英語の「文章」を綺麗に発音するコツとは?「スペース」を取っ払って読め!

ヨス

こんにちは! 元・日本語教師のヨスです。

今回は英語の文章を読むときのコツについて。

結論から言うと一瞬で終わるのですが、単語と単語の間の「スペース」は取っ払って読むといいよーという話です。

英語の文章に「スペース」はなぜあるの?

英語の文章を見ると、日本語にないものがあることに気づきます。それは「スペース」です。

英語のスペースですが、あれってなぜ入れるんでしょうね。

たとえば……

This is a pen.

この単語と単語の間にあるスペースですよー。ためしに取っ払ってみましょう。

Thisisapen.

ヨス

ええ。読めませんね(笑)。

英語の文章にある「スペース」は、読むときに単語と単語の境目を明確にすることで、読みやすくする役目なんですねー。

英語の「スペース」は単語の境目

このスペースなんですが、単語と単語の境目が明確になって読みやすくなるのはいいんです。

でも発音を考えるとスペースがジャマをしているんですよ!

ほら、さっきのこれですが……

This is a pen.

今度は発音してみてください。

ディス・イズ・ア・ペン

って読んでしまいませんか?! もう、典型的なカタカナ英語ですね。

ヨス

これがダメなんです! 英語の本来の発音からかけ離れた発音になってるんですよっ!

読むときにはスペースがないものと思え!

じゃあどうすればよいかと言うと、スペースを無視して読むんです!

こちらを読んでみてください!

Thisisapen.

ええ。読みにくいですけど、イメージ的にはこんな感じで。

これだと「ディス・イズ・ア・ペン」って読みませんよね。こんなふうに読めませんか?

ディスィズァペン

実はこの方が英語の発音にはるかに近くなるんですね。

覚えておいてほしいのですが、英語の文章中にあるスペースはあくまで「視覚的な境目」です。音声的な境目ではないんです!

「子音」と「母音」がくっつく

英語のスペースを無視して「続けて読む」ことで何が変わったのかを見てみると……

スペースを取ると読み方が変わる?!
スペースを取ると読み方が変わる?!
  • Thi(ディ)※ 本当は「 d 」の発音ではない
  • si(スィ)
  • sa(ズァ)
  • pen(ペン)

なんと! 言葉が変わりました!

それをもう一度区切り直すと、こういう感じです!

Thi si sa pen.

あれ!? これってどういうことでしょうか??

「子音」と後ろにつづく「母音」が合体する

「this」と「is」は子音で終わっていますよね?

この最後の子音が、後ろに続く母音と合体しているんですよ!

スペースを取ると読み方が変わる?!
スペースを取ると読み方が変わる?!

どうでしょうか?「this」の「 s 」と「is」の「 i 」が合体して、「si」になっているように!

なるほどー! 英語話者はこんなふうに英語を読んでいたんですね。

というわけで、今後英語の文章を読むときは頭の中では「音声上にスペースは存在しない」ということを意識して読んでみてくださいね!

今回のことをわたしが20歳のときにアメリカで発見したときは目からウロコでした。

たぶん、発音がキレイな人はこれを無意識に体得しているんだと思います。

ちなみに日本人が「is」を「イズ」と読んでしまうのは、日本語が常に子音+母音で成り立っているという特性からです(くわしくは下記を)。

おすすめのオンライン英会話

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者:

ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?