Audibleは英語学習に活用できる? 実際に試してみた

サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

Amazonの「Audible(オーディブル)」というサービスがあります。

かんたんに言うと、本の朗読をしてくれたデータを聞けるサービスですね。

Audibleのトップページ
Audibleのトップページ

これは「英語の勉強に最適そう!」と思ったので、実際に試してみました。

今回は、Audibleを英語の勉強で使うときの良い点、悪い点をまとめます。

【追記】こんな6,000円分の英語教材も無料で試せる!

現在(2020年5月)のところ、こんな6,000円もする英語教材のセットが
無料体験の間でも試せます!

アルクの『究極の英語リスニング 5本セット』が無料で?!
アルクの『究極の英語リスニング 5本セット』が無料で?!

英語教材で有名なアルクの『究極の英語リスニング 5本セット』ですが、本来なら6,000円もするリスニング教材ですよ、コレ!

サト

無料で聴けるなんて、太っ腹すぎる!

Audibleは気に入らなければいつでも解約できるので、とりあえず試してみるのをオススメです。

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

オーディオブックサービスの「Audible(オーディブル)」について

Amazonの「Audible」はオーディオブックサービスです。

Audibleのアプリの画面
Audibleのアプリの画面

ではまず、「オーディオブック(ボイスブック)」ということばについて説明させてください。

オーディオブック(ボイスブック)とは?

「オーディオブック(ボイスブック)」は、「本の内容を朗読 → 録音」した音声ファイル」です。

がまくんとかえるくん(Frog and Toad)
がまくんとかえるくん(Frog and Toad)

上の画像のように、「再生ボタン」があって、それをタップすると音楽と同じように「本の朗読」が流れます

書籍を朗読したデータを「耳で読む」

つまり「本の内容を朗読してくれたデータ」で、読まなくても、耳からその内容を聞けるというものですね。

たとえばこちらは、ハリーポッターのオーディオブックですが、再生時間が30時間もあります。

30時間もある
30時間もある

本当に、書籍をすべて「朗読」してくれているので、めちゃくちゃ収録時間が長いということです。

サト

「聴く本」なので、制作にも時間と手間がかかりますよねー、コレは!

ちなみに「ボイスブック」という呼び方もありますが、この記事では「オーディオブック」という言葉を使っていきます。

アメリカなどでは一般的な媒体

アメリカなどでは割と一般的で、わたしも昔、オーディオブックのCDを買ったことがあります。

今はスマホのアプリで聞くのが主流なので、CDではなくて、まさに「ファイル」ですが。

人気書籍のオーディオブックは日本版も英語版も充実
人気書籍のオーディオブックは日本版も英語版も充実

日本だと、「Audible」の他に、「audiobook.jp(オーディオブック・ジェイピー)」なんかも有名どころです。

Audible(オーディブル)の特徴

では、「Audible(オーディブル)」の特徴をまとめてみましょう。

Audibleの特徴

  • Amazonのサービス
  • オーディオブックが40万点もある
  • 無料体験でオーディオブックが1点まるまる聞ける
  • 1ヶ月の無料体験終了後は月会費1,500円コインが1つもらえる
  • コイン1つでオーディオブック1点買える
    (定価がコイン1つ=1,500円より高いものもOK!)
  • 買った本は返品もできる(有料会員のみ)
  • コインを使った後も、30%オフの価格でオーディオブックを買える
  • 追加料金がいらない本もある
  • オーディオブックは全てサンプルが聞ける

Amazonのサービスではありますが、Amazonプライムとは別サービスで、料金も別にかかります。

月額料金は1,500円

気になる料金ですが、Audibleと契約すれば、毎月月額料金として1,500円がかかります。

スマホから見たAudibleの画面
スマホから見たAudibleの画面

注意したいのは、この月額料金を払えばオーディオブックが聴き放題……という意味ではないこと。

かんたんに言うと、Audibleの商品を安く買えるという特典が基本になります。

会員になると商品を「30%オフ」で買える

会員になって毎月1,500円を課金すると、Audibleの商品が30%オフで買えるようになります。

こちらの画像をご覧ください。

「コイン」かお金を払うことでゲットする
「コイン」かお金を払うことでゲットする

真ん中にある3つのボタンの上にこんなふうに書かれています。

価格:¥6,000
会員価格:¥4,200
またはコインで購入

オーディオブックはAmazonでふつうに買えるのですが、その正規価格から30%OFFで買えるという特典ですね。

「コイン」についてはすぐ下で紹介します。

会員は毎月「1コイン」がもらえる

上で見た画像のなかに「コイン」という表記がありましたが、これはどういう意味でしょうか?

「コイン」かお金を払うことでゲットする
「コイン」かお金を払うことでゲットする

1コインで購入とありますが、じつはAudibleの会員は、毎月「1コイン」がもらえます

そのコインで何ができるのかというと、「1コイン」で1つのオーディオブック商品を買えるのです。

サト

つまり、会員になって月額1,500円を払うと、毎月1商品は無料でもらえるということです!

もちろん、2冊目からはお金が必要になります(会員価格で買えますが)。

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

Audibleの良い点

では、実際にわたしが「Audible」を英語学習に利用してみて思ったことをまとめてみます。

「日本語の小説を楽しむ」などではなく、あくまで「英語学習を目的とした場合」の感想です。

ちなみにオーディオブックを聴くときには、Audibleのアプリを使いますよ。

iOS版

Android版

英語関連の本が多い

Audibleの良い点は、英語関連のオーディオブックが多いことです。

たとえば「audiobook.jp」のオーディオブックと比べてみましょう。

「英語」で検索すると、次の通りの結果が出てきました。

「英語」と検索したときの検索結果
audiobook.jp 892点(すべて和書)
Audible 349,905点(うち洋書 349,239点)
サト

Audible、35万点て……もはや異次元です。

35万点の中身は、ほぼ洋書。英語だけで書かれた本ですね。

子どもの読み聞かせにも使える

Audibleの朗読は、スマホの音声読み上げとは違いひとつひとつ手作りです。

プロが、感情豊かに読み上げてくれているんですよね。

そのため、英語の絵本の朗読にもピッタリです(ただし絵本は買う必要があります)。

子どもの絵本もいっぱい
子どもの絵本もいっぱい

ちなみに上の絵本は『はらぺこあおむし』の英語版ですが、サンプルをぜひ聞いてください。

素人ではこんなにうまく読めませんよ……。しかも英語だし!

こちらは日本の小学校の国語でも習う『がまくんとかえるくん(Frog and Toad)』。

がまくんとかえるくん(Frog and Toad)
がまくんとかえるくん(Frog and Toad)

品ぞろえが豊富なので、子どもに提供する英語環境としていいかもしれません。

オフラインでも聴き放題

Audibleのアプリを使えば、スマホでもタブレットでも聴けます。

サト

でもネットが使えないとダメなんじゃ?

大丈夫です! Audibleに契約していれば、オーディオブックをダウンロードでき、オフラインでも聴きまくれます

ダウンロードすればネットのない環境でも聴ける
ダウンロードすればネットのない環境でも聴ける

上の画像はAudibleのアプリの画面ですが、購入したオーディオブックの画像をタップするだけでダウンロードできますよ。

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

音声スピードを変更できる

英語の勉強として使うときに気になるのが、英語のスピード。

ナチュラルスピードが速すぎてどうしようもない場合は、スピードを下げて聴くことも可能です。

左下に常に「再生速度」のマークが

オーディオブックを聴いているときに、左下に「再生速度」のマークが常にあります

左下には「再生速度」のマークが常にある
左下には「再生速度」のマークが常にある

ここをタップすると、かんたんに音声スピードが変えられるんですね。

音声スピードを変更できる
音声スピードを変更できる

逆に、スピードが遅くてかんたんすぎる場合もスピードを上げられるというわけです。

「巻き戻し」機能も便利

あと「30秒前に戻す」「30秒後に飛ばす」という機能もついているので便利です。

左下には「再生速度」のマークが常にある
「30秒前に戻す」「30秒後に飛ばす」という機能も

上の画像の「再生ボタン」の左右にあるボタンがそうですね。

このボタンですが、初期設定では「30秒」になっていますが、英語教材として使う場合は「10秒」に設定し直すのをオススメします。

Audibleアプリでのやり方はこちらになりますよ。

設定の仕方

  1. 右下の「プロフィール」アイコンをタップ
  2. 右上の「歯車アイコン」をタップ
  3. 「再生画面」をタップ
  4. 「秒で設定」をタップし指定

購入したダウンロードしたデータは残る

購入したダウンロードデータは、解約したとしても残ります。

英語関連のオーディオブックは多い
英語関連のオーディオブックは多い

これは当たり前といえば当たり前ですかね。

あくまでAudibleの特典は、オーディオブックを安く購入できることですから。

途中でほかの本を聴いても途中から聴ける

Audibleでなにかを聴いていて、途中で違うオーディオブックを聴きたくなることもありますよね?

そんなとき、ふつうなら「一番最初から」聴き直しになりそうですが、途中から聴けます

サト

前回聴いていたところが記録されるのです。

これはつまり、複数の端末で聴いていても同じで、iPhoneで聴いていたオーディオブックをiPadで聴いても途中から聴けます!

Audibleの悪い点

つづいて、Audibleの悪い点についてです。

「定額聴き放題」ではない

最初にかん違いしていたのですが、Audibleは月額料金で聴き放題ではありません

月々の1,500円で、追加料金なしでゲットできるのは毎月1作品だけです。

「コイン」かお金を払うことでゲットする
「コイン」かお金を払うことでゲットする
サト

Audible会員は毎月「1コイン」がもらえ、それで1作品を買うというシステムですね。

ふつうに購入すると高価な「オーディオブック」が30%オフで買えるというのがAudibleの基本です。

サービスを解約してもそのデータは消えないことは、ふつうの月額サブスクとの違いです。

どの商品も「サンプル」で1分間聴ける

オーディオブックを購入する前に、サンプルが聴けます。

これが、書籍(オーディオブック)によっては10分以上聴けます。

がまくんとかえるくん(Frog and Toad)
がまくんとかえるくん(Frog and Toad)

上の画像の「残り時間」が「9分35秒」になっていますよね? これ「サンプル」ですよ。

つまり、購入するにしてもじっくりと吟味できるという意味です。

Audibleは「定額」聴き放題じゃないのですが、オーディオブックがまだマイナーなうちは仕方がないのでしょうね。

スクリプトがない

もう1つの悪い点はスクリプトがないことです。

サト

つまり音声を文字にした「台本」を見られないということ。

そのため、耳で聞いて「あれ? 今の単語、なんて言ったんだろう?」と思っても、スペルの確認ができません

子どもの朗読としても最適と書きましたが、絵本は自分で購入する必要がありますね

子どもの絵本もいっぱい
子どもの絵本もいっぱい

そもそも、書籍を読む時間がない人に向けて耳から情報を得るためにオーディオブックはできました。

つまり「書籍読めるんだったら読んだらいいのでは?」なので書籍はつかないのでしょうね(1冊が高くなるし)。

Audibleアプリから購入できない

そして、Audibleアプリから購入できない問題です。

購入は公式サイトからしかできない
購入は公式サイトからしかできない

これは不便なので、改善を急いでほしいですね……。

つまり、聴くのはAudibleアプリですが、購入するときはいちいちAudibleのWEBサイトから買わなければなりません

アプリで見ると、こちらのようにウィッシュリストに追加というボタンしかありません。

「ウィッシュリストに追加」ボタンしかない
ウィッシュリストに追加ボタンしかない

英語の勉強でAudibleを活用する方法

では、最後に英語の勉強でAudibleを活用する方法を紹介しますね。

リスニング教材

まずは、リスニング教材としての使い方です。

Audibleには、英語教材として有名なアルクの商品がいっぱいあるので、試してみるのをオススメします。

アルクのリスニング教材も豊富です
アルクのリスニング教材も豊富です

料理をしながら、車を運転しながらかけ流すだけでも有意義です。

とくにオススメなのは5つがセットになっている教材

アルクの『究極の英語リスニング 5本セット』が無料で?!
アルクの『究極の英語リスニング 5本セット』が無料で?!

6,000円もするのに、無料で試せますからね……。

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

ちなみに、『DUO 3.0』もAudibleで音声データ化してくれるといいのですが。

多聴

教材ではなく、洋書を活用して「多聴」という学習方法があります。

「多聴」とは、「聞いてわかるレベルの英語」を「おおまかな内容をつかむために」聞きまくる……という勉強法ですね。

外国語を習得するには、わかるレベルのものをたくさん聞いたり読んだりすること(インプット)が大切。

日本語で読んだあの名著を英語バージョンで聴くものいいですね。

たとえば、『金持ち父さん 貧乏父さん(Rich Dad Poor Dad)』とか、

金持ち父さん 貧乏父さん(Rich Dad Poor Dad)
『金持ち父さん 貧乏父さん(Rich Dad Poor Dad)』

7つの習慣(The 7 habits of Highly Effective People)』とか、

『7つの習慣(The 7 habits of Highly Effective People)』
『7つの習慣(The 7 habits of Highly Effective People)』

影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか(Influence: Science and Practice)』とか!

『影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか(Influence: Science and Practice)』
『影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか(Influence: Science and Practice)』

一度日本語で読んでいる場合、内容もわかっているので、聞きやすいと思います。

シャドーイング

さらにシャドーイングをするのもオススメです。

シャドーイングは話す練習になり、英語を話す筋肉を鍛えてくれますよ。

ディクテーション

耳で聞いたものを紙に書き出す「ディクテーション」をするのも勉強としてオススメです。

難しいときは音声のスピードを落とせるのもAudibleのよいところですよね。

この記事では、オーディオブックのサービスである「Audible」をご紹介しました。

前述したように、今ならアルクの教材5冊セットというオトクなオーディオブックもあります。

初回の無料プレゼントとして手に入るので、「とりあえず」という軽い気持ちで始めるのをオススメです!

無料で1冊分を試せる!

Audible 無料体験

無料体験が終わっても月額1,500円
いつでも解約できます!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強法のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: サト
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?