Lの本当の発音とは? これを読めば「絶対」にマスターできます

正しい「L」の発音はできますか?
ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

今回は日本人が英語の発音を勉強する中でも最も難しいと言われる「 L(エル)」の発音についてです。

音声マニアのわたしが超くわしく書いたので、この記事を読んで練習すれば必ずマスターできます!

なぜ「 L 」の発音は難しい?

英語の発音を勉強していて、一番つまづくところが「 L 」の発音ではないでしょうか? わたしの場合はそうでした。

まず、なんで「 L 」の発音が難しいかについてですが……

日本語に存在しない発音だから!!

たったこれだけのことなんですね。

標準的な日本人の舌の構造では発音が難しいとかそういうのは一切ありません(笑)。

じゃあどうすれば発音できるかというと、口の中でどのようにすればよいかを論理的に知ればいいだけのこと!

「 L 」を発音するときの口の中

では英語の「 l 」を発音するときの口の中はどうなっているのでしょうか?

図にするとこんな感じ。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

ええ。わかっていますとも!

いきなりこんなもの見せられてもわかりませんよね(笑)。ちゃんと詳しく解説していきますのでご安心を!

「子音」だけを発音することができない方はこちらの記事を見てくださいねー。

「 L 」を発音するときの舌の位置

まずは「 l 」を発音するときの舌の位置を確かめましょう。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

舌の位置は、上の前歯の「歯茎」の根もとあたりに来ていますよね。

そのため、専門的には「 歯茎音(しけいおん) 」と呼ばれる種類の発音です。

ほかの歯茎音を見てみると「 n 」の発音なんかがそうですね。

「 n 」の発音

ほかにも「 t 」「 d 」「 s 」「 z 」とかもそうですが、一番わかりやすい「 n 」と比べてみます

「 n 」の発音の場合は、舌を上の前歯の根もと(歯茎)あたりに舌を押し付けます。声を口からでなく、鼻から出すのが「 n 」の音です。

日本語の「な行」の子音ですね(厳密には「に」の子音は違いますが)。

「 L 」の発音方法

「 n 」の発音方法を見ましたが、今度は「 l 」の発音方法です。

どうやればいいんでしょうね?

舌の位置は「 n 」とまったく同じで大丈夫です。そのまま動かさないでください。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

上前歯の歯茎あたりに舌を押し付けたまま、声をのどから出してみてください。

声を出すというか、声を吐き出すぐらいのイメージで。舌は結構つよく歯茎に押し付けながら!

ちょうど上の図のように、舌の両側から声を「流す」ようなイメージです!

こんな声になりませんか?

これが「 L 」の発音です!

本当の「 L 」の発音

上の音声(←発音しているのはわたし)を聞いた方はおそらくこんな反応でしょう。

ヨス

いや、これは「エル」の発音じゃないだろ! ヨスがうなっているだけやんけ!

……って思いますよねー(笑)。でもこれが本当の「 L 」の発音なんですよねー。

でもさっきの図(下図)の通りにやるとこんな声になりませんか?

「 l 」の発音
「 l 」の発音(歯茎側面接近音)

では今度はこちらの音声を聞いてみてください。

これはよく聞く「 L 」の発音だと。

ヨス

そうそう! これだよ! これが「 L 」の発音っぽい!

……って思っていただけるのではないかと。

でもさっきほどの唸り声もこのよく聞くような「 L 」の発音も、実は同じように出しているんですよ。

何が違うかというと、前歯の歯茎あたりに押し付けていた舌を離しただけ! 離した勢いで「 ルッ! 」みたいな音になるんです。

「 l 」の発音ですが、舌の両側から息を出しながら声を出すため、正式名称では「歯茎側面接近音」と呼びます。ついでに「 n 」は「歯茎鼻音」。 

「ら行」の子音を「 l 」にして言ってみる

「 l 」の発音ができたところで、ちょっと練習してみましょう。

「ら行」の子音を「 l 」に置き換えて……

  • la (lあ)
  • li (lい)
  • lu (lう)
  • le (lえ)
  • lo (lお)

……と言ってみましょう。

こんなふうになりましたか?

舌の位置はもっと適当でもOK!

「 l 」の発音は、上の前歯の根本あたりに舌を押し当てるというふうに説明しましたが、実は歯の後ろでもオッケーです。

「 l 」の発音2
「 l 」の発音(歯茎側面接近音)

上の画像はもはや「th」の発音と同じく舌を歯と歯のスキマから押し出していますね。

でも歯茎に舌を押し付けた時と音声はまったく同じ「 L 」になります。

ヨス

やり方は先ほど説明したやり方と同じで場所が変わるだけ。

もう少し上前歯の後ろあたりに舌が来てもオッケー!

これは単語によって舌の位置が変わりますのであんまり気にしなくていいですよ。

日本語の「ら行」とは違うよ

最後に補足として日本語の「ら行」との違いを紹介します。

これを見てくださっている方は日本語がわかる方だと思うので、一度「ら・り・る・れ・ろ」を発音してみてください。

どうでしょうか? 舌を(はじ)いているのがわかりますか?

日本語の「ら行」の発音
日本語の「ら行」の発音(歯茎はじき音)

実は日本語の「ら」ってアルファベットでは「ra」と書きますが、音声学では上のような「 r 」が変化したようなアルファベット「 ɾ 」を使って「ɾa」と表記します。

「 ɾ 」と「 r 」はまったく違う音ですから。

こういう音声を表現するアルファベットを「国際音声記号」と呼びます。ちなみに国際音声記号では「 L 」と小文字の「 l 」は違う音声を表します。

でも便宜上、「 r 」の表記を当てているんでしょうね。

日本語の「ら行」の子音の「 ɾ 」は、上の図のように、歯茎の根もとあたりで舌をはじいて発音するため、「歯茎はじき音」と呼びます。

はじくというか、どちらかというとチョンと当てている感じですかね。

英語の「 l 」との違いを説明すると、日本語の「ら行」は軽く一瞬だけ舌先を歯茎あたりに当てる(タップする)という感じです。

逆に「 l 」のときは、押し当てる力を強くします。舌で押しながら声を出すイメージ。

大げさに言うと「タメ」があるような?

最後に、「ら行」「 l 」に加え、英語の「 r 」の音声を聞き比べてみましょう。

日本語の「ら・り・る・れ・ろ」、そして「 l 」を子音にして「la・li・lu・le・lo」、最後にアメリカ英語の「 r 」の「ra・ri・ru・re・ro」と言っています。

英語の「 r 」に関してはややこしいので別記事をまた書きますね!

さて、今回は英語の「 l 」について、これでもかと詳しく紹介しました。

アメリカに行ったばかりのころに「 l 」の発音で苦労したのが懐かしいです。

「dollar」を「ダラー」とか言ってもまったく通じませんからねー。「おい、これイジメか?!」と思ってしまうほど(笑)。

ぜひ、「 L 」の発音をかっこよく決められるようになってください!!

もう1つの「L」の発音こと「ダークL」についてはこちら。

「 R 」の発音に関してはこちら!

こちらも関連記事です!

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。
正しい「L」の発音はできますか?

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?