「どうしたの?」って英語で何て言うの? いろんな表現の比較

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

誰かが困っているように見えたときに呼びかける表現に「どうしたの?」があります。

英語であろうと日本語であろうと、日々の暮らしの中でよく使う言葉ですよね。

今回は、「どうしたの?」を英語でどう言うのかについてです。

いろんな表現の使い分けや注意点を詳しく紹介しますね!

基本的な「どうしたの?」の使い分け

「どうしたの?」の英語表現は、いろんな場面で使えるのでいくつも言い方があります。

よく使うのはこちらの3つの表現になります。

  1. What’s the matter (with you) ?(どうしたの?)
  2. What’s wrong (with you) ?(何か困ったことがあるの?)
  3. What’s the problem ?(何が気に入らないの?)

上で紹介した3つの表現ですが、微妙に状況などによって使い方が違います

英語で「どうしたの?」を表現する代表的な3つ

全く同じというわけではないんですね。

まずこの3つの中で、マイナス(negative)な言葉が入っているのはどれでしょう?

  1. What’s the matter (with you)?
  2. What’s wrong (with you)?
  3. What’s the problem?

ぱっと目につくのが「wrong」と「problem」ですね。「wrong」は「right(正しい)」の反対語です。また、「problem」は「問題」ととらえていいと思います。

なので、この2つが入ったものは、明らかに何かがおかしい、よくないことが起こっている(ように見える)ときに使うようです。

では、この3つをもう少し見比べてみます。

What’s the matter ?(柔らかい表現)

まずは、「What's the matter ?」という表現です。

ウサギ

What’s the matter ?
(どうしたの?)

「matter」は、「事柄」とか「物事」という意味で、必ずしも起こっていることはマイナス(negative)とは限りません

What’s the matter?
What’s the matter?

元英会話教師のアメリカ人の夫に聞いても、表現が一番やわらかいと言っていました(夫は「kind」という言葉を使っていました)

一般的に「どうしたの?」と聞きたいときは、この表現がよさそうです。

What’s wrong ?(何がよくないの?)

2つ目はこちらの「What's wrong ?」です。

オオカミ

What’s wrong ?
(どうしたの?=何がよくないの?)

「wrong(悪い・良くない)」という単語を使っていることからわかるように、見た目から「not right(よくない)」というのが伝わってきます

ここでは「何がよくないの?」というニュアンスです。

「浮かない顔をしているけど、どうしたの?」というようなときにはこの表現が合ってますね。

What’s the problem ?(きつめの表現)

3つめが「What’s the problem ?」というじゃっかんキツめの表現です。

ウサギ

What’s the problem ?
(どうしたの?=問題は何!?)

「問題(いやなことや困っていること)は何?」というニュアンスです。

もっと言うと「どうしたの? そんなに悪くないでしょう? どうしてダメなの?」というくらいのニュアンスで、表現としてはキツくなります。

補足:「What’s the problem?」の注意点

この表現に関して注意点があります。「What’s the problem?」は、必ず決まり文句として覚えましょう。

「あなたの」という意味で「you」を使って「What's your problem ?」とは言わないように!

2つの違い

  • What's your problem ?(何か文句あんの?)
  • What's the problem ?(どうしたの?)

これ、実際に私がアメリカ人の夫に間違って言っちゃったんですよ。

夫の機嫌が悪そうだったので、「どうしたの?」と言うつもりで、「What’s your problem?」と。

タカコ

すると……すごい勢いで怒りだしたので、びっくりしました

夫に聞いてみると、「What’s your problem?」は、
「何か文句あんの?」というけんかをふっかけるような言葉のようです。

典型的なFワード(使ってはいけないFから始まる言葉、「f**k」)レベルに聞こえるらしいです。機嫌が悪いうえに、私の言葉が火に油を注いだんですね(笑)。

言っても大丈夫な場面もある

言葉の並びだけを見ても、Fワードの表現になるような、危険なにおいはまったくしません。時と場合にもよると思いますが、注意が必要です。

ただし、「What's your problem ?」が使える場面もあります。

たとえば話し相手が「I have a problem.(困ったことがあるんだ)」と話した場合への返事です。

「What is that ?(それって、何?)」と返したりしますが、それと同じ感じで「What's your problem ?」を使うのは問題ないです。

ウサギ

I have a problem.
(困ったことがあるんだ)

オオカミ

What's your (the) problem ?
(どうしたの?)

相手の言葉に返すのではなく、いきなり自分から「What's your problem?」と言うのは避けた方がいいですね。

「どうしたの?」のほかの表現

上で紹介した3つは代表的なものですが、もちろんほかの表現もあります。

さらに3つの「どうしたの?」の表現も紹介しますね。

What’s bothering you ?(何に心配しているの?)

「bother(邪魔をする / 悩ます)」という言葉を使ってこんな言い方もします。

オオカミ

What’s bothering you ?
(どうしたの?=何に心配しているの?)

直訳では「何があなたの邪魔をしているの?」という意味です。

つまり「どうしたの? 何に心配しているの?」というような感じです。

What’s going on ?(何が起こっているの?)

「どうしたの? 何が起こっているの?」というようなときは、「What's going on ?」という表現も使います。

ウサギ

What’s going on ?
(どうしたの?=何が起こっているの?)

別の言葉でいうと「What’s happening ?」でしょうか。

例えば、子どもが2人仲良く遊んでいたのに、急にけんかをしだす時があると思います。

「どうしてこんなことになったの?」とか「何がどうなっているの?」と思いますよね。

2人の間に何があったのか知りたい、そんな時はこの表現が合っています。

What’s up ?(親しい人同士で「どうしたの?」)

親しい人同士では、軽く「どうしたの? 何かあったの? 」という感じで「What's up ?」という言い方もします。

オオカミ

What’s up ?
(どうしたの?=あなたの中で何が起こっているの?)

タカコ

この「What’s up ?」を夫に言われた時、すごく違和感がありました。

でも「What's up ?」で「(あなたの中で)何が起こっているの?」というような感じになります。

様子がおかしいときに使うと、「どうしたの?」というニュアンスになります。

パートナーが改まって「ねぇ、ちょっと話があるんだけど……」と話しかけてきたら、「え? 急にどうしたの?」と思ったりしませんか?

そんなときに「What’s up ?(どうしたの?)」と答えたりします。

「What's up」は挨拶としても

また、「What’s up?」は、友達と会ったときに、あいさつのように使います

ウサギ

What's up ?
(最近、どうよ?)

最近、どう(どうしてた)?」という感じで親しい間柄でよく使う表現です。

「up」には、パッと現れるというニュアンスがあるため、「何がパッと現れた?=最近新しいことあった?」のような感じですね。

あいさつ代わりなので、「I’m doing fine」や「Not much(特に変わったことはないよ)」と手短に答えます。特に悩みを聞いているわけではありませんから。

ちなみに、「What's up ?」や「How are you ?」に関してはこちらにまとめていますよ♪

いかがでしたか? 

一言で「どうしたの?」といっても、たくさんの言い方がありました。まとめてみます。

  1. What’s the matter ?(どうしたの?)
  2. What’s wrong ?(なにがよくないの?)
  3. What’s the problem ?(どうしたの? そんなに悪くないでしょう?)
  4. What’s bothering you ?(どうしたの? 何に心配しているの?)
  5. What’s going on ?(どうしたの? 何が起こっているの?)
  6. What’s up ?([あなたの中で] 何が起こっているの?)

いろんな状況が考えられるので、たくさんの表現がありますが、使い分けはいっぱい聞いていっぱい使うしかありません!

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: タカコ
アメリカ人の夫との結婚を機に渡米。現在は二児の母として英語に囲まれた環境の中で生活。日本語教育に携わっていたため言語への視点が鋭く、元・英会話教師の夫とのやりとりから生まれる記事が秀逸。

    Twitterで最新情報GET!

    良かったらSNSでシェアしてね!
    こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"