身のやり方を押し付けないところにも好感が持てます。

本書をヒントに、自分にあった英語学習法を探してみましょう。そして、工夫を続け、本当に使える英語を身につけましょう!

無料でも読めますし。

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強の書籍のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者:
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?