【スタディサプリENGLISH】TOEIC® L&R TEST対策コースのレビュー

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

TOEIC®L&R TEST(以下「TOEIC」)で高得点を取るには、当然、それに見合った対策が必要です。

でも、こんなふうに思っていませんか?

  • TOEICの対策なんて苦痛でしかない
  • まとまった時間が取れないから対策できない

今回は、そんな悩みを吹き飛ばすアプリに出会いました。

スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」というアプリなんですが、気軽に無理なく学習が続けられるアプリなんです!!

タイトル画面
タイトル画面

この記事では、英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の特徴、そして良い点や悪い点をまとめます。

アプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の特徴

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」について、まず特徴をご紹介します。

冒頭で「気軽に無理なく学習が続けられる」と書きました。

どうして手軽かと言うと、スマホだけでTOEIC対策ができるからです。

机に向かって、シャーペンを片手に本を開く必要もありません。

また、「無理なく」と書いたのは、1レッスンにかかる時間が、短いときは1分ぐらいだから。

57秒で終わったレッスン
57秒で終わったレッスン

なので続けやすいんです!

他にも、こんな特徴があります。

このアプリの特徴

  • TOEICの概要や学習法も学ぶことができる
  • パターン別に対策ができ、効率よく学習できる
  • TOEIC本番と同じ形式の問題が4,000問以上あり、たっぷり練習できる
  • 問題を解くポイントや、文法の解説などの動画が300本以上あり、理解を深めることができる
  • TOEICの問題はもちろん、頻出単語や文法に絞った学習もできる
  • 早押しクイズのような問題もあり、ゲーム感覚で学習を進めることができる
  • TOEICで点を取る力だけでなく、英語力そのものを鍛えることができる
サト

いろいろ書きましたが、一言で言うと質も量もしっかりしているということですね!!

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」のよい点

では、「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」のよい点をまとめます。

よい点は、3点あります。

続けやすい

まず、何と言っても続けやすいという点!

なぜならこんな理由があるからです。

続けやすい理由

  1. スキマ時間で学習しやすい
  2. スマホだけで学習できる
  3. スマホが励ましてくれる

動画は5分ぐらいで終わりますし、なんなら1分クイズなんていうのもあり、スキマ時間で学習できます

また、鉛筆や本がなくても、机がなくても、スマホさえあれば学習できるのも魅力的。

そして、いろいろな通知が来るし……

いろいろな通知が届く
いろいろな通知が届く

連続学習日数なんかも教えてくれるんですよ!!

連続学習日数も教えてくれる
連続学習日数も教えてくれる
サト

スマホアプリの強みを徹底的に生かして、続けやすくしてますよね。

解説動画が分かりやすい

次に、解説動画が分かりやすい点。

それもそのはず、解説してくれるのは、関 正生 先生。

関先生は『世界一わかりやすいTOEIC®テストの授業』『世界一わかりやすい英文法の授業』など英語の著書もたくさん出されています。

それだけはなく、なんとTOEICで満点(990点)も取得していらっしゃるとか!!

サト

TOEIC講座の講師として、これ以上の方はいらっしゃらないのはないでしょうか。

こちらは先生の文法の説明です。

こんな動画が
300本もあるんですよ! 

動画1本は長くても5分程度なので、スキマ時間でも視聴できます。

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

実際に英語を使う力も鍛えられる

それから、実際に英語を使う力も鍛えられるのもこのアプリの魅力です。

TOEICで点を取る力と、実際に英語を使う力は別物なのですが、このアプリだと両方鍛えられるわけですね。

TOEICの問題を解いたり、解説を見たりするだけではなく、ディクテーションやシャドーイング、音読といった練習もあるので。

サト

まさに一石二鳥と言えます!!

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の悪い点

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の悪い点も2点あります。

本番のシミュレーションがしにくい

まずは、本番のシミュレーションがしにくい点です。その理由は2つあります。

11問ごとに制限時間がある」のスマホ表示

まず、1問ごとに制限時間があること。

例えば1問20秒とか。

制限時間は一定
制限時間は一定

そして、1問目を10秒で解いたとしても、2問目の制限時間は20秒のままなんですよ。

サト

1問目で10秒余った分、足してくれてもいいのに……。

例えば本番だと、1問目を早く終わらせれば、2問目以降に使える時間が長くなります。

そういう時間配分のシミュレーションはしづらいと言えます。

2200問通して解けない

TOEIC本番では、200問を2時間で解く必要があります。時間配分も考えつつ。

ですが、このアプリではそれができません。

実戦問題集も、200問を54レッスンに分けて解いていくことになっていますからね。

実戦問題集
実戦問題集

と言っても、これはこれでいいのかもしれません。

実際の試験と同じように、マークシートに記入する時間も含めた練習をしたほうがいいからです。

さすがに鉛筆を使ったマークまでアプリで再現するのは難しいでしょう。

サト

Apple Pencilとかやったらいけるんやろか……

このアプリはあくまで修行の場。

シミュレーションには、市販の模試とかを解いてみるのがいいでしょう。

わたしも『TOEIC® L&Rテスト 至高の模試600問』にお世話になっています。

ドラマでの英語学習ができない

それから、ドラマで英語学習ができない点。

いきなり「ドラマ」と言われてもわけがわからないと思いますが……。

スタディサプリは他にも種類があって、以下のアプリでは、ドラマで英語を楽しく学習できるようになっているんです。

ドラマで学習できるアプリ

その点はどうしても劣ってしまいます。

しかし!

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」を使っている間のすばらしい特典があります。

なんと、「スタディサプリENGLISH日常英会話コース」が、無料で使い放題なんです!

サト

TOEICの学習にちょっと疲れたら、気分転換にドラマで学習するのもアリということですね。

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」のレッスンの種類

では、このアプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」では、どんなレッスンが受けられるのでしょうか。

一覧をスクリーンショットに撮ってみました。

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」で受けられるレッスン
受けられるレッスン

スクリーンショットを撮ったのはいいのですが、レッスンの種類が多すぎて画像内に入り切らないので、書き出します。

レッスン一覧
レッスン名 概要 レッスン数
パーフェクト講義 TOEICの概要や学習法、パターン別の対策 150
実戦問題集 実際の出題形式での練習 540
実戦問題集NEXT 実際の出題形式での練習 540
TEPPAN英単語 頻出単語の学習 18
基礎講座・基礎英単語 基礎単語の学習 14
パーフェクト講義・英文法編 TOEICの問題を使った文法学習 53
基礎講座 ・基礎英文法 ゼロからの文法学習 30
1分クイズ すぐ使える英語をクイズで学習 18

各レッスンについてはあとで詳しく説明しますが、ここでは概要を書き加えておきます。

レッスンは全8種類。で、レッスン数を合計すると、1,300レッスン以上にもなります!

問題数も、「実戦問題集」「実戦問題集NEXT」だけで4,000問というボリューム!!

また、文法や単語に特化したレッスンもあります。

サト

数が多いだけではなく、TOEICと同じ形式の問題を使ったレッスンと、単語や文法を集中して鍛えるレッスンがあるわけですね。

スマホで見たときの表示は見やすいの?

TOEICを受けたことがあれば、こんな心配をするかもしれませんね。

サト

TOEIC形式の問題があるみたいだけど、スマホのアプリでちゃんと表示できるの?

……と。わたしもちょっと心配していました。

ですが、結論から言うと
スマホでの表示もバッチリなので安心して使えます!!

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

以降では、各Partの問題がどう表示されているか解説しています。じゃっかんマニアックなので飛ばして次の項目に行ってください(笑)。

リスニングセクション(Part1〜Part4)のスマホ表示

まず、リスニングセクション(Part1〜Part4)です。

「Part1」のスマホ表示

Part1は、写真について4つの説明文を聞いて、正しいものを1つ選ぶ問題ですね。

アプリではこんな感じになっています。

Part1の問題
Part1の問題

写真1枚と選択肢(A〜D)だけなので、スマホの画面でも全く問題なく表示できています。

「Part2」のスマホ表示

Part2は、質問(1つ)と3つの返事を聞いて、正しい返事を1つ選ぶ問題です。

Part2の問題
Part2の問題

質問も返事も音声だけの(文字がない)問題なので、こちらもまったく問題なく表示できています。

「Part3」のスマホ表示

Part3は、会話を聞いて複数の質問に答える問題です。

アプリでは質問が1度に1問しか見られません。

Part3の問題
Part3の問題

ですが、質問の部分を左右に動かすことで設問を1問ずつ読むことができるようになっています。

「質問の部分」は、次の写真の赤い四角のところですね。

スワイプできるところ
左右に動かせるところ

動かすと、次の写真の通り、次の質問が出てきます。

次の質問が見られる
次の質問が見られる

さっきの写真とは、質問も選択肢も変わっていますね!

「Part4」のスマホ表示

リスニングセクション最後のPart4です。

ここでは、アナウンスやナレーションを聞いて、複数の質問に答えます。

Part4の問題
Part4の問題

Part3と同じように、質問は1度に1問しか読めないのですが、質問の部分を左右に動かすことで次の質問を読むことができます。

リーディングセクション(Part5〜Part7)のスマホ表示

ここからはリーディングセクション(Part5〜Part7)のスマホ表示を紹介します。

「Part5」のスマホ表示

Part5は、短文の穴埋めです。

Part5の問題
Part5の問題

短文だけあって、質問も選択肢も1画面に入っています。

全く問題なしですね。

「Part6」のスマホ表示

Part6は、長文穴埋め問題です。

Part6の問題
Part6の問題

さすがに長文なので、1画面に本文と質問+選択肢を表示させるのはキツイ……。

でも、心配ご無用です。上の写真の「問題を開く」をタップすることで、質問と選択肢を見ることができます。

質問と選択肢が見られる
質問と選択肢が見られる

当然ながら、上の画像のように質問と選択肢の分、本文の表示が少なくなってしまいます

ですが、本文のところ(下の写真の赤い四角のところ)を上下に動かすことで、読みたいところが読めるようになっています。

本文のところはスワイプできる
上下に動かせるところ

ちょっと上に動かしてみた(スクロールしてみた)のが、次の画像です。

上に動かして続きが見られる
上に動かして続きが見られる

長文でもうまくスマホから見られるように工夫されていますね!

あ、そうそう。質問は複数あるのですが、Part3・Part4同様、質問の部分を左右に動かすことで1問ずつ確認できます。

「Part7」のスマホ表示

最後のPart7は、長文読解問題です。

本文について、複数の質問に答える問題ですね。

Part7の問題
Part7の問題

こちらもPart6と同じく、設問と選択肢を表示させたり消したりすることができます。

質問と選択肢を表示
質問と選択肢を表示

質問と選択肢の確認も、左右に動かすことで可能です。

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の各レッスンの特徴

TOEIC形式の問題がちゃんと表示されることを確認したところで、次は、各レッスンの特徴をご紹介しましょう。

レッスンは、次の8種類でした。

レッスンの種類

  1. パーフェクト講義 
  2. 実戦問題集    
  3. 実習問題集NEXT 
  4. TEPPAN英単語  
  5. 基礎講座 ・基礎英単語
  6. パーフェクト講義・英文法編   
  7. 基礎講座 ・基礎英文法   
  8. 1分クイズ  

パーフェクト講義

まず、パーフェクト講義です。

このレッスンは、次のような構成になっています。

「パーフェクト講義」の構成

  1. TOEIC全体の概要と学習法(動画) 
  2. 各Partの概要と学習法(動画) 
  3. 例題
  4. 演習

1つずつ見てみましょう。

1TOEIC全体の概要と学習法(動画)

問題を解く前に、TOEIC自体がどんな試験なのか、どう学習すればいいかを動画で学ぶことができます。

「どう学習すればいいか」には、このアプリのレッスンをいつ、どんな順番で受ければいいかも入っています!

スケジュールなども教えてくれる
スケジュールなども教えてくれる
サト

ここで学べるレッスンは8種類もあるのですが、どう使えばいいか悩まずすみますね!!

2各Partの概要と学習法(動画)

また、各Part(Part1〜Part7)がどんなものか、どう学習すればいいかも動画を見ればバッチリです。

こちらはPart1の概要。

Part1の概要
Part1の概要

上の画像のように、先生が黒板の前で板書つきで説明してくれますよ。

3例題

例題では、Part別・パターン別に徹底した対策が可能になります。

たとえば、TOEICのPart 3は、会話を聞いて、質問に答える問題です。

このアプリでは、次のようにPart 3の問題がパターンで分かれていますよ。

Part3の8パターン

  1. スケジュール変更
  2. 会社同士のやりとり
  3. 申し込み、予約、依頼
  4. お店とお客のやりとり
  5. 社員同士のやりとり
  6. 3人の会話
  7. 意図問題(発言者の意図を聞く問題)
  8. 図表問題(図や表がある問題)

パターン別に、しっかり対策を練ることができるわけですね。効率がいいやり方です。

こちらは実際の問題です。

Part3「スケジュール変更」の例題
Part3「スケジュール変更」の例題

また、他の問題集と同じように、問題を解いたあとには「解説」があります。

解説は文字だけの場合と動画の場合がありますよ。

動画による解説
動画による解説
サト

この動画がまた、わかりやすいんですよ。

それもそのはず、解説を担当しているのは、関正生先生

先生は、『世界一わかりやすいTOEIC®テストの授業』『世界一わかりやすい英文法の授業』など英語の著書をたくさん出されています。

百聞は一見にしかず。動画を見てみましょう。

こちらは、リスニング問題の解説動画です。リスニングの場合は、ポイントになる部分がどう聞こえるか、解説してくれます。

サト

すごくわかりやすいですよね!

また、解説を見たらそれで終わりではありません。

問題文のディクテーション(書き取り)やシャドーイング、音読などの練習を通じて、問題文をとことん使って学習を進めることができます。

以下は、ディクテーションの問題です。

ディクテーションの練習
ディクテーションの練習

問題文を聞いて、聞いたとおりタイプします。リスニング力を上げるのに効果的な練習ですね。

以下はシャドーイングの練習(英語を聞いて、追いかけるように口に出す練習)。

シャドーイングの練習
シャドーイングの練習

100万語シャドーイングすると、いわゆる「英語ペラペラ」のレベルになると、とある本で読んだことがあります。

このシャドーイング、電車などで声が出せない場合は、口パクや頭の中で言う練習でもOKです。

また、こちらは音読の練習です。時間制限がある中で音読をしていきます。

音読の練習
音読の練習

こうして見ると、問題を解くだけでなく、骨までしゃぶりつくしている感じですね。

サト

TOEICで点を取る力だけではなく、実際の英語力も鍛えることができます!!

4演習

最後の演習ですが、流れは例題と同じです。

問題数が多くなっているので、例題で学んだことをここで生かしましょう!!

実戦問題集・実戦問題集NEXT

次に「実戦問題集」と「実戦問題集NEXT」です。

この2つ、内容は同じなのでまとめてご紹介します。

実戦問題集と実戦問題集NEXTはそれぞれVol.1からVol.10までありますよ。

実戦問題集
実戦問題集

各「Vol」に、なんと200問もの問題が収録されています。

しかも、Part1からPart7まで、TOEICの本番と同じ形式なんです。

パーフェクト講義がパターン別に分かれていたのに対して、実戦問題集ではあくまで実践力をつけるためのもの。だから本番と同じ形式になっているんですね。

と言っても、200問を一気に解く必要はありません。

サト

各「Vol」は54レッスンに分かれているので、スキマ時間でも学習できますよ!

次の画像では、レッスン1がPart1のQ1〜3、レッスン2がQ4〜6と、細かく分かれています。

1レッスンの問題数は少ない
1レッスンの問題数は少ない

また、各問題には文字や動画による解説つき。動画には、すっかりおなじみ(?)の関先生が登場しますよ。

関先生による解説
関先生による解説

さらに、問題文を使ったディクテーションやシャドーイング、速読などの練習もあります。

前項の「パーフェクト講義」と同じく、問題文を使えるだけ使っているわけですね。

TEPPAN英単語

それから、TEPPAN英単語です。

ここでは、TOEICの頻出単語1500語を、4択早押しクイズで楽しく学ぶことができます。

4択問題
4択問題

答えをタップすると、その瞬間に答えがわかります

正解の場合は大きな○印と、「ピンポーン」という効果音も出ますよ。

○印
○印

1回分は10問なので、スキマ時間での学習にもピッタリ。

目標600点/730点/860点/990点と、レベル別に分かれているのもありがたいポイントです。

これが難しく感じる場合も、次にご紹介する「基礎講座 ・基礎英単語」というレッスンがあるので安心です。

基礎講座・基礎英単語 

TEPPAN英単語が難しいと感じたら、まずは基礎講座・基礎英単語から始めることもできます。

この基礎英単語だけで1,000語以上の単語が収録されていますよ!

形式はTEPPAN英単語と同じです。

基礎英単語も4択早押し
基礎英単語も4択早押し

パーフェクト講義・英文法編

また、英文法が学べる「パーフェクト講義・英文法編」というレッスンもあります。

このレッスンの特徴は、中学高校で学ぶ英文法を、TOEICの問題を使って学ぶことができることです。

学べる文法項目は、次の通り。

学べる項目

  • 時制
  • 仮定法
  • 助動詞
  • 動名詞
  • 分詞
  • 受動態
  • 関係詞
  • 比較……ほか、全16項目

学ぶ手順は、次の通りです。

学ぶ手順

  1. チェック問題
  2. 解説動画
  3. 問題演習

手順を少し詳しく見ていきましょう。

1チェック問題

チェック問題は、TOEICと同じ形式です。

チェック問題
チェック問題

チェック問題ができれば、次の文法項目に進めばOK。チェック問題は3問しかないので、さほど時間もかかりません。

逆に自信がない場合には動画を見て、問題演習に取り組みましょう。

2解説動画

解説動画は、関先生のご担当です。

関先生の解説
関先生の解説

安定のわかりやすさで安心です!!

3 問題演習

問題演習(全10問)も基本的にTOEICと同じ問題形式です。

ですが、10問中最初の5問は2択問題。ここはTOEIC(3択か4択)と違う点です。

2択問題も
2択問題も

はじめはやさしい問題を解いていき、最後の5問で総仕上げというイメージですね。

サト

効率的にしっかり復習できますね!!

基礎講座 ・基礎英文法

文法を学べるレッスンには、「基礎講座・基礎英文法」というものもあります。

前項の「パーフェクト講義・英文法編」はTOEIC受験を前提とした文法のレッスンでした。

それに対し、この「基礎講座・基礎英文法」は、TOEICに関係なく、英文法というものをゼロから学べるレッスンです。

学べる項目は「パーフェクト講義・英文法編」とほぼ同じ。

学ぶ手順は全く同じですが、問題は下の画像のようにTOEIC形式ではありません

問題はTOEIC形式ではない
問題はTOEIC形式ではない

また、動画にイラストがたくさん使われているのも、「パーフェクト講義・英文法編」と違う点です。

イラストが多い
イラストが多い

1分クイズ

最後に、毎月2回更新される「1分クイズ」というレッスンがあります。

毎月2回更新
毎月2回更新

このレッスンでは、すぐ使えそうな英語を学べます。

すぐ使えそうな英語が学べる
すぐ使えそうな英語が学べる

1レッスン1問で早押し。レッスンを10秒以内で終わらせることも可能かも!?

10秒以内で終わらせるのも夢じゃない
10秒以内で終わらせるのも夢じゃない

TOEIC対策に疲れた場合の、ちょっとした息抜きにオススメです。

この記事では、英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」の特徴、そして良い点や悪い点をまとめました。

続けやすくて、わかりやすい上、TOEICで点を取る力と、実際に英語を使う力もつく。

ぜひ、お試しください!

無料体験もできますので。

無料体験はこちらから

スタディサプリを試す

登録・解約も簡単!
7日間の無料体験!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強アプリのカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: サト
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?