[書評]『1回読んだら忘れない中学英語』

『1回読んだら忘れない中学英語』の書評
サト

こんにちは、英語の勉強マニアのサトです。

中学校で習う英文法は、かなり重要です。

中学で習う内容をマスターすれば日常英会話の9割はOK」とも言われているほど、いろいろなことを表現できますから。

とはいえ、「英語の文法」と聞くと、拒否反応を覚えてしまう人もいるのではないでしょうか?

文字ばかりの文法書を開いてひたすら読む、修行のようなイメージがあるから。

そんな人にオススメなのが、この記事で紹介する書籍『1回読んだら忘れない中学英語』です。

文法書のニオイがしない文法書」で、中学英語の文法に挫折した人に特にオススメですよ。

著者の久保 聖一 氏について

まずは、『1回読んだら忘れない中学英語』の著者である久保 聖一(くぼせいいち) 氏についてご紹介しましょう。

久保氏は、大学で言語学を専攻。

大学を卒業したあとは、次のような形で、英語教育に30年以上も携わっていらっしゃいます。

久保氏の英語教育との関わり

  • 塾の経営
  • 塾の講師
  • 予備校の講師

そして、次のような実績もあるんだとか。

その中で小学生から英語をやり直したい大人まで多くの「英語嫌い」を「英語好き」に変えてきました。

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

「嫌い」を「好き」に変えることは、並大抵のことでありません。

サト

わたしもインドネシアで日本語教師をしているのですが、日本語がニガテな学生のモチベーションに悩んでいますし……。

久保氏は経験が長い(30年)のはもちろん、実績もあるということです。

そんな久保氏が書いた『1回読んだら忘れない中学英語』は、どんな本なのでしょうか。

『1回読んだら忘れない中学英語』の特徴

久保氏は、本書『1回読んだら忘れない中学英語』について次のように言っています(太字はサトによる)。

最初に断言すると、他の英語学習書や教科書とは「一線を画す」内容です。暗記を超えて、「根本の概念から理解」できる「新しい英語の見方」をお伝えしていきます

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

「新しい英語の見方」って、なんかワクワクしませんか?

サト

経験も実績も抜群の久保氏が言うのなら、なおさら期待も膨らみますよね!

ちなみに、本書は13章で構成されていて、次のような内容になっています。

『1回読んだら忘れない中学英語』の内容
タイトル 主な内容
時制〜現在形は「石」、過去形は「一匹狼」〜 時制
英語は「江戸っ子」語順 語順
絶対王者! 同士は「社長」 動詞
助動詞〜mustは「熱血」、mayは「上から」〜 助動詞
数にうるさい名詞 名詞
冠詞・形容詞〜aは「区切り」、theは「例のアレ」〜 冠詞形容詞
前置詞は「幹」と「枝葉」 前置詞
「桃太郎とイヌ」の接続詞 接続詞
不定詞・動名詞・分詞は「3兄弟」 不定詞・動名詞・分詞
否定文と疑問文は3種類だけ! 否定文・疑問文
奥深い比較の世界 比較
関係代名詞も江戸っ子 関係代名詞
「ワケあり」受動態など 受動態(受身形)

タイトルからして、個性的ですよね。「現在形は『石』、過去形は『一匹狼』」とか。

では、本書には具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

わたしが思うに、本書の特徴は次の3点です。

本書の特徴

  1. 気軽に楽しく読める
  2. 文法がイメージでわかる
  3. 解説のことばが考え抜かれていて、わかりやすい

順に見ていきましょう。

気軽に楽しく読める 

まず、気軽に楽しく読める点。

本書は、ひとことで言えば「文法書」です。

サト

先ほどの表からもおわかりいただけると思います。

文法書といえば小さい文字だらけ……というイメージかもしれませんが、本書はそんなイメージには全く当てはまりません

というのも、次のような工夫があるから。

本書の工夫

  1. イラストがふんだんに使われている
  2. 文字だけのページも、太字や下線などで読みやすくしている

この工夫について、少し詳しく見てみましょう。

【工夫1】イラストがふんだんに使われている

まず、本書ではイラストがふんだんに使われています

イラストについては次項で詳しく説明しますが、次の画像のようなイメージです。

イラストがふんだんに使われている
イラストがふんだんに使われている

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

こんなイラストがあれば、楽しく学習できそうですよね。

数えてみたところ、
全264ページ中、141ページにイラストがありました。

半分以上のページにイラストがある計算になります。

サト

こんな文法書、なかなかないですよね!

【工夫2】太字や下線などで読みやすくしている

また、文字だけのページも、例えば次の画像のようになっています。

文字だけのページも読みやすい
文字だけのページも読みやすい

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

このページには、次のような工夫が見られますね。

ページに見られる工夫

  • 太字や下線を使う
  • 文字のサイズやフォントを変える

「読む」ハードルを、できるだけ低くしてくれているのがわかります。

文法がイメージでわかる

特徴の2点目は、文法がイメージでわかる点です。

たとえば、文法の説明に、次のようなキャラクターが登場するんですよ。

文法の説明に使われるキャラクターたち
文法の説明に使われるキャラクターたち

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

書き出してみますね。

キャラクターの説明

  • 現在形は「頑固な石」
  • 過去形は「一匹狼」
  • 進行形は「落ちている葉っぱ」
  • 現在完了形は「過去を振りカエル」
  • mustは「熱血スポーツマン」
  • shouldは「優等生」
  • mayは「上から目線で優柔不断」
サト

これ、おもしろいですよね!

もちろん、おもしろいだけでなく、それぞれのキャラクターは文法の意味や機能、ニュアンスにピッタリなんですよ。

例として、次の2つを見てみましょう。

キャラクターの例

  1. 「現在形」の「頑固な石」
  2. 「must」の「熱血スポーツマン」

【例1】「現在形」の「頑固な石」

たとえば、「現在形」の「頑固な石」のキャラクター。

なぜ「石」のキャラクターなのかというと、次のような理由です。

現在形は、今の一時的なことではなく「永続的」「普遍的(いつでもどこでも当てはまる)」なことを伝える→わかりやすくいうと、「いつものこと」「普段のこと」を伝える

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

石の「頑固で変わらない」イメージは、まさに現在形にピッタリですよね!

【例2】「must」の「熱血スポーツマン」

それから、「must」の「熱血スポーツマン」。

「熱血スポーツマン」だけに、やる気マンマンです。

この「must」と「have to」は「〜しなければならない」で同じ意味、と習ったかもしれませんが、実は違うものなんですよ。

本書では、「must」と「have to」の違いを、次のようなイラストで見事に表してくれています。

「must」と「have to」の違い
「must」と「have to」の違い

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

「must」は熱血キャラなので自分から進んでやってますね。

それに対して「have to」は「いやいや」練習しています。

サト

「〜なければならない」と言っても、こんな違いがあったんですね!

他にも、本書では個性豊かなキャラクターが多数登場します。

気になるなら、ぜひ本書をお読みください!

解説のことばがわかりやすい

特徴の3点目は、解説のことばが考え抜かれていて、わかりやすい点です。

イラストは、あくまでイメージをつかみやすくするもの。

サト

イラストがおもしろくても、解説がわかりにくければ意味がありませんよね。

その点、本書の解説は、読み手のことをとことん考えて選んでいるのが伝わってきます。

たとえば、現在形。

先ほど引用した部分を、もう一度見てみましょう(太字はサトによる)。

現在形は、今の一時的なことではなく「永続的」「普遍的(いつでもどこでも当てはまる)」なことを伝える→わかりやすくいうと、「いつものこと」「普段のこと」を伝える

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

ここでは、「普遍的」を言い換えたり、「わかりやすくいうと」と、噛みくだいて説明してくれています。

さらに、現在形の使い方のひとつについては、こんな解説もあるんですよ(太字はサトによる)。

例えば「来年のお正月は日曜日」とか(中略)「未来のこと」だけど、その人の力ではどうにも変えられないことは、現在形にするのです。誰にも動かせない「固定」されたことだから現在形ですね!

久保聖一著『1回読んだら忘れない中学英語』』(2019年 KADOKAWA)より引用しました。

ものすごくシンプルなことばで説明してくれていますよね。

本書のターゲットは中学生から大人までなんですが、読み手のことを真剣に考えて、ことばを厳選しているのが感じられます。

サト

中学生にわかりやすいものは、大人にもわかりやすいですからね。

イラストと解説の相乗効果で、理解が進むことは間違いありません!

引用はしませんでしたが、「来年のお正月は日曜日」などの英語の例文も、もちろんあります。

この記事では、『1回読んだら忘れない中学英語』という本をご紹介しました。

特徴は次のとおりで、めちゃくちゃいい本です。今の中学生がうらやましい……。

本書の特徴

  1. 気軽に楽しく読める
  2. 文法がイメージでわかる
  3. 解説のことばが考え抜かれていて、わかりやすい

文法書のニオイがしない文法書」とも言える本書、ぜひお子さんやご自身の英語学習にご活用ください!

英語の勉強にオススメの書籍はほかにもいろいろあります。

次の記事にわかりやすくまとめたので、ぜひご参考に!!

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語勉強の書籍のカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
受験英語が大好きで、独学でTOEIC 955点をマーク。現在はインドネシアに移住し、言語の専門家である日本語教師として生計を立てている。英語よりも「英語の勉強」に興味が強く、最近ではオンライン英会話や電子書籍を試すことにハマっている。>>サトについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?