サマータイムってなに? アメリカの「Daylight Saving Time」についてまとめたよ

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

「summer time(サマータイム)」や「daylight saving time(デイライトセービングタイム)」といった言葉を聞いたことがありますか?

日本語で言うと「夏時間」ですね。どちらかというと、「サマータイム」という言葉の方が知られているかもしれません。

サマータイム」というのは、ヨーロッパや北アメリカなどの国々で行われている、夏場だけ時間をずらす制度や、その進められた時刻のことを指します。

今回は、日本でも検討されていると言われている「夏時間」についてまとめました。

「summer time(サマータイム)」と「daylight saving time(デイライトセービングタイム)」って何?

最初に言葉の確認をします。

英語での2つの表現

  • summer time(サマータイム)
  • daylight saving time(デイライトセービングタイム)

英語では2つの言い方がありますが、どちらも日本語でいう「夏時間(サマータイム)」を指しますね。

実はその地域によって呼び方が違うだけです。

「summer time」は、主にヨーロッパで使います。

私の住んでいるアメリカでは、「daylight saving time」を使います。カナダやオーストラリアでも使うそうです。

1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度またはその進められた時刻のこと。ただし、オーストラリアのロード・ハウ島では夏時間と通常の時間の差が1時間でなく30分である。

夏時間 - Wikipediaより引用しました。

タカコ

つまり、夏場だけ時計の針を進める制度と、その進められた時刻のことをいうんですね。

日本では現在行われていませんが、ヨーロッパや北アメリカの国々を中心に、この制度を実施しています。

といっても、そのすべての国や地域で実施されているわけではないんです。

国によって違いますし、同じ国でも、アメリカやオーストラリアでは、地域によって「夏時間」を実施していないところもあります。

タカコ

私の住んでいるテキサス州では実施されていて、夏場だけ冬場よりも1時間進めます。

「夏だけ(時刻を)進める」ってどういうこと?

「夏だけ(時刻を)進める」と言われても、よくわからないかもしれません。

「決められた日に進め、また決められた日に戻す」のです。

一旦進めたものを戻すだけなので、実施期間が終わると、「ずれ」はなくなります。

サマータイムはいつ時間を変更するの?

アメリカ(とカナダ)では、「夏時間」はこちらの期間になっています。

北米の夏時間の期間

3月 第2日曜の午前2時
〜 11月 第1日曜の午前2時

タカコ

緯度によって、太陽が出ている時間は違いますから、実施の時期は国によって違います。

ところが、「毎年○月○日に変更」と、日付で決まっているのではなく、「3月の第2日曜日」や「11月の第1日曜日」と、変更される日が毎年違うので、毎回カレンダーで確認することになります。

どうやって「時刻を進める(戻す)」の?

私自身、「時刻を進める(戻す)」「時刻をずらす」「時計の針を動かす」ということはわかっていても、時計の針をどう動かすのか、すぐに判断できないときがありました。

夫に聞いてみると…

タカコ

ねぇ、時間を進めるとか、戻すとか、針をどっちに進めるか、よくわからないんだけど。

タカコ、「Spring Forward, Fall Back」という言葉があるんだ。「春には時計の針を前に進めて、秋には後ろに動かす」という意味だよ。

タカコ

なるほど!! わかりやすいね!!

「進める・戻す」の覚え方

Spring Forward, Fall Back
(春には時計の針を前に進めて、秋には後ろに動かす)

この言葉を聞いて、時計の針の動かし方には迷いはなくなりました。

サマータイムが変更されるとき、どんなことが起こっているの?

では、具体的に、時刻の変更がどう行われているかですが……

アメリカ(カナダ)では、3月の第2日曜日の午前2時に、(「Spring Forward」」なので)1時間進めます。

タカコ

時間を進める日は、夜中2時台がスコンと抜け落ちたようになります

なんと! 夜中の2時がない!
なんと! 夜中の2時がない!

上の画像は、「時間を進める日」の天気予報ですが、
夜中の2時が存在しないんです!

そして、11月の第2日曜日の午前2時になったら、(「Fall Back」なので)1時間戻します。

なんと、11月の第2日曜には午前1時台が2回あるんです!!

なんと! 1時台が2度ある!?
なんと! 1時台が2度ある!?
タカコ

午前2時になっても、もう一度午前1時台になるんですね。

進めるときも戻すときも、多くの人が寝ている間に行われるので、体では何も感じません。

朝、目が覚めると、静かに「世の中の時刻」が1時間ずれているので、不思議な感じです。

でも、外の景色など、少し変化があるものもあります。

「夏時間」が始まったときは、それまで起きたときにはすでに明るくなっていたのに、(時計の時刻は同じなのに)辺りはまだ少し薄暗いですし、

「夏時間」が終われば、それまでまだ暗いうちに起きていたのに、(時計の時刻は同じなのに)すでに少し明るくなっています。

各個人の時計の針も動かす

また、この日の前後に必ずしなければならないのが、各個人が「時計の針を動かす」ことです。

たとえば、電子レンジや炊飯器などについている家電の時計や普通の掛け時計は、自分で針を動かす必要があります。

でも、電波時計や携帯電話、パソコンなどのように自動的に変更されるものも。便利ですね。

手前: スマホ(自動で調整される)・奥: 電子レンジ(手動で直す必要がある)
手前: スマホ(自動で調整される)・奥: 電子レンジ(手動で直す必要がある)

手前のは自動で時間が調整されるスマホ。奥にあるのは手動でなおさなければならない電子レンジです。

うっかりしていると、時間を間違って大慌て……なんてこともありえます。

特に、春の「夏時間」の始まりは大変なんです。

「夏時間」の始まりは、体に負担がかかる

例えば、前日まで朝7時に起きていたのが、変更後は、時計の表示は7時でも、感覚的には6時に起きるのと同じなので、体の負担が大きいです。

タカコ

ちょっとした「時差ボケ」と同じです。たかが1時間なんですが、されど1時間。朝起きても、頭がボーっとした感じで、体が慣れるまで数日はかかります。

体への負担が大きいと感じるのは私だけではないようで……実施直後は、交通事故の発生件数が増えたり、心臓発作の発症件数が増えたりするなど、数字に表れているそうです。

義母も「こんな体に負担になる制度、大嫌いよ!!」と、「夏時間」が始まるたびに怒っています(笑)。

反対に秋の変更は、「夏時間」の朝8時に起きる感覚なので、1時間余裕があるのと同じで、体にも優しく、心にも余裕があります。

タカコ

「1時間長く寝られる!」といった感じですね。

どうして「夏時間」を実施するの?

では、どうして、体に負担をかけてまで「夏時間」を実施するのでしょう?

日本でも、夏が近くなってくると日の出が早くなり、夏場は、朝5時くらいでも明るくて、6時にはすっかり明るい、というところがほとんどだと思います。

ここテキサスでも、夏場は、日の出が早いですし、太陽が高く昇ってしまうと、気温が一気に上がります。

特に気温は、「夏時間」を実施していても、朝9時半になるとかなり暑いです。夏場の日中は40℃くらいまで上がりますから。

しかも、暑さのピークが夕方3〜4時くらいなんです。暑い時間が長くて長くて……。

これが「夏時間」を実施していないと、多くの人が働く朝9時から夕方の5時くらいは、「ずーーっと、とても暑い」ということになるんです。

だったら、1時間早めてしまって、早朝の涼しい時間を有効に使いたい!! ということなんですね。

また、高緯度にあるアイルランドで語学留学していたときは、夏場は夜の10時でも、外はまだ明るくてびっくりしました。

そこでは、テキサスのような「暑さ」とは無縁でしたが、これが「夏時間」がなければ、「夜11時でもまだ明るい」ということになります。

国や地域によって、気温だったり、太陽の出ている時間だったり……いろいろ事情があって実施しているのでしょう。

タカコ

残念ながら、体の負担は「数日で慣れるから耐えてくれ!!」ということなのでしょうね……。

「夏時間」は、時差にも影響する

さて、話は変わって、日本とアメリカでは時差があるのですが、アメリカで春に時間を進めたり秋に戻したりすることで、当然その「時差」にも影響があります。

例えば、ここテキサスは、「Central Time(中部時間)」で、日本との時差はマイナス15時間。

でも、「夏時間」実施中はマイナス14時間になります。

オーストラリア・ニュージーランドのサマータイム

また、オーストラリアやニュージーランドは、南半球にあるので、季節が日本やアメリカとは逆ですよね?

そのため、北半球では「夏の終わり」ごろにサマータイムが始まることになります。まとめると、

南半球のサマータイム

  • オーストラリア …… 10月第1日曜日の午前2時
  • ニュージーランド …… 9月の最終日曜日の午前2時

……に「夏時間」が始まるそうです。

北半球にいる私たちからすると、9月や10月と聞くと「秋」をイメージするので、少し変な感じですね。

「夏時間」を実施している地域を旅行したり、その地域に住んでいる人と電話で話したりするときは、「夏時間」によって時差が変わるので、気をつける必要がありますね。

いかがでしたか?

日本でも、戦後数年実施されたことがあったり、平成に入ってからも、一部地域で一時的に実施されたことがあったり、北海道では、今も社会実験として行われているようですが、

多くの人は、「夏時間」とか、「サマータイム」とか、言葉で聞くことはあっても、ほとんどなじみがないと思います。

実際時間の変更があるのは年に2回だけ(進めるときと戻すとき)なので、経験されている方も少ないでしょう。

将来、日本が国全体として「夏時間」を実施することは、たぶんないと思いますが……

私個人としては、よっぽど大きな利点がない限り、日本で実施してほしくありません。

「1時間早める」ときの体の負担が本当に大きいので、1年に一度やってくる、数少ない私の「嫌いな日」です。

本物の英語力を留学で身につけませんか?
カナダ留学をオススメする理由

英語を学ぶには海外留学が最も手っ取り早い方法です。留学先はいろんな国がありますがわたしはカナダ留学をオススメしています。

そこで、信頼できるカナダ留学アドバイザー末永真一さん(カナダ在住 15 年)に相談できる窓口を用意しました。ご興味のある方はこちらからご相談を

執筆者: タカコ
日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?