リンキングとは? 英語の文章は「スペース」を無視して読むと発音が良くなる!

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は英語の文章を読むときのコツである「リンキング(Linking)」についてです。

結論から言うと一瞬で終わるのですが、単語と単語の間の「スペース」は取っ払って読むといいよーという話です。

リンキング(リエゾン)とは?

では、まずは「リンキング」という言葉について説明します。

別の呼び名では「リエゾン」とも呼ばれますが、英語の「Linking」からカタカナになった「リンキング」の方がよく使われます。

「リンク」する……つまり「繋がる」という意味で、英語の単語と単語の発音が繋がって、あたかも1つの単語のように聞こえることを指します。

たとえば、「This is a pen」をカタカナ英語にしたこちらをご覧ください。

ディス・イズ・ア・ペンディスィズァペン

すっごく大雑把に言うと「ディス・イズ・ア・ペン」ではなく、「ディスィズァペン」のように読むのがリンキングです。

英語の文章に「スペース」はなぜあるの?

「リンキング」を理解しやすくするために、じゃっかん話題が変わりますが、英語の文章にはなぜ「スペース」があるのでしょうか?

ヨス

日本語にはスペースなんてほぼ使いませんよね(マンガとかでは使われるけど)。

たとえば、この単語と単語の間にあるスペースを見てください。

This is a pen.

ためしに取っ払ってみましょう。

Thisisapen.

ヨス

これは読めんわっ!!

英語の文章にある「スペース」は、読むときに単語と単語の境目を明確にすることで、読みやすくする役目なんですねー。

英語の「スペース」は単語の境目

このスペースなんですが、単語と単語の境目が明確になって読みやすくなるのはいいんです。

でも発音を考えるとスペースがジャマをしているんですよ!

ほら、さっきのこれですが……

This is a pen.

今度は発音してみてください。

ディス・イズ・ア・ペン

って読んでしまいませんか?! もう、典型的なカタカナ英語ですね。

ヨス

これがダメなんです! 英語の本来の発音からかけ離れた発音になってるんですよっ!

「pen」を「ペン」と発音する問題についてはこちらに書いています。

読むときにはスペースがないものと思え!

じゃあどうすればよいかと言うと、スペースを無視して読むんです!

こちらを読んでみてください!

Thisisapen.

ええ。読みにくいですけど、イメージ的にはこんな感じで。

これだと「ディス・イズ・ア・ペン」って読みませんよね。こんなふうに読めませんか?

ディスィズァペン

実はこの方が英語の発音にはるかに近くなるんですね。なぜなら、単語と単語を「リンキング」させて読みやすくなるからです。

覚えておいてほしいのですが、英語の文章中にあるスペースはあくまで「視覚的な境目」です。音声的な境目ではないんです!

「子音」と「母音」がくっつく

英語のスペースを無視して「続けて読む」……つまり、リンキングさせて読むことで何が変わったのかを見てみましょう。

スペースを取って「リンキング」させると読み方が変わる?!
スペースを取って「リンキング」させると読み方が変わる?!

これを見ると「リンキング」によって発音がだいぶ変わることが分かります!

この例での「リンキング」を分析してみましょう。

リンキングを分析

  • Thi(ディ)
  • si(スィ)
  • sa(ズァ)
  • pen(ペン)

だいぶ変化しているのが分かりますね。

これをもう一度区切り直すと、こういう感じです!

Thi si sa pen.

ヨス

あれ!? これってつまり?!

リンキングは「子音」に続く「母音」が繋がる

実は子音で終わっていた「this」と「is」が、後ろに続く母音と合体(リンキング)しているんですよ!

スペースを取ると読み方が変わる?!
スペースを取ると読み方が変わる?!

どうでしょうか?「this」の「 s 」と「is」の「 i 」がリンキングして、「si」になっているように!

英語話者はこんなふうに英語を読んでいるんです!!

前置詞は頻繁にリンキングされる

この「リンキング」という現象ですが、前置詞で頻繁に見られます。

例えば、こういうときです。

リンキングされる前置詞

  • kind ofカイン
  • check upチェッップ
  • keep onキー
  • look inルッ

日本語としても使われますが、「come on(カム・オン)」を「カモン」と言うのもリンキングだったんですね(「come」は、つづりは「e(母音)」で終わってますが発音は「m(子音)」で終わっている)

というわけで、今後英語の文章を読むとき、頭の中では「音声上にスペースは存在しない」ということを意識してください。

そして、単語と単語をリンキングさせて読んでみてくださいね!

今回のことをわたしが20歳のときにアメリカで発見したときは目からウロコでした。

たぶん、発音がキレイな人はこの「リンキング」を無意識に体得しているんだと思います。

ちなみに日本人が「is」を「イズ」と読んでしまうのは、日本語が常に子音+母音で成り立っているという特性からです(くわしくは下記を)。

リンキングに似ている「フラッピング」という音声変化はコチラです。

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"