英語の疑問文とは? 作り方・答え方を分かりやすく紹介

サッシ

こんにちは、英語の文法オタクのサッシ です。

中学校の英語で必ず習うのが「疑問文」ですが、疑問文は「yes」「no」で答える場合とそうでない場合があります。

過去形・未来形から「疑問詞」を使う場合まで、今回は英語の疑問文の作り方・答え方を分かりやすく紹介します。

疑問文ってなに?

まず、疑問文ってなに?ということについて。

分かりやすいように、疑問文の意味や肯定文・否定文との違いをかんたんに紹介しますね。

疑問文(Interrogative Sentence)とは「相手に答えを尋ねる文」のことです。そのまんまですね(笑)。

肯定文や否定文と比較してみると、違いがよく見えてきますよ。

オオカミ

肯定文
You are a rabbit.
(君はうさぎだ)

オオカミ

否定文
You are not a rabbit.
(君はうさぎじゃない)

オオカミ

疑問文
Are you a rabbit?
(君はうさぎなのかい?)

お分かりでしょうか?

肯定文と否定文は「自分の意見」を伝えたいのに対して、疑問文だけは「相手の意見」を聞きたがっていますよね。

この「相手の答え・意見を知りたい」という意味が、疑問文と肯定文・否定文との大きな違いです。

サッシ

もちろん「?(クエスチョンマーク)」が付いていたら100%「疑問文」ですよ!

疑問文の作り方と答え方

では、具体的な疑問文の作り方・答え方を見ていきましょう。

疑問文の形は、実はどんな場合も同じでは無いんです。使う動詞によって、大きく分けて以下の2つのパターンがあるんですよ。

2つのパターン

それぞれ順番に紹介していきますね。

be動詞の疑問文

その文の動詞が「be動詞」の場合は、以下のような作り方になります。

be動詞の疑問文の作り方

主語 be動詞 〜.

be動詞 主語 ~ ?

1be動詞疑問文は「主語」「be動詞」を交換する

つまり、元々は「主語be動詞」だった順番を「be動詞主語」にひっくり返して、最後に「?」を付けてくれればOKです!

例えば肯定文で「You are a rabbit.」という文を疑問文にしたい場合は、主語の「you」とbe動詞の「are」の順番を逆にしてください。

オオカミ

Are you a rabbit ?
(君はうさぎなのかい?)

かんたんですね♪

2be動詞疑問文に対する答え方

では、この疑問文に対する答え方も考えてみましょう。

「君はうさぎなのかい?」と聞かれたら何て答えますか?もちろん「はい」か「いいえ」の2択で答えますよね?

そう、つまり英語なら「yes」か「no」で答えるという形になります!

答え方は、以下の形になりますよ。

be動詞の疑問文の答え方

  • Yesの場合
    Yes, 主語 + be動詞.
  • Noの場合
    No, 主語 + be動詞 + not.

具体的には、先ほどの「Are you a rabbit?」に「yes」で答えるなら以下のようになります。

オオカミ

Are you a rabbit?
(君はうさぎなのかい?)

ウサギ

Yes, I am.
(うん、そうだよ)

もし「no」で答えるなら以下のようになりますよ。

オオカミ

Are you really a rabbit ?
(君は本当にうさぎなのかい?)

ウサギ

No, I am not.
(いや、違うんだ……)

うさぎさん、本当は何者なのでしょうね(笑)。

ちなみに、このように「yes」「no」で答える疑問文の場合は、文末のイントネーションは「上げ」て発音してくださいね。

「be動詞」の疑問文の作り方・答え方は以上です。

一般動詞や助動詞の疑問文

続いては、一般動詞や助動詞の場合です。

先ほどの「be動詞」の疑問文の場合は、主語とbe動詞をひっくり返せばOKでしたよね?

でも、文の動詞が「一般動詞」だったり「助動詞」と一緒に使う場合はぜんぜん違って、「ある単語」を追加して作ります

1一般動詞の疑問文の作り方

一般動詞を疑問文にするときに必要な単語は
「do」です!

例えば「You like her.(あなたは彼女が好きです)」という肯定文を疑問文にすると以下のようになります。

ウサギ

Do you like her ?
(彼女が好きなの?)

このように「do」を文の先頭に置いて作るんですよ。「do」を先頭に置いたら、あとは普通に「主語+動詞 ~」の順番で続けてくださいね!

2助動詞の疑問文の作り方

「助動詞」を使った文の場合も、作り方は同じです。

「can(できる)」や「will(~するつもりだ)」などの助動詞がある場合は、「do」の代わりにそれら「助動詞」を先頭に置いてください。

ウサギ

Can you keep a secret ?
(秘密を守れるかい?)

サッシ

実は「do」も品詞の上では「助動詞」なので、「can」や「will」と同じ扱いになるんですよ! マニアックな知識ですが(笑)。

一般動詞/助動詞の疑問文の作り方

主語 + 動詞.

Doや助動詞 + 主語 + 動詞 ~?

3一般動詞や助動詞の疑問文への答え方

では、一般動詞や助動詞の疑問文への答え方をやってみましょう。

be動詞の疑問文のときと同じように、パターンは「yes」「no」の2つになります。

「do」で聞かれた場合は「do」で、「助動詞」で聞かれた場合は「助動詞」を使って以下のように答えてください。

一般動詞の疑問文の答え方

  • Yesの場合
    Yes, 主語 + do.
  • Noの場合
    No, 主語 + do + not.

助動詞の疑問文の答え方

  • Yesの場合
    Yes, 主語 + 助動詞.
  • Noの場合
    No, 主語 + 助動詞 + not.

例えば、先ほど紹介した疑問文に答えると以下のような形になりますよ。

ウサギ

Do you like her ?
(彼女が好きなの?)

オオカミ

Yes, I do.
(うん、そうだよ)

ウサギ

Can you keep a secret ?
(秘密を守れるかい?)

オオカミ

Hmm... no, I can't.
(ん~いや、できないな)

4「三単現」の場合

ちなみに主語が「she(彼女)」や「he(彼)」などの「三単現」の場合は、「do」に「s」を付けた「does」を使ってくださいね。

オオカミ

Does she like carrots ?
(彼女はニンジンが好きなの?)

ウサギ

Yes, she does.
(うん、そうだよ)

「三単現」や「sが付く場合」については別記事でまとめているので、ぜひ読んでみてください。

過去形の疑問文

ここまで全て「現在形」の疑問文を紹介してきました。

では、「過去形」の場合はどうなるのでしょうか? 過去形の疑問文の作り方はとってもシンプルですよ。

ただ単に「be動詞」や「do / 助動詞」を過去形にするだけなんです。

サッシ

つまり「was / were」や「did」を使えばOKです!

現在形と過去形の疑問文をそれぞれ並べて比べてみましょう。

まず「be動詞」の場合、以下のようになります。

be動詞疑問文の過去形

オオカミ

現在形
Are you a rabbit ?
(君はうさぎなのかい?)

オオカミ

過去形
Were you a rabbit ?
(君はうさぎだったのかい?)

うさぎさん、現在は何なのでしょうね(笑)。

「一般動詞」の場合は以下のように「do/does」ではなく「did」を使ってくださいね。

一般動詞疑問文の過去形

ウサギ

現在形
Do you like her ?
(彼女が好きなの?)

ウサギ

過去形
Did you like her ?
(彼女が好きだったの?)

では、こちらに過去形の疑問文の作り方をまとめました。

過去形の疑問文の作り方

  • be動詞の場合
    was / were + 主語 ~?
  • 一般動詞助動詞の場合
    did(助動詞の過去形)+ 主語 + 動詞 ~?

未来形の疑問文

続いては「未来形」の場合です。

そもそも、「未来形」は以下の2つのパターンがあります。

未来形2つのパターン

  • be going to 〜
    You are going to go to Japan.(君は日本へ行く予定だ)
  • will
    You will be a good Japanese teacher.(君は良い日本語の先生になるだろう)
サッシ

お気付きでしょうか?

未来形の場合、「be動詞」か「助動詞(will)」が絶対に入っていますよね!?

つまり未来形の疑問文を作る場合は、ふつうに「be動詞の場合」や「一般動詞/助動詞の場合」の作り方・答え方でOKなんですよ。

「be goning to」の疑問文

ウサギ

Are you going to go to Japan?
(あんたは日本へ行く予定なのかい?)

オオカミ

Yes, I am.
(うん、その予定だよ)

「will」の疑問文

オオカミ

Will you go with us?
(僕らと一緒に来るかい?)

ウサギ

No, I won't (will not).
(いや、そのつもりはないよ)

未来形の疑問文の作り方

  • be going to 〜を使う場合
    「be動詞」の疑問文の作り方・答え方
  • willを使う場合
    「一般動詞/助動詞」の疑問文の作り方・答え方

疑問詞(「why」や「what」など)を使った疑問文

いろいろなパターンの疑問文を見てきましたが、これまで全て答え方は「yes」か「no」でしたよね?

では英語の疑問文は全部「yes」「no」で答えればいいかと思ったら……違うんです。

サッシ

なんと「yes」「no」で答えない疑問文も存在します!

それが「疑問詞」を使った疑問文です。

疑問詞を使った疑問文の例

「why(なぜ)」や「what(何)」など、主に「wh」で始まる「疑問詞」を使った場合は、「yes」「no」では答えません。

以下のように、それぞれの問いの内容に応じて「肯定文」で答えます。

「why(なぜ)」の例

ウサギ

Why do you think so ?
(なんでそう思うの?)

オオカミ

Because he is a liar.
(彼が嘘つきだからさ)

「what(なに)」の例

ウサギ

What are you doing now ?
(今何してるの?)

オオカミ

I'm just watching YouTube videos.
(ユーチューブ観てるだけだよ~)

「yes」「no」を尋ねる疑問文の場合は文末のイントネーションは「上げ」ましたが、「疑問詞」を使う疑問文の場合は「上げないで言い切ってくださいね。

疑問詞の一覧

「疑問詞」を一覧にすると、以下のような言葉がありますよ。

主な疑問詞一覧

  • when(いつ)
  • where(どこ)
  • who(誰)
  • what(何)
  • why(なぜ)
  • how(どのように・どれくらい)
  • which(どっち・どれ)

疑問詞についてくわしくはこちらの記事を。

疑問文の語順を例文でまとめてみよう!

いろいろなパターンの疑問文を紹介してきたので、ここでいったん「疑問文の語順」をまとめてみましょう。

be動詞の疑問文の語順

まず、動詞が「be動詞」の場合は以下の語順で並べてくださいね。

be動詞の疑問文の語順

be動詞 + 主語 ~?
【例】Is he a wolf?(彼はオオカミなのかい?)

一般動詞/助動詞の疑問文の語順

そして、使う動詞が「一般動詞」だったり「助動詞」の場合は以下の語順になります。

一般動詞/助動詞の疑問文の語順

Do/助動詞主語 + 動詞 ~?
【例】Do you know him ?(彼を知っているの?)

疑問詞を使う疑問文の語順

そして、「why」や「what」などの「疑問詞」を使う場合は、「疑問詞」を文の先頭に置いて、後は通常の疑問文をそのまま続けてください。

疑問詞を使う疑問文の語順

  • be動詞の場合
    疑問詞be動詞主語 ~?
    【例】Why are you so cute ?(なんでそんなにかわいいの?)
  • 一般動詞/助動詞の場合
    疑問詞do/助動詞主語 + 動詞 ~?
    【例】Where do you want to go tomorrow ?(明日どこ行きたい?)
サッシ

語順のパターンはこれだけしかありませんよ!

おまけ: そのほかの疑問文

最後に疑問文の仲間でこんな2つを紹介しますね。

1付加疑問文

疑問文の親戚(?)として「付加疑問文」という表現もあります。

通常の肯定文や否定文の最後に「don't you?」などの形をくっ付けると、「~だよね?」という「念押し」の意味を出すことができます。

オオカミ

You are not a rabbit, are you?
(君はうさぎじゃないんだよね?)

この付加疑問文の作り方はちょっとややこしいので、詳しくはまたの機会に紹介しますね。

こういう表現もあるんだな~くらいに知っておいてください!

2否定疑問文

もう1つ、否定疑問文という表現もあります。

これは、「〜じゃないの?」のように否定文で聞く疑問文です。

オオカミ

Aren't you a rabbit ?
(君はうさぎじゃないの?)

日本語にも同じような使い方がありますが、否定疑問文はその質問への返事が難しいです。

くわしくは下記の記事に書いていますので、ご参考に。

さて、今回は疑問文についてまとめましたが、けっこうなボリュームになりました。

最後にもう一度まとめます。

疑問文のまとめ

  • 「相手の答え・意見を知りたい」のが疑問文
  • 「be動詞」パターンと「一般動詞/助動詞」パターンの2種類
  • 答え方は「yes」「no」
  • 「疑問詞」を使った疑問文には「yes」「no」では答えない

円滑なコミュニケーションのためにも頻繁に使うのが疑問文なので、ぜひ使いこなしてくださいね!

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: サッシ
小学生の時に帰国子女だった友人のお母さんから3年間英語を習ったおかげで、その後も英語の読み書きは全く苦労しなくなる。塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。「ことば」そのものや「文法」を中心としたテーマを楽しく記事にしています。「毎日が生まれたて」という月間に60万回以上読まれる人気ブログも運営(ライター / ブロガー / カメラマン)。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?