調音点について

ヨス

こんにちは! 発音マニアのヨスです。

言語の子音を作るときには、大きく分けて次の3つの要素があります。

子音を作る3要素

  1. 調音点(発音される場所)
  2. 調音法(発音する方法)
  3. 声帯振動(のどの震え)

このなかの1つが調音点、つまり口のなかで子音の発音が作られる場所です。

今回は調音点とはなにか? と、調音点の種類を図解付きで詳しく紹介します。

調音点とは?

調音点(ちょうおんてん)」とは、子音の発音が「口のなかのどの部分で発音されるか?」を示す言葉です。

口のなかのどこで発音される?
口のなかのどこで発音される?
ヨス

小難しく言いましたが「音が作られる場所」のことですね!

たとえば上下の唇で発音する「ま行」や「ぱ行」の場合、調音点は「両唇」になり、「両唇音」と呼ばれます。

両唇音
両唇音

上の図で、唇の部分がピンクになっていますよね? ここが調音点です。

つづいて「か行」などは、口の奥にある「軟口蓋」を使って発音します。

軟口蓋音
軟口蓋音

こちらの場合は、調音点は「軟口蓋」なので、「軟口蓋音」と呼ばれます。

調音」というように「点」という言葉が使われていますが、厳密には「点」ではなく「面」なので最近では「調音の場所」という言葉も使われます。

ヨス

本サイトでは、もっとわかりやすいように「発音される場所」という言葉を使っています。

口のなかの調音器官の名称についてはこちらの記事もどうぞ。

調音点による音声の種類

では、調音点がなにを示す言葉かの説明が終わったので、今度は「調音点」の種類を紹介しましょう。

ヨス

図で紹介していて、ピンクで色をつけているところが調音点になります。

口のなかを、唇からのどに向かった順番で紹介していきますね。

両唇音

まず紹介するのは、上下の唇を使って作る両唇音(りょうしんおん)です。

両唇音
両唇音

舌を使わないため、もっとも簡単に発音できる音声です。

赤ちゃん(歯がなく、舌も器用に動かせない)でも発音でき、「まんま [ mamma ] 」「ばあば [ baːba ] 」のような赤ちゃん言葉はすべて両唇音です。

日本語と英語で「両唇音」に該当する音声はこちらになります。書かれている記号は国際音声記号(IPA)です。

日本語と英語で「両唇音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音 [ p ] / [ b ] [ p ] / [ b ]
鼻音 [ m ] [ m ]
ふるえ音
はじき音
摩擦音 [ ɸ ] / [ β ]【※1】
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

日本語にある [ ɸ ] は「ふ」の発音の子音(「ふぁ行」の子音)で、それ以外には使われません。

【※1】[ ɸ ] のとなりにある [ β ] は、「ふ」がまれに濁音化するときの子音です(例: ふき)。

歯音

舌の先のほうを上前歯の裏、もしくは上前歯の先に当てて発音する音を歯音(しおん)と呼びます。

歯音
歯音

日本語と英語で「歯音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「歯音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音
ふるえ音
はじき音
摩擦音 [ θ ] / [ ð ]
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

つまり、英語の「 TH 」の発音だけということになります。

唇歯音

上前歯と下唇を使って出す音声を唇歯音(しんしおん)と呼びます。

唇歯音
唇歯音

英語や中国語など、さまざまな言語で使われている [ f ] が有名ですね。

日本語と英語で「唇歯音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「唇歯音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音※ [ ɱ ]【※1】
ふるえ音
はじき音
摩擦音 [ f ] / [ v ]
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

日本語には「唇歯音」は存在しませんが、英語には [ f ] と [ v ] があります。

【※1】英語にある [ ɱ ] は [ f ] もしくは、[ v ] の前にくる [ n ] や [ m ] の発音が変化するときだけ現れます(例: information)。

歯茎音

舌の先(舌端)と「歯茎(しけい)(上の前歯の根元あたり)」で作られるのが歯茎音(しけいおん)です。

歯茎音
歯茎音

非常に発音しやすい位置にあるため、もっともバリエーションが多いです。

日本語と英語で「歯茎音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「歯茎音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音 [ t ] / [ d ] [ t ] / [ d ]
鼻音 [ n ] [ n ]
ふるえ音
はじき音 [ ɾ ] 【※1】[ ɾ ]【※2】
摩擦音 [ s ] / [ z ] [ s ] / [ z ]
破擦音 [ t͡s ] / [ d͡z ] [ t͡s ] / [ d͡z ]【※3】
側面摩擦音
接近音 [ ɹ ] 【※4】
側面接近音 [ l ]

【※1】日本語の「ら行子音 [ ɾ ] 」は、そのときによって後述する「後部歯茎」で発音する場合もあります

【※2】英語のところに [ ɾ ] がありますが、これはフラップTという音声変化で発生する音声を表しています。

【※3】英語の [ t͡s ] は、複数形三単現の「 s 」がついたときにまれに発生する発音です(例: cats)。

となりにある [ d͡z ] は、「card」が複数形になったときの「cards」のようなときだけ発生する発音です。

【※4】英語にある [ ɹ ] は、後部歯茎で発音する場合が多いです

後部歯茎音

歯茎の少しうしろを「後部歯茎(こうぶしけい)」と呼びます。

その「後部歯茎」と「舌端(舌の先ではない)」を使って発音される音を「後部歯茎音(こうぶしけいおん)」と呼びます。

後部歯茎音
後部歯茎音

日本語と英語で「後部歯茎音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「後部歯茎音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音
ふるえ音
はじき音[ ɾ ]【※1】
摩擦音 [ ʃ ] / [ ʒ ]
破擦音 [ t͡ʃ ] / [ d͡ʒ ]
側面摩擦音
接近音 [ ɹ ] 【※2】
側面接近音

英語の場合、[ ʃ ] は「sh」の発音、 [ t͡ʃ ] は「ch」の発音になります。

【※1】日本語の [ ɾ ] は「歯茎はじき音」である「ら行」が「後部歯茎」で発音されることもよくあります。

後部歯茎音になると正確には [ ɾ ] で表記しますが、本サイトでは [ ɾ ] で統一しています。

【※2】英語の [ ɹ ] ですが、厳密には「歯茎音」のIPA(国際音声記号)です。

後部歯茎音になると正確には [ ɹ ] で表記しますが、本サイトでは [ ɹ ] で統一しています。

そり舌音

後部歯茎に「舌尖(舌の先っぽ)」を当て、「舌をそらせる」ようにする音声を「そり舌音(じたおん)」と呼びます。

そり舌音
そり舌音

ほかの調音点は「両唇」とか「歯茎」のように、口のなかの場所を示しますが、「そり舌」だけは「場所」ではなく「舌の形」から命名されていますね。

日本語と英語で「そり舌音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「そり舌音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音
ふるえ音
はじき音 [ ɽ ]【※2】
摩擦音
破擦音
側面摩擦音
接近音[ ɻ ] 【※1】
側面接近音

「そり舌音」は中国語やヒンディー語などで使われますが、日本語や英語では使われません。

【※1】アメリカ英語では、英語の「 R 」の発音として「そり舌のR」が使われることがあります。

【※2】アメリカ英語で「そり舌のR」のあとに続く [ t ] がフラップTという音声変化を起こした場合、「そり舌はじき音」で発音されます。

硬口蓋音

上あごの中部にある「硬い部分」を硬口蓋(こうこうがい)と呼びます。

その硬口蓋と、「舌の真ん中あたり(前舌)」を使って発音する音を「硬口蓋音(こうこうがいおん)」と呼びます。

硬口蓋音
硬口蓋音

日本語と英語で「硬口蓋音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「硬口蓋音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音[ ɲ ]【※1】
ふるえ音
はじき音
摩擦音[ ç ]【※2】[ ç ]【※2】
破擦音
側面摩擦音
接近音 [ j ] [ j ]
側面接近音

【※1】日本語のところにある [ ɲ ] は「に」だけに使われる子音(「にゃ行」の子音)です。

【※2】日本語、英語の両方に使われる [ ç ] は、日本語では「ひ」の子音(「ひゃ行」の子音)として、英語では「heel」のように「 h + iː 」の発音のときだけ現れます。

歯茎硬口蓋音

上あごを「歯茎+硬口蓋」にわたって広く使う音を歯茎硬口蓋音(しけいこうこうがいおん)と呼びます。

歯茎+硬口蓋音
歯茎+硬口蓋音

日本語と英語で「歯茎硬口蓋音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「歯茎硬口蓋音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音
ふるえ音
はじき音
摩擦音[ ɕ ] / [ ʑ ]【※1】
破擦音[ t͡ɕ ] / [ d͡ʑ ]【※2】
側面摩擦音
接近音
側面接近音

【※1】日本語の「し」の子音(「しゃ行」の子音)が [ ɕ ] 、「じ」の子音(「じゃ行」の子音)が [ ʑ ] です。

【※2】日本語の「ち」の子音(「ちゃ行」の子音)が [ t͡ɕ ] 、文頭などにくる「じ(『じゃ行』の子音)」が [ d͡ʑ ] になります

軟口蓋音

硬口蓋のうしろにある「上あごの柔らかい部分」を軟口蓋(なんこうがい)と呼びます。

その軟口蓋と舌の根本を使って発音する音声が「軟口蓋音(なんこうがいおん)」です。

軟口蓋音
軟口蓋音

日本語と英語で「軟口蓋音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「軟口蓋音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音 [ k ] / [ g ] [ k ] / [ ɡ ]
鼻音 [ ŋ ] 【※1】 [ ŋ ]
ふるえ音
はじき音
摩擦音[ ɣ ]【※2】
破擦音
側面摩擦音
接近音 [ ɰ ]【※3】 [ w ] / [ ʍ ]【※4】
側面接近音

【※1】日本語にある [ ŋ ] は、鼻濁音の「が行」に使われます。

【※2】摩擦音の [ ɣ ] は、「くり戸」の「ぐ」の発音のように、ごくまれに「ぐ」の発音として現れます。

【※3】「接近音」のところにある [ ɰ ] は、日本語の「わ行」の子音になります。

【※4】「 w 」の音声である [ w ] は「円唇軟口蓋接近音」と呼ばれ、同時に唇も丸める発音です。

[ w ] のとなりにある [ ʍ ] は [ w ] が無声化したときの音です(例: where)。

口蓋垂音

俗に「のどちんこ」と呼ばれる「口蓋垂(こうがいすい)」と舌の根本を使った発音を「口蓋垂音(こうがいすいおん)」と呼びます。

口蓋垂音
口蓋垂音

こんなところが発音で使われているなんてビックリですよね。

日本語と英語で「口蓋垂音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「口蓋垂音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音 [ N ]【※1】
ふるえ音
はじき音
摩擦音
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

【※1】 [ N ] は、日本語の日本語の「ん」の発音です。

咽頭音

のどの入り口でもある「咽頭(いんとう)」を使う音声を「咽頭音(いんとうおん)」と呼びます。

咽頭音
咽頭音

日本語と英語で「咽頭音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「咽頭音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音
鼻音
ふるえ音
はじき音
摩擦音
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

……「こちらになります」と書きましたが、日本語にも英語にも「咽頭音」は存在しません。

アラビア語などには存在するようですが、世界的にも非常にめずらしい発音になります。

声門音

最後に、声門(せいもん)を使った声門音(せいもんおん)です。

声門音
声門音

「声門」は「声帯」と呼ばれることも多いですよね。

日本語と英語で「声門音」に該当する音声はこちらになります。

日本語と英語で「声門音」に該当する音声
 日本語英語
破裂音 [ ʔ ] [ ʔ ]【※1】
鼻音
ふるえ音
はじき音
摩擦音 [ h ] / [ ɦ ]【※2】 [ h ]
破擦音
側面摩擦音
接近音
側面接近音

見慣れない [ ʔ ] は促音で使われる音声記号です。

【※1】アメリカ英語では、文末にくる「無声破裂音」を [ ʔ ] を使って発音を止めることが普通です。

【※2】「は」「へ」「ほ」の子音である [ h ] ですが、「ご飯」という発音を速くぞんざいに言うと「は」が濁音化し、[ ɦ ] の発音になります。

さて、今回は「調音点」をターゲットにしぼり、調音点別に音声の種類を一覧で紹介しました。

日本語と英語にある子音ですが、想像以上に口のなかのいろいろな箇所を使っていることが伝わったと思います。

ぜひ、発音をするときの参考にしてくださいね。

調音法(発音する方法)についても重要なので合わせてご覧ください。

オオカミ

なんか、この記事すごく気に入ったんだけどほかにオススメある?

ウサギ

だったら、「英語の発音のコツのカテゴリ」を要チェックだね♪

執筆者:
アメリカ留学で言語に興味を持ち日本語教師に。その後、自分が「音声学」に猛烈に惹かれることに気づく。一般的には学ばない「日本語の音声」を学ぶことで英語の発音を習得し、独自の英語の発音習得メソッドを持つ。「ヨッセンス」という月間に100万回以上読まれている人気ブログも運営するプロブロガー。>>ヨスについて詳しくはこちら
こちらもフォローしてね!!
Banner instagram account 01
Banner line account 01
英語が苦手なあの人に教えてあげよう♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
こちらも合わせていかがですか?