「ブラックフライデー」「サイバーマンデー」ってどんな日? アメリカ在住の私が紹介するよ

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

ブラックフライデー(Black Friday)」や「サイバーマンデー(Cyber Monday)」という言葉を聞いたことはありますか?

最近、日本でも聞かれるようになってきているようですが、本場アメリカでは定着した言葉です。

さて、これらの日は、いったいどんな日のことをいうのでしょう?

ブラックフライデーってどんな日?

アメリカでの大きな祝日、Thanksgiving Day(サンクスギビング・デー)」の翌日を「Black Friday(ブラック・フライデー)」といいます(サンクスギビング・デーは毎年11月の第4木曜日)。

さて、サンクスギビングが終わると、クリスマスに向けた商戦がスタートします。

その最初の日「Black Friday」と言われる日から、お店では大売出しが始まります

小売業界では、1年のうちでこの日が最も売り上げが見込まれるようで、「黒字になる」という意味から、その名前「Black Friday」が付いたそうです。

タカコ

それくらい、1年のうちで一番大きな売り出しなのです。

「クリスマスに向けて」なので、売り出しの商品は、クリスマスプレゼントになりうる、家電・衣料品・化粧品・おもちゃなどが一般的ですが、あらゆるお店で売り出しが行われます。

たしかに、ものによってはかなり安く売られるものもあります。

ブラックフライデーセールの混雑を避けて、ブラックフライデーの次の日の土曜日に娘の服を買いに行ってきました。

ブラックフライデーほど値引きされていませんが、それでも安売りは継続されているので。

ところが、ほしいサイズがほとんどなかったり、あっても「売れ残り」のようなものしかなかったり……

ブラックフライデーの威力を知りました……。

タカコ

最近では、日本でも「ブラックフライデー」の安売りがあるんですね。ニュースで見てびっくりしました!!

サイバーマンデーってどんな日?

そして今度は「Cyber Monday(サイバーマンデー)」という日について。

こちらは、「サンクスギビング」が終わってすぐの月曜日をいいます。

実店舗の安売りは「ブラックフライデー」から始まり、オンラインショッピングでの売り出しは「サイバーマンデー」から始まると言われています。

タカコ

「cyber(サイバー)」と聞くと、コンピューターやインターネット関係の言葉を連想すると思いますが、まさにその通りなんです。

サンクスギビングのホリデー(休暇)明けに、オンラインショッピングの売り上げが急増することから、この名前が付いたのだとか。

サイバーマンデーにオンラインショップの売上が急増するのは、休暇明けの月曜日に職場の高速回線を使ってオンラインの店舗にアクセスして買い物をする人々が多いためであるとも、感謝祭の休暇中には実店舗での買い物に外出したり帰省していた人々が、家庭に戻ってオンラインでショッピングするからであるとも言われる。

サイバーマンデー - Wikipediaより引用しました。

タカコ

日本でもオンラインショッピングは定着してきましたが、アメリカではすでに浸透した「買い物方法」の1つなんです。

インターネットの普及に伴い、共稼ぎが多いアメリカでは、買い物に時間をかけられないなどで、普段から気軽にオンラインショッピングを利用している人が多いように思います。

もちろん、「サイバーマンデー」だからこそのキャンペーン(安売り)も行われていて、業者側にも「この日」に売り上げを伸ばそうとする狙いもあります。

ましてや「ブラックフライデー」の日のお店(実店舗)はひどく混雑するので、それを避けて「サイバーマンデー」に買い物をする人が多いんですね。

ブラックフライデーやサイバーマンデーの安売りの前倒し

サンクスギビングの次の日が「ブラックフライデー」、その週明けすぐの月曜日が「サイバーマンデー」なのですが……

実際は「ブラックフライデー」の売り出しも、お店によっては、サンクスギビング当日の夕方や夜から始まることもあり、オンラインショッピングも並行して行われています。

従来のように、休暇中は実店舗で買い物、休暇明けはオンラインショッピングという「形」が崩れてきているからだそうです。

高速のインターネットが普及し、スマートフォンなどを使い、より快適にオンラインショッピングができるようになったこと。

実店舗とオンライン業者との競争が激化していることが理由と考えられているようです。

たしかに、正直言って……消費者は、買い物の方法にこだわりがなければ、価格が安い方に流れますよね。

タカコ

オンライン業者は(従来のように)月曜日まで待っていられない!! といった感じなのでしょう。

そしてクリスマス商戦へと続く

では、なぜ「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」に買い物をする人が多いのでしょうか?

「ブラックフライデー」も「サイバーマンデー」もクリスマス商戦の始まりに行われる大売出しだということは前述したとおり。

アメリカでは、クリスマスショッピングの規模がとにかく大きいのです。クリスマスに向けて、いろんなものをたくさん買い込みます。

もちろん、この安売りに合わせて、自分がほしいものを買うこともありますが、クリスマスプレゼントの占める割合もとても高いです。

いかがでしたか?

サンクスギビングの休暇が終わると、クリスマスに向けて町なかもきれいに飾り付けられ、1年で一番ウキウキする時期です。

それから、ブラックフライデー、サイバーマンデーを皮切りにクリスマス商戦が始まります。

出費もかさむ時期なのですが、それも季節の風物詩ですね。

お金がどんどん増えるお財布がほしいです(笑)。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語圏の行事のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: タカコ
アメリカ人の夫との結婚を機に渡米。現在は二児の母として英語に囲まれた環境の中で生活。日本語教育に携わっていたため言語への視点が鋭く、元・英会話教師の夫とのやりとりから生まれる記事が秀逸。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"