カランメソッドって何? スピーキングを鍛える初心者向けの英語練習法

サト

こんにちは、インドネシア在住日本語教師のサトです。

今回は、オンライン英会話で話題の「カランメソッド」という英語学習法についてまとめました。

カランメソッドとは?

「カランメソッド」についてまとめてみると……

  • ロンドンで誕生し50年以上続いている
  • 徹底的に反復するよう設計された特訓法の英語学習法
  • 他の学習方法と比べ1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できる(実証されている)

なんかすごそうですね(QQ Englishのサイトを参考にしました)。

ちなみに「ケンブリッジ試験」というのは、ケンブリッジ大学が実施している英語の試験のことだと思われます。

「と思われます」と書きましたが、ケンブリッジ試験、というのは正式名称ではないみたいなんです。

Googleで検索してもヒットしないし、Wikipediaでも「ケンブリッジ大学英語検定機構」という、主催者のページしかありませんでした。でも、なんか権威がありそうですね。

カランメソッドの公式サイト

カランメソッドの公式サイトもあるので、ちょっと見てみました。

が……

カランメソッドで学習すると、爆速で英語を習得できます! 楽しいし、レッスンではずっとリスニングとスピーキングを練習するので、スピーディーかつ効果的に英語を学習できます。このため、世界中で人気があります!

「カランメソッド公式サイト」の説明を翻訳したのですが、ざっくりした説明しかありませんでした。

カランメソッドの公式サイト
カランメソッドの公式サイト

カランメソッドは世界中で人気?

ちなみにカランメソッドは世界中で人気があるとのことですが、同サイトを調べた限りでは、提携校は世界26か国、195校(2017年12月現在)。

下の写真を見る限りでは、 50か国以上で展開しているはずなのですが……。

カランメソッドは世界中で人気がある
カランメソッドは世界中で人気がある?

そして、195校中、だいたい半数の93校がブラジルに集中。日本は3校で、うち1校がネイティブキャンプで、QQ Englishはフィリピンでの登録でした。

まあ、知名度はともかく、本当に楽しくて効果が上がるのならそれに越したことはありません。

カランメソッドのルール

カランメソッドにはいろいろルールがあります。そのうち、わたしが特に特徴的だなあ、と思ったものを3つご紹介します。

1レッスン中はテキストは見ない

カランメソッドは、レッスン中はテキストは見ないという前提です。

聞く練習と話す練習に特化していると言えますね。

サト

ほんならテキストいらんのちゃう?

……とちょっと思いましたが、復習に必要だと思います。聞いて話すだけだと、あと何にも残らないので。

ついでに言うと、矢継ぎ早に質問が来るので、書く暇もほぼありません

2「フルセンテンス」で答える

カランメソッドでは、「フルセンテンス」で答えることもルールとして決められています。

先生

(ペンのイラストを指差して)Is this a pen? Is this a pen?

サト

Yes, it is.

と答えようものなら、即座に突っ込まれます。

カランメソッドでの正しい回答は……

サト

Yes, it’s a pen.

というふうに、省略せずに言わなければなりません。

自然なコミュニケーションかどうかはわかりませんが、文法を理解する上では有効だと思います。

そもそもこのやりとり自体がコミュニケーションとしては不自然(ペンだとわかっているのに質問している)です。完全に英語を習得することに特化しているので、目をつぶりましょう。

3短縮形を使う

そして、文はフルセンテンスなのですが、文の中では短縮形(短い形)を使うことになっています! 頭ぐちゃぐちゃになってませんか? 私だけ?

先生

(短い鉛筆のイラストを指差して)Is the pencil short? Is the pencil short?

サト

Yes, the pencil is short.

と答えると、突っ込まれるわけです。

サト

Yes, the pencil's short.

つまり、「the pencil is」を短くして、「the pencil’s」にしないといけないのですね。

これはネイティブスピーカーの会話で短縮形が多用されるため、最初から聞き取れるようになれるのが目的です。

カランメソッドを受けてみた感想

というわけで、ネイティブキャンプのカランメソッドを試してみました。

「カランメソッド」を受けてみる
「カランメソッド」を受けてみる

個人的にはカランメソッドは「合わなかった」

たとえば、ボールペンか何かを指差して……

先生

これは何ですか?

サト

ボールペンです……(見たらわかるやん!)

先生

サトさんが今着ているTシャツ、私のですか?

サト

いいえ、これは私のです……(そらそうやろ!)

このようなQAの繰り返しでした。先生もわたしもすでにわかっていることについて質問され、わかりきった答えを返す

あくまで個人的な感想になりますが、練習のためにコミュニケーションするというのは合いませんでした。

カランメソッドのメリット・デメリット

実際にカランメソッドを受けてみて、メリットとデメリットをまとめたいと思います。

1カランメソッドのメリット

まず、カランメソッドのメリットをまとめてみます。

  • たくさん話すことができる
  • スピード感があるので場数が踏める
  • 反射神経を鍛えられる

その中でも特筆すべきはスピーディーなやりとりで時間いっぱい話すので、口の筋肉が鍛えられることです。

言語を話すときにうまく口が動かないのは、「その言語で使う筋肉が発達していない」ことが原因です。そういう意味では英語の初心者には向いています

サト

たとえるなら、カランメソッドは「筋トレ」です。

筋トレ自体は走ったり、跳んだりといったパフォーマンスを高めるためのもので、最終目的ではないですよね(スポーツテストや、ボディービルディングは除きますが)。

最初は大変でも、慣れてきて「成長できた!」と実感できると、筋トレ自体が楽しめるようになってきます。

2カランメソッドのデメリット

お次はカランメソッドのデメリットですが、ズバリ生きたコミュニケーションではないことです。

あくまで練習のためのコミュニケーションであって、先ほども言った「筋トレ」と同じです。

以前、日本語の授業の進め方について研修を受けたとき……

コミュニケーションが成り立つには、自分と相手の間に情報の差がないといけない。

……ということを教わりましたが、このカランメソッドにはそれが欠けていると言えます。

どんなレッスンなのか、イメージがわかない、という方は動画もどうぞ。

さて、今回紹介した「カランメソッド」ですが、やってみないと合うかどうかわかりません。

オンライン英会話で無料体験することを、心からおすすめします。

QQ Englishが有名なのでぜひやってみてください。なんてったって無料ですからね!

QQ English 公式ページ

ネイティブキャンプでは4,950円/月 + オプション200円/回で受けられます。

ネイティブキャンプ公式ページ

いずれもオンラインのマンツーマンレッスンです。

ネイティブキャンプだと、カランメソッド以外の英会話レッスンなら受け放題。カランメソッドで勉強したことを、「フリートークで試す」なんてことも可能です。

ちなみにカランメソッド公式サイトで受講すると、月額は3万円を超えてしまいます。

教材費はどこも同じで、eBookだと1冊1,250円程度です。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: サト
学生時代にインドネシア語を専攻、留学も経験。また、受験英語好きが高じ、かつてはTOEICで955点をマーク。しかし、近年は日本語教師としてインドネシアにおり、英語を話そうとするとインドネシア語が出てくる始末。そんな自分のことは棚に上げて、地の利を活かし、主にインドネシアで使われている英語を題材として取り上げていきます。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?