「LとR」発音の違いと練習方法とは?日本人の苦手な発音を克服!

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

英語の発音で、日本人にとって一番難しいのがこちらの2つの聞き分けですよねー。

聞き分けの難しい2つの発音

ええ、俗に言う「エル」と「アール」です!

正直なところ、「まったく同じに聞こえるんだけど……」という方がほとんどだと思います。

今回は、その2つの発音の違いと練習方法を紹介します。

「L」と「R」の発音の違いを知ってマスターする練習方法

では、「L」と「R」の発音の違いを知って、うまくできるようにするコツを紹介します。

ヨス

まず最初に絶対に知っておいていただきたいことがあります。

それは、「 L 」も「 R 」も、日本語の「ら行」とはまったく違う音声だということです。

「どちらに似ているんだろう?」という考えは捨てて、新しい2つの子音を勉強するんだ!という気持ちで読んでいってください。

「L」の発音を練習する

ではまずは日本人の最も苦手な子音の1つである「 L 」の発音を練習しましょう。

もし子音だけを発音するということの意味がわからない場合はこちらの記事を。

参考: 子音だけを発音するとは? 日本語は子音と母音が合体しているという事実

「 L 」を発音するときの口の中

こちらの「 L 」を発音するときの口の中の図を見てください。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

舌の位置に注目です。舌の先がしっかりと上の前歯の根本あたりにくっついています。

ここが日本語の「ら行」と大きく違います。

「L」の発音をするコツ

注目するポイントは……

「L」の発音のポイント

  1. 舌先を上前歯の後ろあたりに
  2. 強く押し当て
  3. 舌の両脇から「あー」と唸り声を出す!

上のとおりにするとこんな声になるはず!

本当の「L」の発音

たぶん、上の音声を聞くと「いや、これは違うだろっ!!」と言われそうですね。

ヨス

でも、これが正真正銘、本物の「 L 」の音です。

じゃあ、ほかの教材で聞けるような「ルッ!」という発音は何なの?!……ですよね。

それってこんな音では?

実はこの「ルッ!」という音は、さっきの唸り声をしながら、上前歯の根本あたりを強く押していた舌を離したときの音です。

「L」の発音についての詳細

もっと詳しく「 L 」の発音について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ここまで詳しく書いている記事はほかにないと思いますよ(笑)。

ほんとうに読んで真似するだけで完璧な発音ができます。

「R」の発音を練習する

お次は「 R 」の発音のコツについて。

「 R 」を発音するときの口の中

今度は「 R 」の発音をするときの口の中を見てください。

「 r 」の発音
「 ɹ 」の発音

こちらも舌先に注目! なんと、舌先はどこにも触れていません!! この時点で、日本語の「ら行」とも英語の「 L 」とも全く違います。

というか、上の発音記号「 ɹ 」 ですが、わたしのミスではありません(笑)。

実は英語の「 R 」の発音記号は正しくは「 ɹ 」と表記します(ただ、ややこしいので記事内ではあえて「 R 」と書きますね)。

「R」の発音をするコツ

では「 R 」の発音をするポイントをまとめると……

「R」の発音のポイント

  1. 舌先を上前歯の後ろあたりに近づけて
  2. 下あごはほとんど下げないで
  3. 舌と上あごの間から「あー」と声を出す

こんな声が出ましたか?

日本語の「ら行」とはまったく違う

こちらも思っていた発音と違うのではないでしょうか?

実は「 R 」は、後ろに母音が来てはじめて「ラッ!」という感じの音になります。

これですよね? 教材とかで聞いたことがあるのは?

「R」の発音についての詳細

もっと詳しく「 R 」の発音について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ぜひマスターしてください!

「L」と「R」の違いを意識して練習

では最後に「 L 」と「 R 」の発音の比較をして、違いを意識しながら練習しましょう。

「L」と「R」の口の中を比較

もう一度、2つの音を出しているときの口の中を比較しましょう。

舌の位置はかなり似ていますよね。

「 l 」の発音
「 l 」の発音

最も大きな違いが、「 L 」は舌先を上前歯の後ろに強く押し当てるのに対し、「 R 」では舌先を上あごに触れさせないこと!

ものすごく大きな違いです!

「 r 」の発音
「 ɹ 」の発音

「L」と「R」の声の通り道を比較

そして、今度は「声の通り道」を比較します。なんかマニアックな表現ですみません(笑)。

「 L 」の発音は正式名称で「歯茎側面接近音」と言い、「 R 」の発音は「歯茎接近音」と言います。

「 L 」と「 R 」の音声学上での正式名称
「 L 」の発音 歯茎側面接近音
「 R 」の発音 歯茎接近音

簡単に説明すると……

専門用語の説明

  • 歯茎音 …… 上前歯の根本あたりである歯茎(しけい)で作られる音
  • 側面接近音 …… 舌で声を塞ぎ、舌の両脇から声を出す音
  • 接近音 …… 舌を上あごに近づけて、舌と上あごの間から出す音

そう! 「 L 」は声の通り道が舌の両脇であるのに対し、「 R 」は舌と上あごの間なんです!!

「L」「R」2つの発音の違いを意識し練習

あとはひたすら、2つの違いを意識しながら練習しましょう!

こちらに「 L 」と「 R 」の発音が違うだけの単語を用意しました。これらを見ながら発音練習をしましょう!

L R
light(光) right(右・正しい)
lice(louse: しらみの複数形) rice(米)
lace(レース: 透かし模様の編地) race(スポーツなどのレース)
lead(先導する) read(読む)
lake(湖) rake(くまで)
late(遅い) rate(比率)
load(荷物を積み込む) road(道路)
fly(飛ぶ) fry(油で揚げる)
play(遊ぶ) pray(祈る)
flea(ノミ) free(自由な)

わたしが発音した音声も用意したので発音の参考に!

この音声を聴き分けの練習に使ってもいいですね。全部「 L 」→「 R 」の順に言っていますので。

L と R の発音が日本人に聴き分けられない理由

さて、偉そうに違いをまとめましたが、わたしも……

ヨス

単語や文章の中に入り込むと同じ音にしか聞こえません!

なぜ L と R の発音が同じに聞こえるの?

L と R を発音するときの区別は意外とできるのですが、聴き分けは絶望的に難しいのです。

でもそれでいいんですよ。大事なのは言うときに言い分けられること!

なぜ日本人にとって「 L 」と「 R 」の聞き分けが難しいのかについてはこちらの記事をどうぞ。

もちろん、それでもわたしは、もっと聴き分けられるように頑張ります!

日本語の「ら行」発音について

最後に日本語の「ら行」の発音についても紹介します。

本当に気をつけてほしいのですが、ネット上には間違った情報が氾濫してます。

ヨス

英語の「 L 」は日本語の「ら行」と同じだとか、「 R 」に近いとか……。

元日本語教師のわたしが断言しますが、全く違います

もちろん、前に来る音声や、続く音声で「 L 」っぽく聞こえることもありますが、その一点だけを見て「同じ」と言うのはやめてほしいですね。

ほとんどが「日本語の専門知識のない方」の無責任な発言ですので。

日本語の「ら行」の発音について知りたい方は、こちらの記事を!

日本語の発音の特徴を知ることで、もっと英語の発音との違いがわかりやすくなりますので、ぜひご覧ください!

インスタでも投稿しています!

英語の「 L 」「 R 」が日本語の「ら行」と違うことが伝わりましたか?

ただ、「 L 」も「 R 」も発音をすることは、思っているほど難しくありません

文章の中でスラスラ言うには英語の筋肉を鍛えるしかないのですが、ゆっくり言えば、思っているより簡単に言えるようになります。

では難しいのは何かというと「聞き分ける」ことです。でも音声だけを頼りにするのではなく、文脈というものがありますので、心配ご無用。

とにかく発音をマスターして言い分けられることが重要ですので、しっかりと練習して下さいね!

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の子音のカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"