「get」の意味が多くてややこしい? 意味をイメージすることで使いこなそう!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

辞書を開くと、単語の中にはとても用法の多いものがあります。用法が1つ2つならいいのですが、4つも5つもあると、ちょっと大変ですよね。

そんな用法の多い単語の筆頭といえば「get」。苦手ではないですか?

私自身、とても苦手だったのですが、今ではとても「使いやすい」と思っています。

そう思えるようになったのは、言葉のイメージをつかんだからでした。

用法の多い「get」はややこしい?

辞書を見ていると、とても用法の多い(説明の多い)語があるのに気づくと思います。

  • get
  • have
  • take

などですね。

タカコ

私は、学生のころ、これらの言葉が大嫌いでした(笑)。

だって、文章を訳したいと思っても、用法が多すぎて、どれを選んでいいのかわからなかったんです。

今回注目する「get」ですが、私の持っている(英和)辞書を見ても、19もの用法が書いてあります。

「get up」などの成句を合わせると、なんと5ページ近くも! 英語が苦手だった当時の私は、どこをどう見たらいいのかわかりませんでした。

「"get"は便利な言葉」は本当!?

そんなころ、NHKのEテレの英語番組で、「"get"は、たくさんのことを表現できて、とても便利な言葉」と言っていたのです。

タカコ

は? そんなはずはない! 用法が多くてややこしいのに!!

……と思っていました。

アメリカに来て、半年くらいまでは本気でそう思っていました。

例えば、「受け取る」という意味で、「I got your e-mail」よりも、「I received your e-mail」の方が、わかりやすくないですか?

たくさん用法のある「get」に惑わされるよりも、「受け取る」のイメージの強い「receive」を使った方が、確実に意味を理解できると思っていたのです。

日常会話の中でよく使う「get」

アメリカに来て気づいたのですが、日頃の会話の中で「get」という言葉を耳にすることがとても多いのです。本当によく使います。

その中で会話するうちに、いつのまにか自分にもうつって、今では「get」を使い倒しています

会話に慣れると、「get」はとても便利なんです。

前述したものも含め、

  1. I got your e-mail.
  2. Can you get some apples at the store?
  3. I got this book at the library.
  4. I got it (you).
  5. I'm getting ready!
  6. I'll call you when I get there.
  7. She got big.

ざっと書いても、まぁ毎日こんな感じです。意味わかりますか?

日本語訳も入れてみると……。

  1. I got your e-mail.(メールもらったよ)
  2. Can you get some apples at the store?(お店でりんごを買ってきてくれる?)
  3. I got this book at the library.(この本、図書館で借りてきた
  4. I got it (you).(わかった!!)
  5. I'm getting ready!(今、準備してるところだよ)
  6. I'll call you when I get there.(そこに着いたら電話するね)
  7. She got big.(彼女は大きくなった

辞書に載っていない「get」が?

上の例での「get」は……

  1. 受け取る
  2. 買う
  3. 借りる
  4. 理解する
  5. 用意する
  6. 到着する
  7. (〜の状態に)なる

……の意味で使っています。

ところが、辞書を開いても、「買う」や「借りる」の用法は出ていないと思います。でも、通じるんです。

なぜでしょう?

言葉のイメージを理解すると広範囲で使える

それには、言葉の意味をイメージすることが必要です。「get」は、「手に入れる」というイメージです。

そうすると、そのイメージと前後の言葉から、

お店 + 手に入れる = 買う

とか……

図書館 + 手に入れる = 借りる

などのように、広範囲で使えるのです。

お店でものを「手に入れる」には、「買う」が普通ですし、図書館なら「借りる」ということが想像できるからです。

もし、お店で買わずに無料でもらったなら、「I got this for free at the store」と言えば、「無料でもらった」ことがわかります。

同じ「I got you」でも場面で違う意味に

「わかった(=理解した)!」の「I got it!」もよく使いますね。

「了解(=あなたの言っていることがわかったよ)!」の意味で、「(I) got you!」という表現もあります。

また、子どもが追いかけっこをしているときなど、「つかまえた!」と言ったりしますが、英語では「(I) got you!」と言います。

タカコ

同じ表現ですが、場面に応じて、本当に「その人自体」を「手に入れる」のか、「その人の言っていること」を「手に入れる」のか、使い分けます

それも、「手に入れる」のイメージです。「自分のものにした」っていう感じですね。

「到着する」→(行くことで)その場所を手に入れる

「到着する」も、「(行くことで)その場所を手に入れる」イメージです。

(〜の状態に)なる」も、「get」の後ろに形容詞を置いて、「その状態を手に入れる」のイメージですね。ほかにも

He got tall. = (彼は)背が伸びた

It'll get hot. = (それは)熱くなってくる

というように、たくさん使えます。

では応用してみましょう

ここでクイズです。

ドアのそばで……

Can you get the door?

……と言われると、どういう意味になると思いますか?

これは、「ドアを開けてくれる?」という意味で使います。どこにも「開ける」という「open」という言葉がありませんが、「開ける」の意味になるんです。

どうでしょう? なんとなく想像できませんか??

「get」をほかの言葉に換えて使うときの注意点

言葉のイメージができていれば、例えば、「open」という言葉でなくても、「get the door」で言い換えられる、というわけなんですね。

ところが、「open」と動作を限定しているわけではないので、慣れるまでは、聞き手の想像力というか理解力も必要です。

「open」と「get」、同じように使えますが、どちらかというと「open」の方がかしこまって聞こえると思います。「get」の方が口語的です。

冒頭で書いたように、用法の多い「get」に惑わされるよりも、意味の限定できる動詞の方がわかりやすい、というのも本当なんです。

なので、その動作が大事なときや、正確に伝えたいときは、「get」を使わずに、その動作を限定できる動詞(「open」など)を使うといいですね。

気楽なしゃべり方は英語にもある

でも、普段のおしゃべりなど、気楽に話すときは、日本語だって、肩ひじを張りません。

英語も同じなんです。

使いやすい言葉をとことん使って、応用すればいいんです。

仕事の重要な場や、学校の授業では、「使う言葉」が大事なので応用できないかもしれませんが、普段のコミュニケーションでは大いに使えると思います。

タカコ

特に動詞のボキャブラリー量が少ない方にはおすすめです。

それを知ったとき、Eテレで「"get"は、たくさんのことを表現できて、とても便利な言葉」と言っていた意味がわかりました。

いかがでしたか?

用法の多い「get」、どう使っていいのかわからずややこしく見えますが、実は会話ではとても使いやすい言葉だったんです。

ポイントは言葉の意味をイメージすることと、まずは勇気を持って使ってみることです。

その会話が通じれば、気持ちが軽くなり、次からどんどん使えます。

そうすると、「get」と同じく用法の多い「have」「take」なども、一気に使い勝手が良くなりますよ。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?