発音記号 [ k ] について

発音記号 [ k ] について
ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は発音記号である [ k ] の発音(無声軟口蓋破裂音)についてです。

日本語の「か行」の子音ですが、発音は同じなのでしょうか?

この記事では [ k ] の発音の仕方[ k ] の発音のコツなどをくわしく解説します。

[ k ] はどんな音声?

まずは、発音記号の [ k ] の音声を聞いてみましょう。

次のような発音になります。

ヨス

「クッ」という音に聞こえますよね。

[ k ] の発音の仕方

では、 [ k ] を発音するときの口の中の「構え」はどうなっているのでしょうか?

[ k ] は、こちらの図のような構えで発音されます。

[ k ] の発音
[ k ] の発音

[ k ] の発音をする手順をまとめると次のとおりです。

[ k ] の発音をする手順

  1. 舌の後ろのほうと上あごをきっちりと合わせる
  2. 口の中に空気を集め、気圧を高める
  3. 上あごにくっつけていた舌の後ろのほうを離し「クッ」という音を出す

日本語の「か行」の子音とまったく同じですが、日本語の「か」のように母音をつけません(参考 :子音だけを発音するとは?)。

[ k ] は、専門的には「無声軟口蓋破裂音(むせいなんこうがいはれつおん)」という発音です。

音声 [ k ] についてのまとめ
のどの震え 無声
発音される場所 軟口蓋音
発音する方法 破裂音
発音のコツ
  • 悔しいときに「クッ」と言うようなイメージで発音
注意点
  • 日本語の「ク」のように「母音」をつけない

さらに詳しく紹介します。

【のどの震え】[ k ] の発音は「無声音」

[ k ] の発音は無声音で、のどの震えがありません。

のどの震え(声帯振動)」というのは、日本語の濁音があるかないかを考えると理解しやすいです。

日本語の有声音の例「だ」
日本語の有声音の例「だ」

日本語の「た」が無声音、濁点のある「だ」は有声音になります(厳密には「た」と「だ」の子音)。

[ k ] を濁らせた音が [ ɡ ]

実は [ k ] の発音を濁らせると [ g ] の発音になります。

[ k ] と [ ɡ ] の発音は、発音が作られる構えは完全に同じです。

[ g ]の発音
[ ɡ ] の発音

言い換えると、 [ k ] に濁点をつけた [ k ゛] の発音が [ ɡ ] ということです。

唯一の違いが、のどの震えがあるかどうか、つまり声を出すかどうかになりますよ(参考: 英語の清音・濁音)。

【発音される場所】[ k ] の発音は「後舌」と「軟口蓋」で作られる

[ k ] を発音するときは、上あごの奥のほうにある「軟口蓋(なんこうがい)」で作られます。

そのため、「軟口蓋音(なんこうがいおん)」と呼ばれます。

軟口蓋音
軟口蓋音

では具体的にどの場所を使うのか、「舌」と「上あご」に分けて紹介しましょう。

「舌」のどこを使う?

[ k ] の発音をするときは舌の奥のほう(後舌(こうぜつ)を使います。

後舌
後舌

「上あご」のどこを使う?

後舌を「軟口蓋」と呼ばれる部分にくっつけて [ k ] は発音されます。

軟口蓋
軟口蓋

口蓋(こうがい)」とは「上あご」のことで、軟口蓋はその字のとおり「軟らかい部分」のことです。

ちなみに、上あごの真ん中のほうは硬くて「硬口蓋(こうこうがい)」と呼ばれます。

口の中の名称についてはこちらをどうぞ。

【発音する方法】[ k ] の発音は破裂音

[ k ] の発音は「破裂音(はれつおん)」と呼ばれる音です。

[ k ] の発音
[ k ] の発音

こちらが実際の [ k ] の発音です。

上あごにくっつけていた舌の後ろのほうを、勢いよく「破裂」させるように離して発音されます。

日本語の「クッ」というような音に聞こえますよね。

破裂音についてはこちらをどうぞ。

【ポイント】 [ k ] を発音するときのコツ

[ k ] を発音するときのコツは、悔しいときに「クッ」と言うようなイメージで発音することです。

口の中の構えはこちらをご確認ください。

[ k ] の発音
[ k ] の発音

もう一度音声で確認してみましょう。

ヨス

日本語にもある発音なので、そんなに難しくないと思います。

【確認】[ k ] の発音の注意点

[ k ] の発音をするときの注意点を紹介します。

[ k ] だけを発音するときに「ク」の発音にならないように気をつけましょう。

日本語の「ク」には「う」の発音、つまり母音が入ってしまいます。

子音は「音」、母音は「声」ということも知っておくと発音がよくなります。

日本語で [ k ] が使われる例

最後に日本語で [ k ] が使われる例を見てみましょう。

日本語の「か行」の子音は [ k ] の発音です。

「な行」
[ ka ]
[ ki ]
[ kɯ ]
[ ke ]
[ ko ]

「う段」を [ u ] ではなく、 [ ɯ ] と書いているのは、こちらのほうが日本語の「う」の発音に近いからです(参考: 日本語にある2種類の「う」について)。

ちなみに発音はこちらになります。

今回は日本語にも英語にもある発音 [ k ] について紹介しました。

多くの言語にある発音で、かんたんに発音できるという特徴があります。

ただし、「子音だけ発音する」ということに気をつけてくださいね。

こちらは関連記事です。

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?