「ヴ」を「v」だと思ってません? 誰も発音できないんだから「ヴ」は要らないという話

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

英語をカタカナ英語で書くときに「 V 」を「ヴ」って書きますよね?

  • violin …… ヴァイオリン
  • love …… ラ
  • victory …… ヴィクトリー

この「ヴ」という表記は日本語から消えても問題ないと言う話です。

そもそも「ヴ」ってどう発音するの?

そもそもの問題ですが、「ヴ」ってどうやって発音していますか?

だって、「ヴ」の発音どころか、表記すら学校では学びませんよね?

ヨス

……というか、正式な日本語表記の仲間入りをしているのかどうかも怪しいです。

「バイオリン」と書いても、「ヴァイオリン」と書いても、発音は同じですからね。

けっきょく……

baiorin

……って、子音としては「 b 」の発音をしているはずです。そんなことないですか?

「ブ」と「ヴ」の発音を分けている人います?

「ブ」も「ヴ」も同じ発音です!と言うと……

いや、オレは「ヴァイオリン」ってちゃんと「 v 」の発音してるしっ!

……って言う方もいるでしょう。でもそれって本当に「vaiorin」って言ってますか?

bwaiorin」って言ってませんか?

ヨス

ちょっと音声データを作ってみたので聞いてみてください。

  1. バイオリン(baiorin)× 2回発音
  2. ヴァイオリン(bwaiorin)× 2回発音

……の順に言っています。エエ声じゃなくてすみません(笑)。

これを聞いて……

そうそう。それが「 v 」の発音だよ!

と思っている方がいたら、それは勘違いの大間違いです!

この「ヴァ」の発音は英語の「va」の発音ではなく、「 b 」の発音が「合拗音化」して「bwa」になっている発音なんです(← マニアックな表現ですみません)。

ちなみに古い日本語では「バ」と「ヴァ(合拗音)」の発音の違いがちゃんとあったそうですね(今でも方言によっては残っています)。

じゃあ「vaiorin」はどうやって発音するの?

じゃあ本当の「 v 」という子音の発音で「ヴァイオリン(vaiorin)」と言ってみたらどうなるのでしょうか?

発音してみました。

  1. ヴァイオリン(bwaiorin)× 2回発音
  2. ヴァイオリン(vaiorin)× 2回発音

というふうに発音しているのでお聞きください。

ヨス

こんな発音、普通はできないですよね?

「いや、できているぞ!」というあなたは、英語の発音が上手いからです。あなたが英語の「 v 」の発音をマスターしているからできるだけです!

ふつうの日本人はできませんし、日本語では使う必要がありません。

日本語には「b」と「v」を区別する理由がない

そもそもですが、日本語では「 b 」と「 v 」を区別する理由がありません。

仮にきっちりと発音を区別したとして、この2つで意味が異なるでしょうか?

2つの意味は同じ

  • バイオリン
  • ヴァイオリン

「バ」だと普通のバイオリンの意味で、「ヴ」を使うと「高級なバイオリン」の意味になる……のような区別はないですよね?

意味の違いにならないのに「バ」を「ヴ」のように表記する理由は無いのです。

母音「a・i・u・e・o」を付けて発音してみる

ではせっかくなので、母音「a・i・u・e・o」を付けて発音してみます!

  1. バ・ビ・ブ・ベ・ボ(ba・bi・bu・be・bo)を発音
  2. ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ(bwabwibwubwebwo)を発音
  3. ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ(vavivuvevo)を発音

この順番に発音しますね。

どうでしょうか? 3つとも全く違う発音というのがおわかりでしょうか?

「 v 」は「f゛」のことです

ところで「 f 」の発音ってできますか? 下唇に上の前歯をチョンと当てて「ふ」に近い発音をする音です。

もしできるのでしたら「 v 」の発音は簡単です! だって、「 v 」って「 f゛」のことですから!

「 f゛」なんて表記見たことないですよね(笑)。「か」に濁点が付いて「が」になる(「か」が濁った音になる)のと同じで、音声が濁るか濁らないかの違いです。

「 f 」と「 v 」の発音を口の中の図で見てみましょうか。

まずは音声学では無声唇歯摩擦音と呼ばれる「 f 」の発音。

「 f 」の発音
「 f 」の発音

続いて有声唇歯摩擦音と呼ばれる「 v 」の発音。

「 v 」の発音
「 v 」の発音

違いは、音を濁らすかどうかだけ!

口の中の構えは完全に同じで、厳密に言うと喉を震わせているかどうかの違いなんですね。

というわけで、「バイオリン」って書いても「ヴァイオリン」って書いても(普通の)日本人が発音したら同じ「baiorin」なので「ヴ」という表記はなくなってもいいんじゃない?という話でした。

この「ヴ」の発音ですが、存在していることで日本語入力の邪魔をしているだけなんですよね。

何度も言いますが、「ヴァイオリン」って入力しても「バイオリン」って入力しても同じ発音なのに、分ける理由がないんですよ。

ということで、「 v 」の発音をちゃんと学びたい方は「ヴ」とは違うということをまず認識してくださいね!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"