「トイレ」は英語で何て? アメリカとイギリスで微妙に違う話

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

トイレは、私たちの生活には欠かすことができません。

今回は、アメリカでのトイレ事情、英語での「トイレ」について書こうと思います。

「トイレ」を指す言葉はいくつもある

さて、英語で「トイレ」は何と言うかご存知ですか?

「トイレ」という言葉から、「toilet(トイレット)」に結びつく方が多いかもしれません。

実は、英語で「トイレ」を指す言葉は、いくつもあるんです。

日本語でも「トイレ」と言ったり、「お手洗い」や、「便所」と言ったりするのと同じですね!

今回は、一般的に通じる言葉を中心に紹介します。その方が実際使う場で効率がいいですので。

家の中にあるトイレは「bathroom」

英語圏の家のトイレには、たいていバスタブやシャワールーム(ブース)が一緒なのはご存知だと思います。

家の中にあるトイレは、アメリカ英語でもイギリス英語でも共通で「bathroom」といいます。

これは「お風呂場=バスルーム」のイメージが強い日本人にも違和感がないのではないでしょうか。

「来客にお風呂を見せるなんて恥ずかしい」なんて思うかもしれませんが、アメリカでは、一戸建てだと、家のトイレ(バスタブ付)は一か所だけではありません

例えば、両親2人と子どもが住む家なら、たいていは、メインの寝室にバスタブ付きのトイレが隣接していて、両親はそこを使います。子どもは、別のトイレとバスタブを使います。

来客は、そのトイレと、泊りがけの場合はバスタブも使うことになります。最低でも、バスタブ付きのトイレは、2か所はあるんですね(広い家だともっとある)。

シャワーだけ浴びられるようになったシャワールーム(ブース)もありますし、日本のようにトイレだけ(バスタブなし)の場合もあります。

これ、肝心なのですがバスタブがないトイレでも、家にあるトイレは「bathroom」と呼びます

ついでに「トイレを借りてもいいですか?」は、

Can I use the bathroom?

と言います。「借りる」と聞くと「borrow」を思い浮かべますが、ここでは使えません。この場合は「使わせてもらう」という動作から「use」を使います

Where is the bathroom?

と一緒におぼえておけば、心強いですね。

町なかのトイレは?

次は、お店や施設内にあるトイレや、公衆トイレなど、町なかにあるトイレです。

この場合の「トイレ」は、イギリス英語とアメリカ英語で言葉が違います。

  • イギリス英語 …… toilet, bathroom
  • アメリカ英語 …… restroom

イギリス英語では、トイレは「toilet」や「bathroom(バスルーム)」という言葉を使います。イギリス英語の影響を受けているオーストラリアやニュージーランドでも、イギリスと同じです。

アメリカでは、「restroom」というのが一般的です。

「トイレ」という言葉に限らず、イギリス英語とアメリカ英語で違う言葉を使うことは、よくあります。

詳しく見ていきましょう。

イギリス英語で一般的に使われる「bathroom」

私は、アイルランドにいたときは、「bathroom」をよく使っていました。でも、「toilet」という言葉も間違いではありません。

このブログに記事を書いているオーストラリア在住のはつさんにも聞いてみると、

  • 学校では「toilet」「bathroom」の両方を使う
  • 食事中など、周りの人に気をつかう場では「bathroom」と言う

……のだそうです。

なぜ食事中には「toilet」という言葉を避けるかというと、「トイレ」という意味とともに、「便器」という意味もあるからです。

たしかに、日本でも、食事中は言葉に気をつけますよね。直接的な言葉を使わず、「ちょっとすみません……」と席を立ったりします。

タカコ

だいだい「ちょっと……」と席を立つと、トイレに行くことに察しがついて、誰も「え? どこに? どこに行くの??」としつこく聞きません。

このように、「toilet」は、使わない方がいい場があるので、どちらかおぼえるとしたら「bathroom」という言葉がいいですね。

バスタブがない、普通のトイレも「bathroom」?

ちなみに、私が初めて「bathroom」という言葉を聞いたとき、「バスタブがないのに?」と違和感がありました

家の中にあるトイレはもちろん「bathroom」、お店やレストランにあるようなトイレも、イギリス英語では「bathroom」というのです。

不思議ですが、それが普通なのです。

でも、「bathroom」が通じなければ、「toilet」と言いましょう。

アメリカでは「restroom」が一般的

アイルランドで「bathroom」を使っていたのですが、アメリカに来ると、家の外ではその言葉にほとんど出合わなくなりました。

家の中のトイレは、イギリス英語と同じで「bathroom」と言いますが、お店やレストランなどのトイレは「restroom」です。

先程も書きましたが「toilet」という言葉は「トイレ」という意味とともに、「便器」という意味もあります

イギリス英語では、気をつかわないといけない場合以外、「トイレ」の意味で普通に使われる「toilet」ですが、アメリカでは直接的すぎて好まれません

タカコ

アメリカで「toilet」という言葉は、「便器」を強く想像させてしまう……というわけです。

そこで、アメリカでは、トイレを指す言葉として「toilet」は使わず、

  • 家のトイレ …… bathroom
  • 町なかのトイレ …… restroom

と、2種類の言葉を使い分けます。

飛行機では「lavatory」

飛行機の中では「lavatory」で統一されています。私自身、飛行機以外ではこの言葉に出合ったことがありません

語源はラテン語で、「トイレ」というよりは、「手を洗う(場所)」という意味合いが強いそうです。

日本語の「お手洗い」という表記に似ていると思いました。表記は「手を洗う(場所)」なのに、実際は「用を足す(場所)」という……。もちろん手も洗えますが。

機内では「lavatory」という言葉を使わないといけない(=通じない)かというと……そんなことはないです。

私は、いつも乗務員さんには「bathroom」や「restroom」を使っていますが、言葉にする機会ってそんなにありません。

トイレのすぐ近くにいれば、「here(ここ)」という言葉と指さしだけ問題ありません。隣に座っている人に道をあけてもらうときも、「トイレに行きたいです」なんて言いませんよね。

Excuse me.(ちょっとすみません)

で、十分です。もし、立ち上がってもらえなければ

Could you pass me through?(通路に出たいんですけど)

と言えば大丈夫です。

外国人からたずねられる場合も要注意

さて、ここまでは、日本人が英語を使う立場で書いてきましたが、日本でも外国人観光客がどんどん増えていて、逆に外国人から聞かれる立場になる可能性もあります。

私の夫はアメリカ人なのですが、こんなことを言っていました。

外国人向けのガイドブックには、「日本では、トイレの場所をたずねる際には、"bathroom"という言葉を使わないように」と書いているよ。

タカコ

うそー!(大笑い)

That's true!!(ほんとだよ!!)

大まじめに言っていたので本当みたいです。

これは、日本人が「bathroom」と聞くと、「お風呂場」に案内してしまうということがかなり多いという結果に基づいているそうです。

もし、旅館などで、外国人から「Where is the bathroom?」と聞かれたら、本当に行きたいのはトイレなのか浴場なのか、聞いた方がいいですね。

アメリカでは困らない、町なかのトイレ事情

最後にアメリカのトイレ事情について。

日本だと長時間外出すると、どこでトイレに行こうかと考えることはありませんか?

タカコ

高速のサービスエリアやデパートでトイレに行くと、長蛇の列。そんなこともありますよね。

アメリカに来てびっくりしたことは、あまりトイレに困らないことです。

もちろん地域柄や、お店の広さなどにもよりますが、たいていのお店にはトイレがあります。しかも、トイレットペーパーがなくて困った、なんてこともほとんどありません。

超田舎のガソリンスタンドなどでない限り、「汚くて困った!」なんてこともほとんどないんです。

失礼な話ですが、ちょっと意外でした。

ただ、アメリカのトイレは、日本のトイレのように、「ほぼ密室」になりません。壁やドアの間に少し隙間があります。

アメリカのトイレは足元が開いているよ
アメリカのトイレの個室は足元が開いているよ

ドアも、下30cmくらいは板がないので、使っている人の足が見えたりします

といっても、もちろん、見えて困らない程度の隙間で、個室の外から見ると、「誰かいるな」という程度にしか見えません。慣れないうちは落ち着きませんが……。

いろんな単語が出てきたので最後にまとめますね。

家の中
  • bathroom
町のなか
  • イギリス英語 …… bathroom, toilet
  • アメリカ英語 …… restroom
飛行機
  • lavatory

イギリスでは家の中、町の中を問わず「bathroom」、アメリカでは家では「bathroom」、町のなかでは「restroom」です。

イギリス英語圏では「toilet」もよく使われますが、食事中などでは「便器」の意味もある「toilet」は避けた方が無難です。

  • Can I use the bathroom (restroom)?(トイレを借りてもいいですか?)
  • Where is the bathroom (restroom)?(トイレはどこですか?)

……もぜひ覚えておいてください!

もうすぐ2歳になる娘に、そろそろトイレトレーニングを……と思っているのですが、子ども向けに「トイレ」は「potty」といいます(「おまる」の意味でも使います)。

よって、「トイレトレーニング」は、「potty training」と言います。教える側としての、初めてのpotty training。さて、どうなることやら……

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?

ABOUTこの記事を書いた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。