[ l ] の発音

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は発音記号である [ l ] の発音(歯茎側面接近音)についてです。

この「L(エル)の発音」には、わたし自身が20歳でアメリカに行ったときに苦労した経験があります。

その後、完全にマスターして、どうやったらうまく発音できるかを独自に考えて記事にしました。

この記事では [ l ] の発音の仕方[ l ] の発音のコツなどをくわしく解説します。

[ l ] はどんな音声?

まずは、発音記号の [ l ] の音声を聞いてみましょう。

次のような発音になります。

おそらく、こちらのような反応をする人が多いのではないでしょうか?

ひより

いや、これは「エル」の発音じゃないだろ! ヨスが唸ってるだけだろっ!?

でも、これは本物の [ l ] 発音です。詳しくは後述しています

[ l ] の発音の仕方

では、 [ l ] を発音するときの口の中の「構え」はどうなっているのでしょうか?

[ l ] を発音するときは、こちらの図のように舌先と歯茎を使います

[ l ]の発音
[ l ] の発音

[ l ] の発音をする手順をまとめると次のとおりです。

[ l ] の発音をする手順

  1. 舌先を、上前歯の歯茎に強く押し当てる
  2. のどの奥から「ウ〜」という唸り声を出す
  3. 舌先を離す

「エルの発音ができない!」という人が多い理由は、日本語には存在しない発音だからです。

ヨス

日本語の「ら行」に置き換えて発音してしまうのですが、それではまったく通じないんですよね(←体験談)。

[ l ] は、専門的には「歯茎側面接近音(しけいそくめんせっきんおん)」という発音です。

音声 [ l ] についてのまとめ
のどの震え 有声
発音される場所 歯茎
発音する方法 側面接近音
発音のコツ
  • 舌先を歯茎に強く押し当てる
  • 舌の両サイドから唸り声を出す
注意点
  • 日本語の「ら」にならないように

さらに詳しく紹介します。

【のどの震え】[ l ] の発音は「有声音」

[ l ] の発音は有声音です。

そのため、のどの震えがあります。

声帯振動(のどの震え)についてはこちらをどうぞ。

【発音される場所】[ l ] の発音は「歯茎」で作られる

[ l ] の発音をするときは舌の「先」を使います。

舌の先を上前歯の根本あたりである「歯茎(しけい)」と呼ばれる部分に強く押し当てます。

歯茎
歯茎

「歯茎」を使って発音するため、歯茎音(しけいおん)と呼びます。

口の中の名称についてはこちらをどうぞ。

【発音する方法】[ l ] の発音は「側面接近音」

[ l ] の発音は「側面接近音(そくめんせっきんおん)」と呼ばれる音です。

[ l ] の発音
[ l ] の発音

上の図のように、舌先と歯茎で口の真ん中の通路をふさぎ、舌の側面から唸り声を出すイメージです。

口の内側と舌の両サイド(側面)を接近させ、その間から声を出すので、側面接近音と呼びます。

口を前から見るとこちらのようになります。

[ l ] の発音をしているところを前から見たところ
[ l ] の発音をしているところを前から見たところ

次のような音が出せましたか?

【ポイント】[ l ] を発音するときのコツ

では、[ l ] を発音するときのコツを紹介します。

まずは [ n ] の発音からはじめる

日本語にない発音である [ l ] を突然やろうとしても難しいので、まずは [ n ] の発音からはじめましょう。

ひより

いや、[ l ] の発音をしたいのに、なんで [ n ] なの?

こんなふうに思ったかもしれませんが、実は [ l ] と [ n ] の発音は口のなかの構えがほぼ同じなのです。

唯一の違いが息の出し方です。次のような違いがあります。

[ n ] の発音
舌先を歯茎にくっつけたまま、声を鼻から出す
[ l ] の発音
舌先を歯茎にくっつけたまま、声を口から出す

2つの発音をしているときの口のなかの図を比較してみてください。

[ n ]の発音
[ n ] の発音
[ l ]の発音
[ l ] の発音

口のなかの構えはまったく同じで、声を鼻から出すか、口から出すかの違いだけです。

[ n ] の発音から [ l ] の発音に移行する

では、[ n ] の発音をするために「ンー」という声を鼻から出してください。

ヨス

この際に注意したいのは、日本語の「ん」の発音にならないこと。

舌先を必ず歯茎(上の前歯の根本あたり)に強く押し付けたまま「ンー」と言ってください

[ n ]の発音
[ n ] の発音

そして、「ンー」と言っている途中から、口から声を出すように「切り替え」てみましょう。

舌先を歯茎に強く押しつけたまま、「ンー」から「ウー」に声が変わるイメージで。

[ l ]の発音
[ l ] の発音

次の音声はわたしがやってみた例です。

[ n ] の発音が、途中から [ l ] の発音になっていることに気づきました?

舌先を歯茎から離した瞬間「ラッ」のような発音になる

先述しましたが、本当の [ l ] の発音は次のような「ウー」のような音です。

でも、ほとんどの人が聞いたことのある [ l ] の音は、次のような音ではないでしょうか?

ひより

そうそう、これがエルの発音だよね!

実は、先ほどの唸り声のような [ l ] の発音とまったく同じ発音です。

なにが違うのかと言うと、
「歯茎」に押し付けていた舌を離しただけ!

よく聞く「ラ」のような音は、舌を離した勢いで作られていたのです。

舌先を「歯茎」に強く押し当てたまま側面から声を逃がすイメージ

[ l ] を発音するポイントは、舌先を「歯茎」に強く押し当てることです。

[ l ]の発音
[ l ] の発音

重要なのでもう一度言います。

舌先を歯茎に
強く押し当てましょう。

舌先をくっつけたまま、舌の「両サイド」から声を「流す(逃がす)」イメージです。

[ l ] の発音をしているところを前から見たところ
[ l ] の発音をしているところを前から見たところ

上の図のように、舌を使って「声がまっすぐ出る」のをふさぎ、舌の両サイドから声を流すように出します。

舌の位置はもう少し適当でもOK

[ l ] の発音は、上の前歯の歯茎(根本あたり)に舌先を押し当てるというふうに説明しましたが、その位置はもっと適当でかまいません。

実は、次の図のように上前歯の後ろに舌を押し当てていてもオッケーです。

舌先は歯のうしろでもOK
舌先は歯のうしろでもOK

次の画像はもはや「TH」の発音みたいに、舌を歯と歯のスキマから押し出していますが、これでもほぼ同じ発音になります。

舌先は歯と歯の間でもOK
舌先は歯と歯の間でもOK
ヨス

発音する場所が変わっても、発音の仕方は先ほど説明したやり方と同じですよ。

【確認】[ l ] の発音の注意点

[ l ] の発音をするときの注意点を紹介します。

発音するときに口を丸めない

[ l ] の発音をするときに、口を丸めないようにしましょう。

上下の歯はくっつけないように、つまり口を閉じず、開いたまま発音しますよ。

[ l ] の発音をしているところを前から見たところ
[ l ] の発音をしているところを前から見たところ

日本語の「ら」よりも舌先を長くくっつける

[ l ] の発音をするときに、どうしても日本語の「ら行」の発音になる人がいます。

そんなときに意識してほしいのが、発音の長さです。

[ l ] は、舌で声の通路をふさぎ、舌の両サイドから声を流す音であるため、日本語の「ら」よりも音がじゃっかん長くなります

次の音声では日本語の「らりるれろ」と [ l ] の発音を使った「la・li・lu・le・lo」を発音しています。

ヨス

「ら行」「 L 」の発音の順番で2回どおり言っています。

日本語の「ら行」よりも [ l ] の音声のほうが「タメ」があるような印象ではないでしょうか?

なぜ日本語の「ら行」のほうが時間的に短く聞こえるのかというと、「ら行」子音である [ ɾ ] の特徴にあります。

[ ɾ ]の発音
[ ɾ ] の発音

この図のように、「ら行」の子音 [ ɾ ] は、一瞬だけチョンっと舌を上あごに「はじく」ような音声なのです。

「ら行」の子音 [ ɾ ] は専門的には「歯茎はじき音」と呼びます。

「声を出す」のではなく「吐き出す」イメージ

[ l ] の発音で声を出すときですが、「アー」のような声ではないです。

のどの奥から「声を吐き出す」ぐらいのイメージで「ウー」と言ってみましょう。

ヨス

舌は、歯茎に強く押しつけたまま。

[ l ]の発音
[ l ] の発音

「アー」ではなく、「ウー」と言いながら口をせばめないようにすると、上手く発音できますよ。

日本語で [ l ] が使われる例

[ l ] の発音は日本語では使われません。

英語の [ l ] を発音するときに日本語の「ら行」に置き換えても、通じることはありえないほど異質な音声だと覚えておきましょう。

「ら行」と「la行」
ら行 la行(日本語にはない)
ら [ ɾa ] * [ la ]
り [ ɾi ] * [ li ]
る [ ɾɯ ] * [ lɯ ]
れ [ ɾe ] * [ le ]
ろ [ ɾo ] * [ lo ]

「う段」を [ u ] ではなく、 [ ɯ ] と書いているのは、こちらのほうが日本語の「う」の発音に近いからです(参考: 日本語にある2種類の「う」について)。

ちなみに、 [ l ] に「あ・い・う・え・お」をつけた「la行」を音声にしてみたのでご参考に。

日本語の「ら行」についての記事もご参考に。

インスタでも投稿しています!

今回は日本語にはない発音である [ l ] について紹介しました。

最後に [ l ] の発音の仕方をおさらいしましょう。

「L」の発音まとめ

  1. [ n ] の発音をするときの舌の位置
    上前歯の根本あたりに舌先をくっつける
  2. その舌の位置で口を丸めたりせず、舌を強く押し付ける
  3. 喉の奥から「うめき声」を出すように声を出す(舌の両側から声を流すイメージで)

日本語にはありませんがほとんどの言語にある発音で、慣れるとかんたんです。

あと、「子音だけ発音する」ということにも注意してくださいね。

最後にもし、この記事が役に立ったら、Twitterで教えてもらえるとうれしいです!

 Twitterで教える

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?