「n」と「m」の違いとは? 英語で「天ぷら」を「tempura」と書く理由

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

「天ぷら」を英語で「tempura」と書くのですが、これ不思議に思いませんか?

わたしは中学校のころから疑問に思っていましたよ!

今回はなぜ「 n 」じゃなくて「 m 」を使うのか、その謎にせまってみます。

なぜ英語では「天ぷら」を「tempura」と書くの?

理由は簡単です。それが発音するときに正しいからです。

ヨス

いや、意味不明なんだけど……

というお声が聞こえてきそうですね(笑)。

実は日本人も「天ぷら」と発音するときに「tempura」って発音しているんですよ!

知ってました?

「てんぷら」の「ん」は「 m 」なんです

知られていないのですが、日本語でも「てんぷら」の「ん」の発音は、「 m 」で発音されているんです。

知りませんよね、こんなこと(笑)。

実は日本語の「ん」は、うしろに来る音声によって発音方法が変わるという特性があります。

「てんぷら」の「ぷ」の発音をするときの口をやってみて下さい。唇を閉じていませんか?

で、「 m 」の発音も唇を閉じているハズです。「 m 」は唇を閉じて、本来口から出る音声を鼻から出していますから。

「 m 」の発音
「 m 」の発音

「tenpura」を発音してみる

では「tempura」を、本来のローマ字表記である「tenpura」と書いてみましょう。

実は「 n 」の発音はこうなるんです。

「 n 」の発音
「 n 」の発音

「 m 」が唇を閉じて鼻から息を出していたのに対して、「 n 」は上前歯の根本あたりに舌先を付け、口から出るはずの音声を鼻から出しているんですね。

というわけで、「てmぷら」をふつうに言ったときと、「てnぷら」というふうに「 n 」で言ったときの音声を作ってみました。

3回目、4回目を「 n 」で言っていますが、じゃっかんワザとらしいですね(笑)。でも大げさに言うとこういうことなんですよ。

なぜ「ん」の発音が変化するの?

じゃあ、なんで「ん」の発音が、後ろに来る発音で変化するのでしょうか?

その方が簡単に発音できるからです。

「 m 」と「 p 」は両方とも唇で発音するんです。唇で作る音 → 唇で作る音 に流れた方が、しゃべるのが簡単で負担が少ないんですね。

もう一回、先ほどの音声を聞いてみますよ!

ほら、「 n 」で言うと、「 n(上前歯の後ろ)」→「 p(唇を閉じる)」という動作でしんどいんですね(笑)。

人間の話す言葉は、どんどん省略される宿命にあるので、「ん」はいろんな音声を持つ特別な日本語になったんです。

「ん」については下記の記事に超くわしく書いていますので、ご参考に!

参考: 日本語「ん」の発音の秘密とは? いろんな発音を無意識に使いこなしてるよ

インスタでも投稿しています!

さて、今回はなぜ「tempura」の「ん」は「 m 」なのかについてお話しました。

これがわかると、この「こんぴらさん」の表記が変だということに気づきますね。

「konpirasan」という表記
「konpirasan」という表記

そうです。海外の人に読みやすくするには「Kompirasan」が正解ですよー!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"