「that節」とは?

that節とは?
サッシ

こんにちは、英語の文法マニアのサッシ です。

英語には「that(ザット)(せつ)」という文法用語があります。

たとえば、「彼女は病気(sick)だと思うよ」を英語で言うとしましょう。

I think that she is sick.」と言いますが、このときの「that」以降の部分を「that節」と呼びます。

今回は、英語の「that節」の意味や作り方代表的な動詞などについてわかりやすく紹介しますね。

英語の「that節」とは?

さっそく、英語の「that(せつ)」の意味を見ていきましょう。

「that節」とはかんたんに言えば「thatで作る名詞のかたまり」です。

サッシ

順を追って説明しますね。

「that節」のない通常の文

たとえば「私はそれを知っている」と言いたいときは、代名詞の「it」を使って以下のように言うことができます。

ウサギ

I know it.
(私はそれ知ってるよ)

シンプルですね。

「that節」が必要な文

でも単純に「それを知っている」ではなく「彼がユーチューバーであることを知っている」と言いたいとき。

これを「I know it」のようにひとことで表すのは不可能なのです。そこで「that節」が活躍します。

句と節について詳しくはこちらをどうぞ。

「that」を使って表現する

「that」を使って、以下のように言うことができますよ。

オオカミ

I know that he is a YouTuber.
彼がユーチューバーだって知ってるよ)

この文の中の「that」以降の節を「that節」と呼びます。

「that節」は「that」以降の「節」
「that節」は「that」以降の「節」

「that節」を使うことで、「彼がユーチューバーであること」という大きな名詞のかたまりを作っているわけですね。

これが英語の「that節」です。

サッシ

英文法では「名詞節のthat」や「名詞節を導くthat」なんて呼ばれていますよ。

「that節」のイメージは「プルダウン」

この「that節」は、イメージとしては「プルダウン」のようなものをイメージするといいでしょう。

次のアニメーション画像を見てください。

「that節」のイメージは「プルダウン」
「that節」のイメージは「プルダウン」

「that」にあるをクリックすると、さらに詳しい情報「he is a YouTuber」が出現するという感じです。

「he is a YouTuber(彼はユーチューバーである)」という文を「that」が丸ごと包んでいるイメージですね。

「that節」の基本的な使い方について

「that節」の意味がわかったところで、実際に使ってみましょう。

「that節」を作るコツ

「that節」の文を作るコツは、とりあえず「that(アレ)」を使って文を完結させるくせをつけることです。

先ほどの例文の場合、「that」を使い、「I know that(アレを知っている)」とまず言います。

そして、「that(アレ)」以降に詳細情報になる文をつけ足すのです。

「that節」の作り方
「that節」の作り方

「that」以降は1つの「文」になるのもポイントですよ。

「that節」が登場する文型は2つ

英語には5つの基本的な文の型(参考: 5文型について)がありますが、すべての型で「that節」が登場するわけではありません。

ずばり以下の2つの型でのみ使えますよ。

that節を使える文型

  • 第3文型SVO
  • 第4文型SVOO

これら2つの型の「 O(目的語)」の位置に「that節」を置けばOKです。

それぞれ例文で練習してみましょう。

1第3文型 SVO

まず、第3文型 SVOの場合です。

第三文型とは?
第三文型とは?

たとえば「(私は)彼女はかわいいと思う」と言いたいとしましょう。

「that節」を使って、次のように言えます。

オオカミ

I think that she is cute.
(彼女はかわいいと思うよ)

手順としては「that」を使い、「I think that(私はアレだと思う)」と言います。

そして、「that」のうしろに詳細情報についての文「she is cute(彼女はかわいい)」を入れるのです。

第3文型で「that節」を使う
第3文型で「that節」を使う

「that」以降の部分は、上のようにカッコに入っているように考えてもOKですね。

サッシ

「 O(目的語)」のところに「that節」をど〜んと置いてしまえばOKです。

「第3文型 SVO」についてはこちらのページで詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

2第4文型 SVOO

お次は第4文型 SVOOでやってみましょう。

第四文型とは?
第四文型とは?

上の図のように、第4文型 SVOOには「 O(目的語)」が2つありますよね?

「that節」は、そのうちの2番目の「 O 」の位置に置かれます。

第4文型でthat節を使う位置
2番目の「 O 」のところに置く

たとえば「私が天才だということを彼に見せよう」を「that節」に使って作文してみましょう。

ウサギ

I'll show him that I'm a genius.
あたしが天才だってことを彼に見せてあげよう!)

作文するときの手順としては、まず2つ目の「 O(目的語)」の位置で「that」を使い、「I'll show him that(彼にアレを見せよう)」を言います。

そして、「that」の後に「I'm a genius(私が天才だ)」のように述べるだけ。

第4文型で「that節」を使う
第4文型で「that節」を使う
サッシ

この「show 人 that節」の形はよく使われますよ。

show that節」の中の「人」の部分は「主格」ではなく「目的格」にしてくださいね(参考: 人称代名詞について)。

ほかに、「tell(言う)」や「inform(知らせる)」などもこの形を取ります。

第4文型 SVOOについてはこちらで詳しく紹介しています。

「that節」を導く代表的な動詞

あとは「that節」を導く「代表的な動詞」も見ておきましょう。

「that節」を導く代表的な動詞一覧

実は、どんな動詞でも「that節」を続けられるわけではないのです。

サッシ

むしろ「that節」を導く動詞はあまり多くないんですよ。

では、「that節」を導く代表的な動詞を以下にまとめておきますね。

that節を導く動詞
think思う・考える
know知っている
believe信じる
say言う
learn覚える・学ぶ
feel like〜〜な気がする
tell言う・教える
show示す・見せる

「that節」を理解するには、
まずこれだけ知っていれば大丈夫です。

あとは見かけたら覚えていけば十分ですよ。

「that節」を導く形容詞

ちなみに動詞だけでなく形容詞で「that節」が使える場合もあります。

たとえば、次のような例です。

オオカミ

I'm happy that you won the game.
(キミが試合に勝ってうれしいよ)

「形容詞」といっしょに「that節」を使う場合はそう多くないので、そんな表現もあるんだ〜くらいに思っておいてくださいね。

【参考】「仮定法現在」で使われる動詞・形容詞

「that節」を使うときに気をつけたいのが「仮定法現在」と呼ばれる用法です。

次の例文を見て、違和感がありませんか?

ウサギ

My father suggested that I be a pro gamer.
(父はあたしがプロゲーマーになることを提案したよ)

突然、「be」が出てきてモヤモヤとしますが、これは文法用語で「仮定法現在」と呼ばれるものです。

「suggest(提案する)」のような動詞(もしくは形容詞)が使われる場合、話される内容は「空想」の話であり、「仮定なのですね。

つまり、過去でも現在でもないため、「原形」の「be」が使われます(参考: be動詞の原形「be」とは?)。

詳しくは仮定法現在についてをご覧ください。よく使われる動詞や形容詞も紹介しています!

では最後に「that節」についてまとめます。

まとめ

  • 「that」で大きな名詞のかたまりを作る
  • SVO(第3文型)」か「SVOO(第4文型)」で使う
  • 代表的な動詞を覚えておく

日常会話でも非常によく使われるので、ぜひ使えるようにしておいてくださいね。

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「句と節のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。早稲田大学 教育学部卒。小学生の時から英語を学んでいた経験もあり。「毎日が生まれたて」という月間に100万回以上読まれる人気ブログも運営。>>サッシについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?