破擦音ってなに? 発音記号で「ts」と2文字で書く理由は?

ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は「破擦音」ってなに?という話についてです。

日本語の「つ」とか「ち」が破擦音なのですがどんな音なのか詳しく紐解いてみますね!

破擦音ってなに?

今回は「破擦(はさつ)音」という子音について語りますね。

破擦音というのはこんな音です。音声を聞いてみてください。この順に発音していっています。

  1. 破裂音「 t 」「 t 」
  2. 摩擦音「 s 」「 s 」
  3. 破擦音「 ts 」「 ts 」

最後に言ったのが破擦音です。

破擦音というのは簡単に言うと「破裂音」と「摩擦音」とを同時に出す音声のことです。

ややこしいので3つの発音について1つ1つ解説します。

破裂音について

まずは「破裂音」について。

破裂音というのは、主に舌先を使って破裂させるように発音する子音のこと。

たとえば「た」という発音をするときの「 t 」の音がそうなのですが、こちらを見て下さい。

「 t 」の発音
「 t 」の発音

ほら上の図で、舌を上の前歯の根本あたりに付けて、勢いよく離して作る音です。

まるで破裂するかのように勢いよく出す音なので「破裂音」と呼びます。

摩擦音について

お次は「摩擦(まさつ)音」です。

「 s 」の発音
「 s 」の発音

これも、先ほどの「 t 」と同じく、舌先を歯の根本あたりにつけて……いるように見えますが、よく見ると、ほんの少しだけ舌と上あごの間にはスキマがあるんです!

そのスキマから「すきま風」を通すように出す音が「 s 」です。「スーッ」って感じの音。

空気を摩擦させて出す音だから「摩擦音」と呼ぶんですね。

破擦音について

そして今回の主役「破擦(はさつ)音」についてです。

「 ts 」の発音
「 ts 」の発音

これ、文字通り……

裂音 + 摩音 = 破擦

です。「 t 」のように舌先を歯の根元あたりに付けて破裂させつつ、「 s 」のように摩擦させて音を出す……という。

日本語の「つ」の子音がそうですね。

破擦音の表記について

お次は発音記号について。

「 ts 」の発音
「 ts 」の発音

破裂+摩擦だから「ts」

日本語の破擦音「つ」をアルファベットで書くときに「tsu」って書きますよね?

実は正式な「発音記号」でも、「つ」の子音は「 ts 」と書きます。

ヨス

なんで2文字になん?? 1文字にせんかいっ!!

……と思っていた方もいるかもしれませんが、破擦音の原理を知ると納得ではないでしょうか?

破裂音「 t 」+ 摩擦音「 s 」だから「 ts 」

つまりこういうことです。

破裂音「 t 」+ 摩擦音「 s 」

破擦音「 ts 」

せっかくなので正式名称を。

「 ts 」の発音
「 ts 」の発音
  • 無声歯茎破裂音「 t 」
  • 無声歯茎摩擦音「 s 」
  • 無声歯茎破擦音「 ts 」

濁音になると「 dz 」

せっかくなので、「 ts 」が濁音になると発音記号はどうなるのかを見てみます。

「 dz 」の発音
「 dz 」の発音

そのまんまです! 無声歯茎破裂音「 t 」の濁音「 d 」と無声歯茎摩擦音「 s 」の濁音「 d 」。

その2つが合体した「 dz 」になります。

  • 有声歯茎破裂音「 d 」
  • 有声歯茎摩擦音「 z 」
  • 有声歯茎破擦音「 dz 」

破擦音「 tʃ 」の場合

英語には、破擦音がもう一つあります。

それが「 tʃ 」です。

「 tʃ 」の発音
「 tʃ 」の発音

英語だと「 ch 」の発音がそうですね。たとえば「church」の発音では「ə́ːr」のように2回出てきます。

わたしが「church」と発音しているのをお聞きください。

「ch...ch...church」というのを2回言っていますが、「 tʃ 」はこんな発音ですね。

前歯の根本より少し後ろに舌を持っていって発音します。

この場所は硬口蓋歯茎(こうこうがいしけい)と呼ばれるため、「 tʃ 」の発音は「無声硬口蓋歯茎破擦音」と呼びます。

この「 tʃ 」も、表記の通り破裂音「 t 」と摩擦音「 ʃ 」を同時に発音する音ですね。

  • 硬口蓋歯茎破裂音「 t 」
  • 硬口蓋歯茎摩擦音「 ʃ 」
  • 硬口蓋歯茎破擦音「 tʃ 」

あれ?「 t 」は歯茎音じゃ?

カンの良い方はお気づきかもしれませんが、先ほど「歯茎破裂音」としてお伝えした「 t 」が硬口蓋破裂音でも出てきます。

実は摩擦音以外は……

  • 歯茎(上前歯の根本付近)
  • 硬口蓋歯茎(歯茎よりちょっとうしろ)
  • 歯茎硬口蓋(硬口蓋歯茎よりちょっとうしろ)

この3つの場所でも音がそこまで変わらないため、同じ音声記号で書きます。違う表記もできるんでしょうけど。

摩擦音「 ʃ 」の発音

摩擦音「 ʃ 」の発音ですが、日本語の「し」の子音よりも少し舌の位置を前に持っていきます。

「 ʃ 」の発音
「 ʃ 」の発音

日本語の「し」と英語の「shi」の違いについてはこちらの記事をご参考に!

「 t 」と「 ʃ 」を同時に出すのが「 tʃ 」

というわけで、破裂音「 t 」と摩擦音「 ʃ 」を同時に出すのが破擦音「 tʃ 」です。

「 tʃ 」の発音
「 tʃ 」の発音

「 tʃ 」が濁音になると「 dʒ 」

ついでに「 tʃ 」が濁音になった音について。

これは「 dʒ 」という発音です。

「 dʒ 」の発音
「 dʒ 」の発音

「bridge」の「dge」の音ですね。

いかがでしたか?

日常生活で「破擦音ってなに?」と会話に出ることは極めてまれですが、英語の発音を学ぶときに「どういうふうに発音するのか」を知ることは重要です。

ぜひ「破擦音」というものを知って、マスターしてくださいね!

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?