子音は「音」母音は「声」ということを知るだけで英語の発音が上達する!

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

今回はこんな話をします。

  • 子音は「音」
  • 母音は「声」

いきなり言われても意味がわからないですけど、この記事を読み終えるころには「なるほど!」になっているハズ!!

「子音」は音である

ふつうに暮らしていると、「子音」とか「母音」という言葉とは無縁だと思います。

でも、日本語を話すときも英語を話すときも、中国語を話すときも……どんな言葉を話すときにも「子音」と「母音」を使っています

ではまずは子音から見ていきます。子音というのはこういう発音です。

なんか「ツッツツッツ……」というふうなリズム音が聞こえていますが、これはわたしが子音の「 t 」の音を言っています

「 t 」の発音
「 t 」の発音

そうです!「た行」の子音「 t 」ですよ。今わたしが発音した音を表記すると「 t ttt t ttt t ttt...」でしょうか。

どうですか? 子音「 t 」って声じゃないというのが伝わりましたか? 完全に音です。

「音」である子音と「声」である母音

今度はこちらをお聞きください。

こんな順番で言っています。

  1. t ・ t ・ t
  2. あ ・ あ ・ あ
  3. t あ ・ tあ ・ た

どこに注目してほしいかというと、「音」である「 t(子音)」に、「声」である「あ(母音)」が合体(リンキング)して「た(t + あ)」になっていることです。

先ほどの「 t 」が音だったのに対して、母音「あ(a)」は、声という表現がぴったりですよね。

今度は子音「 p 」でやってみます。

これ、何も言われずに聞いたら最初の「 p 」の発音は、ゴムボールでドリブルしている音にしか聞こえません。

こちらも……

  1. p ・ p ・ p
  2. p あ ・ pあ ・ ぱ

のような感じで言っています。

なんとなく子音=音、母音=声というのがおわかりでしょうか?

日本語にない子音でやってみる

今まで見た「 t 」と「 p 」は日本語の「た行」「ぱ行」に対応しています。

では日本語にない「TH の発音」でやってみます。

「θ」の発音
「θ」の発音

「 th 」は音声記号で「 θ 」と書きます。発音の仕方は、上の図のように舌先を上の歯と下の歯の間に設置し、歯と舌先のすきまからかすれたような音を出します

ややこしいですが、「 th 」というふうに2文字で書くけど発音では「 θ 」という1つの音です。

これもこんな順番で発音していきました。

  1. θ ・ θ ・ θ
  2. θ あ ・ θあ ・ θあ
  3. θあ・θい・θう・θせ・θお

すべての子音は「音」で、すべての母音は「声」というのが理解できたでしょうか?

さて、今回は……

  • 子音 =
  • 母音 =

ということをわかりやすく解説しました。日本語は子音と母音が合体しているという事実が理解でき、 子音だけを発音するときの助けになるとうれしいです。

最後に

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の発音のコツのカテゴリ」を要チェックだね♪

自宅で英会話レッスン? しかも安い!

ネット電話を使って英会話レッスンを受けられる「オンライン英会話」をご存じですか?

コストも安く、1ヶ月間、毎日25分のレッスンを受けても月に3,000〜5,000円程度です。

オンライン英会話を希望別に選ぶページを用意しているので、ぜひ無料で試してみてください♪ 無料ですからやらないなんて損ですよ!

執筆者: ヨス
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら

Twitterで最新情報GET!

良かったらSNSでシェアしてね!
こちらも合わせていかがですか? data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1"