鼻音とは?「口から出るはずの音」を鼻から出す発音

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

今回は子音の中の鼻音という音声について紹介します。

英語で主に使われる鼻音は [ m ][ n ][ ŋ ] の3種類です。

この3つを使い分けられるようになれば、聞き分けるときにも役に立ちますよ。

音声は口から出すのが基本

人間が言葉を話すとき、その音声は口から出します

ヨス

当たり前やっ!!

……というツッコミが来そうですね。

鼻から音を出すのが「鼻音」

でも、子音の中には鼻を使って発音するものもあるのです。

鼻を使って発音する音声を「鼻音(びおん)」と呼びます。日本語だと「ナ行」と「マ行」が鼻音になります。

ほら、風邪をひいて鼻がつまっているときに「ナ行」と「マ行」だけ、超言いにくくなりませんか?

その理由は鼻を使って出す音声だからなんですね!

ヨス

昔、お店で自分の名前を伝えるとき、鼻がつまっていて「ヤ(矢野)」と10回ぐらい言っても伝わらなかった苦い思い出があります(←「の」が鼻音)

鼻音を発音するときの基本

では鼻音を発音するときの基本についてお話しします。

ずばり、口から出すハズの音声を口の中でせきとめ、鼻から出す音声です。

鼻音とは?
口から出るはずだった音を口の中でせき止めて、鼻から出す音のこと。

そして、鼻音は何種類か存在しますが、その音声の違いを生み出すのが、口の中の「どの場所で音声をせき止めるか」です。

ここにかかっています。こちらが口の中の名称の図ですが、いろいろありますよねー。

口の中の名称
口の中の名称

あとで詳しく説明しますが、たとえば上の図の中の左の端にある「上唇」と「下唇」で作る鼻音が [ m ] という音です。

英語にある鼻音の種類

では、英語にある鼻音の種類を見ていきましょう。

両唇鼻音 [ m ]

上の唇と下の唇をあわせ、口から出す息をせき止め、鼻から出す音声を「両唇鼻音(りょうしんびおん)」と呼びます。

これは日本語の「マ行」の子音になりますね(参考: 子音だけを発音するとは?)。

「 m 」の発音
「 m 」の発音

mother」や「map」などのように、発音記号と同じ「m」という記号が [ m ] の発音なので分かりやすいですね。

日本語では「マ行」のほかに、「天ぷら」と発音するときの「ん」が実はこの「 m 」の発音になります!

歯茎鼻音 [ n ]

歯茎に舌先をくっつけて、口から出る音声を完全に止め、鼻から音声を出すものを「歯茎鼻音(しけいびおん)」と呼びます。

[ n ] の発音
[ n ] の発音

英語ではたとえば、「no」とか「nice」の「 n 」の発音ですよね。

日本語の「ナ行」の子音なのですが、それだけではありません。

「かどう(感動)」や「ほとう(本当)」の「ん」の発音も [ n ] になりますよー。

日本語の「ん」も「 n 」で表記されますが、厳密には全く違うものなのでご注意くださいね!

「pen」を「ペン」って発音している人はこちらの記事で直してくださいね♪

軟口蓋鼻音 [ ŋ ]

そして「軟口蓋鼻音(なんこうがいびおん)」という鼻音もあります。

舌の根元を、軟口蓋に当てて口から出す息を完全にふさぎ、口から出るはずだった息を鼻から出して発音する発音です。

[ ŋ ] の発音
[ ŋ ] の発音

辞書を使っている方なら「ing」の発音記号が「 iŋのように書かれているのを見たことがあると思います。割と有名な発音記号ですよね。

英語表記で「ng」の発音のときにこの発音になります。「ng」と2文字のアルファベットを使いますが [ ŋ ] は1つの音声です。

くわしくはこちらの記事をどうぞ。

あと、この発音は日本語にも存在します。くわしくはこちら。

おまけ: 歯唇鼻音 [ ɱ ]

マニアックになりますが英語には「歯唇鼻音(しんしびおん)」という音声があります。

英語の [ f ] の発音と同じく上の歯を下唇に当て、口から出る息を完全に止め、その息を鼻から出すときに出す音です。

[ ɱ ] の発音
[ ɱ ] の発音

この [ ɱ ] の発音ですが、普通の人が聞いても [ m ] の発音と区別は付きません

そもそも、この [ ɱ ] という発音は、英語の発音として一応、存在はしますが、ほとんどのネイティブスピーカーも知らない音です。

たとえば「symphony [ sɪɱfəni ] 」という単語の中でかろうじて出てくるレベルです。

ほかにも「I'm fine.」というときの「I'm」の「m」の発音が、後ろにつづく [ f ] に引きづられ [ ɱ ] の発音になるとか。

つまり、本来は [ m ] と発音すべきところが、「 m 」のあとに続く [ f ] の発音(上の前歯を下唇に当てて発音)の構えに引きづられたため、「仕方なく存在してしまう発音」 です。

ヨス

一応載せていますが、とくに覚えておく必要はありませんよ!!

日本語にしかない鼻音

お次は、日本語にしかない鼻音も2つ紹介しておきます。

どちらも、日本人も意識したことのない発音だと思いますが。

硬口蓋鼻音

硬口蓋鼻音(こうこうがいびおん)の「 ɲ 」という発音が日本語には存在します。

「 ɲ 」の発音
「 ɲ 」の発音

実は、これは「な・・ぬ・ね・の」のうち、「に」の子音です。

英語で「na・ni・nu・ne・no」と表記しますが、実は「ni」と書くと、日本語の「に」の発音とは違った発音で読まれるんですね。

発音記号で書いて比較してみますね。

本来あるべき「 n 行」と「 ɲ 行」
  な( n )行 にゃ( ɲ )行
あ( a )段 な(na) にゃ(ɲa)
い( i )段 ぬぃ(ni) に(ɲi)
う( u )段 ぬ(nu) にゅ(ɲu)
え( e )段 ね(ne) にぇ(ɲe)
お( o )段 の(no) にょ(ɲo)

そうなんです。本来、「に [ ɲi ]」は、「ニャ行」に所属するんですよ。「ナ行」にある「 ni 」は「ぬぃ」と発音するんです。

口蓋垂鼻音

そして、日本語の「ん」の発音の基本はのどちんこで発音する口蓋垂鼻音(こうがいすいびおん)」という音声です。

こんなふうに音声記号では大文字の [ N ] で書きます。

「 ʍ 」の発音
「 N 」の発音

小文字になると先ほど紹介した「歯茎鼻音 [ n ]」になるので、区別するために必ず大文字で書きます。

何も考えずに日本語の「ん」を発音してみてください。そう! その発音がこの「口蓋垂鼻音」です。

ちなみにこの [ N ] は子音なので、母音を付けると「んぁ・んぃ・んぅ・んぇ・んぉ」というふうに「ン行」を作れますよ!

「ん」の発音にはいろんな音声があるので、詳しくはこちらをご覧ください。

さて、今回は音声学で言うところの「鼻音」について紹介しました。

マニアックですが、英語の [ m ][ n ][ ŋ ] の発音を区別するときに覚えておくと役に立つはずですので!

たった5,000円で英語のレッスンが自宅で?!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?