英語「L / l」の発音・読み方

アルファベット「 L 」「 l 」の発音は?
ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は英語で使われるアルファベットの「 L(小文字: l ) 」についてです。

英語の単語に「 l 」が出てきたときにはどういうふうに読めばいいのでしょうか?

書き方や読み方、そして発音しない「 l 」についてなど、「 l 」に関して詳しく紹介します。

英語の「L ( l ) 」について

まずは英語の「 L ( l ) 」について基本を紹介していきます。

「 L ( l ) 」の書き方

アルファベット「 L 」と「 l 」はどうやって書くのでしょうか?

罫線(けいせん)のあるノートには次のように書きます。

「 L 」「 l 」の書き方
「 L 」「 l 」の書き方

アルファベットの書き方や書き順についてはこちらです。

「 L ( l ) 」の名前

日本語では「エル」と読みますが、英語ではどう読むのでしょうか?

「 L 」「 l 」の名前は [ ɛɫ ] です。

次の音声データでご確認ください。

日本語の「エル」という発音に似ていますが、次の点で違いますよ。

「エル」との発音の違い

  • 「エ [ e ] 」よりも口を縦に開けた「エ」の発音 [ ɛ ]
  • 語末の「 l 」の発音は「ル」のような音ではなく、ダークエルと呼ばれる「ゥ」のような発音 [ ɫ ]
ヨス

母音の「う」をくっつけて「エ」と言ってしまわないように!(参考: 子音だけを発音する

「 L ( l ) 」の発音について

先述したアルファベットの「名前」とは違い、「 L( l )」が単語や文章の中で出てきたときは違う読み方(発音)になります。

今度はアルファベット「 L 」「 l 」の発音(読み方)を紹介しましょう。

[ l ] の発音(ライトエル)

「 L 」「 l 」が単語の中に出てくるときは、基本的には発音記号 [ l ] の発音になります。

[ l ] の発音
[ l ] の発音

どんな発音かは、こちらの音声データをお聞きください。

ひより

え? 想像していた発音と違うんだけど??

……という感想を持つ人がほとんどだと思います(笑)。

[ l ] の発音の仕方は発音記号 [ l ] についてに詳しく書いているのでぜひご覧ください。

発音記号 [ l ] について

[ ɫ ] の発音(ダークエル)

意外と知られていませんが、「L( l )」にはもう1つの発音があります。

それが俗に「ダークエル(発音記号は [ ɫ ] )」と呼ばれている発音です。

「ダークL」こと「 ɫ 」の発音
「ダークL」こと [ ɫ ] の発音

ダークエルの発音の音声はこちらになります。

前項で紹介した [ l ] の発音よりも少し暗い発音に聞こえますよね。

通常の [ l ] の発音ではなく、「ダークエル [ ɫ ] 」になる条件を紹介します。

ヨス

通常の [ l ] とは違う発音だということを意識するため、発音記号 [ ɫ ] を使っています。通常は使われない記号なので覚える必要はありません。

1語末に来る「 L 」

まず、語末に来る「 l 」はダークエル [ ɫ ] の発音になります。

たとえばこちらのような単語です。

語末に来る「 l 」の例
単語(意味) 発音記号
call(呼ぶ) [ kɔɫ ]
tell(話す) [ tɛɫ ]
feel(感じる) [ fiɫ ]
real(本当の) [ ɹɪəɫ ]
well(上手に) [ wɛɫ ]
twinkle(きらめく) [ twɪŋkɫ ]

それぞれの単語を発音した音声データもあるので、参考にしてください。

ただし、文の中で後ろに母音の発音が続くときは通常の [ l ] の発音になりますよ。

こちらの例をご覧ください。

母音の発音が続く例

I'll call him.(彼に電話します)
[ aiɫ kɔːlɪm ]

上の例では、「I'll」の「 L 」は後ろに子音の [ k ] が続くのでダークエル [ ɫ ] のままです。

でも、「call him」のほうはライトエル [ l ] の発音に戻ります。

ひより

なぜ?「him」の頭は「 h 」だから子音じゃないの?

……という鋭い指摘をされた人、すばらしい!

そのとおりなのですが、実は、代名詞「him」や「her」などの [ h ] の発音は会話の中では省略されることが多いのです。

音声だとこちらのようになります。

そのため、「him」「her」の発音になり、母音の発音になるため、ライトエル [ l ] の発音に戻るのです。

2母音の後ろの「 L 」で子音が続くとき

語末ではない場合でも「 L 」の発音がダークエルになることもあります。

「 L 」が母音の後に続く場合です。

母音とひとことで言っていますが、「二重母音」や「R音性母音」も同じですよ。

ダークLになる条件
母音のあと
  • wolf(オオカミ)
  • yourself(あなた自身)
  • milk(牛乳)
二重母音のあと
  • mailbox(郵便受け)
  • child(子ども)
  • cold(寒い)
R音性母音のあと
  • world(世界)
  • pearls(pearl [ 真珠 ] の複数形)
  • girls(girl [ 女の子 ] の複数形)

音声だとこちらになります。

ただし、この場合も「 L 」の後ろに「母音」が来る場合は通常の [ l ](ライトエル)の発音になりますよ。

ダークLにならない条件
母音+L+母音 feeling(感覚)
二重母音+L+母音 sailing(セーリング)
R音性母音+L+母音 pearly(真珠のような)

音声データはこちらになります。

[ ɫ ] の発音の仕方はダークエルについてに詳しく書いているのでぜひご覧ください。

ダークエルについて

発音のなくなる「 L 」

スペルが「alk」になるときは、 [ l ] の発音が完全に消えます。

たとえばこちらのような単語です。

「 alk 」が続く例
単語(意味) 発音記号
talk(話す) [ tɔk ]
walk(歩く) [ wɔk ]
stalk(茎) [ stɔk ]

音声データでもご確認ください。

ヨス

「alk」を見たら「 L 」は発音しないことを思い出してくださいね!

さて今回は、英語の「 L 」「 l 」について紹介しました。

「 L 」が来る位置によって「ライトエル [ l ] 」もしくは、「ダークエル [ ɫ ] の発音になるということも重要なポイントですね。

「 L( l )」の発音まとめ

  • 通常は [ l ] の発音
  • 語末に来る「 L 」は [ ɫ ] の発音
  • 母音のあとに来る「 L 」は [ ɫ ] の発音
  • 「 L 」の後ろに母音が来るときは [ l ] の発音に戻る
  • 「 alk 」になるときは「 L 」を発音しない

「 l 」の発音については以下の記事にさらに詳しく書いてあるので、あわせてご覧くださいね。

発音記号 [ l ] について

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語のスペルのカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?