英語を勉強する時間がないなら優先順位を上げる! 1日の中に勉強時間を確保せよ!

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

「英語の勉強をしないと!」と思っている人、多いですよね。

そして、こういうセリフが続く方がすごく多いのも現実……。

誰かさん

でも、
仕事が忙しくて勉強する時間が……。

今回はそんな言い訳をしている方にぜひとも読んでほしいです。

だって、英語の勉強をする時間24時間の中で優先的に取ればいいだけですから!

仕事や家事で忙しい!

現在の日本で働いていたら、毎日忙しいですよね。

いえ、日本というか、地球上にいたら忙しいのが基本です。

細かく書くとキリがありませんが、大ざっぱに言うとこの当たりでしょうね。

忙しい理由は?

  • 学校
  • 仕事
  • 家事
  • 子育て
  • 介護

仕事が忙しくて英語の勉強に時間を取れないんだよねぇ……」という言い訳はそこらじゅうで耳にします。

すべての人は平等に1日24時間である

では、当たり前すぎることを言いますよ。

すべての人に与えられた時間は24時間なんです。

ヨス

お金持ちだからといって、権力があるからと言って、この時間を25時間に増やすことはできません。

じゃあどうすればいいのでしょうか?

英語の時間を優先的に取るしかありません。

ムダに使っている時間が必ずある

「英語の時間を優先的に取る」と言われても、「いやいや、そんな時間取れないよ!」と言われるかもしれませんが、本当でしょうか?

こんなことに時間を使っていませんか?

ムダな時間

  • スマホをいじっている時間
  • テレビを見ている時間
  • ソファーでまったりしている時間
  • 飲み会に行っている時間
スマホをいじりながら「あー、いそがしい」と言っている図
スマホをいじりながら「あー、いそがしい」と言っている図

もちろん、気を抜く時間も大切だと思いますが、こういう時間をなんとか英語の勉強に使えないのでしょうか?

「英語の勉強に使う時間」を優先的に確保する

そのためには、生活の中での英語の優先順位を上げる以外に方法はありません。

そして、それを実行するためには、24時間の中でまず英語の勉強に使う時間を優先的に確保しておくことがカギとなります。

たとえば、朝5:00に起きて、出勤前の2時間を英語の勉強に当てるとか。

ヨス

まぁ、ここで5:00に起きてSNSをいじっているのでは意味がありませんが……。

とにかく、その時間は英語の勉強だけに集中するのです。

オンライン英会話で強制力をUP

さて、英語の勉強をするために時間を決めるというお話ですが、さらに効果的なものがあります。

それはオンライン英会話です。

オンライン英会話のレッスンの時間を、毎日決めておいて「予約」しておくのです。

そうすることで「その時間は英語から逃げられない」という状況にしておくと、イヤでも勉強をしなければなりません。

以前、英語の勉強には場所を決めるのが良いというお話もしましたが、同じですね!

適度な束縛は、何かを成し遂げたいときには強い効力を発揮してくれますから♪

さて、今回は英語の勉強をする時間がないなら、優先的に英語の勉強のための時間を作ろうというお話でした。

実はコレ、多くの人が気づいていると思うんですけど、実行する人が本当に少ないんです。

だからこそ、英語の勉強にしても、なんにしても継続できないのですが。

先ほども紹介しましたが、オンライン英会話は英語の勉強モードになれるので、1人でやるよりも絶対にオススメですよ。

こちらから自分に合ったオンライン英会話をお探しくださいね。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強法のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"