「a apple」じゃなくて「an apple」になるのはなぜ? そのルールと理由とは?

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

冠詞といえば、「 a 」と「the」です。

でも、「 a 」はときどき「 an 」に変化する……という現象がありますよね。

このルールってご存じでしょうか? 今回は、どういうときに「 a 」が「an」になるのかをまとめました。

「a」と「an」の使い分け

まず最初に説明しておくと、「a」と「an」は「1つの」という、全く同じ意味の言葉です。

品詞で言うと、「冠詞」に分類され、冠詞の「 a(不定冠詞)」が状況によって「an」に変化するだけです。

それなのに「 a 」と「an」という2つを使い分ける理由ってなんなのでしょうか?

母音の前だと「a」→「an」に

不定冠詞「 a 」が「an」に変身するルールは、実は一言で完結します。

ずばり、「母音」の前です。

後ろにくっ付く名詞が「母音 =a, i, u, e, o(アイウエオ)」で始まる単語のときは「a」ではなく、「an」を使います

たぶん、例を見たら一発で分かると思います。

オオカミ

I have a an apple.
(僕はりんごを [ 1つ ] 持っている)

「apple(りんご)」という単語は「a(ア)」の音で発音して始まりますよね?

通常なら「私は〇〇を持っている」と言いたい場合(「pen」など)のときは、前に「 a 」が付きますが、「apple(りんご)」のときは「an」が付くということです。

「a」「an」の例

  • I have a pen
  • I have an apple.

では、母音から始まる単語でほかの例も見てみましょう!

「an」が付く例

  • an apple(りんご)
  • an idea(考え)
  • an uncle(おじ)
  • an egg(卵)
  • an owl(フクロウ)

ちなみに「母音」に対して「 p 」や「 k 」などを「子音」と呼びます。

重要なのは「発音」

さて、ここまで見ると「なんだ簡単だな!」と思われると思いますが、注意が必要です。

実は、この「母音」というのは文字の話ではなく、「発音」の話だということです。

こちらの2つの例を見てください。

「an」が付く例

  1. a useful way(便利な方法)
  2. an hour(1時間)
ヨス

ええー!? おかしくないっ!?

1表記は「母音」でも音声は「子音」

たとえば、1の「a useful way(便利な方法)」の場合、「useful way(便利な方法)」の「useful」が表記上は「 u(母音)」で始まっています

でも、これはあくまで表記だけの話で、発音は「ユ(yu)」のような音から始まるんですよ。

発音記号でも [ júːsfl ] になっていて、日本語の「ヤ行」子音である [ j ] から始まっていますね。

2表記は「子音」でも音声は「母音」

そして、2の「an hour(1時間)」は逆です。表記では「 h 」から始まっているので、「a hour」になりそうです

ところが、「hour」の場合、「 h 」は発音しないため、「 a 」の発音から始まります(「our [ 私達の ]」と同じ発音)。

そのため、母音の発音から始まるため「hour」の前の「 a 」は「an」になるんですね。

なぜ「 a 」が「an」になるの?

では、なぜ母音の前に「 a 」が来るとわざわざ「an」にする必要があるのでしょうか?

実はこれ、音声の問題です。

母音が重なると発音しにくい

単純に母音が重なると読みにくいですよね(笑)。

わかりやすくするために、カタカナで書いてみます。

「a」に置き換えてみた

  • a apple(りんご)ポゥ
  • a idea(考え)イディア
  • a uncle(おじ)ンコゥ
  • a egg(卵)
  • a owl(フクロウ)オゥ
ヨス

これは読みにくすぎやろっ!!

実際に英語圏の人が話すときは「えっと、『apple』は母音だから……」みたいに頭で考えているわけではありません。

母音から始まる単語を言おうとしたときに、「発音しやすくする」ために勝手に舌が上前歯の根本にいく(「 n 」の発音をする)ように身体で覚えています。

日本語の鼻濁音の「が」と同じような感じですね(ぶっちゃけですが「an」をマスターするよりも、日本語の「が」の使い分けの方がハードル高いです)。

言語で母音が連なることは嫌われる

日本語でも「春雨」を「はるあめ」ではなく「春雨(はるさめ)」と読みますが、これも母音が重なるのを避けるために起こった音声変化です。

音韻添加(子音介入)の例

haruameharusame

ちなみに「音韻添加(子音介入)」と呼びますが、[ s ] という子音を [ u ] と [ a ] の発音の間に介入させることで読みやすくしています。

基本的にどの言語においても「母音」が続くことを避けたがる傾向があるんですね!

ヨス

近代の日本語では「青い(aoi)」みたいに、母音が重なる単語はガンガンありますけどね(笑)。

「an」を読むときのコツ

では、「 a 」を「an」にすることで本当に読みやすくなるのでしょうか?

ここ、超大切なのですが、もし日本語の読み方で「アン・アップル」と言っているのでは読みやすくなりません!

「n」と「ン」の発音は全然違う!

まず、読む時に注意したいのは「an」は「アン」ではないということ。

上の記事を見てほしいのですが、「 n = ん」ではないのです!

正しい「 n 」の発音はこちらをご覧ください。

リンキングさせて発音する

そして、リンキングさせて発音することが大切!!

リンキングというのは、単語と単語のスペースを取っ払って、繋げて読むことです。

こちらをご覧ください。

  • an apple(りんご)ポゥ
  • an idea(考え)イディア
  • an uncle(おじ)ンコゥ
  • an egg(卵)
  • an owl(フクロウ)オゥ

カタカナで書いていますが「アアッポゥ」に比べると「アナッポゥ」はめちゃくちゃ読みやすいのは伝わったのではないでしょうか?

ちなみに、[ n ] の発音は音声学では鼻音と呼ばれる音で、非常に発音しやすいです。

「an」の「a」はあいまい母音

さらに「an」の「 a 」ですが、ハッキリと発音しないのもコツです。

専門的には「シュワー(schwa)」と呼ばれる母音で、国際音声記号では
[ ə ] と書きます。

ヨス

辞書でもよく見かける「 e 」が逆になった記号ですね!!

とにかく日本語の「ア」のようにハッキリ言わず「ァ」みたいなノリで「ア」とも「オ」とも分からないような「適当な発音」で言ってください。

さて、今回は冠詞の「 a 」が「an」になることについてまとめました。

話すときは「an」を「アン」と読まないことが超重要ですので、ぜひ発音をマスターしてくださいね。

英語の品詞について気になることがあればコチラの記事からどうぞ♪

6,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に6,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?