英語で「お父さん/お母さん」は「father / mother」じゃなかった!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

中学英語の早い段階で習う「father」や「mother」という言葉。

英語で「お父さん」「お母さん」というとしたら、これらの言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

でも、実際の会話の中では、別の言葉を使うことが圧倒的に多いことをご存知でした?

「father / mother」ではなく「dad / mom」が使われる

英語の一般的な会話で、「お父さん」「お母さん」と言いたい場合、実際の会話でよく使われるのは、

  • dad(お父さん)
  • mom(お母さん)

という言葉です。

※イギリス英語では、主に「mum」ですが、「mam」というところもあり、国や地域で多少違いがあります。

「え?『father』や『mother』じゃないの??」と思うかもしれませんね。

私も「dad」や「mom」という言葉を、学校で習ったおぼえはありません。習ったのかもしれませんが、頭の中に残っていたのは「father」と「mother」だけでした。

アメリカ人の夫と知り合って初めて知った「dad」と「mom」

夫と知り合って、初めて知った「dad」や「mom」ですが、最初は意味がわからなかったので、辞書で引きました(笑)。

調べて意味がわかってからも、これらがごく一般的に使う言葉だと思わなかったのです。

アメリカに来て、みんな当たり前にそう言うので、びっくりしました。それよりも、

タカコ

どうしてこんなにフツーに使う言葉を知らなかったのかの方が不思議でした。

日本では、意外と「dad」や「mom」という言葉は、知られていないのかもしれません。

「father」や「mother」はどんなときに使う?

「father」や「mother」は、formalな(改まった)場面で使います。当然、ニュアンス的にもかなり改まって聞こえます。

親しみのこもった「お父さん」「お母さん)」というのとは、少し違います。

こんなときには「father」「mother」でいいかもしれません。

  1. あまり面識のない人に、自分の父・母のことを話すとき
  2. 疎遠だったり、思い出のあまりない自分の父・母のことを話すとき
  3. (自分の父・母ではなく)一般的な父親・母親という意味で使うとき
  4. 第三者の父・母のことを話すとき

映画を見ていると、お姫様や上流階級のお嬢様が、「father」「mother」と使っていることがあります。日本語でいう「お父様」「お母様」というニュアンスですね。

もう一度言います。

普段の会話では「father」や「mother」という言葉はほとんど聞かないんです!!

「dad」や「mom」はどんなときに使う?

その代わり、「dad」や「mom」は、会話の中でごく普通に使います。

小学生くらいの子どもからおとなまで、幅広く使います。

例えば、友達に話しているときにこんな感じで。

My mom woke up late...(今日、うちのお母さんが寝坊して……)

誰かにお母さんについて話すときだけでなく、本人に呼びかけるときも、同じように

Mom(お母さん)!

と言います。

普段の会話といえば、カジュアルに話しますよね。

日本語でも、

  • お父さん / お母さん
  • 父さん / 母さん
  • お父ちゃん / お母ちゃん
  • 父ちゃん / 母ちゃん
  • 親父 / おふくろ
  • パパ / ママ

と、いろいろな呼び方があります。

以前、私が子どものころ見ていた『まんが日本昔ばなし』というテレビ番組では、「おっとう / おっかあ」という言葉もよく使われていました。

出典:「まんが日本昔ばなし BOX第12集5枚組 [DVD]」

関西では、「おとん / おかん」という言い方もあります。

タカコ

「うちのおかんが……」というニュアンスで使いたいなら、絶対「mom」です!

学校で習った、「My mother is... 」と言ってしまうと「私の母(親)は……」と、とてもかたい表現に聞こえるのです。

幼児期は「daddy」や「mommy」が一般的

日本でも、赤ちゃんは、言葉をおぼえて話し始めたときから「お父さん」「お母さん」と言うわけではありませんよね。

話し始めたばかりの赤ちゃんは、発音できる音が限られているので、当然別の言葉で呼びます。

もちろんアメリカでもそうです。アメリカ英語では

  • お父さん → dada(ダダ), daddy(ダディ)
  • お母さん → ma(m)ma(ママ), mommy(マミィ)

という呼び名が一般的です。

※イギリス英語では「mummy」です(ミイラの「mummy」と同じスペルですが)。地域によっては「mammy」というところもあるようで、国や地域によって違いがあります。

「dada」や「mama」は、話し始めてすぐの頃しか使わず、たいてい早い段階で「daddy」や「mommy」に移行していくようです。

私の2歳の娘も、既に「daddy」と「mommy」を使います。

日本でよく聞く、「パパ / ママ」はあまり聞きません。多くの子どもたちは「daddy / mommy」です

そこから、成長するにつれ、「dad / mom」に変わっていきます。

おとな(特に男性)で「mommy」と使っていると、周りの人は「え!?」とびっくりするでしょうね……。

日本でも、成人男性で「ママ」と言う人がいたら、ちょっと引いてしまうのと同じです。

いかがでしたか?

普通の会話でも「father」「mother」を使っていたという方、多いのではないかと思います。

とても改まって聞こえるので、カジュアルな場面では、ぜひ「dad」「mom」を使ってみてください!!

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: タカコ
アメリカ人の夫との結婚を機に渡米。現在は二児の母として英語に囲まれた環境の中で生活。日本語教育に携わっていたため言語への視点が鋭く、元・英会話教師の夫とのやりとりから生まれる記事が秀逸。

    Twitterで最新情報GET!

    良かったらSNSでシェアしてね!
    こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"