英語の動詞句とは?

動詞句とは?
サッシ

こんにちは、英語の文法マニアのサッシ です。

英語の動詞は「〜ing」や「〜ed」のように形を変えられますよね?

それらの変化形を使って1つの「ことばのかたまり」を作れるのが動詞句です。

今回は、「動詞句」と「句動詞」の違いや、文の中での「動詞句」の3つの役割についてわかりやすく紹介しますね。

動詞句について

はじめに、動詞句の意味・定義をハッキリさせましょう。

サッシ

名前がよく似た「句動詞」との違いも説明していきますね!

英語の「動詞句」とは?

まず、動詞句とは何かを見ていきましょう。

「動詞句」の定義

英文法においては「句」とは「2語以上の言葉のかたまり」を意味します。

そのため、「動詞句」とは以下の定義になりますよ!

英語の動詞句とは?

動詞を使って作る2語以上のかたまり

動詞句の例文

イメージしやすいように、例文で見てみましょう。

ウサギ

I know that man using his smartphone.
(スマホいじってるあの人、知ってるよ)

この場合の「using his smartphone(スマホを使っている)」が動詞句です。

動詞の「use」を使って、次の「語のかたまり」を作っていますよね。

動詞句の例

using his smartphone
(スマホを使っている)

「動詞句」という名称は、ちょうど前置詞を使った「前置詞句」と考え方は同じです。

サッシ

in the room(部屋の中)」や「from Japan(日本から)」など、前置詞を中心として作る句を「前置詞句」と呼んでいるのと同じノリですよ。

「句動詞」と「動詞句」の違い

「動詞句」の意味がわかったところで、「句動詞」との違いも見ておきましょう。

なにが違うの?「句動詞」と「動詞句」

英文法を学んでいると、名前がよく似た「句動詞」という項目も登場します。

サッシ

かなり混乱するネーミングですが、ぜんぜん違うものを指します!

ずばり、以下の違いがあるんです。

句動詞
2語以上で1つとなった「動詞
動詞句
動詞を使って作る「句」

どちらも動詞を使って作るかたまりという点は同じです。

「句動詞」は2つの単語で成り立つ「1つの動詞」

しかし、「句動詞」と「動詞句」は、文の中での役割が違います

句動詞は次の例のように、文の中で「動詞」として機能するものを言います。

オオカミ

Please take off your shoes here.
(ここで靴を脱いでください)

「take off(〜を脱ぐ)」が句動詞ですね。

動詞「take」に「off」がくっつくことで、「take off」と見かけは2語になります

ところが、これで1つの動詞として機能しているのです。

句動詞は1つの動詞

take + off
take off(〜を脱ぐ)

サッシ

句動詞はいわゆる熟語・イディオムのことだと考えてOKですよ!(群動詞とも呼びます)

句動詞についてはこちらに詳しくまとめています。

「動詞句」は「動詞以外の役割」をする

それに対して、動詞句は文の中で「動詞以外の役割」をするものを指します。

以下の例文の「eating carrots(ニンジンを食べること)」の部分が動詞句です。

ウサギ

I like eating carrots.
(ニンジンを食べるのが好きなんだ)

動詞「eat」を使って「eating carrots」というかたまりを作っていますよね?

ポイントなのは、ここでは動詞としては機能していないことです。

この場合の「eating carrots」は動詞「like(〜が好き)」の目的語になっています。

品詞で言えば、「eating carrots」は名詞として機能していることになりますね(目的語になれるのは名詞のみ)。

「句動詞」と「動詞句」は役割が違う

「句動詞」と「動詞句」の違いは、役割に焦点を当てるとわかりやすいです。

「句動詞」と「動詞句」の役割
名称 役割
句動詞 動詞
動詞句 動詞以外

役割が動詞なら「句動詞」、動詞以外なら「動詞句」です。

ちなみに言語学では、他の動詞を修飾する「動詞 + 目的語」を指して「動詞句」と呼ぶ場合もあります。

サッシ

たとえば、中国語の文法だと「連動文」のところで出てきますよ!

3種類ある「動詞句」の例

動詞句とは何かがわかったところで、さらに例を見てみましょう。

文の中での役割としては全部で3種類あるので、それぞれ紹介していきますね!

名詞の役割をする場合

まずは名詞の役割をする「動詞句」です。

動詞を「〜ing」の形にすると、名詞の役割をする句になります。

たとえば、以下の「watching YouTube videos(ユーチューブ動画を観ること)」の部分ですよ。

オオカミ

Watching YouTube videos is so much fun.
(ユーチューブ観てるのってめちゃ楽しい!)

「〜すること」という名詞のかたまりを作ることができます。

サッシ

いわゆる動名詞が、名詞の役割をする動詞句です。

形容詞の役割をする場合

お次は形容詞の役割をする動詞句を見てみましょう。

動詞を「分詞」という種類に変えると形容詞として使うことができます。

例文で見てみましょう。

ウサギ

Look at the sun rising in the west !
(西から昇ったあのお日様を見て!)

動詞句の「rising in the west(西から昇る)」は「the sun(お日様)」という名詞を修飾しますよね?

名詞を修飾しているので「rising in the west」は形容詞の役割と言えるわけです。

分詞の形は「現在分詞(〜ing)」と「過去分詞(〜ed)」の2種類がありますよ(不規則な変化をする動詞もあります)。

現在分詞とは?

現在分詞についてはこちらをどうぞ。

過去分詞とは?

過去分詞についてはこちらをご覧ください。

副詞の役割をする場合

最後の3つ目が、副詞の役割をする動詞句です。

先ほど、動詞の変化形である「分詞」を紹介しました。

その「分詞」を使って、文の最初や最後にかたまりを置くと、なんと副詞の役割をさせることもできるんですよ。

サッシ

「分詞構文」と呼ばれる技です!

たとえば、以下の「seen from a distance(遠くから見ると)」がそうです。

オオカミ

Seen from a distance, the rock looks like Pikachu.
(遠くから見ると、あの岩はピカチュウみたいだ!)

「遠くから見ると(seen from a distance)」は、後に続く「文全体」を修飾しています。

文全体や動詞・形容詞を修飾できるのは副詞だけなので、「seen from a distance」という動詞句は副詞の役割をしていると言えますよ。

今回紹介した「動詞句」についてまとめるとこちらになります。

「動詞句」まとめ

  • 動詞句は「動詞を使って作る句」
  • 役割は名詞・形容詞・副詞のどれか
  • 動詞の役割である「句動詞」とは別モノ

句と節についてはこちらもぜひご覧ください。

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「句と節のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
塾講師として英語・国語の指導を18年以上してきた経験のある「英語の文法オタク」。早稲田大学 教育学部卒。小学生の時から英語を学んでいた経験もあり。「毎日が生まれたて」という月間に100万回以上読まれる人気ブログも運営。>>サッシについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?