日本語の「さ行」には2つの子音があるよ…という話

ヨス

こんにちは! 言語オタクのヨスです。

今回は日本語の「さ行」にある違和感についてです。

ほら、「さ・し・す・せ・そ」の中で1つだけ音声的に仲間はずれがありますよね?

日本語の「さ行」には違和感がある?

日本語の「さ・し・す・せ・そ」を発音してください。

実は一つだけ違う子音があるのですが、お気づきでしょうか?

ヨス

アルファベットにすると一目瞭然ですね。

sa・shi・su・se・so

「し」だけ「shi」というふうに書きますね。

たぶん多くの方がこの事実を知っていると思いますが、気になりませんでしたか?

「si」じゃなくて「shi」と書く理由

ではなぜ「し」だけ「si」ではなく「shi」って書くのでしょうか?

「si」と書くとアルファベットでは「し」と読めないからです。

「si」は日本語で無理やり書くと「スィ」という発音ですね。

「 s 」の発音
「 s 」の発音

実は古来の日本語の発音では「さ・し・す・せ・そ」は「sa・si(すぃ)・su・se・so」だったんですよ。

ところが「し」の発音だけ「si」から「shi(厳密には『 ɕi 』と表記します)」に変化してしまったんです。

まぁ、日本語には元々8つの母音があったと言われていますからね。こういうことは言語にはよくあるんですよ(笑)。

じゃあ「し」の子音は?

じゃあ今度は「し」の子音、「 ɕ 」ですが、これは何なのでしょうか?

実はこれ、「しゃ行(しゃ・し・しゅ・しぇ・しょ)」の子音なんですよ!

「しゃ・し・しゅ・しぇ・しょ」をこの発音記号のアルファベットで表現すると「ɕa・ɕi・ɕu・ɕe・ɕo」と書きます。

ヨス

これは驚愕の事実!

そうなんです。本来、「しゃ行」の中に「し」が来るべきだったんですね。

本来は「s行」と「ɕ行」は別もの

ちょっとややこしいのですが、本来「s行」と「ɕ行」は表では別の場所に書かれておくべきなんですね。

本来あるべき「 s 行」と「 ɕ 行」
  さ( s )行 しゃ( ɕ )行
あ( a )段 さ(sa) しゃ(ɕa)
い( i )段 すぃ(si) し(ɕi)
う( u )段 す(su) しゅ(ɕu)
え( e )段 せ(se) しぇ(ɕe)
お( o )段 そ(so) しょ(ɕo)

こんなふうに。

さらに言うと、「すぃ」「しゃ」「しゅ」「しぇ」「しょ」の表記が1つの「ひらがな」で表記できたら良かったんですけどねぇ。

まるで「すぃ」とか「しゃ」だと2つの音みたいに見えちゃいますから。

音声学的な「 s 」と「 ɕ 」の違い

ちゃんと説明するのを忘れていましたが、「 s 行」と「 ɕ 行」の音声的な違いについても触れておきます。

  • s …… 無声歯茎摩擦音
  • ɕ …… 無声歯茎硬口蓋(しけいこうこうがい)摩擦音

という名前の子音です。ややこしいですよね(笑)。

口の中を表した図を見ればわかりやすいです。

まずは「 s 」の発音をするときの口の中。

「 s 」の発音
「 s 」の発音
  1. 舌先を前歯の根本あたりに持っていって
  2. 舌先が触れるか触れないかの距離を空けて、
  3. そのスキマに息を通し、その「スキマ音」で「ス〜ッ!」という音を作り出す

摩擦したような音声の作られ方なので「摩擦音」と呼ばれます。

そしてこちらは「し」の子音である「 ɕ 」を発音するときの口の中。

「 ɕ 」の発音
「 ɕ 」の発音

「 s 」が歯の根本あたりに舌を持っていったのに比べ、だいぶ後ろの方に舌を配置しているのがわかりますか?

専門的には「歯茎硬口蓋」という部分に舌を当てます。

  • s …… 無声歯茎摩擦音
  • ɕ …… 無声歯茎硬口蓋摩擦音

ほら、名前で見てもそうですよね。

ちなみに、日本語の「 sh( ɕ ) 」と英語の「 sh( ʃ )」の違いに関しては、「静かにして!」を表すときに言う「シー!」の発音に書いていますのでご参考に。

「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」の中の「じ」も同じ原理

ついでですが、「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」の「じ」の発音も同じ原理です。ローマ字でも「ざ( z )行」の中で「じ」だけ「 ji 」と書きますよね。

音声学では「じ」の子音は「 z 」がくるっとまわったような「 ʑ 」というアルファベットを使います。

本来あるべき「 z 行」と「 ʑ 行」
  ざ( z )行 じゃ( ʑ )行
あ( a )段 ざ(za) じゃ(ʑa)
い( i )段 ずぃ(zi) じ(ʑi)
う( u )段 ず(zu) じゅ(ʑu)
え( e )段 ぜ(ze) じぇ(ʑe)
お( o )段 ぞ(zo) じょ(ʑo)
  • z …… 有声歯茎摩擦音
  • ʑ …… 有声歯茎硬口蓋(しけいこうこうがい)摩擦音

ちなみに「 s 」や「 ɕ 」との違いは、「 ゛(濁点)」の有る無し、つまり喉の震えがあるかないかだけの違いです。表にするとこんな違い。

子音「 s 」「 z 」「 ɕ 」「 ʑ 」の発音の違い
  声の有無 舌の位置 調音方法
s の発音 無し 歯茎 摩擦
z の発音 有り
ɕ の発音 無し 硬口蓋歯茎
ʑ の発音 有り

最後に、「 z 」と「 ʑ 」を発音するときの口の中を。

「 z 」の発音
「 z 」の発音

口の中の構えは、「 s 」と「 z 」は同じで、「 ɕ 」と「 ʑ 」は同じです。

「 ʑ 」の発音
「 ʑ 」の発音

違うのは喉の震え、つまり声があるかないかの違いだけ!

さて今回は日本語の「さ行」についてでした。

なんでアルファベットで書くときに「し」だけ「shi」って書くのか不思議に思ってませんでしたか?

実は音声的に言うと1つだけ違う子音だったんですね。

日本語にはほかにもこういう仲間はずれが存在しますので、それはまた別の記事にて。

5,000円/月で毎日英会話のレッスンが受けられる!?

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存知ですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に5,000円程度です。

このブログではいろんなオンライン英会話を試した結果、DMM英会話を一番オススメしています。

執筆者: ヨス
アメリカに留学した経験から言語に興味を持ち、日本語教師に。日本語教育を学んでいたときに自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得。ヨッセンスという月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営。

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか?