【スタディサプリENGLISH】ビジネス英語コースのレビュー

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

「ビジネス英会話をマスターしたい」と思っているビジネスマンの人、多いと思います。

グローバル化していくなか、社会の公用語として英語を使っている会社もありますし、そういう会社で働くとなるとビジネス英語は必須です。

そこでオススメなのが、「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」というアプリです。

アプリのトップページ
アプリのトップページ

この記事では、英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の特徴、そして良い点や悪い点をまとめます。

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」の特徴

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」は、ビジネス英語の学習ができるスマホのアプリです。

ビジネス英語は、独特の単語を使うので非常に特殊ですよね。日常会話ができてもビジネス会話ができない人は多いですし。

では、最初に「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の特徴をご紹介します。

ストーリーでビジネス英語を学習できる

このアプリの最大の特徴は「楽しくて続けられること」です。

英語の勉強でもっとも大切なのが継続とも言えますから、「楽しい」という要素はモチベーションを保つうえでも重要ですよ。

このアプリで楽しく続けられる秘密は、ドラマ形式のストーリーとともに英語学習が進んでいくこと。

ドラマ形式のストーリーで英語学習
ドラマ形式のストーリーで英語学習

たとえばふつうの英語のテキストだと会話がこんなふうに書かれていますよね?

ふつうのテキストの例

ジェイソン: Hello, I'm Jason.
ダイスケ: Hello, Jason. I'm Daisuke.
ジェイソン: Where are you from, Daisuke?
ダイスケ: I'm from Tokyo.

サト

仕事をしていて疲れてるのに、こんな「ザ・お勉強」なんてムリ!

それが、「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」だとこちらのような画面になります。

会話文
会話文

同じ教科書でも「見せ方」によって、かなり変わりますよね!

サト

ストーリーがおもしろくて、つい続けてしまうクオリティです。

じつは、ストーリーの結末が早く知りたくて、勉強そっちのけでドラマの部分だけ聞き倒してしまいました

長い時は1日に5時間とか……。学習法としては決してオススメできるものではありませんが(笑)、それぐらい魅力的なコンテンツだということです。

「ビジネス英語コース」の脚本は稲葉一広氏

この「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」で使われているストーリーは、稲葉一広氏が手掛けています。

稲葉一広氏といえば、話題になったドラマ『下町ロケット』の脚本家ですよ!

やっぱり著名な人が作ったストーリーは違いますね。

前述した『下町ロケット』の舞台はビジネスの世界だったのですが、そんな脚本家をビジネス英語のストーリーに採用しているのは、まさに適材適所と言えます。

「ビジネス英語コース」のかんたんなストーリー

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」のストーリーもかんたんに紹介しますね。

とある日本のメーカーで働いている日本人(ダイスケ)が主役になります。

主人公・ダイスケ
主人公・ダイスケ

ダイスケはビジネスマンとしては未熟なのですが、純粋で、ものすごい情熱の持ち主。

そのダイスケが、新製品開発や、大企業へのプレゼンなどを通して成長していくストーリーです。

サト

プレゼン、交渉、会議などリアルなビジネスシーンが盛りだくさんです。

個性的なキャラがストーリーを盛り上げる

ただ、ビジネスシーンが次々と話が出てくるだけではおもしろくありません。

例えば新製品開発は、なかなかうまくいかず、チーム内でもめたりと波乱万丈な展開が待っています。

ジェイソンの画像
ジェイソンの画像

クセ者の役員や、気まぐれなエンジニアなど、個性的なキャラも、ストーリーを盛り上げてくれますよ。

また、おもしろいだけではなく、ストーリーが進むにつれて英語のレベルも上がっていくように設計されています。

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」のレベル

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」での学習は上記で紹介したような「ドラマ」のストーリーが中心です。

そうなると、こんな心配をするかもしれませんね。

サト

ええ!? ドラマを理解する英語力なんてない……。

そんな人でも大丈夫です! ご安心ください。

初心者でも大丈夫な理由

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」のレッスン1は下記のようなレベルから始まります。

  • I’m from〜.(わたしは〜から来ました)
  • It's nice to meet you.(はじめまして)

最初は話すスピードも、ゆっくりですし、セリフの日本語訳も確認することができます。

こちらは日本語訳のついているテキスト。

かんたんな英語から学習
かんたんな英語から学習

会話になっているのがわかって、すごく見やすいつくりになっています。

レベルの目安

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」のレベルの目安は、次のとおりです。

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースのレベル(目安)
レベル TOEICの点数
1 400点程度
2 600点程度
3 730点程度
4 860点程度

はじめはTOEIC400点程度です。

ストーリーが進んでいくにつれて、英語のレベルが上がっていきます。ことばや文法が難しくなったり、 会話が長くなったり、速くなったり。

レベル4になるとTOEIC860点程度になります。

各レベルとも240レッスンで構成されていますので、少しずつレベルアップできますよ。

「ビジネス英語コース」の料金

この「ビジネス英語コース」の料金ですが、ずばり月額2,980円(税抜)です。

もちろん、1日に50レッスン受けても、100レッスン受けても、金額は変わりません。

サト

1日あたりだとたったの100円になりますね!

オンライン英会話もじゅうぶん安いのですが、さらに安いです。

具体的にどんな内容か気になったら、無料体験もできますよ!

全ての機能が7日間無料!

無料体験はこちら

最短2分からできる英会話レッスン
かんたんスタート・かんたん解約

1レッスンにかかる時間

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースで、1レッスンの時間がどれぐらいかかるのかも気になりますよね。

レッスンのレベルにもよりますが、それぞれにかかる時間は長くても数分です。

次の画像のように、1分を切ることも珍しくありません。

1分ぐらいで終わるレッスンもある
1分ぐらいで終わるレッスンもある

なんと48秒で終わりました。1分もかからない場合もあるんですよ。

また、上の画面が出てきた時点で、学習記録が残ります

仕事の合間にちょっとやってみて、時間がなければそこで終わってもOK。もちろん続けてもいいですよ。

サト

仕事をちょっと休憩しているときに1分程度ならやれますよね!

数分でも学習すると記録が残るので、スキマ時間を活用しやすいのも、続けやすい理由ですね。

その他の特徴

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」の目玉はドラマでの英語学習ですが、それだけではありません。

ほかにも、こんな特徴があります。

特徴

  • ストーリーという場面があるので、どんなときにどんな英語を使うかがわかりやすい
  • ストーリーに出てくる重要なことばや表現について、「聞く」「読む」「書く」「話す」練習がある
  • 1レッスンは8つの練習で構成されていて、それぞれ数分で終わるので、スキマ時間で勉強しやすい
  • その日の学習を忘れていると通知が届くので、続けやすい
  • レッスンの記録が残るので、達成感が得られすい
  • 間違えた問題には印がつくので、弱点を効率よく復習することができる
  • ストーリーを使ったレッスン以外にも、早押しクイズや文法だけのレッスンなど、副教材が充実している
  • ANAや東芝、Yahoo!Japanなど、100社を超える企業でも採用されている
  • 月2,980円(税抜)※ でレッスンが受け放題(副教材含む)なので、早く進めるほどお得になる

※スタディサプリの公式サイトから申し込んだ場合。アプリから申し込むと高くなります。

かんたんに要約すると、続けやすい上、効率よく英語の学習ができるアプリです。

あと、定額でレッスンが受け放題、と書きましたが、無料体験もできましてその期間もレッスン受け放題です!!

全ての機能が7日間無料!

無料体験はこちら

最短2分からできる英会話レッスン
かんたんスタート・かんたん解約

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」のレッスンの流れ

では、「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」での学習がどのように進むか、くわしく見てみましょう。

1レッスンの流れは、以下の通りです。

レッスンの流れ

  1. 会話を聞いて、理解度をチェックする
  2. 単語の意味をチェックする
  3. セリフを書き取る
  4. 会話文を読む
  5. シャドーイングをする
  6. キーフレーズの解説動画を見る
  7. キーフレーズを実際に声に出す
  8. 状況設定に合ったセリフを声に出して使ってみる

まず聞いて読んで書いて話すという順に学習を進めます。

サト

つまり、4技能すべてを使っていますね。

ただし、「読む」とは言っても登場人物のセリフばかりなので、長文ではありません。

では、「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」の流れをひとつずつ見ていきましょう。

会話を聞いて理解度をチェックする

最初は「会話を聞いて理解度をチェック」というパートです。

もちろん会話内容は「ビジネス英語」に特化した内容になっていますよ。

1英語の会話を聞く

英語の会話を聞きます。

この段階では、セリフが流れ、話している人が画面に出てくるだけで、文字は映りません。

画面には話している人が出てくる
画面には話している人が出てくる

上の画像は主人公のダイスケが話しているシーンですね。

もちろん、違うキャラが話している間は画面に映るキャラも変わりますよ。

ジェイソンの画像
ジェイソンの画像

ここでのポイントはこちらの2つになります。

  • リスニングを鍛えるパートのため、文字は表示されない
  • 何度でも聞きなおせる

2理解度をチェック

内容がわかったと思ったら、理解度をチェックする問題に進みます。

理解度のチェックをするパートでは、会話の内容に関する質問が出てきますよ。

こちらのような4択問題です。

4択問題で会話の理解度をチェック
4択問題で会話の理解度をチェック

まるで早押しクイズのように時間制限もあり、残り時間が上のほうに表示されています。

残り時間の表示
残り時間の表示

はやく解かなきゃという気持ちになりますね。

3問題が出たあとでも会話を聞ける

自信がなければ、問題を見たあとでも会話文を確認をタップすれば、会話に戻って内容を確認することもできます。

ただし、その間にも制限時間がへっていくのでご注意を。

問題をとき終えると、こちらのように解説がしっかり出てきます

詳しい解説
詳しい解説

単語の「訳」だけでなく、「なぜ、それが回答になるのか?」についてもしっかりと説明があります。

間違えた問題には「×」印が記録され、復習の際にも役に立ちますよ。

間違えた問題には×印
間違えた問題には「×」印

単語や表現の意味をチェックする

つづいて、単語、表現の意味をチェックするパートです。

ビジネス英語に慣れていない場合は、表現に慣れることが大切ですので、しっかりとチェックしましょう。

単語や表現が4択問題として出てきます。問題に合った「日本語訳」を選びましょう。

4択問題が出題
4択問題が出題

さきほどと同じく、ゲーム感覚で学習できるわけですね。

正解すると、効果音とともに大きく「マル」がつきますよー。

正解したときの画面
正解したときの画面

こちらの問題も残り時間が表示されます。

残り時間の表示
残り時間の表示

また、ひと通り問題を解き終えると、単語の意味を確認することができます。

単語の意味を確認
単語の意味を確認

「×印」がついているのは、間違えた問題ですね。

また、正解だったが自信がない、テキトーに押したら正解だったので、復習したいという場合もありますよね。

そんなときは、右側のチェックボックスにチェックを入れたままにしておけばOK。

復習したい場合はチェックマークをそのままに
復習したい場合はチェックマークをそのままに

後述しますが、この4択問題については、「×」印や「チェック」がついているものだけあとでまとめて復習できます

セリフを書き取る

単語・表現の意味が確認できたらディクテーション(セリフを聞いて書き取る練習)です。

セリフを聞いて書き取る
セリフを聞いて書き取る
サト

「書き取る」とは言っても、スマホでのタイピングになりますが。

ディクテーションをするときには、2つのヒントがあります。

下記画像のように、文字数と、スペルに含まれるアルファベットも分かります。

ディクテーションにはヒントがある
ディクテーションにはヒントがある

ディクテーションにも時間制限がありますよ。

アプリだとスマホだけでディクテーションができるのも助かりますよね。

会話文を読む(日本語訳あり)

次に、会話文を読みます。

ここでやっと、最初の会話文の日本語訳を見られます。

会話文を読む
会話文を読む

先ほど、理解した単語などを会話のなかで見つけながら理解していきましょう。

ちゃんと解説もあるので、わからないところは全部理解することができますよ。

解説もある
解説もある

ちなみに、この段階では読むだけで、理解度のチェックはありません。

シャドーイングをする

会話文を読んだあとは、つづいてシャドーイングのパートです。

シャドーイングというのは、音声を聞いて、その音声を影のように追いかけて読む練習です。

この練習を始める前に、声が出せるかどうか聞いてきますよ。

声が出せるか出せないか聞いてくる
声が出せるか出せないか選ぶ
サト

なんでそんなことを聞いてくるんやろ?

……と思いましたが、電車の中のように、声が出せない環境への配慮です。

以下では、「声が出せる状況」、そして「声の出せない状況」での両方の練習について紹介しますね。

1声が出せる状況での練習

自宅のように、「声が出せる状況」にいる場合は、録音することで練習が進んでいきます。

録音開始のボタンをタップすると、音声が流れてきます。音声を追いかけながら声に出して読みましょう。

シャドーイングの練習
シャドーイングの練習

録音開始ボタンをタップすると、できたできなかったというボタンが表示されます。

自己評価のためのボタン
自己評価のためのボタン

「できた」と思ったらできたボタンを押し、次に進むぐあいです。

つまり、あくまで自己評価ですね。

すべての練習が終わると、録音した自分の音声と、例(お手本)を聞き比べることができます

自分の音声と例を聞き比べる
自分の音声と例を聞き比べる

これは自動でやってくれたらいいのになぁと思います。

2声が出せない状況での練習

また、電車の中にいるときのように、「声が出せない状況」なら、録音しなくても練習が進められるようになっています。

ボタンを押すと音声が流れるので、口パクをしたり、頭の中で言ってみたりしましょう。

声を出さないで行う練習
声を出さないで行う練習

ちなみに、録音開始のボタンが、発話開始というボタンになっていますよ。

声が出せる場合と同じく、声が出せない場合も、自己評価があります。

自己評価
自己評価

キーフレーズの解説動画を見る

そして、ビジネス英会話に出てくるキーフレーズについての解説を動画で見られます

たとえば、こんな動画になりますよ。

解説してくれるのは、元大手英会話スクールの講師、Matthew Nisselius先生

サト

動画は英語での説明ですが、動画の下に日本語での解説もあるので、ご心配なく!

動画の下には日本語での解説も
動画の下には日本語での解説も

セリフを実際に声に出す

次に、セリフを声に出して言う練習パートがあります。

ここでも、シャドーイングのときと同じく、声が出せる状況かどうかを確認してきますよ。

声が出せるかどうか聞いてくる
声が出せるかどうか聞いてくる

声が出せない状況でも、ちゃんと脳内で練習ができますよ(笑)。

では声が出せる状況と、出せない状況での両方の練習について紹介します。

1声が出せる状況での練習

声が出せる場合は、録音することで練習が進んでいきます。

出てくる英語を読むときに、録音開始のボタンをタップしましょう。

英語を読む練習
英語を読む練習をする

英語を読み終わったら、もう一度タップです。

すると、次に日本語だけが出てくるので、英語にして言ってみましょう。録音ボタンの操作も忘れずに。

日本語を英語にして言ってみる
日本語を英語にして言ってみる

録音が終わると、録音した自分の音声と、例(お手本)を聞き比べることができます

自分の音声と例を聞き比べる
自分の音声と例を聞き比べる

「できた」と思ったらできたボタンを押し、次に進みしょう。

できたかできなかったかは、シャドーイングと同じく自己評価になります。

2声が出せない状況での練習

電車の中のように、声が出せない場合は、録音しなくても練習が進められるようになっています。

通勤途中を使って英語の勉強をしている人に対する配慮ですね!

発話開始のボタンのところにも「頭の中や口パクで発話しましょう」と書いていますね。

まず英語と日本語が出てくる
まず英語と日本語が出てくる

つづいて、日本語だけが出てきますので、頭の中などで英語にしましょう。

声が出せる場合と同じです。

日本語を英語にする練習
日本語を英語にする練習

自己評価もありますよ。

自己評価
自己評価

研究によると、頭の中で言う練習でも、会話力を上げるのに役に立つそうなので、通勤途中の人はぜひ脳内発話をやってみてください。

状況設定に合ったセリフを声に出して使ってみる

レッスンを締めくくるのは、下記の3つの練習になります。

レッスンの締めくくり

  1. 状況設定を読む
  2. 発話を聞く
  3. 英語で返事をする

状況を知り、話を聞いて返事をする。リアルな会話に近い練習ですね。

ここでも、まず声が出せるかどうかを選びます。

声が出せるかどうか聞いてくる
声が出せるかどうか聞いてくる

前項と同じく、声が出せる場合は録音し、出せない場合は頭の中で言ったり口パクをしたりすることになります。

状況設定が出てきますので、読んでから、相手の発言ボタンをタップ。

状況設定
状況設定

相手の会話を聞いたら、今度はこちら側が話す番です。録音開始ボタンを押して、実際に話してみましょう。

そして、ここでも自己評価をすることになります。

自己評価
自己評価

解説もしっかりとありますよ。

復習のレッスン

ここまでストーリーを使ったレッスンについてご紹介してきましたが、復習のレッスンが2種類あります。

それぞれ、ご紹介しますね。

1重要表現の復習(5レッスンごと)

まず、5レッスンごとに重要表現の復習ができます。

重要表現の復習は5レッスンごと
重要表現の復習は5レッスンごと

これは通常レッスンの「セリフを実際に声に出す」と同じような練習です。

違うのは、英語を見て読む練習がない点

日本語だけが出てくるので、それに合った英語を声に出して言う練習になっています。

日本語を英語にする練習のみ
日本語を英語にする練習のみ

重要表現の復習も、1レッスンにつき数分で終わります。

2単語などの復習

それから、単語などの復習もできます。

これは、会話を使ったレッスンの「2単語の意味をチェックする」の復習です。4択早押しのやつですね。

重要表現の復習は5レッスンごとですが、単語などの復習はいつでもできます。

で、ここがものすごく便利なんですが……。

解答を間違えて「×印」が残っている問題や、気になってチェックマークを残しておいた問題などを選んで復習できるんです!

復習したい問題を選べる
復習したい問題を選べる

問題自体は、先ほども書いたとおり、4択の早押しです。

4択早押しで復習
4択早押しで復習

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の良い点

では、「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の良い点をまとめます。

良い点は、3点ありますよ。

続けやすい

まずは、なんといっても「続けやすい」というのが最大のメリットでしょう。

続けやすい理由をまとめるとこちらになります。

続けやすい理由

  1. ストーリーの続きが気になる
  2. ゲーム感覚で学習できる
  3. スキマ時間で学習できる
  4. スマホだけで完結する
  5. 学習を忘れそうになっても通知が届く

楽しいから続けられるし、手軽だから続けられます。

その上、通知が来るのでスタディサプリを忘れることも防いでくれるのです。

通知がくる
通知がくる

これだけの条件がそろっていたら、続けないほうが難しいんじゃないでしょうか。

今の時代に合った「続けやすさ」を徹底的に追求していますよね。

定額でレッスンが受け放題

続いて、定額でレッスンが受け放題なのもこのアプリの魅力です。

1日に50レッスン受けても、100レッスン受けても、金額は変わらず、1か月2,980円(税抜)

サト

つまり
1日あたり100円で、ビジネス英語が学べるわけですね。

レッスンは納得するまで何回受けても追加料金はありません!

わたしの学習時間の管理画面(下の画像)を見てください。

学習時間の管理
学習時間の管理

「総学習回数」が319回で、19時間1分やっていたことがわかります。

アプリから申し込むと高くなるので、公式サイトから申し込むことを絶対にオススメします。

全ての機能が7日間無料!

無料体験はこちら

最短2分からできる英会話レッスン
かんたんスタート・かんたん解約

アプリが進化する

そして、スタディサプリの良い点はアプリが進化すること。

わたしが使っていた1か月のあいだでも、パワーアップしました。

たとえば、会話を聞くときは再生ボタンを押し、終わったらまた再生ボタンを押すという操作が必要でした。

しかも、次のレッスンの会話に進むにもまた操作が必要だったんですよ。地味にめんどうでした。

ところが、先日のアップデートで会話だけを連続で再生することができるようになりました

連続再生ができるようになった
連続再生ができるようになった

このアップデートにより、多聴がやりやすくなったということですね。

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の悪い点

「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の悪い点も2点あります。

話す練習は「自己評価」

スタディサプリには、英語を話す練習があります。

ところが、「この発音はOK」のように判定してくれるわけではありません。

録音したものを自分で聞いて、自分で評価することになっているのです。

ということは、よほど英語のリスニング能力が高くないと、実際に通じるかどうかは分からないということです。

ここはぜひ、アップデートに期待しています。

「AI」で発音の判定してくれるのではないでしょうか?

単語帳がない

このスタディアプリには単語帳機能がありません

覚えたい単語を登録して、あとでまとめて見るというような機能があれば、もっと効率よく学習が進められるんじゃないかと思います。

このアプリでも、「×」やチェックマークが入っている単語はあとでまとめて復習できますが、それができる単語は4択早押しに出てくるものに限られています

じつは、会話に出てくる単語すべてが早押し問題になっているわけではないのです。

サト

アプリのアップデートで何とかなるはずなので、改善してくれることを勝手に期待しております。

この記事では、英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」の特徴、良い点や悪い点をまとめました。 

このアプリは、徹底的に続けやすさを追求している上、効率よく英語を学習できます。

しかも定額でレッスン受け放題。

無料体験でもレッスンが好きなだけ受けられるので、まずはお試しください!!

全ての機能が7日間無料!

無料体験はこちら

最短2分からできる英会話レッスン
かんたんスタート・かんたん解約

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強アプリのカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: サト
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?