父の日(Father's Day)っていつ? アメリカでは何をする?

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

5月の母の日が終わると、次は6月に「父の日(Father's Day)」がやってきますね。

日本と同じく、アメリカでも「父の日」はあります。

では今回は、アメリカの父の日ってどのような感じなのかをまとめました。

「父の日(Father's Day)」はいつ?

アメリカの「父の日」も、日本と同じ、6月の第3日曜日です。

日本もアメリカも、
父の日
  ↓
6月の第3日曜日!

元々は「母の日(Mother's Day)にならって作られた日ですね。

カードを贈る習慣があるアメリカでは、5月の「母の日」が終わると、お店のカード売り場は、すぐに「父の日」用のカードがお目見えします

「父の日」が6月にある理由ですが、「母の日」が5月だから、翌月の6月なのかと思いきや、違うようです。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1](Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。

父の日 - Wikipediaより引用しました。

「父の日」の発端となったドッドさんのお父さんの誕生日が6月だったことが発端のようです。

日本、アメリカと同じ日が父の日の国を調べてみるとたくさんの国がありました。

  • 中国
  • インド
  • シンガポール
  • カナダ
  • イギリス
  • フランス
  • アイルランド
  • ペルー
  • メキシコ
  • アルゼンチン
  • パラグアイ

これらの国は一部を抜粋していますが、中国などのアジアの国、ヨーロッパの国、そして南米の国々に、「父の日」が日本と同じ日のところが多いみたいですね。

カトリック系の国(イタリア、スペインなど)では、3月19日の聖ヨセフの日が「父の日」なんだそうです。

台湾の「父の日」は8月8日で、理由は「お父さん」を表す言葉「爸爸」の発音と「八八」の発音が似ているからだそうです。日本語の語呂合わせに似ていますね!

ブラジルの「父の日」は母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日だそうで、だいぶ離れていますね。

「父の日」は誰が対象?

「父の日」というと、お父さんに日頃の労をねぎらい、お祝い(感謝)する日ですが、

自分がねぎらう相手はというと、日本では「自分の父親」か「義父」のみが対象になるイメージではないでしょうか。

ところが、アメリカでは、「母の日」同様で「父親である人」全員がその対象になります!

参考: Mother's Day(母の日)はいつ? アメリカでは何をするの?

タカコ

つまり、自分の父親や義父はもちろん、もし、自分が母親なら、父親である夫も対象になります。

また、自分の兄や弟が「父親」なら、お祝いしてもいいですし、義兄や義弟も同じですね。

父の日に家族が集まったときに、みんなで「Happy Father's Day!!」と、父親である人全員を一緒にお祝いすることもできます。

「父の日」のお祝いには何を?

「父の日」の対象が自分の父だけじゃないと聞くとこんなふうに思われるかもしれません。

タカコ

えぇ! アメリカだと、そんなに広範囲にお祝いしなければならないの? めんどくさ……(困)

でも大丈夫です。「絶対にギフトを用意してお祝いしなければならない」というわけではありません!!

「父親」である人なら、「だれでも日頃の労をねぎらってお祝いしてもいい」という意味で、「称えられる対象になる」という意味です。

私が通っている教会では、「父の日」には、こんな光景を目にします。

神父さんが「父親である方はご起立ください」と言い、ほかの人は拍手をして、その立ち上がった人たちを称えます。

立ち上がっている人を見ると、当然、若いお父さんもいれば、おじいちゃんもいます。

お店のカード売り場を見ていると「like Father」宛のカードも売られているので、「父親のような存在」の人にも同じようにお祝いするようです。

自分にとって、その人が父親のような人なら、お祝いすればいいんですね。

タカコ

感謝の気持ちを伝えるのは、自分の気持ち次第ですし、感謝の気持ちを伝えられて嫌な気持ちになる人っていませんから。

「父の日」のギフトはどんなものがいいの?

では、もしギフトを贈るなら、どんなものがいいのでしょうか?

最も一般的なのは、「父の日おめでとう!」と書かれた紙のカードです。

お店には父の日のカードがずらり
お店には父の日のカードがずらり

この時期になるとお店には父の日のカードがずらりと並びます。

お祝いしたい人が近くに住んでいれば、当日会いに行って手渡しもしますが、遠くに住んでいる場合は、郵送します。

「DAD(お父さん)」の言葉が並ぶ
「DAD(お父さん)」の言葉が並ぶ

「お父さん/お母さん」は「father / mother」じゃない」でも書きましたが、「Dad」と書いているカードが多いです。

また、会いに行けなければ、「Happy Father's Day!!(父の日、おめでとう!)」と、電話をかけることもよくあります

タカコ

普段なかなか話さなくても、何かの機会に連絡を取り、感謝の気持ちを伝え、近況も報告するというのは、いいですね。

「父の日」にカード以外に贈るとしたら?

日本で、カード以外の父の日のギフトというと、バラの花を贈る習慣がありますよね。

ほかにも衣料品やファッション小物、お酒好きの男性には、ビールや焼酎、ウィスキーなどが人気でしょうか。

では、アメリカでは何を贈るのでしょうか? 実は、母の日もそうですが、日本ほどお金をかけません

実はギフトも、カードのほかに何か贈るとしたら「ちょっとしたもの」が主流です。

母の日のギフトだと、お店の中にお花や風船(バルーン)などがにぎわせているのですが、父の日には、それほどのにぎわいはありません……。

タカコ

もちろん売られていますが、数が断然少ないです。

やはり、カラフルなお花が何種類も入った花束やかわいい風船(バルーン)、クッキーやケーキなどの甘ーいお菓子は、女性に人気なのでしょう。

では、男性にはどういうものがいいのでしょう?

  • 量は少なくても少し高級なチョコレート
  • お花
  • ワインが好きな人にはワイン

……といった具合に、何か手みやげ程度に持って行くと喜ばれるでしょうし、何か趣味がある人には、その趣味に関するものを贈ってもいいでしょう。

そして、「何か贈りたいけど、何が好きなのかよくわからない」という人に役立つのが「ギフトカード」です。

タカコ

アメリカでは、この「ギフトカード」がとても普及しています。

アメリカで普及している「ギフトカード」とは?

ギフトカード」は、日本の「図書カード」のようなもので、カードのお店で何でも好きな物を買ってもらえる、というものです。

「ギフトカード」は「図書カード」のようなお金代わりに使えるカード
「ギフトカード」は「図書カード」のようなお金代わりに使えるカード

日本でも「iTunes」のギフトカードなどはコンビニでも買えますよね。

もちろん、店頭だけではなく、オンラインショッピングでも使えるので便利です。

ギフトカード自体はそのお店でも買えますが、全米で展開されているような有名なお店のものであれば、スーパーなどでも買うことができます

スーパーで買えるギフトカード
スーパーで買えるギフトカード

金額も、20ドルや50ドルなど、あらかじめ金額が決められて売られているものもありますが、カードによっては、自分の好きな金額にすることもできます

その場合は、システム的にはプリペイドカード(前払いしておくこと)と同じですから、会計時にレジで金額を指定し、その分のお金を払って購入します

タカコ

予算に応じて、好きなお店のカードを購入できるので便利ですね。

アメリカのスーパーで売られているカードを見ると、お店の種類や金額の豊富さに驚きます。

VISA やmastercard のように、クレジット会社系のカードなら、たいていどこのお店でも使えます。

個人経営のお店でも、店頭でカードを販売していることもあるので、お気に入りのレストランや趣味に関するお店のカードを贈ると喜ばれますよ。

スターバックスのコーヒーを買うのが日課になっている人には、「スタバのギフトカード」、一軒家に住んでいる人には「ホームセンターのギフトカード」のように。

あと、「Amazonのギフトカード」もありますね! ネット上で金額を自由に決められるためすごく便利です。

いかがでしたか?

アメリカでは、「父の日」は、父親である人ならだれでも対象になる点が、日本と大きく違いました。

ギフトで便利なのは、「ギフトカード」です。

お気に入りのお店のカードを贈ると、喜んでもらえること間違いなしですね。

日頃、家族のためにがんばってくれている、世の中のすべての「お父さん」、いつもおつかれさまです。

「父の日」こそ、その気持ちを直接伝えてみましょう。

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?