イースターってどんな行事? 実は楽しみがいっぱいのイベントです!

タカコ

こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。

2017年、4月16日(日曜日)はイースターです。

今回は、アメリカではどのようにイースター(Easter)を楽しむのか紹介しますね!

そもそもイースターって何?

日本では、イースターは、あまりピンとくる行事ではありません。

イースターって、どんな日かご存知ですか?

イースターは、キリスト教の行事で、復活祭とも呼ばれます。

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭

復活祭 - Wikipediaより引用しました。

そう、「キリスト教において最も重要な祭」なんです。何も知らないと、「クリスマスが一番重要」と思いがちですが、イースターの方が重要なんですね。

また、クリスマスのように、毎年日程が固定された(日付が同じの)行事ではありません。

キリスト教の種類によっても、日付が異なります(同じ日になる年もあります)。

卵とうさぎはイースターのシンボル

さて、イースターがキリスト教関係の行事であることはわかっていただいたかと思いますが、

バレンタインデーが終わると、お店にはイースターグッズ(飾り物やキャンディなど)がたくさん並びます

それらを見たとき、不可欠と言っても過言ではないくらい、重要なシンボルとなっているものがあります。

それは、卵とうさぎです。

卵とうさぎのイースターキャンディ
卵とうさぎのイースターキャンディ

イースター用のキャンディが卵やうさぎの形をしていたり、パッケージに絵が描かれていたりします。

アメリカではキャンディというと、チョコレートを含むという件については、過去に記事にしています)

なぜ「イースター」には卵とうさぎが?

では、なぜ卵とうさぎなのでしょうか? 夫に聞いてみました。

タカコ

ねえ、どうして、イースターと言えば、卵とうさぎなの?

卵は、新しい生命が始まることから、復活の象徴と言えばいいのかな……。

タカコ

うん、なんとなくそれはイメージできる。でも、うさぎはなぜ? ただかわいいだけじゃないよね……さすがに。

うさぎは、赤ちゃんをたくさん産む動物なんだ。だから、子孫の繁栄とか、豊穣とか、そういう象徴になってる。

タカコ

へぇー。赤ちゃんがたくさんとは!

夫が言うには、イースターの時期は、動物の繁殖の時期であったり、植物が芽吹いたりする時期で、何もなかった冬の時代から、新しい命が誕生する季節

イースターには、そういうイメージもあるそうです。

イースターは、キリスト教の大切な行事ですが、同時に春の到来を喜ぶお祭りとも言えそうです。

「イースターエッグ」を作ろう

イースターには、卵は欠かせないシンボルとあって、ゆで卵を作って、殻に色付けをした、「イースター・エッグ」を作ります

お店で、色付けする(染める)キットも売られています。

水に溶いた食紅で色付けするのが定番なのですが、

中には、マーブル模様に色付けできたり……

熱で縮むテープを卵に巻き、お湯につけて密着させるような一風変わったものもあり……子どもたちも大喜びです。

私も、今年はちょっとキラキラになるようなキットを買ってきました。

イースターエッグ用のキット
イースターエッグ用のキット

キットの真ん中あたりにろうそくのような、クレヨンのような、白くて細長いものが見えるでしょうか?

これは、ろうでできたペンのようなもので、これで卵の殻に何か書いてから染めると、その部分だけ水がはじかれて色が染まらず、白く(殻の色)浮き上がるのです。

こちらが出来上がったもの。

イースターエッグに色をつけた
イースターエッグに色をつけた

大盛り上がりのイベント「エッグハント」

さらに「卵」つながりで、イースターに欠かせないイベントに「エッグハント(Egg hunt)」というものがあります。

本当はイースター当日にするイベントですが、イースター前になると、地域のイベントとして催したり、保育園などの行事としても行ったりします。

一般的には、キャンディや小さなおもちゃ、シールなどを入れた卵型のプラスチックケースを隠しておき、それを探し出す遊びです。

エッグハント用のキャンディ
エッグハント用のキャンディ

上の写真はエッグハントに使ったりするキャンディ。イースター限定のパッケージや形があり、とてもかわいいです。

家庭でする場合は、本当の卵(色付けしたイースターエッグ)を使って、部屋のあちらこちらに隠したりすることもあるそうです。

日本でいう「宝探し」のような感じですね。

お店では、拾った卵を入れるために使う、かわいいバスケットやバケツを売っているくらい、超定番のイベントです。

卵型のケースとバケツ
卵型のケースとバケツ

卵型のケースには、いろんな大きさや形があり、中にはキャンディなどが入って売られています。

私の娘も、先日初めて挑戦しました。

エッグハントをする娘
エッグハントをする娘

小さい子どもばかりなので、「隠す」というよりは、目につくところに置いているようなものですが。

もちろん子どもたちは大喜びですが、実は、イベントによっては、おとなも大喜びできるエッグハントもあるのです。

卵のケースの中には、お菓子ではなく、賞品の引換券が入っていたりすることもあるんです。おとなもつい夢中になって探してしまう気持ちがわかると思います。

いかがでしたか?

キリスト教最大のお祭りであるイースター

ゆで卵を作って色付けをしたり、エッグハントをしたり……子どもだけが楽しむのかと思いきや、おとなも童心に帰れる遊びがいっぱいです。

我が家でも、イースター前日にゆで卵に色付けをし、その卵を使ってエッグハントをしたいと思っています。

娘が喜んでくれればいいのですが……。

日本では桜を見て春の訪れを楽しみますが、アメリカではこんなことをしてイースターを楽しんでいます。

良かったらSNSでシェアしてね!

こちらも合わせていかがですか?

ABOUTこの記事を書いた人

タカコ

日本語教師養成講座修了。英語が苦手だったにもかかわらず、夫となるアメリカ人との結婚を機に渡米。現在は一児の母として英語に囲まれた環境の中で英語を習得中。日本語教育に携わった経験から言語を深く掘り下げる探究心がすさまじく、身近な英語の知識を初心者にもわかりやすく書くよう心掛けている。