日本語の「らりるれろ」は英語の「ra」か「la」か?

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回は日本語の「ら行」についてです。

「ら・り・る・れ・ろ」がそうですけど、これって英語の発音でいうと「ra・ri・ru・re・ro」なのでしょうか?「la・li・lu・le・lo」なのでしょうか?

たとえば、日本の新しい年号である「令和(れいわ)」の「れ」の発音は「reiwa」、もしくは「leiwa」のどちらでしょうか?

日本人にとって難しい「L」と「R」の発音

日本人にとって難しい発音と言えば、「 L 」の発音と「 R 」の発音ですね。

もうこれは日本人に生まれたからには「呪い」レベルで一生まとわりつく苦難です(笑)。

どうがんばって聞いても日本語の「ら行」に聞こえてしまい、その違いがわからないんですよ。

で、「 L 」と「 R 」のどっちの発音が日本語の「ら行」の発音なのかというと……?

ヨス

どっちも違うんです!

日本語の「ら」は「l」と「r」のどちらに似てる?

じゃあ日本語の「ら行」はなんなんだよ!?

……と言いたい気持ち、わかります。

たしかにアルファベットで書くときに「ra・ri・ru・re・ro」のように書くので「 r 」の発音だと思ってしまいますよね。

実際に日本語の「ら行」で言った発音は「 r 」に聞き間違えられても「 l 」に聞き間違えられることはありません。「ライト」と日本語で言うと必ず「 r 」だと思われます。

つまり、音声でいうと「ら」はどちらかというと「 r 」に近い音なんでしょうね。

日本語の「ら」は「ɾa」

でも、実は日本語の「ら行」の子音は……

ɾ

……なんです。

よーく見ると「 r 」とじゃっかん表記が違いますね。表記ミスではありません(笑)。

これは、日本語の「ら行」の正式な発音記号です。

なので本来、「ら・り・る・れ・ろ」はアルファベットでこのように書くべきなんですね。

ɾa / ɾi / ɾu / ɾe / ɾo

でも、表記の問題として、この一般的じゃない記号「 ɾ 」を使うより「 r 」を使った方がわかりやすいからこれを使っているんです。

それぞれの発音を比べてみる

口で言うよりも図で見るのが一番てっとりばやいので、「 ɾ 」「 l 」「 r 」を発音するときの口の中の図を見てください。

まずは「ら行」の「 ɾ 」の発音。

「 ɾ 」の発音
「 ɾ 」の発音

自分の舌で確認しながら発音するとわかると思いますが、舌を前上歯の後ろあたりでる( はじ ) いていますよね?

舌先を軽く上あごに当てて、一瞬だけ「なでる」ような感じで。

ではお次は「 l 」の発音。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

詳しくは「l」の発音は誰でもマスターできるよという記事に書いていますが、舌先を上の前歯の根本あたりに「押し付けて」発音します。

音声は舌の両側から発せられる感じ。

そして、「 r 」の発音。実は英語の「 r 」の発音記号も「 r 」とは書かないんです。

「 ɹ 」の発音
「 ɹ 」の発音

なんと! 「 ɹ 」と書きます。「 r 」がひっくり返ってますね(笑)。

英語での「 r 」の発音は、舌を上あごの近くに接近させて出す音です。

専門的に言うと、このような名称で3つの発音は区別されています。

  • ɾ(日本語の「ら行」)…… 歯茎はじき音
  • l(英語の「L」の発音)…… 歯茎側面接近音
  • ɹ(英語の「R」の発音)…… 歯茎接近音

ではそれぞれの発音を比べてみましょう。音声データを作ったので、こちらを聞いてみてください。

この順番に発音しています。

  1. ɾa・ɾi・ɾu・ɾe・ɾo(日本語)
  2. la・li・lu・le・lo(「L」の発音)」
  3. ɹa・ɹi・ɹu・ɹe・ɹo(英語の「R」の発音)

3つの音が全然違うということが伝わりました?

この「ɾ」の発音は英語にもある?!

さて、日本語の「 ɾ 」と英語の「 l 」「 ɹ 」は全然違う発音なので、日本人には「 l 」も「 ɹ 」の発音も難しいんです。

日本語には、「 l 」の発音も「 ɹ 」の発音もありませんからね。

では逆に日本語の「 ɾ 」の発音は英語にはないのでしょうか?

実はあるんですよ! それがこちらの単語にあります。

water

カタカナ読みでは「ウォーター」と読みますが、これを英語(アメリカ英語に限る)では「ワラー」みたいに言うのを知っていますか?

「better」を「ベラー」みたいに言うのも同じですが、「 t 」の発音が「ラ」みたいに聞こえる現象です。

音声で聞いてみてください。

  1. 「water」の「 t 」をちゃんと発音したもの
  2. 「water」の「 t 」を「 ɾ 」で発音したもの
  3. 「better」の「 t 」をちゃんと発音したもの
  4. 「better」の「 t 」を「 ɾ 」で発音したもの

……の順に発音していますが、実はこの「ラ」が日本語の「ら」なんです! この「 t 」は、専門的には「Flap T(弾き音の『T』)」と呼びます。

「water」と「better」をそれぞれ発音記号で書いてみると……

  • wɔːtər
  • betər

……って辞書にあると思いますが、これを現実に発音している発音記号で書くと……

  • wɔːɾər
  • beɾər

になります。

ただ、厳密には個人差があって[ d ]のように聞こえる発音を使って「wɔːdər」と言う方も多いです。

わたしは「 ɾ 」で発音する人ですが。

ちなみにこの現象は「Flap T」と呼ばれる音声変化です。くわしくはこちらの記事を!

というわけで今回は日本語の「ら行」の子音「 ɾ 」に焦点を当ててみました。

英語にはない音ですが、「 t 」が「ら」のように聞こえる「water」や「better」などでは日本語の「 ɾ 」の音があるという話でした。

ぜひ発音をするときの参考にしてくださいね。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「日本語の発音との比較のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"